[自己紹介]

はじめまして!
旅が大好きな18歳、ゆうわといいます!
今年の3月に高校を卒業し、今は予備校の通信学習で会計知識を学びながら、
自分の「好きなこと」を追求して生きています!

僕の「旅行」に対する思いをどうか聞いてください!!!

僕はとっても弱虫でした。
自己主張が全く出来ず、いつも他人の顔色を伺って生きていました。
そのため、周りからはたくさんバカにされ、見下され、笑われていました。
朝は、とにかく憂鬱でした。憂鬱な気分でお風呂に入り、ご飯を食べ、学校に行く日々。
学校では、孤立している自分をなんとか紛らわせるために、1人で黙々と机に向かい、いつも勉強をしていました。

↑中1の頃の集合写真

「自分はダメな人間なんだ。」
そう思っても、何も変わらない毎日。何も変えることが出来ない自分。
僕はいつも悩んでいました。

高校に進学しても、自分に自信がなく臆病な僕は、周りに溶け込むことが出来ませんでした。
将来やりたいことも特に無く、勉強も部活も何のためにやっているのか分かりませんでした。
「自分って、何のために生きているんだろう。」そう思うこともたくさんありました。

そんなある日、母親とたわいも無い話をしていた時のこと。
本当に偶然、旅行の話になり、
「1人で旅行をしてみたら楽しそうじゃね?」という、シンプルな好奇心が湧いてきました。

ダメ元で両親にお願いしてみると、案の定断られました。
僕が住んでいる沖縄では、陸続きで行き来できる本土と違い、県外に行くためには基本的に飛行機に乗らなければなりません。
そのため、小さい頃から一人で遠出をするという概念がなく、両親が止めるのも当然でした。

でも、僕はしつこくお願いをしました。
毎日憂鬱で、どんなことにも希望が持てなかった自分が、唯一ワクワクすることだったからです。
今振り返れば、あの辛い日々から逃げるためだったのかな・・・、とも思います。

しつこくお願いした結果、両親は、「成績が良くなったら考える」と言ってくれました。それからというもの、僕は色々なことを頑張れるようになりました。

「今どんなに辛くても、旅行が待っている。」

そう思うと、自然と頑張れる自分がいました。

その時、人は「何かのため」なら、いくらでも頑張れるんだなと実感しました。

僕は夜遅くまでひたすら猛勉強し、学年157位(全体で318人)だった成績は、
なんと、学年5位にまで上がりました。
正直自分でもビックリしたし、少しだけ自分に自信もつきました。


そして、2019年1月。

田舎生まれ田舎育ちで、都会になんて完全に無縁の僕が、
ついに「東京」という大都会に足を踏み入れました。
6泊7日、自分の欲を思う存分に解放させ、全力で楽しみました。
期待していた何倍も楽しく、本気で感動したのを今でも鮮明に覚えています。

↑人生初の一人旅が始まる時(16歳)↑帰ってきた時(16歳)
荷物は全部で20~30kgあったのを覚えています笑

これが僕の人生の大きな転換点でした。

この旅行をしてから、旅行にどハマりしました。
自分でどこに行くかを決めたり、泊まるホテルを決めたり…と、自分の意思で自由に道を切り開いていくということが、僕にとても合っていたのです。

そして、価値観や人生観も大きく変わりました。周りなんて気にせず、自分らしく生きよう!と考え、自分の決めた道を信じて、色々なことに挑戦することが出来るようになりました。それから僕は当時入っていたバドミントン部を辞め、飲食店でアルバイトを始めました。

自分に自信が無く、他人に流されながら生きてきた自分にさよなら。
旅行のために頑張る日々は、本当に生き生きとしていました。
そして、アルバイトで貯めたお金のほとんどを旅行に使い、高校生のうちで計12回、74泊86日の旅行をして、とてもいい経験をすることが出来ました。

あの時の「なんか楽しそうだから一人旅してみたい。」というちっぽけな好奇心が、自分の人生をこんなにも変えるなんて、想像もしていませんでした。
僕はこれからも挑戦を続け、色々な形で自己表現していきたいと思っています!

現在僕は、主にInstagramを使って旅行の思い出を発信し、もっと沢山の人に旅行の良さを伝えるために活動をしています!
旅行愛は誰にも負けないくらい、めちゃくちゃ旅行が大好きです!



[プロジェクトに対する想い]

僕は今年春から、通信学習で時間に縛られないことをいいことに夜遅くまで勉強し、食事も睡眠もまともに取らず、日光も浴びないで自宅に籠り続ける…という、不健康で不規則な生活を送っていました。

そんなある日、突然自分が見ている世界に現実感が無くなり、夢と現実の合間にいるかのような感覚になる、「現実感喪失症」を発症しました。
言葉で表現するのがとっても難しいのですが、自分が生きているのかすらも曖昧な感覚でした。その他にも、動悸や腹痛、不眠にも悩まされました。
特に大きな病気も無いのになぜか、「死ぬかもしれない」という今まで感じたことのない強い不安にも襲われました。後に、それは自律神経の乱れによる精神症状の1つだと知りました。



↑現実感を取り戻すために地元の海で黄昏ていた。

僕は、「人間いつか必ず死ぬんだから、なんとなく毎日を過ごすのではもったいない」と思いました。

時間は有限。特に、「若さ」という特権は今しか持っていない!

死ぬ時に後悔しないように、やりたい事を先延ばしにせず、すぐやろう!と思いました。

移動手段を徒歩にしたのは、沢山の人と触れ合える機会が出来ると思ったからです。
コロナ禍で、ステイホームになり、人と会う機会が少なくなっている今…
誰とも話せず、暗い気分になっている人はとても多いと思います。
僕が学校生活で悩んでいた頃、担任の先生と1時間話しただけで
とても心が軽くなったのを覚えています。

人間、誰かと話すと幸せな気持ちになります。なので、この旅で沢山の方々とお話して、パワーを送ります!
更に、SNSで旅の様子を常に発信して、実際に会えない方々にもパワーを送ります!

この挑戦が終わった後も、沢山の人に楽しんでもらえるような発信をします!
自分にしか出来ないことを模索し、「唯一無二」の挑戦をし続けます!

[プロジェクトの目標]

・沖縄県の高那崎から北海道の宗谷岬まで完歩する!

・旅の様子をYoutubeやSNSで毎日発信し、たくさんの人にパワーを送る!

[プロジェクトのスケジュール]


2021年10月1日(金) 沖縄県八重山郡竹富町高那崎 スタート

10月1日〜7日 沖縄県

10月7日〜20日 九州地方

10月20日〜11月1日 中国地方

11月1日〜19日 近畿地方

11月19日〜12月8日 中部地方

12月8日〜25日 東北地方

12月25日〜2022年1月18日 北海道

2022年1月18日(火) 北海道稚内市宗谷岬 ゴール

※あくまでも予定のため、状況によりスケジュールが前後する可能性があります。

[プロジェクトの詳細]

旅の様子は、下記のSNSアカウントで配信します!

Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCbOFoSdFszCUYVBjdzIkU0g ゆうわ / Yuwa

Instagram: yuwa1025_ Twitter: yuwa1025_ TikTok: yuwa1025_

今回のプロジェクトにおいて、以下のようにルールを定めます。

・原則、宿泊は野宿又はネットカフェで行います。

・沖縄県の高那崎から北海道の宗谷岬まで、基本全て徒歩で移動しますが、以下の区間は徒歩による通行が出来ないため、公共交通機関を使わせていただきます。

・波照間港(沖縄県)ー 石垣港(沖縄県)
・新石垣空港(沖縄県)ー 那覇空港(沖縄県)
・青森港(青森県)ー 函館ターミナル(北海道)

・旅中、観光などのため特別に公共交通機関などを使うことがありますが、その場合は、歩いてきた地点まで戻り、再開します。

・怪我や体調不良などにより歩行が困難となった場合は、一時的に公共交通機関などを使い、休養出来る所まで移動します。回復後、歩行を中止した地点まで戻り、再開します。

・新型コロナウイルス対策のため、人と接する場合はマスクの着用、手指のアルコール消毒を徹底します。また、常に検温を行うなど自身の体調管理を徹底し、異変を感じた場合はすぐに休養を取ります。

・以下の事象が発生した場合、個別にご相談させていただき、返金・リターンの代替などの対応を致します。
*リターンの発送が遅延した場合
*何らかの理由によりプロジェクトを中止・中断した場合

支援していただいたお金は、以下のように大切に使わせていただきます。

宿泊費 約130,000円
飲食費 約100,000円
手数料・リターン費 約70,000円

合計 300,000円

この挑戦を成功させるために、今年の3月から1日20~30km歩く練習、1日1時間以上のランニングなどを行い、体力作りに取り組んでいます。実際に1日30kmを連日歩き、翌日までに回復させることに成功しています。中学から高校初期まで陸上を経験していたこともあり、体力に自信があります。

■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ●送料:送料込み

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/10/04 19:00

    こんばんは、ゆうわです。突然の報告ですが、プロジェクトを10月22日からスタートすることになりました。多少不安もありますが、色々考えた上での判断です。応援よろしくお願い致します。

  • 2021/09/27 12:00

    こんにちは、ゆうわです。今月13日、自身の健康管理不足により大きく体調を崩してしまいまして、予定していた10月1日にプロジェクトのスタートが出来ない状況となってしまいました。本当に申し訳ございません。あれから、自身の生活習慣を1から見直して改善し、今は落ち着いています。そしてプロジェクトのスタ...

  • 2021/09/02 09:00

    おはようございます、ゆうわです!先日クラファンが終了し、14名の支援者の皆様から、合計101,000円ものお金を集めることが出来ました!支援してくださった皆様、本当にありがとうございました!そして、「気持ちだけでも」と応援してくれた方や、プロジェクトを広めてくれた方にも深く感謝致します。本当に...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください