【感謝申し上げます/さらなるネクストゴールに挑戦します】

皆様の温かいご支援と応援いただき心からお礼申しあげます。
おかげさまでネクストゴールとしていた2,000,000円も達成することができました。

目標が現実に近づきつつあり、あと少しで総事業費も集められる所まできました。

本当に感謝いたします。

地域の皆様が安心していられる居場所、そしてその居場所をたくさんの地域に広げていくために何とか目標達成したいと考えております!!

さらなる応援をいただきますよう、よろしくお願いします。



はじめに・ご挨拶

はじめまして。琵琶湖の南部に位置する滋賀県草津市駒井沢町で、NPO法人宅老所心の理事長を務める村田美穂子と申します。
宅老所心の本部があるのは、駒井沢町の旧集落内にあるかやぶき屋根の古民家です。
ここは、私の生家になります。
明治初期に建てられた約150年前の建物で、草津市内で現存するかやぶき屋根の建物は数件しかないとのことです。


前回葺替え直後の写真(平成15年)


このプロジェクトで実現したいこと

劣化が激しい屋根部分のかやぶきの葺き替えと、瓦の葺き替えなどを行い、風水害に耐えられるようにして、多世代が交流する居場所である『かやぶき心』を守り、存続していきます。


私たちの地域のご紹介

滋賀県草津市は琵琶湖の南部に位置し、東海道と中山道の分岐・合流の地で、天下を手中に収めようとした時の権力者たちにとっても、歴史上重要な場所でした。


駒井沢町は草津市の北部に位置し、元々は旧集落を中心とした静かなまちでしたが、幹線道路が開通して以降はスーパーやカフェ等の開発が進み、流入人口が多く現在も人口が増加しています。

宅老所心の本部のある『かやぶき心』では、法人本部としての機能以外に、地域のみなさんの交流の居場所になっています。法人事業として、毎週のランチ、月2回の地域居酒屋、そして月2回の子ども食堂をしています。ランチでは、認知症の人と家族の会の方が月2回来られ、介護をされている家族のご相談や息抜きの場としても使っていただいています。またそれ以外の日は、地域のみなさんからご連絡があれば、自由に居場所として使っていただけるようにもしています。健康マージャンをされたり、有志の食事会をされたり、子ども会の打合せをされたり。


プロジェクトを立ち上げた背景

かやぶきの葺き替えはだいたい15年周期と言われます。
かやぶき心では、法人設立前に葺き替えを行ったので、もう20年近くになります。
また屋根の外周にある瓦部分は建築当時のままで、約150年経つことになります。
近年では、ゲリラ豪雨などこれまででは考えられなかったような雨も降り、このままでは近いうちに雨漏れの被害が出ることになると言われています。
これらの状況から、緊急に修繕工事を行う必要があるため、本プロジェクトを立ち上げました。


これまでの活動

私は、35歳で介護の仕事に就き、有料老人ホームや救護施設で働いていたのですが、2003年(平成15年)に独立し、宅老所心を立ち上げました。
それは、地域のある90代のおばあちゃんからの一言です。
『美穂ちゃん、みんなが寄れる居場所をつくってぇな』


2004年(平成16年)に介護保険のデーサービス事業を開始したのですが、最初の頃は介護保険の対象外の方も訪れ、地域の高齢者のみなさんの、おしゃべりの場になっていました。
介護保険の認定を受けておられない方からの収入はないので、経営的には苦しかったのですが、地域の方に喜んでいただき私もとても嬉しく感じていました。


私の中のテーマは『地域』です。
地域で暮らす人々みんなが尊重され、このまちに住んでよかったな、最後までここで暮らし続けたいなと思ってもらえる地域がつくりたい。
そんな思いで事業をしています。


また、地域づくりは1人でするものではなく、みんなでつくるものとも考えています。なので、私は地域の中にどんなものが『あったらいい』のかを、地域のみなさんに集まってもらって話し合ってもらいました。市の地域包括支援センターの職員さんも来てくださいました。
そこで出てきたものが、『助け合い』と『居場所』でした。


当初行っていた介護サービス事業を他の場所に移したことに伴い、かやぶきの建物が空いたので、かやぶき心を拠点とした居場所づくりを始めることになりました。
居場所として定着しつつあるかやぶき心ですが、私は地域のみなさんに単なるお客さんではなく、地域活動に参画する実践者になってほしいと考えています。
そうすると、色々な変化が見えてきました。
地域居酒屋で毎回飲んでいるうちに仲間づくりが進み、地域のスクールガードを誘い合って参加されるようになったり、地域の高齢者と子育て世代の交流が少ないからと、自らが栽培した野菜を販売する夕市をされたりしました。
今では夕市は、1つの居場所になっています。
ランチにきている女性に、子ども食堂をしていることを伝えると、自らボランティアを名乗り出てくださったりもしています。

      スクールガード

      夕市の様子


このように、かやぶき心がやってきた居場所づくりが、地域のみなさんの地域活動へ参画するきっかけとなる場所なってきています。
今、駒井沢町は確実に『やさしいまち』へと変容してきたのです。


資金の使い道・実施スケジュール

茅葺き・瓦修繕工事費       2,300,000円
クラウドファンディング手数料等
※総事業費2,300,000円を目標とし、500,000円をクラウドファンディングでめざします。

2021.8  クラウドファンディング立ち上げ
2021.10 クラウドファンディング終了
2021.10 工事着工
        リターン品発送開始
2022.1  工事完了  


リターンのご紹介

1,000円
・お礼状

3,000円
・お礼状
・宅老所心のホームページに名前掲載
・手作りコースター(約10cm×約10cm)


5,000円
・お礼状
・宅老所心のホームページに名前掲載
・手作りシュシュ(直径約10cm)


10,000円(Aコース)
・お礼状
・宅老所心のホームページに名前掲載
・かやぶきランチ優待券(3枚、有効期限なし)


10,000円(Bコース)
・お礼状
・宅老所心のホームページに名前掲載
・オリジナルトートバッグ(宅老所心のロゴ入り、W36cm×H37cm×D11cm)


20,000円
・お礼状
・宅老所心のホームページに名前掲載
・オリジナルトートバッグ(宅老所心のロゴ入り、W36cm×H37cm×D11cm)
・オリジナル文字制作(額縁込み)あなたの好きな文字を書にしたためます。


50,000円
・お礼状
・宅老所心のホームページにバナー掲載
・オリジナル文字制作(額縁込み)あなたの好きな文字を書にしたためます。
・オリジナルトートバッグ(宅老所心のロゴ入り、W36cm×H37cm×D11cm)
・近江牛合挽きハンバーグ(3個入り)・しゃぶしゃぶ肉巻き近江牛ハンバーグ(3個入り)セット【近江スエヒロ本店】


100,000円
・お礼状
・宅老所心のホームページにバナー掲載
・オリジナル文字制作(額縁込み)あなたの好きな文字を書にしたためます。
・オリジナルトートバッグ(宅老所心のロゴ入り、W36cm×H37cm×D11cm)
・かやぶき心の建物内に名札プレートの掲示
・極上近江牛すき焼き肉(ロース、2人前)【近江スエヒロ本店】



最後に

地域のふれあいの居場所として定着してきたかやぶき心。
そして、宅老所心が産声を上げた象徴的な存在であるかやぶき心。
私はもちろんのこと、地域のみなさんからも『何とか残してほしい』という声をいただいています。
子どもから高齢者まで誰もが来ることができる居場所を、時代が変わっても引き継いでいってほしい、そんな願いから葺き替えすることを決めました。
きれいに生まれ変わったかやぶき心に、地域のみなさん、そして支援をいただいたみなさんに来ていただける日を、心からお待ちしています。
応援どうぞよろしくお願いします。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●送料:送料込み
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


【問合せ先】
事業者名:特定非営利活動法人 宅老所心
所 在地:滋賀県草津市駒井沢町343番地
電話番号:077-568-3186

ホームページ:https://takurou-kokoro.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kokoro.takuro


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/08/25 09:35

    皆様の温かいご支援と応援いただき心からお礼申しあげます。おかげさまでネクストゴールとしていた2,000,000円も達成することができました。本当に感謝いたします。地域の皆様が安心していられる居場所、そしてその居場所をたくさんの地域に広げていくために何とか目標達成したいと考えております!!改修工...

  • 2021/08/07 00:44

    【目標達成!感謝申しあげます/ネクストゴール挑戦中】皆様からのご支援のおかげで1,000,000円(200%)の目標金額を公開1日目で達成することができました。皆様の温かいご支援と応援いただき心からお礼申しあげます。しかし屋根の改修にはまだまだ費用が必要となります。チャレンジはまだ始まったばか...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください