◉はじめに



これは宮崎県北部 五ヶ瀬町のある集落で行われた「さのぼり」で、地域の方がふと口にした言葉です。「人と人の繋がりは、やはりいいですね」という地域の方のその言葉に、今の時代の危機が詰まっているように感じました。

「さのぼり」とは、田植えの終わったあとの内祝い。村人全員が集まって祝宴をする風習が、宮崎では続いていました。しかし2020年新型コロナウイルス感染症の影響で、300年以上の歴史を持つさのぼりは中止。迎えた今年、例年であれば100人規模で開催するところ、10名程度の人数に縮小して2年ぶりに開かれた祝宴となりました。


「宮崎のよさは何ですか?」と尋ねられたとき、

●人と人との繋がりを大切にするところ

●人を受け入れてくれる懐の大きさ

と、わたしは答えています。

「宮崎がもつこの強みを未来の宮崎人にも感じてもらえるような、宮崎人たちが地元を誇りに思えるような祭りを作りたい!」

そんな思いで、このプロジェクトを立ち上げました。


老若男女だれにでも自由に作ることができる「竹あかりづくり」を通して、宮崎人の繋がりをさらに強くしていくことを目指し、初年の今年は5000灯の竹あかりを灯します!


◉自己紹介

当プロジェクト発起人であり、実行委員長の中丸晴留哉です。

宮崎県北部日向市出身。中高6年間は親元を離れ、五ヶ瀬の寮で過ごしました。本当の意味で、宮崎の地域の方々に育てられました。

大学を福岡、社会人になってからは東京…と、宮崎以外の世界も見てきた中で、地元・宮崎に根づく「人と人との繋がりの深さ」を再認識しました。


この宮崎のよさをもっともっと多くの宮崎人が気づき、特別なものだと自覚したとき、宮崎はさらに面白く、魅力ある場所になると確信したのです。
宮崎人であることに誇りをもち、前向きに生きている人の繋がりが生まれるきっかけとなる場所をつくり、宮崎を活性化させていく、よりよくしていく!

そこを形にします。



◉宮崎人を繋ぐ「みんなのひむかフェスティバル」

皆さんは「竹あかり」というものをご存知ですか?
竹にドリルで穴を開けて中にあかりを灯す、綺麗な灯篭です。

手のひらサイズの竹あかり

難しい技術や力は必要ありません。老若男女、大人も子どもも誰でもつくることができるので、いろいろな地域で体験ワークショップが開催されています。

私がはじめて竹あかりと出会ったのは大学生のときです。熊本で初めて竹あかりを見て、感動し、前向きなパワーを感じました。


「みんなの想火」というプロジェクトで7年越しに竹あかりと再会を果たした今年、各地域のプロジェクト代表である宮崎サムライに名乗りを上げました。

世界最大の竹あかりの祭典「みんなの想火」
「自分のまちは自分で灯す」意思を持ったリーダーを「サムライ」と呼び、希望のあかりを灯します

オンラインチケットはこちらから

竹あかりの魅力は、作り方がとても簡単でありながら、自由に穴を開けて自分の想いを形にできるところです。そして、あかりが灯るとき、人の心を動かすほど綺麗で1度目にすれば忘れないほど美しいのです。



一人ひとりが前向きな想いや願いを込めて、竹あかりを作る。

それを一堂に集め、一斉に灯す。

見た人が、感動して前向きな気持ちになる。

前向きな想いが繋がっていく、そんなきっかけになるようなお祭り。


「みんなのひむかフェスティバル」


と名前をつけました。


古事記の時代から、「ひむか」と呼ばれていた宮崎。

新型コロナウイルスの拡大により、人と繋がることを制限される今の時代を、
これまでにないスピードで変化していく今の時代を、


宮崎のよさを再認識し、宮崎人であることへの誇りを持つことで、
強く、逞しく、そして優しくしなやかに、生き抜いていく。


そのきっかけとなるような祭りにしていきます。



◉2021年は新・宮崎はじまりの年

2022年、ひとりでも多くの宮崎人に「みんなのひむかフェスティバル」を知ってもらい、
「竹あかり綺麗だね」「楽しいね」「なんかいいね」と、前向きな想いを持ち竹あかりを作つことができるキッカケとなるように、

今年は発起人の自分が、竹あかり5000灯の景色を作ると決めました。


たった一人でのスタートでした。


自分自身、竹に穴を開けるのは初めてで……

開けてみて初めて5000という数の無謀さに気が付いたのです。


「そんなことをしてなんになるの?」

「どうして大の大人がやっているの?」

「そんなこと1人でできるわけがない」


周囲の人たちから、様々な意見を言われました。

けれど、動き続けることで、伝え続けることで、手伝ってくれる人が1人…、2人…、と次々に現れてくれたのです。

そこで生まれたものこそ、まさしく「繋がり」でした。

大阪に竹を郵送して実施したワークショップ

千葉の竹林で初めて竹を伐採し、全国の仲間のもとへ竹を郵送。
大阪と東京には、車に竹を積んで宮崎からの≪出張ワークショップツアー≫を実施。
福岡、熊本からは仲間が駆けつけてくれました。


宮崎では、
私がいないところで竹を切り出してくれたり、
竹林や活動場所を提供してくださったりする地域の方々に出会うことができました。


たくさんの出会い、生まれた繋がりにより、なんとか、5000個の竹あかりの完成が見えてきました。


そして!

5000個の竹あかりを灯す場所として、宮崎随一の観光スポットであり、良縁を結ぶパワースポットでもある青島神社境内にて開催が決定しました!!



出会い、繋がりの全てに感謝しながら、5000灯の竹あかりを灯します。


この祭りの目的は、未来の宮崎人に「宮崎人としての誇り」 を持ってもらうことです。

「やっぱり人と人との繋がりはいいが〜」
「やっぱり宮崎は人の温かさやがね~」

と感じることで、宮崎で生まれ育ったことを誇りに感じてもらう。


「竹あかり作り」が、そのきっかけとなる。


それを、実現させるためには、
竹あかりを作ることが、宮崎の新たな文化・風物詩となる必要があります。


10年後、20年後、未来へとつづく「宮崎の新しい風物詩」の原点となる今年。

5000灯のあかりは、そんな、宮崎の「希望のあかり」なのです。


当日はこの竹あかりが5000個並びます


◉点灯日

■日時 7/22(木) 20:00(みんなの想火オンラインイベント 12:00〜

みんなの想火 宮崎サムライとしてあかりを灯します!

■場所 青島神社 境内

宮崎県随一のパワースポット「青島神社」でみんなの想いを繋げます!

■内容 5000個の竹あかりを点灯、ライブ配信・映像収録

※新型コロナウイルス感染症対策のため、みんなの想火による映像配信のみ
※当日は2022年に向けた映像収録を実施


◉応援メッセージをいただきました!


◉5000個の竹あかりを灯すために必要なこと、資金の使い道

2021年、5000個の竹あかりを灯すために、約200万円の資金が必要です。その一部経費をクラウドファンディングにて、皆様にご支援いただけますと幸いです。
資金の使い道は下記のとおりです。All-in方式で実施します。


・竹の運搬費用―15万円
・竹あかりづくりの場所代―15万円
・工具代―10万円
・光源代―10万円
・祭り本番の映像配信―30万円~
・運営費用―20万円~
・キャンプファイヤー手数料


◉リターンのご紹介

・2021年 みんなのひむかフェスティバル ダイジェスト動画≪完全版≫

 当日の様子を含めたダイジェスト動画を先行配信させていただきます!!


・2021年 みんなのひむかフェスティバル 実施報告書

 無謀と言われた竹あかり5000個点灯までの道のりがわかる報告書をご準備いたします。


・2021年 みんなのひむかフェスティバル オリジナルポストカード

 みんなのひむかフェスティバル公式フォトグラファーが撮影したオリジナルポストカードをご準備いたします。


・宮崎夏野菜セット

 実行委員長 中丸晴留哉の実家、やさい広場 晴留屋から「宮崎県産 新鮮野菜 豪華詰め合わせセット」をご準備いたします。


◉協賛・後援

・株式会社小田林業 様

・特定非営利活動法人 郷の息吹 様

・一般社団法人 美郷町観光協会 様


◉10年後、20年後……に目指すこと。

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、日本各地で多くのコミュニケーションの場が奪われています。
冒頭でお話しした「さのぼり」は、村全体が集まる大事な宴でしたが、今や隣近所の人しか招くことができなくなってしまいました。


人と人との繋がる場所がなくなってしまっては、宮崎の良さは失われていってしまう。

わたしは今、そこにとてつもない危機感を感じています。


「宮崎人の繋がりってすごいんだよ」「宮崎ってめっちゃいいとこなんだよ」と、子どもたちが胸を張って言える未来をつくるために。

宮崎中のコミュニティが元気を取り戻す手段として、竹あかりの祭りを広げていきたいと思います。


「みんなのひむかフェスティバル」が生まれるこの瞬間を、
ぜひ応援していただけると嬉しいです!

よろしくお願い致します!!


みんなの想火 宮崎サムライ
みんなのひむかフェスティバル 発起人・実行委員長

中丸晴留哉

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください