【はじめに】

函館あうん堂ホールは1983年にオープンし、音楽やバンドが特に熱かった80年代から現在に至るまで、地元ミュージシャンの皆様と共に函館の音楽シーンを歩んできました。前身のジャズ喫茶としての歴史も加えれば50年以上の歴史がございます。日本を代表するビッグネームとなったロックバンドG、伝説的J-POPバンドの女性ボーカルY、そういう方々も含め函館で音楽を愛してきた方なら、今もあうん堂の思い出を心に留めていただけていると思います。著名なアーティストから高校生が初めて結成したバンドまで、本当にいくら感謝してもしきれないほど沢山の方にご利用いただいてきました。

【運営会社】

現在、函館あうん堂ホールを運営しているのは、道南地域を中心にイベント音響照明などを本業としている、有限会社ステージ・カンパニーです。私は代表取締役の中川(通称:しゃちょー)と申します。

(2019年夏、函館市内温泉街花火大会の音響業務中のひとコマ)

2018年の夏に、先代マスターからお店を引き継いで私が3代目のオーナーとなり、オープン当時からあうん堂でのバイトやスタッフを経験し、あうん堂と歩んできた笹井君を代表(店長)として迎え、リオープンしました。

(2018年夏、リオープン初日の挨拶をする笹井店長)

【コロナ禍との闘い】

2019年迄は何とか順調に推移していたのですが、その後の忌まわしいコロナ禍により、現在に至るまで1年半近くの中で行うことができたリアルライブは数本、イベント音響業務も数本に留まり、まさに9割減といった感じです。配信ライブも行ってきましたが、収益的には補えるものではなく、オリジナルグッズの通販PRはもちろん、地産品を販売する青空市やカフェ営業、最近ではイベントの露店カフェ出店などの臨時営業を行なったり、はたまたこの業界とは無関係なバイトにも励んだり、月並みではありますが前向きにできることは色々とやって食い繋いでまいりました。

コロナ禍の終息は見えないままですが、プロのアーティストによる大会場や配信のライブ公演は復活しつつあります。しかし地方の小さなライブハウスは地元のアーティストやミュージシャン、そして地元のお客様によって支えられており、こういう方々の多くは本業たる職業を持ちながら活動されている方が多く、現在もお勤めの会社などからライブ出演、ライブハウスへの出入りを制限されているという方もいらっしゃいます。このため緊急事態宣言が解除されても、そう簡単には以前のようには戻れない方も多々いらっしゃるのです。さらに、本業であるイベント音響照明の方も、軸となる地方の自治体、商工会、青年会などが主催するお祭りやイベント、花火大会などの殆どは2年連続中止となっており、本業も収益的に非常に厳しくダブルパンチを喰らっている状況です。、このままでは会社自体が立ち行かなくなる寸前です。当社の事業がこのような疫病や災害などに脆弱であることがハッキリしたため、収益を支えるための新たな事業を打ち立てることを進めていかなければいけません。

時代が大きく変わっていく中で、変わっていくものと、変わらないものがあるとすれば、函館あうん堂ホールは変わらないものでありたい、大事な思い出や歴史の詰まった函館あうん堂ホールは、このままの姿で将来に残していきたい。そう考えています。 しかしそのためにこそ、新しい時代の中で生き残っていくための新しい業態やビジネスを打ち出しチャレンジしていく必要があると思います。古きよきものを残していくために新しいチャレンジをしていくという考え方です。誰もが苦しいご時世のなか大変心苦しくもありますが、何卒皆様のお力をお借りしたく、ご支援のほどよろしくお願いいたします。


【このプロジェクトで実現したいこと】

コロナ禍のせいでお店に来れない方はもちろん、コロナのせいではなくても元々遠方に在住されているなど、様々な事情で函館あうん堂ホールに来ることができない皆様に向け、こちらから皆様のご自宅に「函館あうん堂ホール」をお届けできないか?と考え、それを「おうち de あうん堂」プロジェクトと名付けました。そのための配信機材、オンラインECサーバー、通販商材などを整えていきます。オリジナル珈琲をはじめとした飲食メニューを通販の形でお届けし、 あうん堂の配信ライブや動画番組を観ながら、おうちであうん堂気分を楽しめる。それが「おうち de あうん堂」です。

【「おうち de あうん堂」プロジェクトの概要】

①配信ライブや動画番組コンテンツの制作配信機材を整備し、配信ライブだけでなく動画番組をお届けします。配信機材を有効活用できるよう、出張配信業務もできるような可搬型機材を導入します。

②あうん堂オンラインECサーバー「あうん堂オンライン」を構築し、あうん堂のWebサイトを一新します。

 →配信番組:ライブや動画番組の配信ができるだけでなく、オンライン予約、オンライン投げ銭機能、メッセージ機能などを整備します。配信スタジオとしてもお使いいただけるようにします。

 →オンラインショップ:函館あうん堂ホールオリジナルの商品はもちろん、ライブ出演者の物販や函館エリア商材の通販も支援します。

 →会場スタッフ業務の非対面化:リアルライブ開催の場合に、入場受付や検温などスタッフ業務を自動化し、非対面化を進めます。


③「おうち de あうん堂」飲食メニューのテイクアウト/オンライン販売

 →店内でお出ししているオリジナル珈琲、手作り珈琲チーズケーキ、おつまみ、カレーなどをパッケージ商品化して、テイクアウトやイベント露店販売、オンラインショップで販売します。やがてはお土産屋さんなどでも販売できるものに育てていけたらと思います。お店の飲食メニューをおうちで楽しみながら、配信ライブや動画番組を楽しんでいただければ…それが「おうち de あうん堂」のイメージです。つまりもっと正直なところは、あうん堂への「買って支援」をお願いいたします。 

【プロジェクトをやろうと思った理由】

長引くコロナ禍の中、これまではクラウドファンディングなどを行わず耐え忍んできましたが、営業的なダメージは日に日にジワジワと積み重なっています。このままでは近いうちに固定費も賄えなくなり、持ち堪えられなくなることは間違いありません。

そんな中、鉄道好きな私が心の片隅に抱いていたひとつの記憶を思い出しました。それは「銚子電鉄」の「奇跡のぬれ煎餅」です。鉄道存続のために「ぬれ煎餅」を買ってくださいとPRした結果、話題が話題を呼んでオンラインショップの注文が殺到し、経営を立て直すほどにまで売れまくったという奇跡のようなストーリーです。このストーリーにも一部着想を得ながらこのプロジェクトを考え、立ち上げることにしました。

あくまでも、ハコを存続させるためのチャレンジでありますことをご理解いただければ幸いです。あうん堂ホールの空間そのものを変えていくようなことは決して致しません。

【資金の使い道】

・ホール運営費(家賃人件費光熱費などを中心とした当面のホール運営経費)
・ライブ/動画配信機材整備(10月予定)
・あうん堂オンラインECサーバー構築費用(10月末一部稼働開始、年内完成予定)
・「おうちdeあうん堂」商品開発/試作費用、初期ロット製造費用
→ホール運営を支えていくための外販商品として開発し、イベント出店販売、テイクアウト販売、オンラインショップ販売を強化してまいります。今回のクラウドファンディング返礼品としても一部採用いたします。
・リターン発送料、クラウドファンディング手数料


【リターンについて】

【1,000円~】シンプル支援
【3,000円~】あうん堂オンラインECサイトへのお名前掲載
【2,000円~】あうん堂オリジナルステッカー3枚セット
【2,500円~】あうん堂オリジナルマフラータオル
【3,000円~】あうん堂オリジナルトートバッグ
【4,000円~】あうん堂オリジナルTシャツ
【12,000円~】あうん堂グッズコンプリートセット ※ECサイトへのお名前掲載付き

NEW!!【2,800円~】あうん堂オリジナルトートバッグ Part.2

※「おうち de あうん堂」シリーズ
【3,000円~】オリジナルブレンド珈琲豆(3種パック)
【1,500円~】ドリップ珈琲3種飲み比べセット(6個)
【6,000円~】ドリップ珈琲3種飲み比べセット(30個)
【20,000円~】ドリップ珈琲あうん堂ブレンド(100個) ※ECサイトへのお名前掲載付き

NEW!!【4,500円~】あうん堂珈琲チーズケーキ(8個)  ※冷凍
NEW!!【1,000円~】あうん堂オリジナルチーズイカ(18g x 3パック)

※スペシャルシリーズ
【22,000円~】あうん堂ホール無観客配信2Hライブパック
【33,000円~】あうん堂ホール貸切5Hライブパック(平日)
【44,000円~】あうん堂ホール貸切5Hライブパック(土日祝)
【55,000円~】あうん堂ホール貸切5H&配信2Hライブパック(平日)
【66,000円~】あうん堂ホール貸切5H&配信2Hライブパック(土日祝)

※詳細や注意事項につきましてはそれぞれのリターン内容をご確認ください。

※支援金額は、申し込み時に「上乗せ支援」が可能です。
もちろん、お気持ちで構いません。


【実施スケジュール】

・リターン発送は10月から順次行い11月末で完了予定です。
・新しい配信機材による配信ライブや動画コンテンツ配信は10月開始予定です。
・あうん堂オンラインECサーバーは、10月から一部稼働開始、年内に完成予定です。

【最後に】

私は函館生まれであり、私にとってもあうん堂は青春時代の思い出の場所ですが、社会人になると同時に上京して長らく函館を離れておりました。3年前に函館にUターンしたときにあうん堂を訪ね、オープン当時の空気感をそのまま残しながら続いていることに感動しながらも、先代オーナーから閉店の意思を聞き、このハコを何とか残したいというその一心で運営を引き継ぎ、3代目オーナーとなりました(皆様からは「しゃちょー」と呼んでいただいております)あうん堂ホールの存続は私の使命だと考えています。そして、私の学生時代からの後輩でもあり、オープン当時からあうん堂ホールで出演、アルバイト、スタッフを経験し、現在はあうん堂ホールの代表(店長)となった笹井君とともに、あうん堂ホールを将来に残していきます。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください