みなさんは、補聴器にどのようなイメージを持っていますか?
ベージュやグレーのカラーバリエーションにくわえて、どんどん進む小型化…
世の中の補聴器は見えない方向で開発されています。

私はこの現実に一人の補聴器ユーザーとして疑問を持ち、補聴器を“隠して”生きていくのではなく、“魅せて”生きていけるアートカバーを作っています。

そして、この活動を日本中・世界中の人々にもっと広めたいと思い、クラウドファンディングを立ち上げました。

はじめまして。松島亜希(まつしまあき)と申します。

全国各地の補聴器ユーザーや聴者の仲間、補聴器販売店の人たちと共にアート補聴器「十彩(といろ)」を作り、広める活動をしています。

私は、先天性の重度難聴で1歳半から補聴器をつけて生きてきました。
地元の幼稚園では周りの子と違うこと、聞こえないことを自覚しつつも、楽しく過ごしていたため、周囲の反対の言葉を押し切り、ろう学校や難聴・支援学級のある学校ではなく、地元の小学校に入学しました。

しかし、いざ始まった小学校生活は、耳が聴こえない・補聴器をかけていることでいやがらせを受け、ケガの絶えない日々を駆け抜けてきました。

…そんな中でも、ずっと変わらなかったこと。

人を信じる気持ちの強さと、人と関わることが好きで、人を笑顔にすることが大好きということ。
だからこそ、「この経験を生かして教育から世界を変える!」という想いをあたためてきました。

大学卒業後は事務職につくものの、世界を変えたい野望から、植木屋さんや山仕事の経験を積んだり、よさこいの踊り子をしたりと、自分がいかにどこまでできるか挑戦し続けてきました。

そんな日々の中で、色々な出会いがありアート補聴器「十彩」を立ち上げました。

「魅せる」補聴器に大変身させるアートカバーを通して、色々な人におしゃれを楽しんでもらい、笑顔になってもらえるようにと日々考えています。

笑顔が絶えないパワフルな仲間と共に、全力で世界を明るく変えるために燃えています!

【 補聴器を“見られたくないもの”から“魅せたいもの”に変える 】

補聴器は決して特別なものではありません。
補聴器は、生まれつきや病気で難聴になった方だけでなく、高齢になると多くの方が使うものです。

にもかかわらず、今までは「補聴器を見られたくない」という気持ちを軸にした、ベージュやグレーの目立ちにくいカラーバリエーションのものや、小型化されたものが多くを占めていました。

私はこの社会で一般化された課題を逆転の発想で鮮やかに解決したいと考え、補聴器を見られたくないものではなく、“魅せたいもの”にする「アートカバー」を作り始めました。

そのキッカケについてお伝えします。

私は、大学時代から子どもたちと関わるボランティアの「キャンプリーダー」という活動をしてきました。その中で、心に刺さった印象的な出来事がありました。それは、子どもたちが補聴器に興味があるのに、面と向かって見ようとはしないのです。
補聴器ユーザーの私に気づかれないようにこっそりと見ようとする視線から、子どもたちの心の中にも潜在意識として「補聴器を見てはいけない」「耳(障がい)のことを聞いてはいけない」という思い込みがあるのだと感じました。

(写真提供:特定非営利活動法人 Brain Humanity)

私から「見てもいいよ。大丈夫だよ。」と促してみるも、頑なにそっぽを向いたまま。
向き合うことがなかなかできなかったのです。言葉ではどうにもできない壁の存在に気づいた瞬間です。
なんとか打破したい!と、必死で色々と調べました。

ある日「子どもはキラキラしたものが好き」というキーワードが目に飛び込んできました。
「キラキラが好き…。あ…そうや!補聴器をキラキラさせたらいいんちゃう?!」と思いついたのです。

あえてキラキラ光るネイルシールを貼って目立つようにしました。
すると、補聴器を見た子どもたちが「これは何?めっちゃきれい!」「かわいい!」と笑顔で寄ってきて「僕も着けてみたい」と補聴器に関心を持ってくれるようになりました。

(写真提供:一般社団法人のあっく自然学校)

そこからはキラキラな補聴器を見せびらかす事が日々の楽しみでもあり、人と笑顔で話す大切なキッカケでした。
そんな日々の中でも不便を感じる出来事がありました。かなしみごとにかけつける時、キラキラした補聴器をノーマルに戻さなければならなくなった時は、シールを全て剥がさなければなりませんでした。

「このキラキラを、そのまま外して置いておけたらいいのに…」

この出来事をきっかけにスマホカバーのように付け替えができるものを作ろうと、ネイルアートの材料を使って作ったのが「アートカバー」です。

【 アートカバーの利用者からは、喜びの声がたくさん! 】

実際にアートカバーを使用し始めた方たちからは、こんな声をいただきました。

「意地でも補聴器を見せないように生きてきたけれど、見せたいものになり、自信に繋がった」
「人の目線が耳元にきても、抵抗感がなくなった。むしろ見てほしいという気持ちに変わった」
「補聴器をつけたがらない子どもが、笑顔で補聴器をつけるようになった」

補聴器の変化により、多くの方々の人生が変わり始めました。
もっと多くの補聴器ユーザーの方に、この「変化」を体感してほしいと思っています。

補聴器を隠すのではなく、“魅せる”世の中に。
そして、補聴器を誰にとっても身近で当たり前のものにしていきます。

2017年、一人の補聴器ユーザーから始まったこの活動は、多くの人の共感を呼び数多くのメディアの取材を受けました。
日経BPをはじめとするネットニュース記事から始まり、各新聞社、NHK「ろうを生きる難聴を生きる」、読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」、日本テレビ「news zero #つながるニュース」、azbilグループPR誌の特集などです。

ある日、内閣府から連絡が入り政府国際広報で大きく取り上げていただきました。
世界各国へ、政府を通して正式に紹介いただくという大変名誉ある機会をいただきました。


今年に入ってからは、NHK WORLDという150ヶ国向けに日本のコンテンツや文化を発信しているウェブメディア「kawaii INTERNATIONAL」で紹介いただき、現在もオンデマンド放映中です。
(紹介の内容はすべて英語です)

このように各メディアから大変な注目を浴びているアートカバーのオーダーから納品までの流れについてお伝えします。

【 アートカバー製作の流れ 】

①ヒアリング
②補聴器のダミー手配
③土台作成
④アート
⑤デザイン確認
⑥フィッティングチェック
⑦納品

1つのアートカバーを完成させる工程は、ユーザーの思い描くデザインをカタチにできるように、補聴器ユーザーがお客様対応を担当し、デザインヒアリングから丁寧に進めております。

クオリティーの高いアートカバー作製のこだわりとして、補聴器専門家および認定補聴器技能者に協力いただき、精密な検査(※)を行っています。

そのうえでお客様へお送りしていますので、時間がかかっております。

(※)バッテリーボックスの可動域確認、ボタン操作の干渉確認、認定補聴器技能者の立会いのもと、「補聴器特性測定器」と呼ばれる音響チェックの機材を使って、アートカバーを装着した状態で音響に支障がないか確認。

一人でも多くの人に質の良いアートカバーを届ける為に、機械の導入で質の統一化と量産を目指します。

■150万円 開発費用(機械・CAD依頼)
先行開発として補聴器5種類分が必要(補聴器1種類の開発費用30万円で算出しています)

■16万円 諸経費(リターン含む)

■34万円 キャンプファイヤー手数料17%

※現在販売されている耳かけ式の補聴器は、約271種類あります。
これに人工内耳を合わせると、280種類近くになります。

7月  3日    クラウドファンディング
      キックオフイベント開催 @エルドラド(JR 環状線 天満駅)

7月7日  クラウドファンディング開始

8月20日    クラウドファンディング終了

8月中旬~    開発開始

10月以降   リターン実施
(オーダーによる製作物は、順次対応になるため時期が変わります)


中村 千穂 様

手話のパフォーマーとして街のイベントで手話ライブをしています。
子どもの頃は補聴器を見られる事に嫌な気持ちでいた私ですが、今はあえて見せるようにして身近なものにしたい気持ちでした。
アート補聴器「十彩」のアートカバーに出会ったことで、補聴器を見てもらう事がより増えました。
聞こえや補聴器について理解して頂く良い機会になっていると感じます。

これからも補聴器を魅せながら、アートカバーと手話のコラボでパフォーマンスをしていきます!

伊藤 佑月 様

僕は生まれたときから耳が聞こえにくい。ママと同じで補聴器をつけているよ。
みんなが着けてないし嫌だった。けどママが「アートカバー」を買ってくれたから今は補聴器が好き。
だってキラキラするし、かっこいいやろ?見せたいと思うから、いつも友達に見せてるねん。
「十彩」がもっと頑張って欲しいから応援しているよ。かっこいいアートカバーをありがとう!

pippi 様(モデル)

アートカバーをするまでは、補聴器をつけることにネガティブで、見えないように隠れる髪型にしたり工夫をしてきました。

ですが、アートカバーに出会ってから変わりました!
私のはパステルレインボー!
このアートカバーのおかげで、補聴器をファッションの一部として楽しめるようになりました。

これがまさに「魅せる補聴器」です。
難聴という見えない部分を可視化し関心を持ってもらえるという点でもコミュニケーションが広がり本当に気に入っています。
もっともっと補聴器を楽しむ人の輪が広がりますように。
応援しています!


<個人支援向け>

3,000円~任意(上乗せ)で支援金額を指定していただけます。
そのお気持ちが私たちの「一歩」になります。
アート補聴器「十彩」は子どもから大人まで、多くの人の希望に…
世界を丸ごと変えていってみせます!
ご支援のほど宜しくお願い致します。

※アート補聴器「十彩」より感謝の気持ちを込めてメールを送らせていただきます。
※一言でもいいですので応援のメッセージをいただけますと、大変うれしいです!!
※リターンに費用が掛からない分、ご支援の多くをプロジェクト実施にあてさせていただきます。
※メールは順番に対応していきますので、時期は未定になりますがご了承ください。

※クラウドファンディング限定

〇トートバッグAタイプ+オリジナル缶バッジ (先着10名様) 6,000円

大人気!デザイナーの「カトウシンヤ様」が考えたクラウドファンディング限定コラボオリジナルデザイン。

先着10名様限定でトートバッグと同デザインの缶バッジ(44mm)をおつけします。

※トートの大きさは縦360×横370×幅110の10Lサイズ
※デザインは一部色味など変更になる場合があります
※なくなり次第終了となります

〇トートバッグAタイプ 6,000円

【 コンセプト 】
キャラクター(コジカくん)が彩色をしている様子。
補聴器自体も含め全体的にマンガチックなイメージにし、視覚的に「音のにぎやかさ」を表現。
それぞれの吹き出しにドットや斜線などで多様なイメージを含め
それぞれの「個性や視点」「いろんな声や想い」があることや、
補聴器自体の「聴こえ」のイメージを表現しています。

※トートの大きさは縦360×横370×幅110の10Lサイズ
※デザインは一部色味など変更になる場合があります

〇トートバッグBタイプ+オリジナル缶バッジ (先着10名様) 6,000円

大人気!デザイナーの「カトウシンヤ様」が考えたクラウドファンディング限定コラボオリジナルデザイン。

先着10名様限定でトートバッグと同デザインの缶バッジ(44mm)をおつけします。

※トートの大きさは縦360×横370×幅110の10Lサイズ
※デザインは一部色味など変更になる場合があります
※なくなり次第終了となります

〇トートバッグBタイプ 6,000円

【 コンセプト 】
さまざまな髪型の女の子の耳が見える斜め顔を補聴器とセットで並べました。
「十彩」に合わせて髪型の違う10人の女の子。
補聴器ユーザーにもさまざまな人間性や物語があることを髪型を用いて多様性を表し、
左上テキストはいろんな角度から「TO」を表現。
「その人の想い叶えたものを」という意味合いを込めた。

※トートの大きさは縦360×横370×幅110の10Lサイズ
※デザインは一部色味など変更になる場合があります

〇トートバッグAタイプ・トートバッグBタイプ・缶バッジ(先着10名様) 10,000円

大人気!デザイナーの「カトウシンヤ様」が考えたクラウドファンディング限定コラボオリジナルデザイン。

先着10名様限定でトートバッグと同デザインの缶バッジ(44mm)をおつけします。

※トートの大きさは縦360×横370×幅110の10Lサイズ
※デザインは一部色味など変更になる場合があります
※なくなり次第終了となります

〇トートバッグAタイプ・トートバッグBタイプ 10,000円

大人気!デザイナーの「カトウシンヤ様」が考えたクラウドファンディング限定コラボオリジナルデザイン。

トートバッグの2種類セット!
よくばりさんのあなたにぴったり!お得感満載のリターン。
ここでしか手に入らない限定品です!!
アート補聴器「十彩」スタッフも大変お気に入りです。

※トートの大きさは縦360×横370×幅110の10Lサイズ
※デザインは一部色味など変更になる場合があります

~ デザイナープロフィール ~

名前:カトウシンヤ

イラストレーター/ロゴデザイナー

デザイン事務所カトリエ代表

合同会社mojicca CEO

デザインを通して「見て伝わる」「見て繋がる」をコンセプトに聴覚障がいをもつ当事者としての観点も取り入れ様々な活動に取り組む。

自身のイメージをキャラクター化する「ジブンキャラ」で自身の再発見やイメージのシェアができるよう展開したり、今回のコラボのメインにもなっている「コジカくん」というキャラクターコミュニケーションツールであるLINEのスタンプを主として展開している。

「自分からの発信方法」のひとつとして「見ることと伝えること、そして理解すること」の大切さを発信している。

セミオーダーメイド クラウドファンディング限定 特別価格!!!

【片耳】 12,100円 ⇒ 10,000円 ※税込・送料込
【両耳】 20,000円 ⇒ 18,000円 ※税込・送料込 (両耳割引がついてお得!)

お好きなベースカラーをお選びください。
希望デザイン(線画モチーフ1つのみ)は後日ヒアリングを行います。

※オプションはお付けできません。(金箔・スワロフスキー等)
※手書き可能なデザインに限ります。
※肖像権・著作権に反するデザインは不可

セミオーダーメイド クラウドファンディング限定 特別価格!!! 

【片耳】 12,100円 ⇒ 10,000円 ※税込・送料込
【両耳】 20,000円 ⇒ 18,000円 ※税込・送料込(両耳割引がついてお得!)  

お好きなベースカラーをお選びください。
希望デザイン(線画モチーフ1つのみ)は後日ヒアリングを行います。

※オプションはお付けできません。(金箔・スワロフスキー等)
※手書き可能なデザインに限ります。
※肖像権・著作権に反するデザインは不可


クラウドファンディング限定オリジナル①

【片耳】  12,100円 ⇒ 10,000円 ※税込・送料込
【両耳】  20,000円 ⇒ 18,000円 ※税込・送料込(両耳割引がついてお得!)  

発案者の松島の元祖きらめきのオリジナル
このキラキラに子どもたちが興味を持ってくれました!

干支の梵字などの文字入れ クラウドファンディング限定 特別価格!!! 

【片耳】 19,000円 ⇒ 15,000円 ※税込・送料込
【両耳】 30,000円 ⇒ 28,000円 ※税込・送料込(両耳割引がついてお得!)  
   

①土台の背景はこの三種類からお選びください。(紫・黄色・ピンク)
②入れたい文字をコメントにお願いします【2文字まで】

※注意:補聴器の大きさによってはデザイン不可の場合もございますので、ご了承ください。

龍(ドラゴン) クラウドファンディング限定 特別価格!!! 
【片耳】 22,000円 ⇒ 18,000円 ※税込・送料込
【両耳】 36,000円 ⇒ 34,000円 ※税込・送料込(両耳割引がついてお得!)  

日本初!!
NHK WORLD というメディアで150ヶ国向けに英語で紹介されたアートカバーです!
「kawaii INTERNATIONAL」 オンデマンド放映中

※注意:補聴器の大きさによってはデザイン不可の場合ございますので、ご了承ください。

クラウドファンディング限定オリジナル②

【片耳】  20,000円 ※税込・送料込
【両耳】  40,000円 ⇒ 38,000円 ※税込・送料込(両耳割引がついてお得!)

十彩オリジナルカラー!自分らしさを表現したカラフルでポップな世界です。
一つ一つ手作業で仕上げる、世界に一つだけのオリジナルとなっております。
ぜひこの機会にお試しください!

※ランダムで色を入れるため、イメージと異なる場合がございますので予めご了承ください。

<個人支援向けスペシャルプラン>

【松島のオンライン講演会(60分)1回分】


【ハンドサインコンシェルジュのオンラインマンツーマン手話講習会(60分)1回分】



似顔絵師かすみの似顔絵【通常サイズ色紙】

(2名様まで同価格)※1人追加 3,000円

似顔絵師かすみ:伊藤 霞

アート補聴器「十彩」メンバーとして活躍中。
23歳の頃から独学で500人ほどの似顔絵を描いてきました。
この似顔絵で笑顔になる人が増えますようにと願いを込めています。




<企業向け スペシャルプラン> (個人の方も大歓迎いたします!)


【松島のオンライン講演会(120分)1回分】


【ハンドサインコンシェルジュのオンライン手話講習会(120分)1回分】

関西エリアなら+交通費で行きます!
補聴器販売店での指導実績ございます。もちろん他企業様も大歓迎です。

※事前にヒアリングを行い、接客等に必要な手話をピックアップします!
※オンライン講演、オンライン手話講習会ともに、実施日程は応相談。

< ウェルカムボードプラン > 先着2名様まで!

似顔絵師かすみが心を込めて描き上げる似顔絵ウェルカムボード(2名様まで同価格)
十彩STAFFからの「おめでとうメッセージ」付き!!

※LINE、もしくはメールによる事前打ち合わせが必要です。
※納品日は、クラウドファンディング終了後となりますことご了承くださいませ。


< 書き下ろしストーリー漫画プラン > 先着1名様限定! 

似顔絵師かすみの書き下ろしストーリー漫画(フルカラー 約10ページ) 

事業立上げや商品開発、あなたの人生にまつわるストーリーを漫画にします。
ていねいなヒアリングをもとに、世界に一つだけのあなただけのオリジナル漫画を描きます!

※原画をお渡しいたします。

例:アート補聴器「十彩」誕生ストーリー(写真参照)

アート補聴器「十彩」を全力応援しとるで!トコトン伴走するわ!コース。
10万円 スポンサー掲載   3ヶ月
20万円 スポンサー掲載 6ヶ月
30万円 スポンサー掲載 2年間

分かりやすいモノのリターンではなく、全力で世界を目指して駆け抜けていく十彩の活動を、身近で感じていただけたら嬉しく思います。

①アート補聴器「十彩」のホームページにスポンサー様として掲載いたします。
②月に一度、活動報告がメールで届きます。
③アート補聴器「十彩」の活動報告(SNS)の際に、メンションやタグ付けにて報告させていただきます。
④下記の内容をアート補聴器「十彩」のホームページ、各SNSにて発信いたします。

A.企業様のPR動画
B.企業様からの応援メッセージ(手紙orメール)
C.ホームページURL
D.SNSのURL

※備考欄に掲載する名前やメンション、タグ付けを希望するアカウント名等を必ずご記入ください。
※SNSは、Facebook、Instagram、Twitterです。
※ニックネームでの掲載も可能です。

ホームページにスポンサー掲載期間:2021年10月から
SNS発信期間:2021年10月以降(時期は未定)

一人の補聴器ユーザーのオモイから始まったこのプロジェクトは、今とても多くの当事者でもある仲間と、また補聴器販売店ともタッグを組んで共に活動をするまでになりました。
また本拠地の大阪だけでなく、関東の補聴器販売店ともタッグを組み活動を展開していっております。

難聴当事者と言っても、聴力レベルは重度から軽度まで千差万別。
さらに聴者も含めたさまざまな仲間がいるアート補聴器「十彩」は、まさに「十人十彩(色)」の集まりです。

これまでは個人で少しずつ作って一人ずつにお届けしてきましたが、注文の数が上回っていくばかりでバランスをとる事が難しくなりました。待っていただいている方々へ早く届けられる体制を新しく作りたいと思いたち、この度クラウドファンディングに挑戦する事を決めました。

これまでになかった着せ替えできるというアイデアで多くの人がこれほどまでに喜んでくださっていることを通じて、人生が変わりました!という喜びの声を聞いて、「おしゃれをしたい」と願っている人々がとてもたくさんいる事を知りました。

またアートカバーを使うようになった人の中には「ボクも笑顔を届けたい!」とプロジェクト参画を申し込んでくる人もいました。アートカバーとの出会いを機に「前に突き進もう!」と決意して新たな行動を起こしていく姿から私自身が大きな勇気をもらっています。

アートカバーを量産して、日本中の補聴器・人工内耳ユーザー、また世界中のユーザーに届ける為には皆さんのお力添えが必要です。
今回、クラウドファンディングで集まったお力添えは、補聴器や人工内耳を「おしゃれ」に魅せていく希望を届け、「笑顔」になってもらう為のプロジェクトの実行に大切に使わせていただきます。

十彩の活動を通じて「希望」を一緒に育てていき、また一緒に世界を明るく変えていく気持ちでお付き合いいただけると大変心強いです。
どうぞよろしくお願い致します。


掲載メディア(敬称省略)

エコノミスト(政府国際広報)

【ネット配信】
NHK WORLD 「kawaii INTERNATIONAL」(世界150ヶ国へ向けオンデマンド放映中)

【テレビ】
NHK「ろうを生きる 難聴を生きる」
日本テレビ「news zero」 Twitter #つながるニュース
読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」

日経BPをはじめとするネットニュース記事
新聞掲載(読売新聞社・日経新聞社・産経新聞社・神戸新聞社・その他多数)
azbilグループPR誌 特集(2021年 No.1)

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください