はじめに・ご挨拶

初めまして、宮崎恭一と申します。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%81%AD%E4%B8%80

皆さんはコロナ禍の中どうお過ごしでしょうか?

私は菅乃廣監督と組んでタブー視されてきた田山花袋「蒲団」の映像化に挑戦したいという夢を抱いてました!

皆様のお力をお借りして女優の輝いてる姿を一緒に作りませんか?


●このプロジェクトで実現したいこと

「性」を露骨に描いて永い間タブー視されてきた日本の文豪、田山花袋「蒲団」

菅乃廣監督は、私小説では、作家と主人公が同一視され、作品が作家の主観的吐露になる、という世界観を持っており、「蒲団」を下敷きに「Yo-in」というオリジナル脚本を完成させました。題材の表現に欠かせない女優の立花なお実と、深崎ゆずきの体当たり演技に挑戦することになり、多数の映像化希望の声に答え、「Yo-in」の映画を製作します!


●「Yo-in」あらすじ

「私の衣装が靴だけって・・・・どういうことでしょうか?」
 MICHIYOは、テーブルに置かれた真っ赤なハイヒールを戸惑いながら眺めいていた。
 演出家の『彼』が、説明を続ける。
「横山芳子役の君には、舞台の本番では全裸になってもらいたい。私は、今回の演劇を、竹中時雄の目線で演出したいんだ。時雄は常に横山芳子を、性欲の対象として見ている。横山芳子は服を着ていても、時雄の頭の中では常に全裸なんだよ」
 演出家の『彼』は、あたためていたプランをMICHIYOに打ち明けた。
 初めての芝居で全裸・・・そんな話は聞いていない。芝居には出たいが・・・・戸惑うMICHIYOは、「横山芳子役をやるかどうか、考えさせてください・・・」と結論を先送りした。
 今回の芝居の原作は、田山花袋の私小説『蒲団』。日本の自然主義文学の代表作で、その内容の衝撃さに、日本文学界に多大な影響を与えた作品だ。
ストーリーは、小説家である竹中時雄のもとに、横山芳子という美人女学生が弟子入りするところから始まる。下心を抱いた時雄は、芳子を自宅二階に下宿させるが、妻子持ちの時雄は、芳子と関係を結ぶことは許されず悶々とした日々を過ごす。やがて芳子に若い男の存在がいることを知ると嫉妬に狂い、芳子を追い出してしまう。そして時雄は、残された芳子の夜着の匂いをかぐ・・・という内容だ。
 キモイ男の悲哀しか感じない作品だが、脚本も担当する演出家の『彼』には、斬新な演出プランがあるという・・・このキモイ話がどんなアートに生まれ変わるのだろうか・・・そして舞台で全裸になった自分が作品に花を添える・・・脚本はまだ執筆中。裸体をさらす相手となる竹中時雄役が誰なのかも、まだ聞いてはいなかった。どんな素敵な人が演じるのだろうか・・・MICHIYOは、体がほてってくるのを自覚した。
メールの着信。演出家の『彼』からだ。文面をみたMICHIYOは、その内容を疑った。
『君の裸を思い描きながら書いているうちに抱きたくなってきた』
 高揚していた気分が、一気に覚めていくMICHIYO・・・何なの、このメールは・・・。
『どういう意味ですか?』と返すと、すぐに『ゴメン、書いているうちに変な気分になっちゃって』と返事がきた。
 まさかこの人が、私の相手役? 不安と嫌悪が心の中で膨らんでいく・・・。

私小説では、作家と主人公が同一視され、作品が作家の主観的吐露になっていく。そして、脚本家と俳優を兼ねる作家は、たえず文学を演じていなくてはならない・・・。
そう、演出家の『彼』は、フィクションな存在である竹中時雄を、現実の世界でも演じ始めていたのだった。

 演出家の『彼』に翻弄されていくMICHIYO・・・欲望と狂気に嫌悪していくと、次第に意識が薄れていく感覚にとらわれてしまう。
 妄想と現実との区別は曖昧となり、そしてついには、MICHIYOは『殺人』の自覚がない女になっていく・・・。

【監督プロフィール】菅乃  廣 (カンノヒロシ)

福島県出身。大学卒業後、(株)角川書店で、「ザテレビジョン」など雑誌の制作に携わる。その後、テレビ東京の特撮ドラマ「仮面天使ロゼッタ」で脚本家としてデビュー。映画監督としては、出身地である福島県の原発問題を描く「あいときぼうのまち」でデビュー。福島県のある家族の三世代70年にわたる苦悩を描き、日本国内のほかドイツで上映され絶賛された。2作目の監督作品「OUT ZONE」は、心の病の世界を描き、第42回モントリオール世界映画祭2018「WORLD GREATS」部門に正式招待される。まんが原作も手掛ける。
◯主な脚本作品
「仮面天使ロゼッタ」(平成10年放送 テレビ東京 出演:吉井怜)
「自殺マニュアル」(平成15年公開 出演:森下千里 水橋研二)
「コンクリート」(平成16年公開 出演:高岡蒼佑[現:高岡奏輔] 小森未来 三船美佳)
「サクラ花~桜花最後の特攻~」(平成27年公開 松村克弥監督 出演:大和田健介 尾形直人)
○主なまんが原作
「はたきんぎょ~裁判所執行官」(平成18年~平成21年 ビッグコミックオリジナル増刊号)
〇映画監督作品
「あいときぼうのまち」(平成27年劇場公開 夏樹陽子 勝野洋 千葉美紅ほか)
・函館港イルミナシオン映画祭正式招待 ・大阪アジアン映画祭正式招待 ・ドイツ/フランクフルトNIPPON CONNECTION正式招待
「OUT ZONE」(平成31年劇場公開 松中みなみ 沖正人 林田麻里 遠山景繊子 ほか)
・第42回モントリオール世界映画祭「WORLD GREATS」部門正式招待 ・函館港イルミナシオン映画祭正式招待


プロジェクトをやろうと思った理由

永い間タブー視されてきた田山花袋「蒲団」の映像化、鬼才菅乃廣監督と体当たり挑戦する女優立花なお実の決意を得て、ようやく実現の目処が立ちました。

●資金の使い道

映画制作には莫大な費用がかかります。

そこで、まず第一目標として200万円を掲げます。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

・準備費(脚本制作・衣裳制作・セット制作など)

・現場費(ロケ費・作家以外の出演料•撮影費など)
・編集・音楽費

以上は自己資金で用意しました。


皆さんからお預かりした資金は以下の用途で使わせていただきます。

・作家役に知名度のある俳優さんを交渉したいと思い、その出演料。

・リターン制作費

・広告宣伝費

・イベント制作費


リターンについて

【基本リターン】

• 舞台挨拶付き試写会

日時は2022年2月頃、川崎駅前を予定してます。

・パンフレット

出演者のインタビューなどが掲載されるパンフレットです。
A4 20P フルカラー予定(内容は変更になる場合もございます)

・複製台本

映画本編の複製台本です。
複製台本の表紙に出演者全員の直筆サインをお入れします。

【スポンサープラン】

・エンドロールクレジット

ご希望の名前を映画本編のエンドロールにクレジットいたします。

本名、ニックネームのご希望に合わせます
※記載するお名前は10文字以内とさせていただきます。

【参加型プラン】

•  プレミアム試写会❷参加型

試写会のあと、ランチ付きファンミーティング 菅乃廣監督、立花なお実は参加します

支援者の方は、出演者と一緒に写真を撮ることができます。(集合写真ではありません)
日時は2022年2月頃、川崎駅前を予定しています。

・クランクアップ日撮影見学

映画撮影の最終日に、撮影現場に立ち会うことができるプランです。
クランクアップの瞬間に出演者の方に花束を渡すことができます。
最後に、出演者と一緒に写真を撮ることができます。
日時は2021年10月頃、関東近郊を予定しています。

• 映画に出演

1日撮影現場に来ていただき、最低5分映像になるよう撮影します。役はご参加いただける方の年齢に合わせて、監督が考えます。作家役の友人役、演出家の友人役となどです。セリフも一言あるようにします。


実施スケジュール

2021年9月30日 クラウドファンディング終了

2021年10月頃 撮影開始
2022年1月頃 作品完成
2022年2月頃 プレミア試写会


最後に

ここまでご覧いただきありがとうございます。

立花なお実と深崎ゆずきの体当たり的演技の良さや、彼女が色々な仕事が出来る環境を作れればいいなという気持ちからのスタート。

菅乃廣監督と意気投合してヨーロッパの映画祭に出品したい、という菅乃廣監督の熱意。

田山花袋のタブー視された世界感を表現するためにクラウドファンディングでの資金調達というチャレンジ。

田山花袋の自伝的私小説を映像として表現するために是非皆様のご支援賜われれば幸いです。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください