はじめまして!「夢サポ」代表の堀江達矢と申します。我々「夢サポ」チームメンバー5名は、出身も仕事もバラバラ。共通点は、沖縄県在住ということと、沖縄に住む人たちが大好きということです。

左から「夢サポ」メンバーの安永・名嘉眞 ・堀江・宜野座・西島

現在沖縄県は、コロナの多大なる影響を受け、経済的にかなり厳しい経済状況にあります。貧困は、子どもたちの将来に悪影響を及ぼしかねません。学びたいのに満足に進学できない、就職も思うようにできない…そのような負の連鎖を起こしてしまうことが多々あるのです。沖縄の子どもたちのために何かできることはないか?と考え、今回「夢サポ沖縄」と名付けた、15歳~22歳対象の体験型起業塾を開くことにしました。この活動のことをひとりでも多くの方に知っていただきたく、クラウドファンディングにチャレンジいたします!


「夢サポ」とは、若い人たちの夢をサポートする体験型起業塾です。

若者たちが、自分の夢を活かしてうまく起業し、本州や世界からもマネタイズできるような事業に育てば、結果的に沖縄全体も潤っていくことになります。厳しい経済状況でも、子どもたちが自分自身で豊かな環境を作っていけるようなスキルを身に着けるお手伝いをしたい、と考えたのです。遠回りのようですが、我々はそのようなかたちで沖縄の子どもたちをサポートし、さらには沖縄の貧困問題の根本的解決を目指すことにしました。

40代で起業するよりも、20代で起業したほうが、経験をたくさん積むことができます。そのために、学生のうちから「起業」を学べる実践的な場を準備しよう、というわけです。

私たちがつくりたい「夢サポ」は、理論だけを学ぶ起業塾ではなく、沖縄の地に根付いた、もっと泥臭いものです。沖縄の人に学び、沖縄の各地に売りに出かけ、沖縄の人に役立つ…そんな「学びの場」にしたいと思っています。

◆夢サポ沖縄 計画◆

【開始予定】2021年8月開始予定

【入塾対象】15歳~22歳

【2021年度(初年度)参加募集人数】3~5名

【参加費用】無料

【内容】起業に関する座学/「ドリームボード」を通じて自分の夢をかたちにする/キッチンカーを使って、商品開発・仕入れ・営業・販売などを体験的に学ぶ など


いきなり「あなたの夢をかたちにしよう!」と学生に言ってもなかなかハードルが高いですよね。そこで私たちが考えたのが、こちらで用意したキッチンカーを使って、学生たちが商売をすることで、商品開発・仕入れ・営業・販売などを実践的に学ぶことができる、というものです。

飲食業の社長さんがバックアップをしてくださるので、ノウハウも実践的にお伝えできます。


コロナによる外出自粛で沖縄は大きな経済的打撃を受け、私たちの周りでも、倒産せざるをえない会社が増えてきました。従業員のいる会社の倒産は、貧困に直結します。そして貧困は、子どもたちのこれからの人生にも大きく影響してきます。後に、「夢サポ」のメンバーとなる友人たちと、何とか貧困を減らすことができないだろうか、と色々話す機会がありました。

物資や金銭の援助も大切ですが、それは貧困の根本解決にはなりません。きちんと働き、賃金を得て、生活を成り立たせる環境が必要なのです。

沖縄に暮らす人たちの「なんくるないさ~」(なんとかなるさ)の精神も影響しているのでしょうか…沖縄は起業率日本一。しかし同時に、倒産率も日本一なのです。この倒産率を減らすことができれば、職を失うことで起こる貧困も減らすことができるのではないか、と考えました。

その手段として、私たちは若くして、成功率の高い起業をする」人を増やす環境づくりに乗り出すことにしたのです。


私たち「夢サポ」メンバーは、それぞれが、このプロジェクトに繋がるような経験をしてきました。


◆堀江 達矢 (ナンセイ日本商事)

大阪府出身。旅行で訪れた沖縄にほれ込み、2年前に移住。以前勤めていた会社の社会貢献活動として、大学生対象の起業支援コンペティションの審査委員や、パラレルキャリアスクールの立ち上げなど、多くの起業支援に関する経験あり。


◆西島 恵歴 (株式会社守礼ホーム )

東日本大震災で、当時住んでいた千葉の住居に住めなくなり、住む場所を探して南下、沖縄にたどり着く。取り壊しの危機にあった価値ある古民家を学生や子どもたちと一緒にフリースクール内に移築した経験を持つ。妻が生活保護を受ける子どもたちにアートグラスを教える活動に同行し、貧困の現状を知る。


◆安永 尚利 (安永建築代表取締役)

山口県出身。沖縄県に本当の木造建築を広め、技術者を育てるために移住。保護観察中の少年たちを一人前の職人に育て、地元に帰すという取り組みをする。建設業以外でも沖縄に貢献したいと考え、夢サポチームに参加。


◆名嘉眞 あす香(沖縄筆文字アートカウンセリング協会 CocoAnge )

沖縄県うるま市出身 。自身がシングルマザーとして子育てをしてきた経験から、ひとり親世帯の低所得の実情に詳しい。現在、SNSでよびかけ、紙おむつやミルクを非営利・困窮世帯支援団体の子どもたちに届ける活動をしている。


◆宜野座 匠(株式会社アルバトロス)

沖縄県浦添市出身。沖縄での青年会活動等で、様々な環境の子どもたちと接し、子どもの夢を叶えるサポートをしたいと思うようになる。様々な手法を組み合わせたオリジナルの「ドリームボード」制作のワークショップを行う。 


5人それぞれの経験や得意なことで、沖縄の若者たちの夢をかたちにするサポートをしていこう!と「夢サポ」が誕生しました。


支援いただいた資金は、以下のような内訳で大切に使わせていただきます。

・キッチンカーの購入・整備費用:200万円のうち120万円

・CAMPFIRE手数料 ・人件費:30万円


また、以下のようなスケジュールを予定しております。

・2021年8月30日 クラウドファンディング終了

・2021年8月 第1期 夢サポ スタート (3~5名受け入れ予定)

・2021年8月 キッチンカー購入

・2022年度 第2期 夢サポ スタート (20名程度受け入れ予定)


将来的には、夢サポ出身の若者の独立開業を推進し、数年は、夢サポでバックアップをしていくというサポートシステムも構想中です。

成功事例を積み上げて、現在の貧困層にもダイレクトに支援が届くような仕組みができればと考えています。


リターンといたしまして、一例といたしまして、以下のようなものをご用意しております。

・ドリンクアイデア採用

・キッチンカーがいきます

・スポンサー(キッチンカーに社名掲載)

・音声スポンサー

他にも魅力的なリターンを多数ご用意しております。詳しくはリターン一覧をご覧ください。


私たちは、沖縄が、そして沖縄に暮らす人々のことが大好きです。

貧困は連鎖して、次の世代へと続いていきがちです。我々のこの「夢サポ」の取り組みは、この負の連鎖を断ち切る小さな一歩になると信じています。

若者や子どもたちに、明るい未来を作るためのサポートを!

ぜひ「夢サポ」にご支援、ご協力をよろしくお願いします!!

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください