はじめまして、「Ethical&SEA」の吹上です。

わたしたちは、次の世代まで青い地球を残すため、「Ethical」「Sustainable」「Tech」を軸に、エシカルな商品を選んでいただくことで、“ちょっと豊かで気持ちのいい選択”ができる機会を提供するセレクトショップです。

そのなかで、エシカル消費・サスティナブルを促進するために、プラスチックフリーやオーシャンフレンドリーなど、7つのストーリー(SEVEN STORIES)を大切にした商品を取り扱うことで、次の世代まで青い地球を残すための活動を行なっています。

今回はその取り組みの一つとして、Ethical&SEAにて海洋プラスチックゴミ回収装置「Seabin(シービン)」を設置することにしました。

SEVEN STORIES



Ethical&SEA 横浜




Ethical&SEAでは、次の世代に青い地球を残すために、いま地球で起きていることや、わたしたちにできることを、体験を通じて楽しく一緒に学べるワークショップを開催しています。

最近では、「株式会社テクノラボ」様にご協力いただき、海洋プラスチックゴミをアップサイクルしてできる工芸品「buøy(ブイ)」作りのワークショップを開催しました。

※アップサイクルとは・・
本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、デザインやアイデアといった新たな付加価値を持たせることで、別の新しい製品にアップグレードして生まれ変わらせること。


buøy作り(キーホルダー)ワークショップの様子




「次の世代まで、青い地球を残す」

<”プラスチックオーシャン”という現状>

プラスチックで溢れかえってる海のことを「プラスチックオーシャン」と呼ぶことはご存知でしょうか。

国連環境計画(UNEP)によると、日本の1人あたりのプラスチック使用量は、1位のアメリカに次いで、世界第2位(Kg per capita)。

人口約14億人の中国や、約13億人のインドと比べると、わたしたち日本人の1人ひとりのプラスチック使用量がどれほど多いのかがわかると思います。 


プラスチックゴミが漂っている海


砂浜で見つけたプラスチックゴミ


また、2016年世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)で示された試算によると、“2050年には、海中のプラスチックの量が、魚の量を超えてしまう(重量ベース)”といわれています。

世界では、毎年800万トンものプラスチックゴミが海に流れていて、
その影響は、海で暮らす生き物はもちろんのこと、魚を食べる人や家畜にも広がっている、ともいわれています。

プラスチックは分解されることのない物質。

誤ってプラスチックを食べてしまったクジラや海鳥などが、体内にプラスチックが溜まることで命を落としたり、海に浮かぶゴミが絡まってうまく泳げず命の危機に瀕する生物も多くいます。



ペットボトルや容器など、使っていないものを探すことが難しいくらい、わたしたちの生活に密接に関わっているプラスチック。

便利になった反面、その裏側にある恐ろしい現状を知り、

「なんとかしたい」

そう思った時に、この「Seabin」のことを知りました。


<Seabinとは>


Seabin本体


Seabinとは、社会貢献事業としてクラウドファンディングから生まれた海洋プラスチックゴミ回収装置です。

2014年から現在まで、39の国と地域で860台が設置されており、日本では18台(そのうち関東では9台)が設置されています。

設置することで、海に浮遊しているゴミを自動で回収し、1日で最大で20kgものゴミを回収します。


Seabin HPより抜粋

このSeabinを知った時に、「自分の子どもが大人になる時、さらには、その子どもたちが大人になる100年後まで青い地球を残す、最初の一歩にしたい!」

その思いが、このクラウドファンディングを立ち上げた理由の一つです。


<”浦賀開港300周年”という節目>

もう一つの理由が、今回Seabin設置にご協力いただく「横須賀市立浦賀ボートパーク」様との出会いでした。



横須賀市立浦賀ボートパーク


「横須賀市立浦賀ボートパーク」様は、横須賀市の「海洋プラスチックゴミ対策アクション宣言賛同事業者」に認定されています。

さらに昨年2020年は、浦賀奉行所が開港してちょうど300年の節目の年。

その節目に合わせて、「未来に残そう私達のマリンフィールド」という新たな事業テーマを設定され、地域社会とともに海洋プラスチックや温室効果ガスといった、環境問題の解決に向け取り組まれています。


浦賀ボートパークの方々の海に対する想いに触れるうちに、

300年前の海にはプラスチックゴミはおろか、”プラスチック”という言葉すらなかった時代

その綺麗な海を取り戻したい。そのきっかけにSeabinを活用したい


という気持ちが強くなりました。

その想いをもとに、わたしたちは今回はじめてのクラウドファンディングに挑戦します!



皆様からの支援金は、Seabinの設置費用、修繕費、部品の交換費用(4年間分)として使わせていただきます。

部品の交換費用の内訳は以下の通りです。

 ・防錆用アノード 3,800円(半年おきに交換)

 ・キャッチバック全交換 33,400円(2年おきに交換)

 ・ポンプ(モーター) 3,800円(2年おきに交換)


<Seabinを使った、浦賀の海洋プラスチック調査報告書>

今回、すべての返礼品に、産学連携として、武蔵野大学工学部 環境システム学科 真名垣 聡准教授にご協力いただき、実際にSeabinで回収したゴミに関するレポートをお送りさせていただきます。

産学連携:真名垣 聡 様

武蔵野大学工学部環境システム学科 准教授
2019年4月より環境プロジェクト「海洋プラスチックラボ」を始動。専門は環境化学、環境リスク学

(以下、コメント)

東京湾や相模湾で船に乗っています。

↓↓HPはこちら↓↓



<Ethical&SEA オリジナルエコバッグ>

10,000円をご支援いただいた方には、Ethical&SEA オリジナルエコバッグをお渡しさせていただきます。

<buøy>

25,000円以上のご支援をいただいた方には、冒頭でもご紹介させていただいた、海洋プラスチックゴミから作られた「buøy」をお渡しさせていただきます。


<オンライン開催によるSeabinの設置式典のご招待>

さらに、100,000円以上ご支援いただいた方には、10月20日(水)開催予定の、「オンライン開催によるSeabinの設置式典」へのご招待チケットを、後日メールにてお送りさせていただきます。

◎日時: 
10月20日(水) 13:00〜14:00

◎式典概要(所要時間:約1時間、オンラインによる開催となります)
・式典開会の挨拶
・横須賀市長 激励のメッセージ
・300年前からのプラスチックオーシャンの変遷(武蔵野大学 真名垣准教授)
・平泉洋行 池田様からのメッセージ
・マリンスポーツ財団様からのメッセージ
・Seabin進水式(実際に海に浮かべる様子をご覧いただきます)


<Seabinへのロゴ掲載>

Seabinへのロゴ掲載権をお渡しさせていただきます。

掲載サイズ:縦30cm×横6cm
掲載箇所:


<返礼品の詳細>

◯3,000円コース 100名
・お礼状
・Seabinを使った、浦賀の海洋プラスチック調査報告書


◯5,000円コース 100名
・お礼状
・Seabinを使った、浦賀の海洋プラスチック調査報告書
・Seabinのロゴステッカー


◯10,000円コース 30名
・お礼状
・Seabinを使った、浦賀の海洋プラスチック調査報告書
・Ethical&SEA オリジナルエコバッグ


◯25,000円コース 20名
・お礼状
・Seabinを使った、浦賀の海洋プラスチック調査報告書
・buøyコースター


◯50,000円コース 10名
・お礼状
・Seabinを使った、浦賀の海洋プラスチック調査報告書
・Ethical&SEAホームページへのお名前掲載
・buøyトレイ-S(直径90mm)


◯100,000円コース 2名
・お礼状
・Seabinを使った、浦賀の海洋プラスチック調査報告書
・Ethical&SEAホームページへのお名前掲載
・buøyトレイ-M(直径140mm)
・オンライン開催によるSeabin設置式典へご招待
・Seabinへのロゴ掲載


◯200,000円 1
・お礼状
・Seabinを使った、浦賀の海洋プラスチック調査報告書
・Ethical&SEAホームページへのお名前掲載
・buøyトレイ-L(直径200mm)×2個
・オンライン開催によるSeabin設置式典へご招待
・Seabinへのロゴ掲載(掲載箇所を優先的にお選びいただけます)


※このプロジェクトのリターン品に関する問い合わせについては、日本語対応のみとさせていただきます。
※リターンの使用権は支援者様にございます。



2021年7月25日クラウドファンディング公開

2021年10月3日 クラウドファンディング終了

2021年10月20日 オンライン開催によるSeabin設置式典開催

2021年11月から順次リターン発送

※東京より発送させていただきます。
通常、2週間程度で配送致しますが、天候や社会情勢によっては3週間〜1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。



今回のクラウドファンディングを立ち上げるに当たって、以下の方々のご協力をいただいております。



<株式会社 平泉洋行 様>

ケミカル製品の商社。日本初のSeabin総代理店
SDGs / CSR / ISO140001に取り組んでいる企業とSeabinを必要としている港・ハーバーの管理者のマッチングを行っている

HP:http://www.heisengp.co.jp/index.html
Seabin HP:https://seabin.co.jp/


<公益財団法人マリンスポーツ財団 様>


横須賀市立浦賀ボートパーク指定管理者

(以下、コメント)

水辺の環境保全、水辺で安全に遊ぶための知識の提供、そして多くの人々に水に親しむ場を提供する事で「だれでも、いつでも、どこでも、あんぜんに」マリンスポーツを楽しむ事のできる機会を創出し、これからもマリンスポーツを通して、社会に貢献してまいります。

HP:https://www.maris.or.jp/


<ponopono(ポノポノ)様>

海のことをもっと知り、行動におこせるアクションをしたい!そして、一人でも多くの方に知るきっかけを提供したい!この想いで「海の豊かさ」を目指し繋がっている団体

知る「きっかけづくり」として、環境団体との勉強会やイベント、海岸のゴミ拾いなどの活動を企画している

Instagram:https://www.instagram.com/pono_pono01/?hl=ja
Facebook:https://www.facebook.com/Pono-Pono-103254028312299



”次の世代まで青い地球を残す”というミッションのもと、Ethical&SEAはスタートしました。

今回のクラウドファンディングを立ち上げるにあたって、海や地球に対してなんとかしたい、という想いを持ち、実際にアクションされている方が、たくさんいることにとても驚きました。

一人の力ではもしかしたら小さいかもしれない。

でも、世の中のどんな変化も一人の小さな一歩がきっかけとなっています!

横須賀の海にSeabinが設置され、ゴミを次々と回収していく姿を想像するだけでワクワクが止まりません。

海洋プラスチックゴミの現状について、知ってはいるけれど具体的に何をしていいか分からない、そんな方もいるかもしれません。

このプロジェクトを通じて、少しでも、次の世代まで青い地球を残すきっかけになれれば嬉しいです。

初挑戦のわたしたちに、ぜひ皆さんの想いを届けていただけると嬉しいです。

ぜひよろしくお願いします!


次の世代まで青い地球を残すために!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名: 株式会社フラッグ
◯ 事業者の所在地:〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町17-1 日本橋ロイヤルプラザ706
◯ 事業者の連絡先:Tel: 03-6822-3125 メール:
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。
◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり
◯ 代金の支払時期:
各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。
◯ 支払方法:
クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。
◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。
◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください