まずはじめに、数ある案件の中から、当プロジェクトをご覧頂きありがとうございます。私たちは、さわかみ関西独立リーグに所属する堺シュライクスと申します。そして私は、このプロジェクトを立ち上げた球団オーナーの松本祥太郎と申します。


2021年8月8日(日)、「野球×お笑い」というコラボイベントを実現するために、クラウドファンディングにチャレンジいたします。


プロジェクトに対する熱い思いを伝えてまいりますので、最後までお付き合いいただけますと幸いでございます。

堺シュライクスは、堺市を拠点に活動する球団として2018年に誕生し、監督に大西宏明、コーチに藤江均というNPBで活躍した両名を迎えて走り出しました。ただ、監督とコーチ以外は何も決まっておらず、それこそ球団名すらありませんでした。


本当に何もないゼロの状態から、スポンサーになってくださる企業を探し、堺市の祭りで行なったビラ配りや、SNSでの告知など、地道な活動を続けながら徐々にファンを獲得していきました。「堺シュライクス」という名前やユニフォームのデザインも、そのファンの方々による一般公募の中から決まったものです。

そうしたスポンサーやファンの方々の応援もあって、昨年は設立2年目にして初のリーグ優勝を飾ることができました。ゼロから築き上げたものがひとつの形になったことを実感し、込み上げてくるものがあったのを今でも鮮明に覚えています。

ただ、喜んでばかりはいられません。リーグ優勝はあくまでもチームの目標のひとつであり、選手には「NPBへ行って活躍する」という夢があります。その夢の実現にはまだ至っていません。

NPBへ行くためには、これまで以上に野球と向き合う必要があります。我々も、なるべく選手がスカウトの目に留まるよう、NPBの各球団と定期的に試合を行なっていますが、そこでチャンスをものにできるかどうかは選手次第です。

数少ないチャンスをものにするために、選手たちは今日も野球と向き合う日々を送っています。


しかし現在、新型コロナウイルスの影響によって、以前のように試合が開催できなくなっています。緊急事態宣言の延長に伴い、イベントや試合は度々延期され、試合が行える球場でも無観客での開催となっています。

もちろん、「無観客でも試合が行えるだけありがたい」という気持ちは大前提としてあります。しかし、特に独立リーグでNPBを目指す選手たちには、ファンの方々の前で試合をしてもらいたいのです。

無観客で試合をするのと、ファンが見守る中で試合するのとでは、緊張感がまるで違います。実際、久しぶりに大勢のファンの前で行われた今年の開幕戦は、無駄なエラーや失点がなく、ファインプレーも続出し、延長戦に突入するほど見応えのある試合となりました。

(写真:「Nail’+」ジョイントメディア)


これは普段の仕事でも言えますが、プレッシャーは、時として人を大きく成長させます。例えば、入社2年目の若手社員が大きな案件を初めて達成した後、急激な成長を見せるといったシーンはよくあります。

野球でも、緊張感のある試合でチャンスをものにした選手が“一気に化ける”ことは度々起こります。そしてその成長は、独立リーグの選手たちがNPBという世界へ羽ばたくために必要なものだと私は思います。

大勢のファンの前で試合をさせてあげたい。


そういった思いから、我々は今年も「バトスタデー」を開催することに決めました。


バトスタデーとは、堺シュライクスが公式パートナーシップを締結している漫画「バトルスタディーズ」とのコラボイベントです。昨年、一昨年と過去2回開催され、毎年多くのファンが球場に足を運ぶ真夏の一大行事となっております。


バトルスタディーズとは?

週刊「モーニング」(講談社)で絶賛連載中の超リアル高校野球漫画「バトルスタディーズ」。野球の名門校である「DL学園」を舞台に、野球と甲子園出場にすべてを懸ける高校球児の熱すぎる生きざまが描かれています。

「モーニング」2015年6月より連載開始:最新刊27巻は7月20日発売


作者自身が、DL学園のモデルとなっている「PL学園」野球部出身で、2003年夏には9番ライトとして甲子園に出場しています。


公式パートナーシップを結ぶきっかけとなったのは、もともと大西宏明監督と作者のなきぼくろさんがPL学園野球部のOB同士…というのもあるのですが、それ以上に、1998年夏の甲子園で今なお伝説として語り継がれる「横浜対PL学園」の試合がきっかけとしては大きいものでした。


このあたりも熱く語りたいところではありますが、長くなり過ぎてしまいますので割愛させていただきます。また、バトルスタディーズの詳しいあらすじはこちらの記事で紹介しております(作品のネタバレはありません)。

>>堺シュライクス×漫画「バトルスタディーズ」が夢のコラボ!


「独立リーグらしく、他球団がやっていないような面白いことを積極的にやっていきたい」


このような私の思いを、作者のなきぼくろさんや担当者の方は快く受け入れてくれ、「バトスタの素材は全て自由に使ってください」と仰ってくれました。そのお言葉に甘えて、チケットのデザインや球団グッズを販売するECサイトで使わせていただき、多くのファンに喜んでもらえたことには感謝しかありません。


そこで、「せめてなにか恩返しができれば…」という思いで始めたのが「バトスタデー」というイベントです。

第1回では、作中に登場するDL学園のユニフォームを着用して試合を開催。

第2回では「LIFE IS ART」をテーマに掲げた参加体験型のアートフェスティバルを開催。


バトスタデーでは、普段以上に「他球団が取り組んでいない面白いこと」を意識したイベントを開催してきました。


そして第3回目となる今回、テーマは「野球×お笑い」です。


今回のバトスタデーを開催する背景には、「より多くのファンの皆様に試合を見てもらい、そのプレッシャーの中で成長してもらいたい」という思いがあります。

その思いと「お笑い」がどうやって繋がるのか?少し長くなりますが、順を追って説明させていただきます。

決め手となったのは、堺シュライクス3年目の開幕戦で行われた「実況生中継」で起きた出来事でした。


2021年4月3日、厳重な新型コロナウイルス感染対策を行なった上で、我々は開幕戦を迎えることができました。

今年の開幕戦は、「より多くのファンに選手の姿を届けたい」という思いから、「専門の配信業者に頼らず自力で実況生中継をする」という取り組みに挑戦しました。生中継自体はこれまでに何度か行なっていたのですが、それはあくまでも配信業者に依頼してのものです。

高額な費用を支払っての配信は資金面でも厳しく、なにより「他球団がやっていない面白いことに取り組む」という球団の理念に反するものでもありました。



「NPBの真似事ではなく、独立リーグらしく自分たちの力でやってみよう」


そんな思いから、今回の「自力で実況生中継」という挑戦が始まりました。限られた人数による撮影の苦労や試合の様子をここで書くと長くなり過ぎてしまいますので、割愛させていただきます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

>>球団史上初!自力での実況生中継を行った2021年開幕戦に密着。


この実況生中継で“実況”の部分を担当したのが、スレンダーパンダ(以下、スレパン)でした。結成5年目の彼らは、“今はまだ”売れない若手芸人です。


もともと、開幕戦の実況はお笑い芸人の方にお願いしようと考えていたのですが、ここで有名な芸人さんを呼ぶのは“独立リーグらしさ”に欠けるな、と思っていました。


そんな時、知り合いから「お笑い芸人の友人がいる」と紹介を受けて、スレパンのじゅんせー君とお会いしました。同じ青森県出身ということもあり、すぐに意気投合し、その場で「開幕戦の実況をやってくれないか」とお願いをしました。

すぐに相方さんと事務所に連絡してもらいOKをもらえたのですが、今思えば、彼らがどんなコンビかも知らずにオファーしたことは、少々賭けの要素が強すぎた気もします。

しかし、結果は大成功。

それぞれが大学まで培ってきた野球の経験に基づく豊富な知識。

試合の合間を縫うような2人の掛け合い。

彼らの的確な実況と解説は、テレビで見る野球中継にも負けず劣らず、それでいて、深夜ラジオを聴いているかのような不思議な魅力を感じさせました。


スレパンには後日、他の独立リーグの球団から野球関連の仕事依頼が数件舞い込むなど、予想以上の反響がありました。また、開幕戦の関連動画は、合わせて5000回ほど再生されています(2021年6月現在)。YouTubeの世界では微々たる数字かもしれませんが、彼らにとっての「5000回」は、決して小さなものではないはず。

球団にとっての大事な開幕戦というプレッシャー。そんな中、遥かに想像を超える活躍を彼らは見せてくれました。

プレッシャーのかかる場面でチャンスを掴み、次のステップへ進む。


これこそが、「NPBへ行って活躍する」という夢を持つ選手にとって、必要なプロセスだと私は思います。



プレッシャーのかかる場面でチャンスを掴み、次のステップへ進む。

このプロセスを見て、「独立リーグの選手」と「若手お笑い芸人」には通ずる部分が多いのでは?と感じました。


プロ野球という肩書きはあっても、厳しい環境にいる独立リーグの選手たち。

お笑い芸人という肩書きはあっても、なかなか表舞台に立てない芸人たち。


「いつか必ず、憧れの舞台で活躍してみせる」

「夢の実現のためなら、アルバイト生活だって耐えられる」

「ここまで続けてきたケジメとして、最後の1年を悔いのないように過ごしたい」

どちらも素人の私が言うのはおこがましいのですが、考えれば考えるほど、両者の置かれている境遇が似ている気がしてならないのです。


そこで私たちは、「独立リーグの選手」と「若手お笑い芸人」それぞれに、見たことのない景色を見せてあげたいと思い、今回のバトスタデーにて「野球×お笑い芸人」というコラボプロジェクトを実現したいと考えました。


独立リーグの選手も、若手お笑い芸人も、大勢の前に立つことはほとんどありません。

そんな彼らに、大勢のファンの前で活躍してもらいたい。

大勢のファンがいる光景は、彼らにとって見たことのない景色となり、そのプレッシャーのかかる場面で掴んだチャンスは、次のステップへと進む成長につながります。

それではここから、今回のプロジェクト実現のために考えた2つの企画についてご紹介していきます。


野球ネタNO.1決定戦!MZ1グランプリの開催

バトスタオールスターズ


昨年行われたM1グランプリが過去最多の参加数だったように、芸人の数は年々増え続けていると言われています。その中には、才能があっても日の目を見ないまま、次第に夢を諦めていく芸人も多いそうです。

そんな彼らに、まだ見ぬ景色を見せることができたら。

そのような思いから、球団主催のコンテスト「MZ1グランプリ(モズワングランプリ)」の開催を決定致しました。


MZ1グランプリでは、事前エントリーでネタを撮影し、その動画を見たファンの投票によって優勝者を決定します。優勝者には、「賞金10万円」「バトルスタディーズへの出演」など、ささやかながら特典をご用意しました。

【優勝特典】

・賞金10万円

・漫画「バトルスタディーズ」への出演

・堺シュライクス公式YouTubeへの出演

・イベント当日(2021年8月8日)の始球式と実況解説への出演


堺シュライクスは「夢を実現する場所であり、夢を諦める場所を創る」というビジョンを掲げて活動しています。今回のイベントが、芸人の皆さんにとって「夢を掴むきっかけ」となれば喜ばしい限りです。

詳細や投票方法については下記ページ内に記載してあります。彼らが夢の舞台に立つため、どうか皆さま応援のほどよろしくお願い致します。

>>MZ1グランプリの詳細や投票方法はこちら


これまでのバトスタデーでは、第1回目は「DL学園」、第2回目は「フルーツ柄」と、選手が着用するユニフォームにこだわってきました。

そして第3回目となる今回は「オールスター」です。

「バトルスタディーズの作中に登場するライバル校のユニフォーム」を着用した選手が試合を行います。

「DL学園」のモデルとして「PL学園」があるように、バトルスタディーズには、それぞれ実在する野球強豪校がモデルとなって登場しています。

下の画像は今回のバトスタデーのために、作者のなきぼくろさんが特別に描き下ろしてくれたものです。快苑(桐蔭)、花忠社(履正社)、兵安(平安)、横羽間(横浜)。作中のライバルたちがユニフォームを着て漫才やコントを披露していますが、ちょっとカッコ良すぎませんか?素でエグい。


なきぼくろさんは常々、「高校野球のユニフォームには魂が宿る」と仰っていて、その想いを自身の作品内でも反映させています。

「魂が込められたユニフォーム」を忠実に再現し、それを着用した堺シュライクスの選手たちが試合で躍動する。

この日この場限りでしか見られない「バトスタオールスターズ」の姿を見に、ぜひ球場へ足を運んでいただきたい。大勢のファンが集まるその姿が、選手にとって見たことのない景色となるはずです。



堺シュライクスを含む独立リーグに在籍する選手の多くは、高校、大学、社会人といういずれのフェーズでも“選ばれなかった選手”です。それでも夢を諦めきれず、この場所に辿り着きました。

そんな選手たちに、今まで見たことのない景色を見せてあげたい。

そのためには、多くのファンの力が必要です。彼らが夢の舞台に立つ為の大きな一歩を、皆様のご支援で踏み出せればと考えています。どうぞ宜しくお願い致します。




資金の使い道について

・バトスタユニフォームの作成費用(800,000円)

・イベント開催費用(150,000円)

・その他グッズ制作費用(50,000円)

集まった金額のうち、CAMPFIRE手数料を差し引いた金額を上記に充てます。

もし、1,000,000万円以上集まった場合は、球団運営資金へと利用させていただきます。

実施スケジュールについて

2021年8月8日(日)11:00開場 17:00プレイボール

場所:くら寿司スタジアム堺 さわかみ関西独立リーグ公式戦
vs和歌山ファイティングバーズ
※雨天の場合、やむなく順延になりますが、なんとしてでも実現させたいです!

12:00 草野球対決(キッチンカースタート)
13:00 ストラックアウト選手権/Tシャツイベント開始
15:00 練習開始
16:00 生放送開始(スレパンロケ:キッチンカー食レポ)
16:20 試合前セレモニー開始
16:25 月間MVP表彰
16:30 バトスタカー贈呈式
16:35 ストラックアウト表彰式
16:40 MZ-1表彰
16:50 始球式
17:00 プレイボール(vs和歌山ファイティングバーズ)

※タイムスケジュールは変更になる可能性がございますので、予めご了承ください。

<生放送ゲスト>
ストラックアウト優勝者/キッチンカー優勝者/MZ-1優勝者/なきぼくろさん/spotaka/平山



今年も、バトスタデー限定でたくさんのリターンをご用意いたしました。

このクラウドファンディングでしか手に入らないグッズもありますので、ぜひお気に入りのリターンをお選びいただき、当日の「バトスタデー」を楽しみましょう!


1.バトルスタディーズユニフォーム

この試合に限り、堺シュライクスはこのユニフォームを着てプレイします。

SPOTAKAの全面協力により、モデルとなったそれぞれの高校のユニフォームを、生地や色も含めて忠実に再現します。この日この場所でしか見られないその姿、ぜひ目に焼き付けてください!

ご支援いただいたタイミングによっては、球場での直接受け渡しも可能ですので(締切をご確認ください)、ご支援いただく際の注意事項をよくお読みいただき、必ず備考欄に「ユニフォーム名」「サイズ」「球場受け取り希望か否か」をご明記ください。

※サイズは以下の画像を参照ください。




2.バトスタデー限定タオル

毎度おなじみ、タオルです。本当に、タオルなんてなんぼあっても良いですからね!とは言え、ただのタオルじゃありません。今回のイベントのために、作者のなきぼくろさんが特別に書き下ろしてくれた限定デザインタオルです。

選手、芸人。夢を追う若者たちの姿には、思わず涙が出てしまうものです。ぜひ、タオルのご用意を。


3.ライパチくんぬいぐるみ〜バトスタユニフォームver.〜

鋭い目つきとクチバシなのにどこかチャーミング。そんなライパチくんが遂にぬいぐるみとなって登場です。写真はシュライクスver.ですが、お届けするライパチくんはしっかりDL学園のユニフォームを着ていますのでご安心ください。


4.バトルスタディーズ出演権

なんと、週刊「モーニング」(講談社)で絶賛連載中の超リアル高校野球漫画「バトルスタディーズ」に出演できます。かつて大西監督が「大東さん」として登場したように、実名での出演ではありませんので予めご了承ください。

たとえ自分しかわからなくても、その画はきっと一生の思い出になるはず。ご支援が10組に到達した時点で受付終了となりますので、余裕を持ってのご応募お願い致します。


5.少年野球チーム全面プロデュース

今年、バトスタデーを協賛してくださるspotaka様(株式会社スポーツタカハシ)の特別リターン。

これまでspotakaが培ってきたマーケティングやブランディングノウハウを全て注ぎ込み、少年野球や草野球チームをまるまるプロデュースさせていただきます。

見た目も中身も超クールに生まれ変わりたいチームへ向けた、1組限定のリターンとなっております。



コロナ禍が続く厳しい状況ではありますが、我々は我々にできることをやっていきたいと思います。引き続き感染症対策は徹底して参りますので、どうかお近くの方は球場まで足をお運びください。

遠方の方や球場に来られない方にも楽しんでいただけるよう、YouTubeによる実況生中継も予定しております。日曜17時からのプレイボールとなりますので、晩御飯の支度をしながらでも見てやってください。

選手、芸人それぞれが見たことのない景色を見るためには、応援してくださるファンの皆様の応援が必要不可欠です。

ファンの存在が、プレイヤーを奮わせ、輝かせます。

彼らが夢を掴むきっかけとなるよう、このプロジェクトを必ず成功させたい思っておりますので、応援のほどよろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください