このページをご覧頂きありがとうございます。
私は平尾 周也(ひらお しゅうや)と申します。

長崎県の「壱岐」という島に生まれ育ち、
レゲエアーティスト「ACEMARK(エースマーク)」として歌手活動をしています。

この度、2021年7月より自身初のクラウドファンディングを行わせていただくこととなりました!

近年のコロナ禍で音楽活動に影響を受けることも多かったのですが、支えてくれているファンの皆さんや、リスナーの方々、そして周りの方々のサポートによって幸いにも積極的に活動を続けてこれました。

こんな状況の中だからこそ、音楽でみんなを明るくする為に、エースマークとしての目標であった故郷 壱岐島発のミニアルバムを作りたいと思いプロジェクトを立ち上げました!

レゲエという音楽の素晴らしさ、ジャマイカや壱岐島の魅力を自身の音楽活動を通して知って頂けるように、誠心誠意頑張りますのでご支援のほどよろしくお願いいたします!



【自身の音楽活動を通して生まれ育った壱岐島をPRしたい!】

ミニアルバム「ココカラ」をリリースし、ミュージックビデオを壱岐島で撮影したいと思っています。

ミニアルバムに収録予定の曲は、私が壱岐島で生まれ育った中で感じた思いをもとに作詞・作曲をしました。現在、ジャマイカ在住のプロデューサーや現地のバンド・ミュージシャン等とともに制作を進めています。

▼ミニアルバム「ココカラ」リード曲▼
KOKOKARA - ACEMARK

7月16日より先行配信中!


▼ミニアルバム「ココカラ」収録予定曲▼
KAYA - ACEMARK feat.ZendaMan
大好評配信中!

故郷から発信する楽曲に伴い、壱岐の神社や自然、人々の暖かさが伝わる映像作品を制作し、少しでも多くの方に壱岐島の魅力を知って頂くきっかけにしたいです。


「田舎だから出来ないこと」から「田舎だからこそ出来ること」に変えたい

「この島は何もないから」
「田舎だから働き口も少ない」
「若者が少ないから次世代の担い手も少ない」

そんな言葉を幼少期から耳にする事が多く、
「神の島」と呼ばれる程の素晴らしい島も
知らず知らずのうちに身近な魅力に気付かなくなっていました。

高校時代には「早く島を出て都会に住みたい」
と思っていました。


そんな中でレゲエに出会い、ジャマイカという国に惹かれ、日本を飛び出した経験が私の中の「大切なこと」を再確認させてくれたのです。

ジャマイカを訪れた際に現地の人達の生活に触れ音楽の持つ力を改めて感じました。
日本とは比べ物にならない貧困や治安の悪さと隣り合わせで生きながらも陽気に歌って踊っているジャマイカ人を見て音楽は人々の力の源のように感じました。

そして何より、ジャマイカの人々は困難の中にいながらも自分の国を誇らし気に話していました。

パーティーに集まる人々

ジャマイカの伝説的アーティスト
「CAPLETON」との写真

今、壱岐島はあらゆる面で後継者不足や雇用の問題と直面しています。
さらにコロナ禍での影響も重なり、日常的な会話でも暗く閉鎖的な話題になることが多いように感じています。

こんな時こそ、音楽でみんなを明るくしたい。

「ジャマイカ」と「壱岐島」の魅力をたくさんの人に伝え、自分自身が大好きで続けてきた「歌うこと」を通して壱岐島に新しい可能性を作りたい。

という思いから今回のプロジェクトを決めました。
この想いに共感して頂けたら幸いです。

17歳の頃、高校生の時にアーティストACEMARK(エースマーク)として音楽活動を始めました。
これまでに、配信シングルなどをはじめとした楽曲・作品をリリースさせて頂いたり、
ライブにおいても全国各地の音楽イベント・フェスにも多数出演させて頂いています。

また、壱岐島の仲間達とともに夏の音楽フェスティバル「壱岐島レゲエ祭」を主催し
島内外からのお客さんに足を運んで頂きました。


●2018年、ジャマイカ人アーティスト「Masicka」を客演に迎えたシングル「BUSS DEM HEAD」をGACHA MUSICよりリリース。ダンサーを中心に反響を呼び、世界的ヒットとなりました。


●同年11月、自家焙煎コーヒーとジャマイカ料理が売りのカフェ&バー「HAKOBUNE」を壱岐島にオープン。

●2019年にEMPEROR MUSICからリリースされた「EVERYTHING CRISS」がiTunesレゲエチャート1位に輝きました。


●2021年、3度目のジャマイカ滞在を経て現地で活動する日本人アーティスト「ZendaMan」との楽曲「KAYA」をリリース。

これまで、音楽活動を通して様々な経験をさせていただきました。
今の私があるのは周りの皆様、ファンの皆様のサポートのお陰様です。

現在は大好きなジャマイカの文化を壱岐島の人達に触れてもらうため、音楽活動の傍ら、ジャマイカ料理「ジャークチキン」を取り入れたフードをキッチンカーで販売しています。

●リターン経費

協力してくださった方へのリターン用にEPを収録したCD・Tシャツなどのグッズを制作します。
その他にも壱岐島出身アーティストならではのリターンを準備します。

●EP楽曲製作費

レゲエの本場ジャマイカで活躍するミュージシャンやバンドを客演に迎えた、本格的な楽曲クオリティを目指します。

●プロモーションビデオ撮影・編集費

生まれ育った壱岐島の魅力を詰め込んだ映像作品を制作します。

●アルバムアートワークデザイン経費

●CAMPFIRE手数料


○限定ステッカー
エースマーク クラウドファンディング「ココカラ」限定ステッカーをお返しします。

○名前クレジット
今回のミニアルバムの裏表紙にご支援いただいた方のお名前を50音順で入れさせていただきます。

○サイン付きCD
ミニアルバム「ココカラ」のサイン入りCDをお返しします。

○ハコブネカフェの自家焙煎コーヒー豆 100g
エースマークが営むハコブネカフェの自家焙煎コーヒー豆(ジャマイカ産 × エチオピア産のオリジナルブレンド)100gをリターン!

○オリジナルT-SHIRT
ミニアルバム「ココカラ」リリースに合わせたオリジナルT-SHIRTをお返しします。

※デザイン・カラーバリエーションについては現在準備中です。7月中の決定を予定しています、決定次第お知らせさせて頂きます。

○ダブプレート
入れてほしい言葉などエースマークと連絡を取りながら、あなただけの「ダブプレート(替え歌)」を制作します。
(※原盤権などは全てエースマークに権利を有します。予め、ご了承ください。)
サウンドマンやDJの皆様はもちろん、結婚式や記念日のプレゼント等のスペシャルエディットも可能です!

○あなただけのオリジナルソング
エースマークがご支援いただいた方のためだけに1曲、書き下ろして提供させていただきます。
 (原盤権などは全てエースマークに権利を有します。予め、ご了承ください。)

○ミュージックビデオにロゴを掲載
ミニアルバム「ココカラ」に収録予定曲のミュージックビデオに
ご支援いただいた方のお名前・企業ロゴ等をクレジットさせて頂きます。

○故郷においでよ!エースマークが壱岐島をご紹介!
クラウドファンディング終了後支援者様とご連絡を取らせて頂き、ご希望に沿ったエースマークのおすすめスポットをご紹介させて頂きます!
※旅費・宿泊費などの経費はご自身で負担頂きます。何卒ご了承くださいませ。

また、ご来島の際にはご希望であればエースマーク本人が港までお迎えにあがります。
BBQしたり、釣りしたり、神社参拝したり
最後は、支援してくださったあなたの為に
心を込めたアコースティックライヴで曲を披露させてください!


2021年9月 音源制作・ミュージックビデオ撮影

2021年9月 ACEMARK ミニアルバム「ココカラ」をリリース

2021年9月 HAKOBUNE ONLINE SHOPよりミニアルバム「ココカラ」CD・関連グッズを発売

2021年9月~ ミュージックビデオをYouTubeで公開


この島には都会では感じられないものがある。そして、ここで生まれた自分だからこそ表現出来る音楽がある。

昔は田舎で生まれた事をコンプレックスに感じた事もありました。でも今は壱岐島で生まれた事を誇りに思っています。

大きな声でこの島の素晴らしさを歌いたい。

このプロジェクトで壱岐島の魅力が詰まった作品「ココカラ」をリリースして小さな田舎の島からでも夢は叶えられる」という可能性を広げたいです。

何卒、皆様のお力添えを宜しくお願いいたします。

平尾 周也(ACEMARK)


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください