はじめに・ご挨拶

株式会社Sorich 代表 藤川祐大と申します。
私たちは「キャンプ場で自分らしくいられる。ホッとできるひと時を多くの人に提供したい」
という思いを持って事業を展開しております。 私は社会人2年目企業に勤めている際、日々の業務に忙殺され、うつ病を患ってしまいました。今はだいぶ回復しておりますが、自分だけでなく周囲の人も日常に忙殺され自分自身を見失ってしまう可能性があることに気がつきました。 また、この辛かった時期に私の心に少しの安らぎを与えてくれたのがキャンプでした。一人でゆっくりと自然を楽しみながら、自分らしい時間を過ごすことが、とても良い時間になりました。この過去の自分の経験を生かして、世の中の人に少しでも「ホッと一息つける」ような時間をキャンプを通して提供したいと強く思い、仲間と共にキャンプ場サブスクリプションサービス:「OUTDOOR LIFE」を展開しようと思い立ちました。ご興味ありましたらご覧いただけますと幸いです。

・社名:株式会社Sorich
・創業:2021年5月
・代表取締役: 石井雅人 藤川祐大
・主要業務 :平日キャンプサブスクリプションサービス:「OUTDOOR LIFE」の展開
・サービス概要:提携キャンプ場を月額6,000円にて平日利用し放題
・HP:https://sorich-outdoor.com



このプロジェクトで実現したいこと

大きく分けて2つのことを実現したいと思っています。

①「人々が自分自身を振り返る時間を提供する」
②「平日のキャンプ稼働率を上げることで、キャンプ業界をより盛り上げる」


①「人々が自分自身を振り返る時間を提供する」
現在、在宅勤務などで外に出る機会が減り、プライベートと仕事の時間の境界が曖昧になっており、自分自身を振り返る時間を持つことが難しいと感じています。
そんな中で、キャンプを通してホッとできる時間を多くの人々に提供したいと思いこのサービスを展開いたします。

②「平日のキャンプ稼働率を上げることで、キャンプ市場をより盛り上げる」
近年キャンプブームの影響で、キャンプ利用客が増加している傾向にあります。
しかし、キャンプの利用客の利用頻度を見てみるとハイシーズンや土日に多いものの、オフシーズンや平日においてはまだまだ利用客が少なく、収益が安定していないキャンプ場も多々あります。現在のキャンプブームを一過性のもので終わらすのではなく、冬や平日もキャンプ利用客を多く呼び込むことでキャンプ場へ安定的な収益確保に繋げていきます。

これまでの活動

【1】キャンプ場が持っている課題仮説の設定・検証
【2】ソリューションの検討・プロトタイピング
【3】キャンプ場との信頼関係構築・提携契約締結
【4】サービス認知の向上・集客

【1】キャンプ場が持っている課題仮説の設定・検証
関東県を中心とした千葉県・神奈川県・山梨県の30以上のキャンプ場へ困りごと・課題のヒアリングを実施したところ、キャンプ場が持つ課題の多くは以下のものがありました。

(1)土日の利用客は増えているが、平日の利用客は以前少なく集客が大変
(2)集客が安定していないので、管理する人手を確保するのが大変
(3)キャンプブームがこの先どこまで続くかわからない
(4)キャンプ場間での横のつながりが薄い


特に⑴の平日利用客が少ないので増やしていきたいという意見が多くありました。


【2】ソリューションの検討・プロトタイピング
平日利用客を増やせる方法はないかとキャンプ経験者を巻き込み検討致しました。
平日にキャンプ場でイベントを企画する。キャンプ場PR動画を作り集客につなげるなど様々な案が出ました。しかし、私たちの思いとして、キャンプを一時的なブームで終わらすのではなく中長期的にキャンプを楽しんで頂きたいというものがありました。
さらにキャンプ場と直接ディスカッションも実施したうえで、少しでも長い期間、平日利用客が増えるような平日キャンプ利用サブスクリプションサービスを考えました。

また、キャンプ場オーナーや実際のキャンパーさんからのヒアリングにて、現在土日は予約がいっぱいでゆっくりできないという意見も多々ありました。利用客が少ない平日のキャンプ場を紹介することで一人一人のキャンパーの方にゆっくりと自分の時間を楽しんでいただけるのではないかと思いました。

平日キャンプ利用サブスクリプションサービスを実施することで、
ホッとできる時間の提供、キャンプ場業界の振興
上記2点達成できると考えております。



平日キャンプ利用サブスクリプション


ターゲット

まずは比較的平日利用の多い、ソロキャンパー様向けに平日キャンプサブスクリプションサービスを提供いたします。

エリアの拡大に応じて、二人組向け、グループ向け、休日利用版も展開していく予定です。


ビジネスモデル


近年増加傾向にあるソロキャンパー様向けの施策を中々考えられていなかったキャンプ場様が多かったことも、最初のターゲットをソロキャンパー様にした要因になります。平日、人が多くないキャンプ場を利用し放題、テレワークをしてそのままキャンプをできるなどゆったりと時間を過ごしてもらうことができると考えています。


【3】キャンプ場との信頼関係構築・提携契約締結
上記のアイディアを具現化するために、まずはキャンプ場にこのアイディアを説明し、提携キャンプ場を増やしていくことにしました。提供エリアとしては、将来的には全国展開を予定していますが、このサービスが市場にマッチするかを検証するために、まずは千葉県内に範囲を絞ってキャンプ場を探すことにしました。

千葉県のキャンプ場でも弊社のようなスタートアップ企業を応援したいという思い、キャンプ業界をもっと盛り上げていきたいという思いを持っている方がおり、ありがたいことに5つの協力していただける提携キャンプ場を集めることができました。


提携キャンプ場の紹介
①御宿ドローン&キャンプ

広大な区画を堪能できるキャンプ場。
自然を堪能しながらゆっくりとしたひと時を過ごせます。

②TAKIVILLAGE

丘の上にあり絶景が楽しめるキャンプ場。
天気が良ければ、満点の星空の元でTAKIVIを楽しめます。

③千石台オートキャンプ場

千葉県最大の亀山ダム(亀山湖)近くにあるキャンプ場です。自然豊かな立地で静かなひと時を過ごす事が出来ます。林間サイトも魅力的です!

④オレンジ村オートキャンプ場

千葉県房総半島の南房総市千倉にあるみかん農園に併設されたキャンプ場です。区画数は最大120サイト。広大な敷地の中には海を見下ろす高台のサイトや木々に囲まれた森の中のサイトなどがあります。

⑤館山サザンビレッジ

千葉県館山市にある海沿いのキャンプ場。大人も子供も真剣に遊べるキャンプ場で、周辺は自然でいっぱいです。磯釣り・カヤック・マリンスポーツなど有ります。


【4】サービス周知・集客活動

ここまでご覧いただきました皆様にサービスご利用の流れをご説明いたします。


・概要


・利用の流れ①


・利用の流れ②

※注意
祝日についても基本的に利用は可能ですが、
以下の期間は平日ですがキャンプ場の予約ができませんのでご了承ください。
2021年12月29日・30日・31日
2022年1月2日・3日


将来の展開

将来的に全国でのエリア拡大はもちろんのこと、現在のソロキャンパー様向けだけでなく、休日利用、二人組、家族向けなど、多くの方々にご利用いただけるようにサービスを拡大していきます。
また、キャンプ利用サブスクを派生いたしまして、よりキャンプ業界を盛り上げられるような施策も考えております。


①サブスク 拡大


②派生サービス

サブスクを軸にキャンプブームが永く続くようなサービスを展開していきます。
これらのサービスを展開していくことで、前述したキャンプ場の課題である、管理面や横の連携の希薄さを解消につなげたいです。


資金の使い道

①予約システム改良費用:70万円

②広告宣伝費用:30万円


リターンについて

①500円:御礼

②1,000円:オリジナルステッカーx1+御礼

③6,000円:本サービス1ヶ月利用券

④10,000円:本サービス1ヶ月利用券 + 本モニターサービス終了後、経営レビュー企画会議ご参加

⑤12,000円:本サービス2ヶ月利用券

⑥16,000円:本サービス2ヶ月利用券 + 本モニターサービス終了後、経営レビュー企画会議ご参加

⑦18,000円:本サービス3ヶ月利用券

⑧22,000円:本サービス3ヶ月利用券 + 本モニターサービス終了後、経営レビュー企画会議ご参加


実施スケジュール


最後に

私自身のうつ病時代にキャンプ場から安らぎの時間を与えて頂き、
「キャンプ場で自分らしくいられる。ホッとできるひと時を多くの人に提供したい」
そんな思いのもと、キャンプ業界を盛り上げるべく2021年5月に創業した新米スタートアップ です。
本サービスを展開するにあたりキャンプ場様にたくさん訪問して、よりキャンプ業界を盛り上げたいというオーナー様と一緒にした単に理念に共感いただけた事業者という関係でなく、本サービスを一緒により良くするという関係を築けました。

ここまでご覧いただきご興味をもっていただきました、皆様とも起案者・支援者、またサービスユーザー様という関係ではなく、その先の本サービスを一緒になってより良いものにしていくという共創者という関係を築きたいと考えております。

本サービスをもっと全国に展開したい!様々な層のキャンパー様に利用して頂きたい!
と考えておりますので、ご支援のほどお願いいたします!!!


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください