はじめに・ご挨拶

はじめまして、マジシャンの上口龍生(かみぐちりゅうせい)と申します。普段はマジックバーのオーナーとしてテーブル(クロースアップ)マジック、またイベント等ではステージマジックを演じております。その一方では後進の指導、演出、レクチャーDVDの作成や執筆活動も行っています。

マジックも音楽や演劇などと同じく、様々なジャンルがあります。その中でも世界的に認められながらもマイナーなマジックのジャンルがあります。それが和妻(わづま)です。私は約25年前にこの和妻でプロデビューしました。しかしエンターテイメント業界の需要にこたえるべく、様々なマジックのジャンルを習得するに至り、和妻よりもむしろ一般的なマジックで生計を立てていくようになったのです。和妻の需要は仕事のうち一割程度でしょうか。私は充分それで満足しておりました。

しかし2020年の新型コロナの流行に伴い、考えが変わりました。今まで当たり前だったことがそうではなくなったのです。私自身も50歳を過ぎ、今が全盛期もしくは下降期に入ってきたことを実感せざるを得なくなりました。このまま私の持っているマジックの経験や技術が受け継がれることもなく、消え去っていくことが果たしてマジック界にとって良いのだろうか?と考えるようになりました。

この一年間は精力的に執筆活動とレクチャーDVDの撮影を行い、後世に残す作業をしてきました。しかし和妻というジャンルに関しては本や映像だけでは伝えることがままなりません。また私自身の和妻も発展途上という意識があります。

そこで再び和妻と向き合うべく一大プロジェクトを組みことにしました。20年前にプリンセステンコー「東京魔術団」で一緒だった日本伝統文化に明るい佐藤伸之氏を演出に迎え、まったく新しい演劇的要素を加えて斬新な和妻を作り上げることを決心したのです。

19世紀末に和妻が歌舞伎や浮世絵のように欧米人をたいへん感動させた文化であったのにもかかわらず衰退した原因は、時代の変化に追いつけなかったことが挙げられると思います。マジックの業界では誰もが知る和妻というジャンルですが、これを一般の人たちに知ってもらうためのショーを作るべく準備を始めました。

まずは今年の2021年10月29、30日に、渋谷 伝承ホールにてお披露目公演を行います! 

すでに昨年企画を立ち上げ、構成演出を新たにそのための稽古や衣装小道具等のプランニングなども進んでおります。

この公演が今回のクラウドファンディングへのご提案プロジェクトです。しかしながらこのプロジェクトにはその先があるのです。私が目指すのは「和妻」による日本五大都市ツアーです。

しかし今回は私個人の採算度外しの作品作りとなり、莫大な経費が必要となります。マジック道具や衣装だけでも数百万という金額になります。その為に、私自身もコツコツと準備を進めてきましたが、どうしてもあと少し足りません。そこで今回初めて、プロジェクトにご賛同を頂けた場合、ご賛同者の協力を得られるというクラウドファンディングに挑戦しようと思った次第です。



このプロジェクトで実現したいこと

この公演では伝統芸能の古典的な表現方法と、幅広い層のお客様に楽しんでいただけるように工夫を凝らした娯楽性の高い演出によって、神代の伝説、陰陽師の世界観、戦国時代の伴天連(バテレン)の妖術、江戸から大正時代などの伝奇的要素をもったマジックショーを作り上げたいと思っています。そしてこのマジックショーを通じて日本文化が持つ独創性やアイデンティティを再発見し、次世代へ伝承してゆく、そのような新しい「学びのエンターテイメント」を目指しています。

私たちの活動を通じて、まずは公演を観てくださった人にマジックに興味を持っていただき、その歴史的な背景や文化への好奇心を持っていただくことこそが、今後のマジック界を変えてゆき、発展への礎になると信じています。

そのためにも今まで以上に派手でスペクタクルあふれる一大叙事詩のようなショーを作り上げるためには、道具、衣装、音楽、照明などに予算をかけるべきだと考えました。しかしそのようなお金はマジックバーを維持するのに精いっぱいの私にとっては用意するのが困難です。また以前であればイベントによって舞台で稼ぐこともできましたが、新型コロナの影響でほとんどの仕事が無くなってしまい、収入も経たれました。

そこで一縷の望みをかけて、クラウドファンディングに挑戦することを決めました。クラウドファンディングにより皆様のご助力を得て公演準備金とし、こんな時代だからこそ、明日を生きる糧となるような作品を提供したいのです。誰も見たことのない、世界でも類を見ない、そして日本人だからこそできるエンターテイメントショーに挑戦します!

プロジェクトをやろうと思った理由

私自身は子供のころからマジックが好きでした。いや少年であれば誰だってマジックが好きでしょうし、マジシャンになりたかったはずです。しかし思春期を過ぎたころには様々なことに興味を持ち、気がつけばマジックは忘れていきます。私もそうでした。ところが19歳のとき、たまたまマジックを勉強するようになりました。そして学生時代には本格的にマジックを勉強すべく渡米したのです。わずかな期間ではありましたが欧米のマジシャンたちと交流を深めました。当然、私も様々なマジックを見せて「ナイス」と言われて喜んでいました。しかしある時に言われました。「確かに君は上手だ。でもそれは全部、私たち西洋のものだよね」

恥ずかしいことに私は日本独自のマジックがあることを全く知りませんでした。むしろ海外において日本独自のマジックである和妻が知られていたのです。海外の人にとっては日本という国と日本人に興味があるからこそ、ありきたりの西洋マジックでは彼らを真の意味で満足させられなかったのです。

海外に行ったことにより、自身のアイデンティティとは生まれ育った国の上に成り立っていることを痛感するにいたりました。世界に通じるマジシャンを目指すのであれば、日本人らしい何かを持っていなければならないと思ったのです。

世界の島田晴夫師に出会ったのはそんな中でした。当時ラスベガスで活躍する唯一の日本人でした。ただの一学生にすぎない私に会ってくださった島田師に驚きました。そして酒を酌み交わし、いろいろと哲学を語ってくれました。やはり日本人として日本を語れる演技を心掛けてきたことによって生き残ってきたのです。まさかその後、島田師の傘手順や代名詞でもある「ドラゴンイリュージョン」を伝授されるとは思ってもいませんでした。

大学卒業後、一度は就職しましたが、プロマジシャンへの思いを断つことができず、弟子修行を行い3年間学びました。独立後もマジシャンとして生計を立てながら、和妻を勉強すべく、様々な師の元に習いに行きました。それは和妻だけではなく古典マジックがすでに衰退していたからです。時代はMr.マリックの超魔術ブームであり、奇跡的な現象がテレビでクローズアップされると従来からある手品は隅に追いやられていったのです。それはマジック界でも同じでした。

そこで私は、派手でお金になるマジックを尊重しつつも、失われそうな古典マジックの掘り起こしと保存の作業をライフワークとしてきたのです。これらはマジックの業界ではある程度の評価を得てきたと自負しております。

しかし、マジックは一般の人に見てもらってこそなんぼです。新型コロナの影響でイベントが無くなり、マジックを見る機会がありません。これからはマジシャンが自ら自主公演をしていくしか道はないのではないでしょうか? 私が25年かけて続けてきたマジック、その中でも和妻というものをもっともっと日本のみならず世界に広め、啓蒙したいと思っています。

これまでの活動

【代表者略歴】

上口龍生 事 松旭斎天龍 
公益社団法人日本奇術協会・正会員、株式会社サプライズ・代表取締役
和妻師、マジシャン

1969年1月2日生、1991年東北学院大学工学部卒、1994年オーストラリア政府主催『ジャパンフェスティバル』シドニーオペラハウスでプロデビュー。1997年アメリカ・ハリウッド「マジックキャッスル」単独出演後、スーパー腹話術「いっこく堂」とコンビを組み全国のホテル等で活躍、およびプリンセステンコープロデュース「東京魔術団」のリーダーを務め学校公演を全国で行う。2009年赤坂見附に「マジックバーサプライズ」オープン、2011年株式会社サプライズ設立。在米で最も有名な日本人マジシャンである島田晴夫師より「ドラゴンイリュージョン」「傘出し」「鳩出し」を伝授され、松旭斎天暁師より「水芸」を継承し2013年「松旭斎天龍」の名を頂く。現在はホテル、会館、豪華客船や学校寄席などでも活躍している。


<主な受賞歴>
・UGM主催 第2回ワールドマジックサミットJAPAN優勝
・第3回なにわのマジックコンベンション ステージ部門第1位
・(社)日本奇術協会 ハイクオリティパフォーマンス賞 他多数受賞

<主なテレビ出演>
・日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』『世界一受けたい授業』等
・TBS『プレバト!3時間スペシャル』『ひるおび』等
・フジテレビ『ほこ×たて』『笑っていいとも』等

<主な著書>
・マジック絵本『ふしぎだいすき』(晩成書房2000年)
・キミにもできる!『マジックの必殺技』(ポプラ社2003年)
・ウケる!かんたん『マジック&手品』(池田書店2011年) 等


資金の使い道

公演前にかかる主な経費¥2,000,000の内訳としてはおよそ下記の通りです。

マジック道具制作費の一部として ¥1,000,000
和妻用衣装小道具製作費の一部として ¥600,000
諸雑費(キャンプファイヤー手数料含む)として  ¥400,000

※上記以外にもマジック道具、小道具や衣装の経費は何倍もかかります。また、演出料、振付料、日本舞踊の稽古費用などが自費としてかかってきます。また、伝承ホール公演経費として、会場費、照明音響、制作運営費など含めれば、総額で¥8,000,000ほどの経費が掛かります。


リターンについて

1【お気持ちコース ¥3,000】郵便代込み
①直筆お礼状
※ご支援時、お名前とご住所を備考欄にご記入ください
②本公演パンフレットの紙面にて「応援団」としてお名前を披露
※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
③本公演パンフレット(1,000円)1部

2【ご観劇コース ¥6,000】(限定50名様)送料込み
①直筆お礼状
※ご支援時、お名前とご住所を備考欄にご記入ください
②本公演パンフレットの紙面にて「ご支援者」としてお名前を披露
※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
③観劇チケット(桟敷席エリア自由席前売券4,500円) 1枚
※交通費および滞在費は自己負担でお願いします
④本公演パンフレット(1,000円)1部

3【ご贔屓コース ¥10,000】(限定100名様)送料込み
①直筆お礼状
※ご支援時、お名前とご住所を備考欄にご記入ください
②本公演パンフレットの紙面にて「ご支援者」としてお名前を披露
※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
③観劇チケット(B席エリア自由席前売券6,000円)1枚もしくは(桟敷席エリア自由席前売券4,500円)1枚
※交通費および滞在費は自己負担でお願いします
④本公演パンフレット(1,000円)1部
⑤上口龍生「初心者のためのマジック教室①(約19分・特典映像含む)」DVD(1,000円)1枚
※ブルーレイではありません

4【ご大尽コース① ¥15,000】(限定100名様)送料込み
①直筆お礼状
※ご支援時、お名前とご住所を備考欄にご記入ください
②本公演パンフレットの紙面にて「ご支援者」としてお名前を披露
※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
③観劇チケット(A席エリア自由席前売券8,000円)1枚または(桟敷席エリア自由席前売券4500円)2枚
※交通費および滞在費は自己負担でお願いします
④本公演パンフレット(1,000円)1部
⑤上口龍生「初心者のためのマジック教室①(約19分・特典映像含む)」DVD(1,000円)1枚
※ブルーレイではありません
⑥上口龍生「初心者のためのマジック教室②(約15分・特典映像含む)」DVD(1,000円)1枚
※ブルーレイではありません

5【ご大尽コース② ¥20,000】(限定50名様)送料込み
①直筆お礼状
※ご支援時、お名前とご住所を備考欄にご記入ください
②本公演パンフレット(1,000円)の紙面にて「ご支援者」としてお名前を披露
※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
③観劇チケット(S席エリア自由席前売券12,500円)1枚または(B席エリア自由席前売券6,000円)2枚
※交通費および滞在費は自己負担でお願いします
④本公演パンフレット(1,000円)1部
⑤上口龍生「初心者のためのマジック教室①(約19分・特典映像含む)」DVD(1,000円)1枚
※ブルーレイではありません
⑥上口龍生「初心者のためのマジック教室②(約15分・特典映像含む)」DVD(1,000円)1枚
※ブルーレイではありません

6【たにまちコース① ¥50,000】(限定10名様)送料込み
①直筆お礼状
※ご支援時、お名前とご住所を備考欄にご記入ください
②本公演パンフレット(1,000円)の紙面にて「たにまち」としてお名前を披露
※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
③観劇チケット(S席エリア自由席前売券12,500円)2枚
※交通費および滞在費は自己負担でお願いします
④上口龍生「初心者のためのマジック教室①(約19分・特典映像含む)」DVD(1,000円)2枚
※ブルーレイではありません
⑤上口龍生「初心者のためのマジック教室②(約15分・特典映像含む)」DVD(1,000円)2枚
※ブルーレイではありません
⑥本公演パンフレット(1,000円)2部
⑦マジックバーサプライズ優待券(2名様以上でご利用で1名様無料)
※お1人様5,800円(2時間飲み放題・マジックチャージ込み)
※2021年12月末(日曜祝日休日を除く)まで有効

7【たにまちコース② ¥100,000】(限定5名様)送料込み
①直筆お礼状
※ご支援時、お名前とご住所を備考欄にご記入ください
②本公演パンフレット(1,000円)の紙面にて「たにまち」としてお名前を披露
※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください
③観劇チケット(S席エリア自由席前売券12,500円 )4枚
※交通費および滞在費は自己負担でお願いします
④上口龍生「初心者のためのマジック教室①(約19分・特典映像含む)」DVD(1,000円)4枚
※ブルーレイではありません
⑤上口龍生「初心者のためのマジック教室②(約15分・特典映像含む)」DVD(1,000円)4枚
※ブルーレイではありません
⑥本公演パンフレット(1,000円)4部
⑦マジックバーサプライズ無料券(2名様分)
※お2人様分計11,600円(2時間飲み放題・マジックチャージ込み)
※2021年12月末(日曜祝日休日を除く)まで有効

  •  ■ 特定商取引法に関する記載
  •  ●販売事業者名: 株式会社サプライズ
  •  ● 事業者の住所/所在地:〒116-0014 荒川区東日暮里1-9-14
  •  ● 事業者の電話番号:Tel: 03-3866-8008
  •  ●送料:送料込み
  •  ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。


実施スケジュール

~伝承ホール公演 制作スケジュール~

2020年5月:演出家との企画会議開始をもってプロジェクト開始
2020年6月:日本舞踊稽古を開始
2020年9月:演出概要決定
2020年11月:会場契約
2021年2月:マジック道具制作発注
2021年4月:衣装発注
2021年6月:演出構成案決定
2021年7月中旬:クラウドファンディング申請
2021年7月中旬:宣伝活動開始
2021年8月上旬:出演者決定及び稽古開始
2021年8月中旬:リハーサル開始
2021年9月:ショー演出や道具、衣装の微調整
2021年9月末:クラウドファンディング終了
2021年10月29、30日:本番

~公演詳細~

<日程>

令和3年10月29日(夜18:30~)、30日(昼12:00~、夕方16:30~)計3ステージ


最後に

今回初めてクラウドファンディングに挑戦いたします。これもまた広く一般に和妻を広めるためです。多くの方々に知ってもらい、そしてご支援を賜りたいと願っています。

衣裳や音楽、演出がグレードアップするためにはどうしてもお金がかかります。今まではすべて個人負担で行ってまいりました。私はこのクラウドファンディングを通して、ひとりではなく、みんなで協力して一大プロジェクトにしたいという気持ちがあります。

このコロナ禍の只中、疫病に負けず本公演を創り上げ、消滅危機にある伝統芸能の復活と伝承の為の第一歩を踏み出す、それがこの度の伝承ホール公演なのです。当然、この公演のみで採算は取れる筈もありません。これは来年、さらにその先の「和妻」公演の為の第一歩なのです。必ず成功させたい!そして必ずこれを来年のツアーに繋げていきたい!その為にも、今一度皆様のご助力をお願いする次第でございます。

何故そうまでして、舞台に立ちたいのか? 他の伝統芸能と違い、マジックというジャンルに応援する必要があるのか? そして何よりも、今のこのような時期に支援する価値はあるのか?そのように思う方も少なからず居られる事でしょう。

しかし私は、こう思います。これからも活動を継続し、少しずつでも理解者、協力者が増え、規模を拡大させることが、日本文化への貢献だと!今ここで、疫病に負けるわけにはいきません。伝統芸能は、苦しい時こそ大衆に寄り添ってきたからこそ、伝えられてきた文化である筈です。苦しい状況の時に、真っ先に切り落とされるべきものではなく、苦しい時こそ傍にあるべきものなのだと信じています。本当に苦しい時こそ、先人達より伝わる文化の力が、如何に人の心を癒し、豊かな気持ちにさせるのか・・・苦しい時だからこその挑戦。

どうか、ご支援ご協力のほど、何卒よろしくお願い致します。

最後までご覧くださり、心から感謝致します。

有り難うございました。


和妻師、マジシャン

上口龍生


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください