もうすぐ1周年を迎える『グレープパークコート』のメンテナンスをしたい!


はじめまして、愛知県豊川市にて、誰もが自由に使えるストリートバスケットコート『グレープパークコート』を運営している小林拓一郎と申します。


名古屋のラジオ局『ZIP-FM』で16年、ラジオナビゲーターを務め、そして、シーホース三河のホームコートMCも15年やらせていただいております。


バスケットが大好きです。


_____________


立川吉笑さんの言葉に震える

_____________


Bリーグファイナル、3戦目のハーフタイムは、立川吉笑さんの落語でした。


今までも、Bリーグ開幕戦やオールスターなど、数々の舞台で落語を披露してきている吉笑さん。


ファイナルのハーフタイムの落語も、千葉と宇都宮のそれぞれのファンたちのあるあるを交えながら、バスケへの、そしてBリーグへの愛を感じる創作落語でした。


落語も素晴らしかったんですが、それ以上に、僕は落語を終えた後の吉笑さんの言葉に震えました。


吉笑さん、こう言いました、


「不要不急が叫ばれ、スポーツも落語も不要と言われたりしますが、間違いなく、この試合が誰かに勇気を与え、誰かの希望になっている」


_____________


"不要"で片付けられたあの日

_____________


僕ら、エンタメ業界や音楽業界に携わる人、全員が抱えた葛藤でした。


ちょうど昨年の今頃でしょうか。


”不要”の一言が、どれだけ傷ついたことか。


人を笑顔にしたいって思って、この世界に飛び込んで、頑張ってきたつもりが、この言葉で僕らの業界全てが集約されてしまったコロナ禍。


涙するミュージシャン、ライブハウス関係者。


そして、今は飲食(特にお酒関係)に関係する全ての方々。


自分の"好き"と向き合い、その"好き"を通じて人の笑顔が見たい、そんな想いで携わっている人をたくさん知っているから、辛い。


僕自身も司会業の仕事が次から次へとなくなり、自分にはなんの価値も無いのかと呆然とする日々でした。


自分のやっていることが、こんなにも全力で否定されるなんて、、


"不要"って、こんなにも強烈なワードで追い込まなくたって。。


何度そう思ったことか。


だからこそ、あの素晴らしいファイナルの舞台で、あの言葉を伝えてくれた立川吉笑さん、最高でした。


_____________


そんな"不要"の時に生まれたのが

『グレープパークコート』です。

_____________


誰もが自由に使えるバスケットコート、『グレープパークコート』(通称、グレパー)は、コロナ禍もコロナ禍、真っ只中にオープンしています。



グレパーだって、きっと前者の定義に当てはめるならば、間違いなく"不要"な場所です。


しかし、あの大熱戦のBリーグファイナルが、誰かに勇気や希望を与えたように、グレパーという存在も間違いなく、多くの子たちに夢や楽しみを与えてるいると思っています。


全く、当初やりたかったことが何も出来ず・・


なんてことはなく、やれる範囲内で、色々やってきました。


グレパーマーケット、豊川バスツアー、スケボーイベント、バランスボールイベント、店内オンラインライブ、DJイベント、スニーカーパーティー、アート体験会、ストリートドラムパフォーマンス、防災訓練イベント、シルクスクリーン体験会、ピックアップゲーム大会・・








うん、改めて、色々やってますね笑


もちろんルールの範囲内でやっていることばかりですが、グレパーとしての動きや発信は止めませんでした。



どうしても閉塞感があるこの世の中を、なんとかポジティブに過ごすには、目の前に楽しみを置いていくことだと思います。


小さなことの積み重ねで大丈夫。


というか、むしろ、その方が良い。


小さい試み、ちょっとした楽しみ、きっとそれが日々の活力になる。


そう信じて、やれることを日々やってまいりました。


そして、グレパーはオープンしてから、この1年、本当にたくさんの子どもたちが遊びに来てくれています。


中には、このコロナ禍でまともに部活ができなかったから遊びにきましたっていうバスケ部じゃない子たちもたくさんいます。


そして、毎日遊びにくる子もいます。

____________


「僕、いつかこのコートに、立ちたい」

____________


毎日、学校終わりにグレパーに遊びに来てくれているルカくんという小学校4年生の男の子がいます。


そんなルカくんが、初めてシーホースの試合観戦に来てくれて、試合後、この一言を口にしていました。


嬉しかったです。


今、バスケに熱中しているルカくんのような子が素直にそう思ってもらえる。


Bリーグって、全国のバスケ少年たちにとって、そんな夢の場所になっているんですよね!


そして、グレパーが、ルカくんのような子たちの役に立っていると思うと、本当に嬉しいです。


この日、試合後、再びグレパーにご家族で立ち寄ってくれて、バスケやってから帰宅されたそうです。



やりたくなるよな?


わかる!


僕も昔、岡崎で開催された国体とか見た後に、ウズウズして、夕方バスケやったもの。


こんな風にウズウズしてバスケやりたくてたまらないって時に、自由にシュート打てる場所があったらなって思ったあの時の気持ちを全て込めて、グレパーを作りました。


僕が理想としていたグレパーの使われ方のひとつです。


ルカくん、いつもありがとう!



___________________


グレパーが意識する

”お金の使い方”。

___________________


グレパーがまだ構想段階の時から、これはずっと考えていたことですが、無料でコートを開放するには、どこかでそれを補うお金を生まなければいけない。


となると、広告料だ!


駐車場の野立て看板と、フェンス1本1本に入れる広告収入でグレパーの費用を皆んなで支えてもらうというアイデアです。


神社にある旗や石碑に近い考えです。



個人名や企業名が入ることで、グレパーを利用する方々、特に子どもたちの目には常に触れます。


"広告"なので、もちろん宣伝効果もありますが、もう一つ、大きな影響を与えてくださってることがあるなと思っていまして、


それが、


「お金の使い方」


です。


子どもたちは、まだまだこのコートを全力で遊ぶことに精一杯ですが、きっと彼らが大人になった時、この環境は当たり前では無かったことに気付く子も多くいることでしょう。


そして、そんな子たちの中から、グレパーの成り立ちや仕組みに興味を抱く子も現れます。


そして、気付くと思います、あの看板やフェンス1本1本に入っていた名前のことを。


「こんなにも多くの大人に支えてもらっていたんだな」、と。


この子たちは、グレパーに恩返ししなくたって良いんです。


彼らのやり方で、彼らが支えてもらったように、次の世代の子どもたちを支えてもらいたいなって。


そんな時に、こういうお金の使い方があるんだよってのが、どこか潜在意識にでも残ってくれたらなって思っています。



___________________


応援いただいた資金は、

グレパーのメンテナンス費に使わせていただきます

___________________




グレパーを作った時の借金がまだまだどえらいことになっているので、その返済をしていきながら、皆さまからご支援いただいた資金は、グレパーがより良い場所になるように利用させていただきます。



コートやリング、芝生のメンテも自分たちでできることはしますが、プロフェッショナルの力も必要とするので、皆んなが快適に使える、過ごせるように常に綺麗にします。



皆さまから応援いただいた時間の用途とスケジュールですが、


今年の9月、芝生のメンテナンスと、カフェの前の枕木を新調し、より歩きやすいようにします。


そして、年内に一度、コート、リングのメンテナンスを行い、ゴールのネットも新調致します。


ストリートコートに併設されているカフェの清掃もプロの業者の方にお願いしています。


10月に、窓掃除を中心に大掃除を致します。


そして、実は、音の問題もあり、コンテナを置いたりしたのですが、まだまだ問題解消には不十分だったので、防音壁も作りたいと思っています。






コンテナで覆えていない部分に防音壁を来春までに設置したいと思っています。


そして、自分の大好きな地域コミュニティーやバスケのために、こんなお金の使い方もあるんだよというのを、グレパーから発信していけたらなと思っています。




___________________


ここで、日々、管理人として

グレパーを見守ってくれている

マイマイから皆様にご挨拶です。


___________________


こんにちは、Grape Park Court管理人の大内舞です。


グレパーがオープンしてもうすぐで1年が経ちます。


この1年間、本当にたくさんの方がグレパーに遊びに来てくださいました。


ありがとうございます!


この場所ができてよく言われるのが、


「コロナの影響で練習場所がなくなってバスケが出来るところが無くなってしまった。」


という事です。


特に子供たちは試合や部活が中止になってしまい、モチベーションを保つのが難しく感じているように思いました。


そんな中でグレパーに来て楽しそうにバスケをしている姿を見ると、本当にこの場所を作れてよかったなと思います。


あと、親御さんに言われて1番嬉しかったのが、


「安心して子供を遊ばせてお茶ができる」


という言葉です。


今まで飲食店で長年働いてきて、食を通じてお客さんに楽しんでもらったり、ゆっくりと過ごしてもらえる空間を作る事をいつも目標にしていました。


グレパーへは家族でいらっしゃるお客さんも多いですが、バスケをしたりお茶をしたりそれぞれの楽しみ方でグレパーで過ごしてくれているのを見ると嬉しくなります。


グレパーは誰もが気軽に遊べる場所です。


これからもワークショップやイベントはどんどんやって、皆さんに喜んでもらえるようにこちらも企画していきますが、是非皆さんも自分の好きな遊び方を見つけてどんどんグレパーを楽しんでください!


これからもどうぞよろしくお願いいたします!


____________


最後に・・


____________



とある方とお話ししていて、ふとその方からされた質問、



「コバタクは、この先、どうなっていたい?」



ふと答えに戸惑ってしまいましたね。



昨年はグレパーをオープンし、その前の年には、名古屋市中区に『ファーマシーコーヒーラボ』もオープンし、また、プライベートでも辛い身内との別れを経験し、



もう何がなんだかってくらい慌ただしくて、あんまりそんなこと考える余裕も無かったのが正直な気持ちです。



グレパーのプロジェクト始めた頃は、最初は1人だったから、正直、完成に10年とかかかるかなとか思っていたので、まず、完成に至るこのスピード感に自分がびっくりしているのもあります。



素直に出てきた言葉としては、



「シーホース三河のMCをやらせてもらえるなら、出来るだけ長くやっていたい」



そして、その場では言わなかっですが、やっぱりラジオで喋っていたい。



願わくばやっぱりZIP-FMで喋っていたいなあって。



と、自分の今の仕事で考えるとそんなところでしょうか。



そして、そこからちょっと自分の心の奥深いところと対話してみたんですが、



もっともっとシンプルな答えが出て来ました。


「ずっとグレパーとファーマシーで遊んでいたい」


どうしても今自分がやっている仕事とかで将来のこと考えがちだけど、もっと大きく人生ってのを捉えるならば、


「遊びも人生」


いやむしろ、


「遊びこそ人生」


グレパーとファーマシーが、僕だけじゃなく、利用される皆さんにとってそんな「ライフプレーグランド」(人生の遊び場)になったらいいなと願っています。


なので、これからもどうか末永く一緒に遊んでください!


よろしくお願い申し上げます!



特定商取引法に関する記載
 

販売事業者名: 株式会社ビューティフルデイ
  

所在地 : 〒442-0826  

              愛知県豊川市牛久保町城跡15-5


請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。


送料:送料込み


対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。


ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし  


その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください