こんにちは!
私たち『金沢レインボープライド』は、LGBTQ+(性的マイノリティ)への理解促進を通じて、金沢そして北陸一帯が、誰もが安心して暮らせる、多様性を大切にできる地域となることを目指して、活動しています。これまでの活動をさらに一歩進め、持続可能なものとするために、LGBTQ+当事者やアライ(支援者)のメンバーが集い、2021年7月1日に一般社団法人として登記しました。

2015年に全国的に行われた意識調査独立行政法人日本学術振興会:性的マイノリティについての意識2015年全国調査報告書より)では、北陸は他地域よりもLGBTQ+に対する理解度、寛容度が突出して低い、と示されています。一方で北陸には、全国住みやすいまちランキング上位に常連で入るまちがたくさんあります。伝統的な価値観が色濃く残る北陸では多世代が同居することも多く、子どもを同居する人に預けて共働きもしやすく、自然豊かで子育て環境もいい、そんな評価なのかもしれません。しかし、LGBTQ+当事者にとって、本来の自分の姿を周囲に語ることが非常に難しい地域なのです。

ひがし茶屋街JR金沢駅のシンボル「鼓門」

そんな北陸一の人口を擁する金沢で、私たちは、まず、LGBTQ+の子どもたちに安心・安全な場をつくることが大切だと考えました。いちばん、自分の性のあり方に気づき悩む時期であり、周囲からの理解を得られず居場所がなく孤立しがちな時期でもあるからです。2017年以降、毎年秋に開催している「LGBTと教育ダイアログ(フォーラム) in 金沢」への協力を通じて、大人たちへの理解の場を提供してきました。また、2021年1月からは、毎月1回、地域の様々な方たちと協力して、誰でも気軽に立ち寄れる「にじのまカフェ」という居場所づくりを行っています。

金沢市は、SDGsを推進するための大きな柱として「誰もが生涯にわたって学び活躍できる社会風土をつくる」をうたっています。2020年の内閣府による「SDGs未来都市」認定なども後押しとなり、2021年7月1日、「金沢市パートナーシップ宣誓制度」が始まりました。また、地元の企業の方々からも、多様性に関する問い合わせを多くいただいています。

そこで、私たち『金沢レインボープライド』は、一人ひとりの存在をお互いに受け入れ、多様性を祝福するムーブメントを持続可能なものとし、より住みやすく、訪れやすく、親しみやすいまちを目指し、今年の秋に北陸初となる「金沢プライドパレード2021」の開催を決定しました。このクラウドファンディングのプロジェクトを通じて、より多くのみなさんに私たちの取り組みを知ってもらい、一緒にパレードを盛り上げていただきたいのです。

★プライドパレードとは?

プライドパレードとは、LGBTQ+を含む、あらゆる性のあり方を讃え多様性を祝福し合うイベントで、世界中の大小様々な都市で毎年開催されています。LGBTQ+当事者のみならず、アライ、それぞれの家族や友人、アーティストやアスリートなどの著名人、企業で働く方々、各専門分野の方々など、あらゆる立場の人が参加しています。なお、1969年6月28日にアメリカ・ニューヨークで起こった「ストーンウォールの反乱」を受けて、その翌年にニューヨークで開催されたのが、世界で初めてのプライドパレードとされています。

▼「LGBTと教育ダイアログ(フォーラム)in 金沢」への協力(2017年から毎年秋に開催)
2017年11月23日、これがすべての始まりでした!過去4回のイベントにたくさんの方が集まりました
主催:LGBTと教育フォーラム実行委員会
共催:国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット
協力:レインボー金沢、特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ
(写真は、2019年に「金沢21世紀美術館」にて開催したイベントの様子)

▼「にじのまカフェ」の主催(2021年1月から月1回開催)
(写真上)
ゆるっと集まって、性の多様性やジェンダーのお話をする「にじのまカフェ」
築200年以上の金沢町家ゲストハウス「Kanazawa 旅音」にて、毎月第4土曜日の昼に開催
(写真下)
2021年6月「にじのまカフェ」で『金沢レインボープライド』のメンバーたちがポーズ!


▼「金沢ダイバーシティツーリズム Conference 〜LGBTQが安心して楽しめる多様性のある街へ〜」の開催(2021年3月31日)
金沢SDGsツーリズム推進事業補助金の採択事業でもあるカンファレンスには、60人の方が集まりました
会場では、金沢レインボープライド「LGBTQツーリストおもてなしガイドブック」を進呈しました


▼「金沢市パートナーシップ宣誓制度」開始を受けた情報発信(2021年7月1日)
「金沢市パートナーシップ宣誓制度」を利用した第一号カップルをお招きした記者懇談会には、多くのメディアの方々にご参加いただきました

私たち『金沢レインボープライド』は、2021年9月26日(日)に、北陸初のプライドパレード「金沢プライドパレード2021」を開催します。また、9月23日(木祝)から9月26日(日)までの4日間を「金沢プライドウィーク2021」と称して、映画上映会・企業パネルトーク・企業向け勉強会・飲食店連携企画に加え、第5回「LGBTQ+と教育ダイアログ in 金沢」や「にじのまカフェ」スペシャル版など、様々な切り口からLGBTQ+について触れる、学ぶ、考える機会を提供する予定です。

これまでテレビや雑誌、新聞の「向こう側」にいたLGBTQ+当事者が、実は身近な存在で、性の多様性も当たり前のものなんだと多くの人に気づいてもらえたら、北陸が持つ人と人の絆の強さは、より多様な人たち一人ひとりの幸せにつながる架け橋へと変わるはず、そう信じています。

「金沢プライドパレード2021」のコースは、金沢のまちが誇る文化史跡をめぐるワクワクするものを、現在調整中!地域の多様な人たち、そして、本プロジェクトを応援くださるみなさんとともに、第1回目のプライドパレードを創りあげたいです。そして、穏やかな時代となった時には、世界中からたくさんの人が楽しみに訪れていただけるようなプライドパレードに、一歩ずつ育てていきたいです。ぜひ、ご一緒ください!

==============

★イベント内容(※詳しくは公式Webにてご確認ください)
https://kanazawarainbowpride.com
金沢プライドウィーク2021/Kanazawa Pride Week 2021
9月23日(木祝)
①映画上映会
②企業パネルトーク
9月24日(金)
③企業向け勉強会
④飲食店連携企画 ※~9月26日(日)まで
9月25日(土)
⑤第5回「LGBTQ+と教育ダイアログ in 金沢」
⑥「にじのまカフェ」スペシャル版
9月26日(日)
⑦ランチ交流会
⑧金沢プライドパレード2021

※イベント内容は、今後変更になる可能性もありますので、ご了承ください。

==============

★その他(※詳しくは公式Webにてご確認ください)
また、「金沢プライドパレード2021」および「金沢プライドウィーク2021」の開催にあわせて
・「オリジナルTシャツ」デザインコンテスト
・ボランティアスタッフ募集
も実施します。

==============

クラウドファンディングでサポートいただいた資金の使いみちは次のとおりです。目標金額は100万円を設定しました。

・「オリジナルTシャツ」の制作 30万円
・ロゴ入りタオルの制作 10万円
・パレード出発&ゴール会場の設営費用 30万円
・パレードカー(音響機材を搭載)のレンタル 5万円
・パレードに使用する横断幕等の制作 10万円
・クラウドファンディング手数料 10万円(9%+税)
・返礼品の送料 5万円

もしも、目標金額を上回った場合は、プライドパレードの公式カメラマンによる撮影費、ならびに、来年度の活動費として使用いたします。

<本プロジェクトは『All-in方式』にて実施します>
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

7月9日(金)クラウドファンディングの募集開始、ティザーサイトの公開、フライヤー・ポスターの制作
7月上旬 「オリジナルTシャツ」のデザイン募集(→8月中旬 デザイン決定)
8月上旬 返礼品の製作開始
8月末日 クラウドファンディングの募集終了、パレードコースの確定!
9月初旬 返礼品の送付開始
9月23日(木祝)~9月26日(日)「金沢プライドウィーク2021」の開催
9月26日(日)「金沢プライドパレード2021」の開催

【新型コロナウイルス感染防止に関するガイドライン】
屋内外を問わず、イベントへの参加者は全員、マスク等の着用をお願いします。
屋内外を問わず、参加者はソーシャルディスタンスの確保に留意し、入退室、着席、歩行の際は、スタッフの指示に従い、一定の距離をあけてご参加ください。
各行事の会場、集合場所等では、必ず検温及び手指の消毒を行ってください。
屋内はもとより、屋外であっても、大声を出す等の感染リスクの高い行為はお控えください。
水分補給を目的とした飲料の摂取以外での、会場内及び行進隊列内での飲食はお控えください。
会場及び座席等は、スタッフが定期的に消毒、換気を行います。
万が一、当イベントからコロナウイルスの感染が発生した場合は、会場にいた関係者および参加者全員へ速やかにご連絡させて頂きます。そのため、全員のご連絡先を把握/管理させて頂きます。収集した個人情報は、本人の同意のない目的での使用は一切いたしません。
政府および自治体の発令する各種宣言や措置、要請、モニタリング指標に合わせて、本ガイドライン運用を行います。その場合、状況によってはイベントを延期または中止とさせていただく場合もあります。
当日、発熱および咳、強い倦怠感等新型コロナウイルス感染の疑いがある症状のある方は、すべてのイベントへの出席をご遠慮くださいますようお願いいたします。

3,000円コース以上には、発送とともにお礼状がつきます。

【 1,000円コース 】
・お礼のメールのみ
返礼品は不要。ただただ、北陸初のプライドパレード&プライドウィークを応援したい!
そんなあなたには、心をこめてお礼のメールを差し上げます。

【 3,000円コース 】
・「金沢プライドパレード2021」限定 オリジナルリストバンド
北陸初!の記念となる刻印入りのシリコン製オリジナルリストバンドです。
写真のリストバンドに「Kanazawa Rainbow Pride 2021」の刻印が入ります。
(デザインや色彩はイメージです。実物の物と異なる場合がありますのでご了承ください。)

【 5,000円コース 】 
・『金沢レインボープライド』ロゴ入りオリジナルタオル
『金沢レインボープライド』のロゴが入ったタオルです。首に巻いてもよし、パレードで掲げてもよし! 使い方はあなた次第。

【 10,000円コース 】 
・「金沢プライドパレード2021」限定 オリジナルTシャツ(XS/S/M/L/XXL)
コンテストでデザインを公募するオリジナルTシャツです。
『金沢レインボープライド』のロゴも入ります。第1回目限定Tシャツを着てパレードに参加しましょう!
※デザインは今後コンテストにて決定します
※デザインコンテストについては、金沢レインボープライドTシャツコンテスト(リンク)をご覧ください。
<サイズ参考>
XS 身幅 49㎝ 肩幅42㎝ 着丈65㎝ 袖丈18㎝
S  身幅 49㎝ 肩幅42㎝ 着丈65㎝ 袖丈19㎝
M  身幅 52㎝ 肩幅46㎝ 着丈69㎝ 袖丈20㎝
L  身幅 55㎝ 肩幅50㎝ 着丈73㎝ 袖丈22㎝
XXL 身幅 63㎝ 肩幅57㎝ 着丈81㎝ 袖丈25㎝

【 15,000円コース 】
・上記オリジナルリストバンド、ロゴ入りオリジナルタオル、オリジナルTシャツのセット
リターン全種類がセットになった、お得なセットリターンをご用意しました。

Comming soon!

金沢は、市民が地域の力でまちの景観や文化を支えてきました。古いものを守るだけではなく、常に新しいものにアンテナを高くしてきた金沢が、また一歩、未来に向けて踏み出そうとしています。応援してくださるみなさんといっしょに創る「古くて新しくて心地よいまち金沢」で、近々お会いできることを楽しみにしています!
しいのき迎賓館ひろば

兼六園や金沢城の石垣を臨む「しいのき緑地」を、パレードの出発もしくはゴール地点として検討中。
さわやかな秋空の下、城下町金沢をみなさまと一緒に歩くことを心から楽しみにしています。
あたたかいご支援を、どうぞよろしくお願いします!

一般社団法人 金沢レインボープライド
 共同代表理事 松中 権
 共同代表理事 Diana Hoon
 理事 6名  
 社員 2名

金沢レインボープライド 共同代表 松中 権

みなさん、こんにちは。一般社団法人 金沢レインボープライド共同代表の松中権です。金沢出身のゲイの当事者でもあります。大好きなこのまちが、誰もがいきいきと暮らせるまち、いろんな違いのある人が自分らしく楽しい時間を過ごせるまちになることを目指して、仲間たちと活動しています。本プロジェクトに興味や関心をもっていただき、そして、サポートをいただき、ありがとうございます!

様々な報道やメディアを通じて、LGBTQ+(性的マイノリティ)について知る機会が増えてきました。みなさんも、ここ数年は、日本社会が大きく変わろうとしている、うねりや胎動のようなものを感じているのではないでしょうか。私自身も、時代の変化をとても嬉しく受け止めています。様々な取り組みをされてこられた方々、そして今現在も多様な課題に向き合ってらっしゃる方々に、心からの敬意と感謝をお届けしたいと思います。

同時に、その社会の動きには大きな地域差があることも、理解しておくことが大切だと思っています。東京などの大都市圏ではないエリア、特に保守的な文化が残る地域になればなるほど、LGBTQ+の当事者の方々が感じているのは、メディアから届くニュースと自分たちが暮らす毎日の生活とのギャップ。人と人との関係性やコミュニティが近いので、当事者から声をあげることもなかなか難しい状況です。諦めに近い声を聞いたりすることもあります。

そんな地域のひとつである北陸で、初めてのLGBTQ+のパレード「金沢プライドパレード2021」を開催すること。あわせて「金沢プライドウィーク2021」というイベントウィークを行うこと。正直に言うと、かなりチャレンジングです。メンバーそれぞれ、不安なこともたくさんあります。それでも、秋に向けて、みんなで立ち上がったのは、とてもシンプルな思いです。

一人でも多くのLGBTQ+当事者の方が、自分らしく生きることに困難や諦めを感じることなく、前向きであって欲しい。当事者だけでなく周囲の方々も含めて、誰もが自分らしく生きられるまちであることに、みんなが誇りを持てるようになって欲しい。9月23日から9月26日の4日間が、そんな金沢、北陸をつくるきっかけになることを願っています。

このまちに暮らす人、出身の人、ゆかりのある人、このまちが大好きな人、ちょっと興味のある人、まったく訪れたことのない人、どなたでもウェルカムです。夢は、世界に誇ることのできる、地元密着型のプライドイベントです。本気で、みなさんといっしょに育てていきたいと思っています。ぜひ、仲間になっていただけると嬉しいです!どうぞ、よろしくお願いします!


金沢レインボープライド 共同代表 Diana Hoon

Born in Singapore, I have been living abroad almost 16years in Shanghai and Taiwan and now in Ishikawa, Japan. Knuckling down in Kanazawa has definitely led me to fall in love with Japan, and thrill me to this day. 

Japan is such a family-friendly destination, with the old and traditional coexist harmoniously with the modern, People are incredibly kind and polite, and most of all, their thoughtfulness and consideration for others warms my heart.

Japan is perfectly safe for anyone and is friendly towards foreigner or queer visitors. Though society places more emphasis on group identity and values than personal expression, Japan are slowly becoming a better-established and most diverse queer acceptance in many prefectures, even in Kanazawa. This is noted especially with the recent awareness acts from Kanazawa SDGs by IMAGINE KANAZAWA 2030, where they spoke on the Education and LGBTQ+ “How local communities can ensure no one is left behind” which encourages anyone to be mindfully engage in self-reflection and understanding the supports we can connect personally to them.

We live in diverse society, and fit the right moment to voice out for people who need our supports. Japan has reflect on the significant progress made on the long journey towards equality for Japanese LGBTQ+. LGBTQ+ community need to know that they are not alone. As one of the team in KRP, we promote gender equality and recognize the importance of each beautiful individual. It is our hope to make sure that they are safe and always be free to be themselves around us. Every love one deserves to feel a sense of belonging. By taking these steps, we can show LGBTQ+ community that we care and that they are welcome and safe with us.

Fortunately, there are many ways for us to show support, and maybe it’s our time to them know that we genuinely care about what they have to say and that we are there to listen. Together, we’ve been able to do more to protect the rights, let’s join us and Support!



※当プロジェクトページにおける画像や素材は、すべて使用の許諾を得たもの(当団体所有、帰属の物も含む)もしくは著作権フリーの素材等を使用条件遵守の上用いて製作しております。また、記載された党団体以外の組織名等は記載の許諾を得ています。転載等はご遠慮ください。

  • 2021/07/14 13:09

    皆さんこんにちは!金沢レインボープライドの奥村です。いつも暖かいご支援、ご協力、感謝いたします。皆様のおかげで、目標金額の25%までをすでに達成することができました。本当にありがとうございます!この度、クラウドファンディング募集サイトの内容をアップデートし、金沢レインボ...

  • 2021/07/10 08:11

    皆さん、こんにちは!金沢レインボープライドの奥村です。7/9(金) 午前11:00より、金沢市の石川県政記念しいのき迎賓館にて、金沢プライドパレード2021を含む「金沢プライドウィーク2021」関連事業の記者会見が開かれました。当日は大変多くのメディアにご参加いただき、本当に感謝です!金沢レイ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください