はじめに・ご挨拶

初めまして。三原市にある白竜湖スポーツ村公園で管理者として勤務している者です。

6月11日金曜日、午後いつものように園内の見回りにあるいていました。 

緊急事態宣言化のほぼ閉鎖状態の園内は通常時も人はほとんどいない場所ですが

草や鳥や生き物たちの状態の確認などいつもと変わらない公園で相変わらず平和だなと感じていたところ

最後、事務所駐車場のあたりで地下から「ミウミウ」という声がするのです!

おそらくどこかの排水溝からだと思います※動画が貼り付けできれば当時のを貼り付けたいです。

私の力ではふたが持ち上がらず、119番をしました。

最初は「猫の救出は…」と言われていた職員さんも、園内には私ひとりしかいなく

周りにも人がいません。すると来てくださることになりました!もちろん途中で出動要請がはいれば

そちらを優先されるというお話でしたが、とてもありがたかったです。

あの小さな声を私はどうしても見過ごすことはできませんでした。

しかし、隊員さんが到着したときには直前まで聞こえていた声は聞こえなくなり・・・

園内の地下排水もどこにつながっているか多方面にひろがりすぎてわからず。

地下で配管がどのようになっているかわからない中消防隊の6名の方達や、職員の方もきてくださり
皆様みんなであっちこっち探したり…

バールで排水溝の蓋を開けたり、土管に誰かが入ってみるか⁉️となったり。。
どの排水溝かわからない中、消防車のホースで弱めの水を50M先くらいからちょろちょろと流し、水で追い込む作戦…
右側、左側…とつぶしていくしかない中…ついに、出てきました‼️

まさかの3匹‼️💦1匹は風邪を引いたか病気みたいに弱っていて、その子を守るかのように…。

全ての命は救えないし、普段は手を出さないのですが
やはりあのSOSの必死な小さな小さな声は、
生きたいという彼らの必死な叫びだったのだと思います。
声を聞いたら見過ごすわけにはいきませんでした。
恐らく、一番上の子が必死で泣いていたのかと。瀕死の子は泣くことも走ることもほとんどできず…
しかし、正直2時間半の捜索で、もう見つからなかったら地面全部掘るわけにはいかないし、

諦めなきゃならないかなってちょっと思ってはいました。
それでも3匹一緒に見つかるのはこの子達の生きたいって思いとご縁なのかもと感じました。

この後、夜間あいている動物病院で診察をしてもらい、のみがたくさんだったので、のみとりをしてもらいました。

生後1か月くらいの子だそうで、
瀕死の子はまだ体重は200g。衰弱しきっていました。抗生剤の注射と目薬をいただきました。

しばらくは保護して4時間おきに投薬です。

帰宅してからミルクを混ぜた柔らかなご飯をしっかり食べてくれました。

この先どうしていくかはまだわかりませんが、
できる限りこの小さな兄弟のために安心できる温かな暮らしを提供してあげたいとは思っています✨



野良猫全てを助けることはできません。

でも、こうやってご縁があった子たちだけは。

この先手術もさせなきゃならないとは思います。
人間のエゴかもしれませんし、
自然界の掟に背いているかもしれません。
でも、やっぱり。
暖かく安心して過ごしてほしいと願っています。

疲れてなかなか寝付けない4時間後…
「ミィゥ」という遠く(玄関)の声に飛び起き、
ミルクとご飯をあげ、お薬を。

弱っていた三男坊もしっかり食べてくれましたが、
お兄ちゃんお姉ちゃんは
お腹いっぱいで元気が出たか、探検隊に。

いつまでもダンボールじゃなんだから…通勤できるようにケースを買いました。
エサとシャンプーとミルクもシャンプーをして、サッパリした3匹は新しいおうちに馴染んでくれています。三男坊はよちよち歩きで後追いをしてくるようになりました。

お兄ちゃんお姉ちゃんは元気いっぱいなので…運動不足解消と、我が家の安全のために
ゲージも準備することにしました。子猫用のトイレも置き、安心している様子です。

贅沢な暮らしはできませんが、今から熱くなるので冷房は自宅で24時間つけておかないとですし、

この2日で猫用品と病院で6万円はかかりました。ゆくゆくは里親さんもさがさないといけないかもしれませんが、ずっと1か月土管の中で必死に耐えていたこの子たちのケアを今はしっかりしてあげたいと思っています。ワクチンや去勢・避妊手術もしたいと思っています。

※里親さんに譲渡する場合も、それらは私の責任で行った上でと考えています。

しかし、正直単身女性の身の給与ではこの出費はかなり痛いのです。

地元ではない地域に引っ越してきたので、頼る人たちも周りにいません。

コロナの不安もあるので実家にももう2年近くかえれていません。

部屋も一人暮らしのワンルームに、今自分のものを処分して、背の高いゲージをかっておいています。

できるだけのことはしてあげたいと思ってはいますが

あさから晩まで仕事で、日曜日しか基本的には休みがないため、バイトをする時間もなく

毎日高速道路で片道1時間半の通勤です。そこで、クラウドファンディングをはじめてみることにしました。保護猫や地域猫や助成金など調べて問い合わせてみましたが、団体さんばかりで

個人の応援はありませんでした・・・。

裕福な人にお譲りするなど色々な方法はあるかもしれません。

しかし、今これだけ表情豊かに目力がついてきた子達を、まだしばらくは安心して暮らし、彼らみたいな子を増やさないためにも、

しっかり去勢や避妊やワクチンは済ませてあげたいと責任を感じています。

猫を飼いたいけど飼えない方、野良猫を守りたい、保護猫を守りたいかた、少しでもいいのでぜひご支援をお願いしたいです。


近況は常にTwitterでUPしていますので、応援フォローも併せて

お願いいたします!!

Twitter→@N14Emoe9

写真2021.6.22

写真2021.6.22

クチコミで話題になったようで

取材を受け6月22日の読売新聞に掲載されました。



※概算


◆病院代(治療中)約1万6000円 

◆毎月治療薬 約1700円×3匹×12ヶ月

◆混合ワクチン約5000円×3匹×3回

◆初期管理費用(ゲージや餌など)

約5万円

◆去勢手術 約3万円弱×2匹

◆避妊手術 約5万円×1匹

◆毎月の管理費用の補助として

(餌代、トイレなど月約6000円)

(夏場に向け、部屋の冷房を弱風で24時間つけています※夜間数時間在宅時は換気しますがほとんど日中不在時はつけています。月1万円ほど電気料金が加算されます×10月ごろまで5ヶ月)

◆クラウドファンディング手数料


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎


皆様ありがとうございます!!

まさか…皆様のお心遣いが励みになり

この子達は幸せだよと感謝する毎日です。

目標金額は最低限の金額ではあります、、、日々成長していく中、3匹だとやはりトイレの回数が増えたりサイズオーバーになったりし買い換えたり

なかなか金額が嵩むのも現実です。

私は相変わらず眠れない日々を過ごしていますが笑


この子達に贅沢はできませんが、

不自由な思いはさせたくないため、

3匹でこの部屋だと…と、私は引っ越しをしたばかりで気に入っている部屋なのですが、ゆくゆくは引っ越しもしなくてはならないかとも覚悟をしはじめてもいます。

もし、皆様のあたたかなご支援により目標金額を達しましても、引き続き賛同いただけましたら幸いです。

よろしくお願い申し上げます。


◆リターンのご紹介

正直、なにができるかわからないのですが、写真をメールでお送りしたりインスタやツイッターなどで発信していくので応援していただければと思います・・・。




<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください