今回のプロジェクト立ち上げました

Deepzoneの原田と申します。

キャッシュレスへの移行時代、現金を持ち歩かなくなる中、クレジットカード、ポイントカード、交通系ICカード、プリペイドカードなど、カードを持ち歩く機会が増えました。

今、日本で販売しているコンパクト財布は、縫いがほんの少しだけしか有りません、縫いの過程を沢山入れると、作る時間と手間が多く掛かるので、Deepzoneでは、時間と手間を多くかけて、使いやすく、形崩れしない財布を作ります。今回の財布は、29個のパーツを組み合わせ、縫いと手間をかけ、丁寧に仕上げました。

私たちは、財布を作る事に関してはプロですが、画像及び説明はあまり上手く有りません、宜しくお願い致します。

そこで「小銭など最低限の現金を持ち歩きながらも、なるべくコンパクトでかさばらない物」をコンセプトに、製作しました。

日々の暮らしの中で「こんな物があったらいいな」という思いで、当プロジェクトを発足しました。


このプロジェクトで実現したいこと

Deepzone チームの思いを形にして、革小物で「ありそうで、無かった物」を作り上げる。また、私たちの作った商品がどれだけ認められるかを試してみたいのです。宜しくお願い致します。

プロジェクトをやろうと思った理由

Deepzone チーム内で、色々なコンパクト財布を使用しましたが、

●カードが少ししか収納出来ない
●収納出来ても、出し入れしにくい
●小銭入れも少量しか入らない
●多く入れると形崩れする

そういった意見から、最小限かつ使いやすい、Deepzoneのハーフウォレットが生まれました。

なぜL字ファスナーなのか?

全体的にラウンドファスナーにしてしまうと、カードやお札を沢山入れた際に、ファスナーに負荷がかかり壊れる場合があります。

L字ファスナーにすることで、負荷を分散し、カードやお札を沢山入れても大丈夫です。

  

お札の出し入れ楽々

お札入れ部分も、L字状に縫っている為、お札の出し入れがしやすい構造になっています。

落下防止

ウォレットロープ付けられるように設計致しました。

※ウォレットロープは付属いたしません。

収納抜群
サイズ




これまでの活動

今までは、小売店からのオーダーを受け商品作りをしてきましたが、これからは私たちの思いを形にし、クラウドファンデングで皆様方にお届けできたらと思います。

6年程前に、タイのチェンマイで、タイヤの廃材で財布やバックを作っている「ラバーキラー」さんと出会いました。

今風に言えば、SDGsの商品(廃材を使った財布、スマホケース、バッグ等)を色々拝見させて頂きました。

私たちは革を使って商品作りしております。

革の資源の大事さをラバーキラーさんに教えて頂きました。
端切れの1枚1枚まで大切にし「もったいない精神」で今後も制作していきたいと考えております。

Deepzoneの設立は1995年、大阪の船場で卸専門店(革小物)を営業しております。

Deepzoneの思いを形したい、商品作りの資金として使いたいと思います。

クラウドファンディングの経費
(リターン商品発送費、CAMPFIRE決済手数料)


リターンについて

【超早割30%OFF 】通常価格13500円

9450円 各色20個  お届け予定日:2021年11月 


【早割20%OFF 】通常価格13500円 

10800円 各色50個 お届け予定日:2021年12月 


実施スケジュール

プロジェクト終了後、ご支援頂いた順に発送準備に取り掛ります。
準備が完了次第、順次発送させていただきます。

※ウィルスの影響で資材の仕入れが遅れる可能性がございます。その場合、リターンのお届けに遅れが生じる事が考えられます。
※発送及びプロジェクトの内容に関して変更等があった場合は、迅速に活動レポートなどでご支援者様にご報告させていただきます。


■留意点

※ 天然皮革の素材の特長として、染色の際に生じる色の誤差(濃淡など)や血筋/シワ/傷跡/色ムラなど個別に差異がございます。これら全てが天然の証であり、革の魅力になりますのでご了承ください。
特に植物タンニン鞣しの素材は、染色の際の色の誤差が大きくなる事があります。
この点をご了承の上、ご支援をお願い致します。

※ 天然素材のため、汗などにより色落ちが生じることがございます。 淡色の衣料などとの組み合わせにご注意ください。

※ ご利用のモニター環境によっては、実際の製品の色合いと異なって見える場合がございます。予めご了承ください。


最後に

私たちの工房は、タイのバンコクにあります。
タイの収入源は観光が約70%ですがコロナ禍の影響により、大変な不況となっております。
工房のスタッフを救う意味でも、皆様方のお力添えをよろしくお願い致します。

なぜバンコクの工房

工房とのお付き合いは約20年近くになります。
20年間色々な商品を作ってもらいましたが、最初はとても雑な造りの物ばかりで、タイの工房に行く度にいろいろな職人技を教えて指導してきました。

現在は技術的に日本の工房と同等レベルです。
同じ技術で時間と手間かければ凄く良い商品が出来上がります。

応援購入宜しくお願い致します。


■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:Deepzone 原田治雄
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:原田治雄
 ●事業者の住所/所在地:〒541-0055大阪市中央区3-1船場センタービル7-111
 ●事業者の電話番号:Tel:06-6241-5566 Deepzone 正規販売店  
 ●送料:送料込み 

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額を達成した場合は、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/10/21 13:45

    最後の仕上げのボタンを付けているところです財布を縫製する前にボンド付けをします、その時のボンドがはみ出していないか検品のです

  • 2021/10/13 14:19

    本日バンコクの工房に革が入荷致しました、皆様方の支援のおかげで、入荷することができました、本当にありがとうございます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください