はじめに・ご挨拶

はじめまして!

動物ドキュメンタリー映画を製作しております佐藤栄記と申します。

TBS『どうぶつ奇想天外!』のディレクターを12年以上勤め、

TVディレクター引退後は、全国の小学校で使われているデジタル教科書の動物の動画等を

撮影してきました。

近年は、衆議院議員会館や国立大学等で生き物に関する講演も行っております。

私の生涯を賭けた使命は、個々の生き物がそれぞれに持っている命と、

その生涯の大切さを伝え続ける事だと信じております。

わたくしの心臓が鼓動を止めるその時まで、

地球上の全ての生き物たちの為に尽力していく所存です。

このプロジェクトで実現したいこと

都会の子ども達、そしてその親御さん方に、身近に居る生き物たちの

驚くべき能力、その命の尊さ、儚さを改めて知って頂きたい!

そのために、この夏、❝映画上映会❞や❝自然観察会❞を提供したいのです!!

それは、たとえば、カブトムシであり、ギンヤンマであり、ザリガニであり、サワガニであり、

カラス、アマガエル、ゲンゴロウ、ミンミンゼミ、ノコギリクワガタ、ゴマダラカミキリ・・・

本来なら、私たちのすぐ近くで一緒に暮らしているはずの者達の事です。

私は、これら地球の仲間たちの事を、特に、彼らのひっ迫した現状を知ってもらう為に、

特に都会にお住いの皆様に、今年の夏休みに

私が製作した動物ドキュメンタリー映画の上映会や、観察会をたくさん開き、

広く、そして一人でも多くの方々に、小さな命の輝きを映像と、リアルタイムな実物で観て頂きたいと思っております!


プロジェクトをやろうと思った理由

最近、公園などに行くと、虫取り網と小さなプラスチックケースを持ったご家族連れに

必ず遭遇します。

どうやら、虫などを捕獲するゲームが大ヒットした影響で、

昆虫採集などが異常なほど流行っているようです。

しかし、東京では、ほとんど生き物がいません。

特に、東京23区においては人気の昆虫たちをはじめ、

カナヘビやトカゲ、カエルは全種類が、準絶滅危惧種以上にカテゴライズされてしまっています。

そんな数少ない絶滅寸前の生き物達も、ゲーム感覚で捕らえられ、

知識のない飼育方法で殺されてしまう場合がほとんどのようです。

また近年は、地中に何年もいた蝉の幼虫が、地上に姿を現した途端に

人間に捕らえられ、食べられています。

今、都会では、いいえ、日本でも世界でも、多くの生き物達が

劇的に減っていたり、あるいは、行き場を失っていたりして『絶滅』という2文字に向かっています。

そんな地球の仲間たちの為に、現在の真実を知り、

彼らがいかに大切な友達であり、地球の家族であるかを

今一度考えるきっかけ作りの場を設け、夏休みの素晴らしい1日を作って頂きたいのです!!

そして、それを早急に行わないと、取り返しのつかない事になると思っております。


これまでの活動

22歳より、46歳までの24年間、テレビ番組制作に携わって参りました。この間、日本テレビ社長賞やTBSテレビ社長賞などを、数え切れないほど受賞しました。

TBS『どうぶつ奇想天外!』では、第一回放送分の担当ディレクターを担務、最終回の特集コーナー担当に至るまで、長年に渡り世界中の動物を取材してきました。

しかし、2009年に心臓病を患い、全身麻酔による手術をしましたが良好に回復せず、

徹夜作業などが不可能になって以降は自己の体力が許す限り地道にドキュメンタリー映画製作に励む日々を送らせて頂いております。


資金の使い道

集まった支援金によって、夏休みにどなたでもご参加できる動物ドキュメンタリー映画の上映会や

自然観察会を最低でも各5回ずつ開かせて頂く予定です。

(ご支援者様は、会場に足を運ばなくても、ご自宅のパソコンやスマホから上映映画を視聴できるように致します)

支援金用途の内訳と致しまして、上映会や観察会の準備費、設営費、運営資金など諸経費合算として約20万円。(現在、最低5回の上映会と最低5回の観察会を予定しています。集まった金額が予算に満たない場合も、借金をしてでもそれは開催致します)

上映会や観察会と同時に、今の東京の自然も撮り続け、動物ドキュメンタリー映画製作を継続しております。映画製作存続の為の機材の修復費、限界を迎えた機材の買い替え、今後の映画作りの為の費用、継続的運営費として約50万円。(現在、パソコンは瀕死の状態で、いつ止まってもおかしくない状況にあり、編集に支障をきたしております。またカメラも非常に劣化してきていて、買い替えが必要な状況にございます)

上映会、観察会の告知、パブリシティ費用として約5万円。

自主製作の動物ドキュメンタリー映画『ファントム・パラダイス』をリターン用も兼ねまして再編集及びDVD化する為の費用として約25万円。

リターンお届けの為の郵送費・通信費用に5万円。

クラウドファンディングサイトへの手数料・決算料などに約18万円。

以上合計123万円を目標とさせて頂きました。



リターンについて

金額に応じて、以下のリターンを設定致します。

①上映会、観察会の優先的なご参加権利。(当クラウドファンディング終了の7月20日の翌日に支援者様の上映会や観察会のご予約を開始致します。一般の予約開始日はさらにその翌日の為、結果的に優先的にご予約が可能となります)

②佐藤栄記監督作品の動物ドキュメンタリー映画の中でも

非常に好評の『ファントム・パラダイス』にご支援者のお名前をお刻みします。

また、それをダウンロード可能にしたり、

DVDをリターンさせて頂く所存です。


実施スケジュール

2021年7月30日より、8月いっぱいにかけて、最低5回の上映会と

同じく最低5回の自然観察会を行います。

今のところ、暫定ですが、7月30日㈮、8月1日㈰、8月4日㈬のそれぞれ夕方に

東京都練馬区の石神井公園付近にて佐藤栄記監督作品の

動物ドキュメンタリー映画『ファントム・パラダイス』か『マッカチン(大きくて赤いアメリカザリガニの関東地方の方言です)』の上映会、

および、同日の夜間に、ミンミンゼミやアブラゼミなどの羽化や東京のカブトムシの観察会を予定しています。(観察会は自然相手ですので必ず観られる保証はできません。また天候による中止もあり得ます)

その他、2021年8月9日(山の日)、および8月13日㈮のそれぞれ午後に荒川河川敷(板橋区の辺り)での同映画の上映会と自然観察会も予定しております。

こちらは、河川敷のバッタ類、カマキリ、トンボ、チョウ、テントウムシ、カニ、野鳥、その他昆虫類の自然観察と東京の生き物達の知られざる現状を現場にて解説させて頂きます。

※追記です(2021年7月14日)※

暫定スケジュールとしていました上記の5回の上映会および観察会のうち、8月4日㈬に石神井公園で行われる予定だったものが、8月14日㈯・荒川河川敷(板橋区)に変更となります。その他の、7月30日㈮、8月1日㈰、8月9日㈪(山の日)、8月13日㈮は、暫定スケジュール通り開催予定です。 (天候、コロナパンデミック等のやむおえない理由の場合は延期になる可能性もございます)

最後に

兎に角、今、信じられないスピードで、地球の仲間たちが減っています。

気が付けば、どんどんどんどん、刻一刻と、消えていっているのです。

かつて、東京には、トキもコウノトリも舞っていました。

そしてなんと、ニホンオオカミも、ニホンカワウソも生息していました。

ところが今では、1羽も、1頭いません。

それどころか、東京都区部においては、かつてはたくさんいたキツネも

1頭もいなくなりました。

都区部では、リスも絶滅しました。

子ども達に大人気の水棲昆虫であるゲンゴロウもタガメも絶滅しました。

絶滅とは、1匹もいなくなったという事です。

恐ろしい話です。

私のドキュメント映画を観た方の多くが、こんな事をおっしゃいます。

『東京って、最初から動物なんか居なかったと思ってました。でも、必死で頑張って生きているんですね』と。

そして、必ず、このような事を付け加えてくださります。

『明日から、私にできる事を考えて行動してみたいと思います』と。

その❝おもいやりの心❞こそ、現代社会で我々が今、一番大切なものなんじゃないでしょうかと

私が言うのも、おこがましい話ですが、

人間以外の生き物達が、人間の思いやりを待ちわびているのは事実かもしれません。

身近に、今も、ひっそりと、粘り強く、一生懸命に生きている友たちがいます。

彼らの叫び声に耳を傾け、

彼らの苦しみを察してあげたい。

なんとか共に生きたい!!

小さな生き物達へのおもいやりの心は、

家族や友人への思いやりにもつながって

地球の未来を支えていくものと信じています。

大袈裟ですみませんが。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/07/20 16:56

    あと数時間で当プロジェクトも終了となりますが、ご支援、ご声援くださいまして、本当にありがとうございます!!皆様に心から感謝の意を込めて、最後の活動報告ビデオ(7分)を作りました。たった今、活動してきた事です。皆様からお預かりします貴重なお金はこのような命の救済に使わせて頂く所存です。今後とも、...

  • 2021/07/20 07:31

    残すところ、あと数時間となった当プロジェクトのクラウドファンディングです。現在までにご支援くださった79名の方々に心より感謝申し上げます!!皆様からの温かなご支援金は、必ず、生き物たちの尊い命と暮らしを支えます。その為にわたくしも最後の最後まで諦めず努力いたしますのでどうぞよろしくお願い致しま...

  • 2021/07/17 15:22

    残すところあと3日となりましたこのプロジェクトのクラウドファンディングですが、本当に、まさか72名様もの御支援を賜りますとは、実は驚いております。個人的にFACEBOOKやInstagramなどにいろいろな写真などを載せてもせいぜい30個ぐらいしか『いいね』の付かない私ですから。前回、初めての...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください