はじめに・ご挨拶

初めまして

酒呑童子行列実行委員会事務局の太田です


このプロジェクトで実現したいこと

昨年までで16回実施した「越後くがみ山 酒呑童子行列」ですが、ようやく、多くの方に参加いただけるイベントになってきたところ、新型コロナウイルス感染症の影響で 昨年は規模を縮小しながら実施しましたが、17回目を予定していた今年は急激な感染拡大により中止となりました。
コロナウイルス感染症収束後に、このイベントが再度従来の盛り上がりを見せられるよう「越後くがみ山 酒呑童子行列」 を全国にむけてPRしていきたいとおもいます。


私たちの地域のご紹介

最強の鬼とされる「酒呑童子」はここ燕市分水地区の国上山に伝説が残る鬼です。
燕市の「酒呑童子」は鬼といっても、凶悪な存在ではなく、「人々の縁を結び、願いを叶える」存在として、国上山の麓に建立された「酒呑童子神社」で祀られています。


プロジェクトを立ち上げた背景

コロナウイルス感染症感染拡大の影響で協賛収入が減る中、十分なPR活動ができないため、PRグッズの販売により、イベントの周知を図るため立ち上げました。


これまでの活動

燕市に残る「酒呑童子伝説」。この酒呑童子誕生の地で行われる「越後くがみ山 酒呑童子行列」では、毎年9月の最終日曜日に、県内外から鬼仮装をした人たちが、酒呑童子神社周辺に集い、酒呑童子と赤・青・黄の三鬼王とともに、鬼(祈)願成就 の行列をしています。この世にも珍しい鬼達の行列や「酒呑童子伝説」を、全国各地の鬼や妖怪にまつわる地域との交流をとおし、新潟県内にとどまらずPRを行っています。
昨年、本年と感染症対策のもと、鬼仮装の参加者が集う行列はできませんが、酒呑童子はじめ三鬼王たちが皆さんの鬼(祈)願成就のため、酒呑童子神社周辺に登場します。


資金の使い道・実施スケジュール

支援金は「酒呑童子行列」のPRグッズ作成費、PR活動費として使用いたします。
なお、支援金の一部はCAMPFIRE手数料、リターン発送費等に使用いたします。


リターンのご紹介

ご支援いただいた方には、下記のPRグッズをお送りします。

■水引鬼まもり 4個セット
酒呑童子と3鬼王がみなさんの願いを鬼(祈)願成就します。地元の分水商工会女性部が手づくりで作成した水引お守りを酒呑童子と3鬼王カラーの4色セットです。


最後に

16回実施のまだ若いイベントですが、この先も20回、30回とイベントを盛り上げていきたいので、ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください