※8/27追記※ 

帰ってきた#おうちで飛騨牛は、残すところあと4日
岐阜県にも本日8月27日より緊急事態宣言が発令されました。全国の皆さんも不安な日々を過ごされていると思いますが、このプロジェクトを通じ、飛騨牛を食べて少しでも元気になっていただけたらと願っております。


※8/17追記※新たにリターン品を2つ追加しました!

・豪快!飛騨牛ブロック肉1kg 15,000円
・飛騨牛&朴葉味噌セット 10,000円


※8/16追記※祝!100%達成!みなさまのご支援ありがとうございます!

800名を超える方々からご支援を頂き、たくさんの方に支えられてこのプロジェクトがあることを改めて実感しています。本当に多くのご支援、沢山の温かいコメントありがとうございます!!!ネクストゴール2,000万円の達成に向けてモウ進してまいります!


今回もJAひだと飛騨地域の精肉店・生産農家と共同開催しております。各店舗のお肉・出荷体制の状況を確認した上でネクストゴールを設定しておりますので、ご安心頂き、ご支援いただければと存じます。
(お届けはプロジェクト終了後の9月7日より順次お届けします)



はじめに・ご挨拶

こんにちは、JAひだで「飛騨牛」を担当している橋本と申します。

昨年CAMPFIREで挑戦した#おうちで飛騨牛プロジェクトでは、1万人の方々から総額1億円を超える支援をいただき、ありがとうございました。

予想をはるかに超える応援の声や反響があり、なんとCAMPFIREクラウドファンディングアワード2020の総合賞1位にも選んでいただきました!コロナ禍のこの1年で飛騨の生産者さん、精肉店さんが頑張ってこれたのは、#おうちで飛騨牛へのたくさんの方のご支援のお陰です。本当にありがとうございました。


#おうちで飛騨牛の反響

前回の#おうちで飛騨牛 プロジェクトは、SNSやメディアを通じて広く知れ渡ったことで、生産者さんや精肉店にもたくさんの応援の声が届きました。 

ある生産者さんは、地元の友人だけでなく、遠方の知人・友人などからも、「応援するよ」「ありがとう」という声が届き、「大変な時期に気にかけてもらえて本当に有難かった」と話しています。日ごろ直接、商品者の声を聞くことが少ない、生産者さんからは本当に多くの感謝の声を頂きました。

また、リターン品を発送した地元の精肉店からは、「プロジェクトの支援者の方が飛騨牛を気に入り、リピーターになってくれた」「コロナが落ち着いたら遊びに行きたいという手紙が届いた」という嬉しい声も。様々な形での反響に、改めて沢山の方々に支えられたプロジェクトだったと感じています。

更にこのプロジェクトは「ブランド牛応援リレー」という形で石垣牛、大分和牛&冠地どり、淡路牛にまで広がっていきました。地域の垣根を超え、皆で一丸となってこの大変な時期を乗り越えようという、大きな流れのきっかけになれたことに大変驚くと同時に、場所やブランドは違っても想いを共有できることは私たちにとっても嬉しいことでした。


なぜまたクラウドファンディングするのか?――いまだに拭えない不安

2度目のクラウドファンディングへの挑戦――。なぜ今年もやるのか?と思う方も多いと思います。

「昨年沢山支援してもらったからって、また?」

「去年ほど大変な状況でもないでしょ?」

そんなご意見もあるかもしれません。

確かに昨年はコロナによる緊急事態宣言が出され、急激な飛騨への観光客の減少に生産者は「育てた牛たちを消費者に届けられないかもしれない」、精肉店は「在庫で溢れかえり、このまま仕事を続けられないかもしれない」という、切実な悩みを抱えていました。 

現在はその危機的状況からは脱しましたが、度重なる全国の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置、いまだに続く観光客の減少が飛騨牛の世界にも暗い影を落としています。

令和2年度、高山市の観光客の入れ込み数は前年よりも 51.38%減少、
下呂温泉の宿泊者数は50.61%減少

例年なら観光客で賑わうこの夏休みシーズンも、一大観光地の飛騨高山、下呂温泉、白川郷はいまだに閑散としています。

令和3年度に入った現在でも、コロナ前のような賑わいには戻っていません。

以前のように たくさんの国内外の観光客が飛騨に来て、飲食店やホテル、旅館で飛騨牛を食べてくださる未来も想像できず、地元の生産者、精肉店さんは未だに見えない不安を感じています。

多くの観光客が訪れていた例年の飛騨高山


全国のみなさん、そして飛騨牛の生産者、精肉店を元気にしたい!

そんな状況だからこそ、このプロジェクトを通してたくさんの方に食べて喜んでもらい、その声を届けることで生産者さん・精肉店さんも元気にしたいと切に願っています。 

そして昨年、感謝をしてもしきれないほどの支援を頂いたからこそ、「今の日本中に漂う閉塞感を吹き飛ばして、皆さんが楽しめることをできないか・・・」と私たちは考えました。

私たちに何かできるとすれば、飛騨牛を生産し、販売することしかありません。

遠方や海外に出かけられなくても、飛騨牛をおうちで楽しんでほしい!生産者さんが手塩にかけて育てた飛騨牛たちが精肉店に滞留することなく、美味しく食べてもらいたい!そして日本中の笑顔に繋げたい!!

そんな風に思い、感謝の気持ちを込めてパワーアップした「帰ってきた#おうちで飛騨牛を立ち上げました。

前回同様、地元価格でおいしい飛騨牛を全国にお届けするだけでなく、 、、感謝のキャンペーンを開催!

一つは、ご支援いただいた方の中から、抽選で100名様に飛騨のおいしい新米が当たるチャンス!さらに、いただいた支援金の一部を、飛騨牛の未来を担う次世代のために活用します!



コロナから1年――。生産者・精肉店の声

飛騨地域全体に58軒の飛騨牛の生産農家さんがいます。

飛騨牛ブランドを守り続ける生産者さんたちは、牛の成長や健康を常にチェックし、最高の状態で飛騨牛を出荷することを使命に日々仕事に従事しています。

生産者の上垣内さんは、昨年の状況をこう振り返ります。

「昨年4月頃に、新型コロナウィルスの影響で相場が暴落し、その時はもう赤字になりかねないような厳しい状況でした。でも、おうちで飛騨牛があって、たくさんの方が買ってくれたおかげでなんとか持ちこたえることができました。毎日、牛を育てるという意味ではやることは同じですが、先行きが見えない中で不安はたくさんありました

また今年に入ってからは、「お陰様で昨年の危機的な状況からは回復しているものの、コロナの世界的な情勢を受けて飼料代が高騰している」とおっしゃっていました。

生産者の上垣内さん

また普段、生産者さんはなかなか購入者さんと接する機会がはありませんが、このプロジェクトを通じてたくさんの人の飛騨牛を食べた嬉しい声が届きました。

「改めて、いろんな人に支えられていると感じました。」

今回のプロジェクトで再びたくさんの方々の”声”を聞けることが生産者さんたちにとっての楽しみでもあります。


牛舎の牛たち


そして生産者さんが手塩にかけて育てた牛を精肉し、お客様に届けるのは飛騨の精肉店さんです。

高山駅近くの新ト一精肉店

観光客が来なくなった飛騨では、ホテルや旅館、飲食店で食事をする人が減ったことにより、飛騨牛の消費量も減ったまま。

精肉店さんは、「せっかく生産者さんが育ててくれた牛肉をたくさんの人に食べてもらえないことは、生産者さんに本当に申し訳ない。

と、現在の状況に対する想いを話してくださいました。

新ト一精肉店の桐山さん

「飛騨牛は日本に、世界にも誇れるブランド牛です。だからこそ、全国のたくさんの人に味わって欲しい。そのために、自分たちもできる限り質の良いものをリターン品としてお送りし、好きになってもらいたい。」

美味しい飛騨牛を食べてもらいたいという熱い気持ちが溢れています。


今まで、飛騨牛は地元のホテルや飲食店などで多く流通し、外に出ていくことがあまりありませんでした。

だからこそ、生産者さん・精肉店の想いのこもった飛騨牛を、今回の、帰ってきた#おうちで飛騨牛を通じて、飛騨地域に来なくても全国各地で食べてもらえることが、飛騨牛に関わる私たち皆の何よりの喜び、活力になります。


そもそも飛騨牛はなぜ美味しい?

「飛騨牛」は、肉質はきめ細やかでやわらかく、美しい霜降りと口の中でとろける芳醇な香りと味わいが自慢です。30年以上の歳月を経て、5年に1回おこなわれる和牛オリンピックでも日本一の称号を手に入れるまでになりました。

  

今では飛騨といえば「飛騨牛でしょう!」と言わしめるほど、観光の要であり、全国の皆さまから愛していただいています。海外ではHida Beefとして認知されるほど。

これもひとえに飛騨の恵まれた自然環境と生産者さんたちの努力の賜物です。

このプロジェクトを通じて、そんなうんまい飛騨牛を地元価格でお届けします。


リターンのご紹介

帰ってきた#おうちで飛騨牛プロジェクトでは、前回同様リターン品はALL飛騨牛!
厳選した6種のリターン品はどれも精肉店が支援者の方に感謝の気持ちを込めてセレクトしています。

自分へのご褒美、家族との楽しい時間だけでなく、ギフトとしてもお使い頂けます。

前回大人気だった飛騨牛の肉福袋をはじめとして、食べ方が選べる玉手箱がバージョンアップして帰ってきました!玉手箱は食べ方(お肉の切り方)が選べるだけでなく、それぞれ赤身・霜降りの食べ比べになっており、前回以上にお楽しみいただけると思います。

また、ほぼ市場にでまわることのない年末の受賞牛も特別リターン品としてご用意しました。年末のご褒美におすすめです。


感謝の抽選キャンペーンも同時開催!

さらに、、、、、

今回は支援後アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で100名様に飛騨のコシヒカリ新米とパックご飯が当たるチャンス

昼夜の寒暖差が大きい飛騨地域では、ふっくら甘くておいしいお米が生産されています。

なんと、飛騨地域はお米のオリンピックといわれる大会毎年受賞者が続出している、日本有数の美味しいお米が採れる地域なんです!

2021年産、採れたての新米は、新鮮で最高においしいです。

※感謝の抽選キャンペーンは支援者の方のみご参加いただけます。参加方法はリターン品に同封するチラシまたは支援者様向けにお送りする活動報告のメールにてご案内いたします。

 

資金の使い道・スケジュール

本プロジェクトはALL-in方式で実施します。今回、皆さまから頂いた支援金は、飛騨牛の購入費用、発送費用に加え、支援金の1%を飛騨牛の未来の担い手である学生たちのために使います。具体的には、和牛オリンピックと呼ばれる5年に1度行われる全国和牛能力共進会の岐阜県出品対策委員会が対象です。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。 

・8月31日 期間終了
・9月7日 発送開始
・9月末 お届け完了(予定)


未来の飛騨牛の担い手を応援したい

先行きの見えない不安を抱えているのは、現役の世代だけではありません。コロナで先行きの見えない不安を感じる今も、飛騨牛に関わる仕事がしたいと勉強をしている学生が沢山います。

岐阜県内には肉牛の飼育を学ぶ学科をもつ高校や大学があります。特に飛騨地域では「飛騨高山高校」が有名です。「和牛甲子園」や「和牛オリンピック」とも言われる全国和牛能力共進会でも極めて優秀な成績を収め、日本一を経験するほどの実績を持っています。

帰ってきた#おうちで飛騨牛は、そんな若者のたちの希望にもなりたいという想いから、支援金の1%を全国大会に出場するための支援金として使用します。微々たるものですが、皆様からの支援を実際に届けることが、学生たちのモチベーションにつながり、未来の飛騨牛を守ることになると信じています。

 

最後に・・・

最後までページをお読みいただき、ありがとうございます。 

昨年の#おうちで飛騨牛ではALL飛騨を掲げ、全国からたくさんの支援・応援を頂いたおかげでコロナ禍を何とか乗り越えることができました。また生産者さん、精肉店さんなど、飛騨牛に関わる人たちの絆も強まりました。本当にありがとうございます。

そして、こんな時だからこそ自分たちのためだけでなく、昨年支えてくださった皆様のためにもできることをしようと思い、再びここに帰ってきました。まだまだ日本中、世界中がモヤモヤしながらいつになったら普通の生活に戻れるのだろうと、未来が見えない日々を過ごしています。私たちができるのは、飛騨牛を食べて元気に笑顔になってもらうこと!

「助けて!」ではなく、「#おうちで飛騨牛」を合言葉においしい飛騨牛を食べて少しでもこのモヤモヤを吹き飛ばし、皆様の元気につながればと切に願っています。そして、コロナが落ち着いたら是非、飛騨に遊びに来てください。飛騨で食べる飛騨牛もまた格別ですよ! 


運営体制

今回も飛騨牛を育て、皆様のお宅にお届けするまで、ALL飛騨でこのプロジェクトに取り組みます。13の精肉店、そして飛騨牛を育てる58名すべての生産者。金融機関が3つ連携した体制となっているのも特徴です。飛騨地域の三市一村にもご協力・後援頂いております。

〈生産・販売チーム〉
・飛騨肉牛生産協議会(生産者 58名)
・飛騨地域の精肉店(13店)
・JAひだ

〈企画・広報チーム〉
・飛騨信用組合
・株式会社ヒダカラ
・十六銀行/十六総合研究所


〈後援〉
高山市、飛騨市、下呂市、白川村

※このプロジェクトは高山市産業団体等消費活性化策支援事業補助金を活用しています。

〈未来の担い手への支援金贈呈先〉
全国和牛能力共進会岐阜県出品対策委員会

記者会見での関係者の集合写真

 

Q&A

①お肉はいつ頃届きますか?
→クラウドファンディングの性質上、期間終了8月31日以降にお客様の情報が分かります。その後、注文を受付、各お肉屋さんへ発注し、9月7日より順次お届けします。

②ギフトにも使えますか?
→可能です。ただ、クラウドファンディングの性質上、ご依頼主の名前が表示されないため、お届け先の方には事前に連絡をしておくのをおすすめします。またクラウドファンディングのリターン品である旨、お礼状などが同封されます。

③お肉はどんな状態で届きますか?
→原則、一部地域を除き冷蔵便でお届けします。「冷凍」を希望される場合は備考欄に記載ください。 ※一部地域:北海道、沖縄、離島一部商品は真空パックでお届けする場合がございます。
※お届け日に不在により引取ができない場合や自然災害や天候等の事由により冷凍に切り替わることがありますのでご了承ください。

④お届け日の指定は可能ですか?
→お届け日の指定は対応しかねます。時間指定を希望される場合は備考欄に記載ください。
※クロネコメンバーズ、クロネコヤマト公式アプリを利用することで、お届け予定日の確認ができます。

⑤到着したお肉が変色しているように見えますがどうしてですか?
→切り落としなど、お肉が重なっている部分は黒っぽく変色している場合がございます。品質には問題ございませんので、そのままお召し上がりいただけます。

⑤お肉はどこから届きますか?
→JAひだが一括で注文を受け、飛騨地域の食肉事業協同組合(飛騨牛取り扱いのお肉屋さん)でお肉を切り、皆様に直接お届けします。

⑦精肉店や販売店、畜産農家は選べますか?
幅広く販売店、畜産農家を支援する目的のプロジェクトのため、精肉店や畜産農家のご指定はできません。あらかじめご了承ください。

⑧玉手箱の3万円、受賞牛の5万円を頼んだ場合は食べ方はどのように選べますか?
玉手箱3万円は600g×2種類、受賞牛5万円は500g×2種類選べます。食べ方(切り方)は焼肉・しゃぶしゃぶ・すき焼き・ステーキの中から選べます。例えば、「すき焼き」と「ステーキ」を選らんだ場合はすき焼き(赤身と霜降りの食べ比べ)とステーキ(赤身と霜降りの食べ比べ)をお届けします。


⑨決済について教えてください

今回決済はCampfireの決済サービスを活用するため、JAひだでは対応できない部分がございます。お手数ですが、以下のヘルプページをご確認ください。
各決済手段についてのヘルプページこちらです。

⑩メールが届かないのですがどうしたらいいですか?
迷惑メールの設定などお客様のパソコン、携帯の設定でメールが受け取れない場合がございます。ご支援を頂くと、すぐにCAMPFIREの次のアドレスからメールが届きますので、ご確認、設定をお願いします。
メールアドレス:noreply@camp-fire.jp
メールタイトル:【CAMPFIRE】支援完了のお知らせ



■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:JAひだ 飛騨農業協同組合
 ● 事業者の住所/所在地:〒506-0001 岐阜県高山市冬頭町1番地1
 ● 事業者の電話番号:Tel: 0577‐36-3880
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください