はじめに・ご挨拶

まず初めに、私のプロジェクトを見つけてくださり、そしてご覧になっていただき誠にありがとうございます。私は舘野毅と申します。

表参道のキャビア専門店、さいたま市のチョウザメ専門店で15年間シェフとしてチョウザメに携わってまいりました。

そしてこの度、チョウザメ文化をもっと多くの方々に広めていきたいとの想いで、埼玉県から静岡県函南町への移住を決意。

函南町の函南ちょうざめ企業組合と協力をし、函南町から全国へチョウザメ文化の発信をしていきたいと思っております。

まだまだ、チョウザメはサメと思われることが多いです。

チョウザメはサメではありません。淡水魚でありシーラカンスと同じ古代魚です。写真のようにサメと違い鋭い歯はありませんし性格も温厚です。サメに似ている、鱗が蝶の形に似ていることから蝶鮫と言われるようになりました。サメと違い腎臓があることから、身はアンモニア臭などはせず、臭みもなくタンパクで栄養価も高く、コラーゲンたっぷりで美容にも健康にも良い魚です。

(出典元:フジキンパンフレットより)

このプロジェクトで実現したいこと

チョウザメという魚の認知度を上げ、身近な魚、食材として感じてもらえるようにすること。函南町の豊かな水資源の中、年間を通して一定の水温で育った日本では他にはない函南のチョウザメのおいしさをウリに、キャビアの原料となる卵を取る魚、ではなく魚としての価値を広く知ってもらい、命を無駄にしないことを伝える。(SDGs 目標12.3 食品ロスの減少)

この地域にあるたくさんの魅力的な食材を、チョウザメとの組み合わせでこの地域でしかできない強みを活かした商品を作り出すことにより、函南をPRし、いっそう地域の活性化につなげていく。

私たちの地域のご紹介

静岡県函南町は県東部に位置し、伊豆の玄関口で近隣に三島、熱海があり、国選定による水源の森百選に選ばれた『函南原生林』をはじめとする豊かな地域資源があります。

そんな綺麗な森の湧き水を使用し、経営者の高齢化や採算の悪化により廃業し、荒廃が進んでいる鮎や鱒の養魚場を整備、活用し、潤いを取り戻す、という希望と目標をもってチョウザメを育てております。


プロジェクトを立ち上げた背景

チョウザメというと、どうしても「キャビア」のイメージが強く、キャビアがこれだけ世界中に広まり食されてるにも関わらず、チョウザメの身は広まっていません。

それはなぜか?

それは、世界中で性別がわかった瞬間のオスや採卵後のメスは遺棄、廃棄されたりしているのがほとんどだからです。キャビアを獲るためだけに育てられ、キャビア以外は捨てられる。命ある魚なのに。

この現状に、誰かが声をあげチョウザメの魅力を発信し続けることが重要と考えており、それが日本にチョウザメ文化を根付かせる、広めるということにつながると考えております。

チョウザメはクセのない白身で、非常においしい魚であることをもっと函南町、静岡県、日本中に知ってもらいたい。特に函南のチョウザメは年間通して一定の水温であることから脂の入り方、身の締まり方、素直に「おいしい!」と言えるこの環境でしか育てることができない個性を持った魚たちです。

そんな想いから、今回このプロジェクトで函南町のチョウザメ養殖場の近くに、チョウザメのアンテナショップを兼ねたSturgeon Restaurant『Sensa-Banbetsu』を立ち上る予定です。

Sensa-Banbetsu『千差万別』

人と同じで、食材一つ一つだって生きており個性があり、それぞれ違う。捨てられる食材なんて何一つない。 その食材一つ一つを大切に料理していきたい。そんな想いを形にしたお店をやっていければと思っております。

これまでの活動

今まで、表参道のキャビア専門店、さいたま市のチョウザメ専門店で15年間シェフとしてチョウザメに携わり、全国でチョウザメの捌き方講習会や試食会などの活動を行い、チョウザメの良さを日本に広めることに注力してまいりました。

キャビアに関しても常に試行錯誤を繰り返し独自のレシピを持ち、15年間常に試行錯誤を繰り返し、追求し続けております。


資金の使い道・実施スケジュール

設備費、リターン食材費、

チョウザメを広めるための飲食店の運営費

CAMPFIRE手数料

2021年9月〜10月 物件内装工事
2021年10月 内装工事完了後必要許可証取得
2021年11月クラウドファンディング終了
2021年12月 HP開設
2022年1月 店舗オープン予定
2022年1月下旬 リターン発送


リターンのご紹介

¥2,000

【お気持ち支援】
「支援の全額を開業資金にあててほしい」とお考えの方には、こちらからご支援いただくのが、正直なところ一番ありがたいです。
メールにてお礼の言葉をお伝えさせていただきます。
※2000円の枠としてご用意していますが、上乗せ支援にて任意の額をご支援いただけます。
※SNSで繋がりの有る方は備考欄にアカウント名をご記入いただけると助かります。


¥2,500

チョウザメの出汁を使ったラーメンセット


¥3,500

チョウザメのスモーク&エスカベッシュセット


¥4,000

自家製キャビアソルト

自家製のキャビアでカラスミを作り、ボリビア産のピンク岩塩と合わせたキャビアソルトです。
パスタ、サラダ、お肉の仕上げ、お魚料理、ご飯にそのままなど何にでも使える旨味塩です。

原材料:魚卵、岩塩
内容量:自家製キャビアソルト30g
保存方法:常温
アレルギー表示:なし
賞味期限:商品到着後1ヶ月

*常温で瓶詰めにて発送いたします。


¥6,600・¥11,000

チョウザメ尽くし『千差万別』

シェフおまかせランチコースペアお食事券


¥16,500

自家製生キャビア30gとチョウザメメスのスモークセット


¥22,000・¥33,000

チョウザメ&キャビア尽くし『千差万別』

シェフおまかせコースペアお食事券


¥55,000

チョウザメ稚魚1尾オーナー権

チョウザメの稚魚1尾

チョウザメの養殖場にいるチョウザメから1尾お好きなチョウザメをお選びいただけます。

チョウザメは3、4歳でオスかメスか判別ができます。
判別前の稚魚のため、オスかメスかは運になり、メスであれば当たりで3、4年後キャビアにお仕上げいたします。

注)キャビアだけ欲しいというのはできません。必ず、オスでもメスでも身を食していただくことが条件となります。

身はご要望に応じたお料理にして真空パックにて冷蔵便でお届けします。


¥78,000

自家製生キャビア30g×6

半年間、毎月30gの自家製生キャビアを1個お届け。

毎月熟成して味の変わっていく生キャビアを半年間お楽しみいただけます。


¥144,000

自家製生キャビア30g×12

1年間、毎月30gの自家製生キャビアを1個お届け。

毎月熟成して味の変わっていく生キャビアを1年間お楽しみいただけます。


¥350,000

チョウザメメス1尾

約7キロ〜10キロのメスのチョウザメを1尾(約10%〜15%卵入り)

卵はキャビアに仕上げ、身はお料理にしてお届けします。

お店や施設などで、目の前でキャビアをお作りするご依頼などでもご利用可能です。


最後に

当プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

日本にチョウザメ文化を広める、そして地域活性化に繋げるという自分にとっても新しいチャレンジになります。ちょうざめ愛がある函南町ちょうざめ企業組合の方々の想いも私の背中を押してくれました。

函南町がチョウザメの町となるように、そして美容にも健康にも良いチョウザメがスーパーの鮮魚コーナーに並ぶような身近な魚となるように是非とも、みなさまのご協力をいただければと思います。


どうか、ご支援ご協力をお願いいたします。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: Sensa-Banbetsu
 ● 事業者の住所/所在地:〒419-0122
  静岡県田方群函南町上沢700-14
 ● 事業者の電話番号:
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/10/05 15:30

    news every しずおかでプロジェクトを取り上げていただきました。放送は10月7日予定となっております。

  • 2021/09/29 14:58

    自家製キャビアのキャビアソルト!!パスタやリゾット、お肉料理の仕上げに。お魚料理やサラダ、そのままご飯にふりかけても美味しくお召し上がりいただけます。何にでも使えるキャビアの旨味塩です。30g¥4,000

  • 2021/09/16 20:09

    私は15年前にチョウザメと出会いました。当時は、国産チョウザメ、国産キャビアというのは全く知られていませんでした。私自身も、全く無知でしたがチョウザメには色々な種類があり、それぞれ違うことを初めて学びました。当時の日本のチョウザメの印象も美味しくないというものでした。まだキャビアを作る技術も世...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください