自分の商品やサービスには自信があるけれども、知名度がない。広告をしたいけれどもそんな予算も取れない…。このようなお悩みをお持ちの中小企業・個人事業主の方はたくさんいらっしゃることでしょう。そんなみなさまにぜひ、「プレスリリース」という、マスコミ向けのビジネスレターを活用した、商品を出世させる方法を知っていただきたいのです!!

はじめまして!中島 PR代表の中島史朗と申します。

広告代理店勤務・食品会社広報部を経て、商品出世PRプロデューサー®として独立した私ですが、このたび、プレスリリースを活用した、商品を出世させる具体的な手法についてまとめた本を出版することとなりました。

この著書、『広告費ゼロ!プレスリリースを活用して勝手に売れていく必勝方程式』のことをたくさんの方に知っていただきたく、クラウドファンディングにチャレンジいたします。


私は、プレスリリースの活用法をたくさんの方に知っていただくことで、「世に埋もれているよい商品・サービスを、広告費ゼロで世に出したい!」と思っています。

プレスリリースとは、新製品や新サービスなどの情報について、ニュース素材としてメディアの担当者が利用しやすいように、ビジネスレターとしてまとめたものです。「大企業が発表するもの」というイメージをお持ちの方は多いですが、実は誰でも無料で送ることができるツールなのです。

難しいのは、プレスリリースを送ったからといって、何でもすぐに記事にしてもらえるわけではない、というところ。その書き方にはコツが必要なのです。


そこで、「無名の中小企業でも、マスコミに取り上げられるための、ネタを創る方法、ビジネスレター(プレスリリース)の文章の書き方・届け方」を本にまとめることにしました。


『広告費ゼロ!プレスリリースを活用して勝手に売れていく必勝方程式』 は2021年10月に株式会社同友館より発売予定。以下のような目次で、現在最終校正中です。

<目次>

序文 プレスリリースは「アート」企業の鏡

はじめに

第一章 会えない時代にマスコミに取り上げられ売上が上がる秘訣とは

【1】マスコミに必ず取り上げられる必勝方程式とは

1.プレスリリースって何?
2.マスコミに確実に取り上げられる「3つのW」とは
3.マスコミに取り上げられる3つのプロセス

【2】マスコミに歓迎されるネタ・7つの条件

1.マスコミに出るネタ・出ないネタ
2.マスコミに歓迎されるネタ・7つの条件
3.やってはいけない鉄の掟とは

【3】マスコミに歓迎されるネタを発掘する・創る


第二章 取り上げられるプレスリリースはこう書く

【1】プレスリリースはいきなり書くな

【2】プレスリリースは雛形通りに書け

【3】事例に学ぶ・プレスリリースの超具体的な書き方

【4】効果絶大!お手紙プレスリリース(中島流)

【5】プレスリリース文章術

 

第三章 プレスリリースは書いてからが勝負

【1】メディアリストを作ろう

【2】各メディアの狙い方

【3】プレスリリースを送る二大アプローチ

1.一斉発表(記者クラブほか)
2.個別取材要請(個別メディアアプローチ/超強力!担当者ストーカーアプローチ)
3.最強の必勝方程式・三段ロケット作戦
4.プレスリリースはいつ出す?
5.ホームぺージで取材確率を高める

【4】取材の受け方


第四章 テレビや新聞に出てからが本当の勝負

【1】マスコミ露出を徹底的に活用しよう

【2】マスコミをファンにする

【3】お客様をファンにする

【4】SNSでお客様をファンにする

【5】マスコミに取り上げられる必勝方程式

【必勝方程式一覧】


おわりに


また、出版と同時にインターネットFM番組『広告費ゼロでマスコミに出よう!』を、自らパーソナリティとなって始めます!

2021年9月よりテスト放送、10月より本放送を週1回、1年間の放送予定です。

毎週、何らかのサービスを提供している方を番組にお招きして、商品開発のきっかけや苦労したこと、お世話になった方の話などをお伺いし、ビジョンや理想などを語っていただくという番組です。そこで伺ったお話をプレスリリースというかたちに仕上げて送ってしまおう!という、史上初のプレスリリース配信番組(当社調べ)です。

出版とラジオ番組というメディアを使って、「プレスリリースの活用法」をたくさんの方に知っていただきたいと思っています。


私は現在、自身の広告代理店時代・食品会社広報担当時代の経験と、様々な方から学んだ知識を元に作り上げた「プレスリリースを活用した、商品を出世させる具体的な手法 」をセミナーでお伝えしたり、実際に運用をして、お客様の広報活動のサポートをしています。

お客様一人ひとりにじっくりと向き合って伴走していきたい、という思いで今の仕事をしておりますので、直接お手伝いできる人数は限られています。そこで、本というかたちにまとめ、よりたくさんの方にご活用いただきたいと考えました。

私は「恩送り」という言葉が大好きです。自分が色々な方から教えていただき、身に着けてきたスキルを、出し惜しみすることなく、たくさんの方に知っていただきたいと思っています。プレスリリースは、本当はサービス提供者自身がお書きになるのが一番です。誰よりも、心を込めて書くことができますからね。

私がやりたいのは、あくまで「世に埋もれているよい商品・サービスを世に出す」お手伝い。自分のサービスを何としてでも売り込みたい、というわけではないのです。今回のプロジェクトがたくさんの方の目に触れ、よい商品・サービスが世に出るきっかけになれば、こんなに嬉しいことはありません。


私は大学卒業後、広告代理店「アサツーディ・ケイ」で32年間広告・販促企画を担当し、中小企業の飲料新商品売り上げ前年比900%などに貢献してきました。

しかし広告代理店では、たとえよい商品があったとしても、企業が「広告予算」を持っていないと、 仕事を受けられないというジレンマがありました。

私が15年前に新規開拓で営業した歯ブラシメーカーでは、360度に毛を植えた画期的な歯ブラシを開発していました。私もとてもよい商品だと感じたのですが、広告費がなく、手を引かざるをえなかったのです。その後、そのメーカーは卸売りの会社にコツコツ営業をし、今や全国的なドラッグストアやスーパーに並ぶ人気商品に。発売以来累計2000万本を突破したのだそうです。

その事実を知ったとき、私は何とも悔しい気持ちになりました。あのとき、広告予算がなかったとしても、何らかの方法で消費者にこの商品の存在が届くような広報活動を手伝えていたら、もっと早くにこの商品はヒットしていたのだろう―今私がみなさんにお伝えしている、プレスリリースを活用した商品を出世させる方法は、まさにそのような会社にはぴったりの方法なのです。


私がプレスリリースと出会ったのは、54歳で自らマーケティングをしたいと転職した食品会社「合食」でのことでした。知識・経験・予算・人脈ゼロから広報部署を立上げ、試行錯誤の末、独自の広報ノウハウを構築。テレビ東京・関西テレビ・読売新聞・産経新聞など合計81件(月1件ペース)の掲載を実現、担当商品売上前年比440%に貢献しました。

そこに至るまでに、私はたくさんの失敗を積み重ねてきました。最初は自社の商品を売り込もうとするあまり、記者さんにはまったく相手にされませんでした。様々な人に教えを請い、本から学び、また記者さんたちとの会話から発見したことを積み重ね、現在の「商品を出世させる」方法を自分なりに編みだしたのです。

広告代理店時代にたくさんの会社を見て、中小企業で実際にゼロから広報担当をしてきた私だからこそ、中小企業・個人事業主のみなさまにお伝えできることがあると自負しております。


いただいた支援金は、以下のような内訳で、大切に使わせていただきます。

・『広告費ゼロ!プレスリリースを活用して勝手に売れていく必勝方程式』出版費用

・中小企業や個人事業主をPRするためのインターネットFM番組『広告費ゼロでマスコミに出よう!』年間運営費用

・CAMPFIRE手数料・人件費


リターンにつきましては、一例といたしまして、以下のようなものをご用意しております。

・著書『広告費ゼロ!プレスリリースを活用して勝手に売れていく必勝方程式』

※サイン入り

※購入者には、5大特典を進呈!!

【特典1】 広報界の第1人者・山見博康氏の特別講演(オンライン)
 「広報・PRの基本とプレスリリースの本質とは?」 広報教科書の定番・ロングセラー「新版 広報・PRの基本」(日本実業出版社)や「すぐよくわかる絵解き広報」(同友館)の著者である山見先生の講演
→11月開催予定/60分程度 ※詳細は支援者様にメールでご連絡いたします。

【特典2】 本書の著者・中島史朗によるセミナー(オンライン) 「出版に間に合わなかった、マスコミに出る『奥義』」
本書の原稿完成後、支援先にマスコミ取材依頼が相次ぎ、あらためてマスコミ露出の「奥義」を体感。具体的な成功事例を通じて、そのすべてを語る
→11月開催予定/60分程度 ※詳細は支援者様にメールでご連絡いたします。

【特典3】 展示会営業®の第1人者・清永健一氏のセミナー 「オンライン展示会営業セミナー」(オンライン)
コロナ禍における接触自粛でも新規顧客を獲得し売上を増加させ続ける、日本唯一の展示会営業コンサルタント・清永健一氏のセミナー
→11月開催予定/60分程度 ※詳細は支援者様にメールでご連絡いたします。

【特典4】 セミナープロデュースのプロ・東橋達矢氏の 「ゼロから挑戦できるオンラインセミナー開催術」(オンライン)
開催実績1300件以上のセミナープロデュースのプロ・東橋達矢氏が著書「セミナー開催の教科書」で披露しているセミナー成功のノウハウを惜しげもなく伝授
→11月開催予定/60分程度 ※詳細は支援者様にメールでご連絡いたします。

【特典5】 クラウドファンディングの支援実績トップクラス 「スバキリ一味」団長・小西光治氏の 「クラウドファンディング活用術セミナー」(オンライン)
200件以上の支援実績を誇るクラウドファンディングのプロフェッショナル 「スバキリ一味」団長・小西光治氏が伝授する”クラウドファンディングのツボ”
→11月開催予定/60分程度 ※詳細は支援者様にメールでご連絡いたします。 


・本とプレスリリース作成と配信指導

・インターネットFM番組『広告費ゼロでマスコミに出よう!』 出演権

・様々な個人/企業スポンサー

他にも魅力的なリターンをご用意しております。詳しくはリターン一覧をご覧ください。


2021年9月19日 クラウドファンディング終了。書籍が完成し次第、速やかにリターンの書籍をお届けし、他のリターンにつきましてもご連絡をいたします。

2021年9月 インターネットFM番組『広告費ゼロでマスコミに出よう! 』 テスト放送開始

2021年10月 インターネットFM番組『広告費ゼロでマスコミに出よう! 』 本放送開始
       週1回、1年間の放送

2021年10月15日 書籍『広告費ゼロ!プレスリリースを活用して勝手に売れていく必勝方程式』 発売開始(予定)


みなさんは、江戸時代から明治時代にかけて活躍し、現代も発展を続ける近江商人の精神「三方よし」~売り手よし、買い手よし、世間によし~という言葉を知っていますか?「商売において大切なのは、売り手と買い手が満足した上で、さらに社会に貢献できること」という意味です。

私は広報という性質上、そこに「メディア」の存在をプラスし、「世間善し、買い手良し、メディア好し、売り手佳し」の、「四方よし」を実現したいと考えました。

世の中のためになる商品・サービスならば、買い手は喜び、そしてメディアは喜んで記事にしてくれ、結果売り手にも利益をもたらします。みなさんの、よい商品をつくろう、よいサービスを届けようという想いは必ず通じます。

世の中にみなさんの商品を送り出す一つの手段として、「プレスリリース」を活用してみたいと思われる方、またこの理念に共感くださる方は、ぜひご支援をよろしくお願いします!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:Tel:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください