絵本道Ⓡ主宰
更家なおこ

はじめまして、
絵本道Ⓡ主宰、絵本道Ⓡマイスターの更家なおこと申します。
3.11から一月後東北に絵本を届けるプロジェクト
全国の仲間と立ち上げました。

絵本の専門学校で作家育成の経験があった私は、
絵本が役に立つかもしれないと思いました。
つらい状況の中、
お子さんに少しでもほっとしてもらえたら…
宮城の避難所で絵本を読み始めたところ、
その世界に癒され、元気を取り戻したのは大人でした。

大人のこころが整うと、子ども達にも笑顔が戻ります。驚いた私は福島南相馬、石巻など仮設住宅に何年も通いながら、
参加者に変化を起こす
場づくりのワークを誰でも使えるように作り上げました。

そのノウハウに「絵本道Ⓡ」と名付け、
大人向けの絵本教室やイベントを通じて、
東北だけでなく
全国に伝え続けています。



■関西在住の私がなぜ東北で活動を始めたのか?

動画でも想いをお話していますので、ご覧ください。

当時私は企業研修の講師として東北に通い続けていました。
その最中に東日本大震災が起きました。
私は阪神淡路大震災を経験しています。
その時の記憶がよみがえり、
こころのケアが必要なことを直感し
仲間を募り全国に声をかけ活動が始まりました。
以来10年「絵本で安心して気持ちが話せる場づくり」の必要性
伝える活動を全国に展開しています。

絵本で場づくりをすると、
思いを言葉にするのが苦手だったり、
かたくなにこころを閉ざす方が、
自然に扉を開き始めます。
誰も評価しない、
否定しない場だと分かると
人は「語られなかった物語」を語れるのです。

ただ静かに頷きながら聞いてくれるだけの場。
絵本を閉じ場が終わると、
もう誰もその事に触れず日常に戻っていく…
それは、
ありそうでどこにもないかけがえのない居場所だったのです。

被災地では震災の記憶を語る方もいらっしゃいますが、人生のエピソードを話す方も多いのです。
誰かの体験は、
必ず他の誰かにも通じる尊い物語であり、
伝え合うことでこころに灯りをともす
生まれる奇跡の瞬間を何度も経験しました。

その小さな希望の灯りを、
絵本という形にして全国にリレーしてきました。

10年の活動で、
東北だけでなく全国の絵本道Ⓡ仲間がたくさんの絵本を制作してきました。
その作品には、他者を癒し元気づける力があります。
東北の活動があったからこそ、生まれた絵本
東北の地で再びみなさんに味わっていただきたい。

どんな事があっても、
懸命に生きている人の思いは必ず誰かに力を与えます。
その素晴らしいリレーション東北から生まれて、
全国を巡り、また東北に…私たちの活動を受入れていただき、
奇跡の数々を見せていただいたことが今につながっている。
そのことを感謝の気持ちと共に、どうしてもお伝えしたいのです。

■ このプロジェクトで実現したいこと

「絵本で感じる10年展」~絵本の活動 10年の感謝を込めて~
10年間の活動は、全国に展開しました。
絵本の場づくりが、疲れたり傷ついた人のこころに効果的なことを、
活動のスタート地点である
東北で報告を兼ねて伝えるイベントを企画しました。

ここでは、3つのことを伝えたいと思います。

1.「大人が癒されることの大切さ」を伝えたい。
震災直後は緊張で感じなくても、
時の経過とともに自身が疲れ切っていることに気づきます。
大人は、つい子どものためにと無理を重ねて
自分を後回しにしがちですが、
ケアのタイミングを失い続けると
自分の力だけでは立ち上がれなくなることも。
そのような状態では
子どもとの関係もつらいものになってしまいます。
大人こそ、癒されこころを整えることが大切なのだと東北で学び、
全国に伝えてきました。


2.「"場づくり"の発見と学び」を伝えたい。
東北には、お茶っこといわれる風習があります。
ご近所同士で集まっては
あたたかな囲炉裏などに招いて語らう素敵な「場」です。

絵本で場づくりをすると、
同じような「語り場」が生まれることを東北で学びました。
当時の皆さんは、離れた地域から
仮設住宅に入居したことなど様々な状況が重なり、
安心して語り合うきっかけを失っていたのです。
普段気持ちを語らずこころの奥に留めてしまうご年配や、
口を重く閉ざした方が絵本の場では、
安心して自分のことを語り始めました。
その場は被災地では最も望まれながら、どこにもないものでした。
大人こそ絵本の場づくりでこころを整える必要があることを、
東北で教えてもらいました。


3.「大人が自分に向き合い制作した"絵本の持つ力" を伝えたい。
絵本道Ⓡの場づくりの中で生まれた絵本作品には、
他者を力づけ癒しを与える不思議な力があります。
イベントでは作者がなぜ絵本を作ったのか
人生のエピソードを人形劇で表現しました。
制作の背景と共に絵本を読み語り
そこにオリジナルの演奏を加えています。
絵本の世界をより豊かに味わい、
受け取ることで自分の人生に向き合うきっかけを生み出しました。

この3つを伝えながら「人形劇&絵本ライブ」をご覧いただき、
ワークショップで「思い」を語り合う絵本ワーク形式のイベント企画です。
きっと10年間の記憶と共にこれまで生き抜いてきたご自分を振り返り、
あたたかく力強い場になることでしょう。


会場には、これまでの活動パネルと共に、活動を共にした絵本作家の原画展示やイベントのモチーフになった絵本作品の原画などを展示し、
じっくりゆっくり絵本の場に浸っていただきます。

東北で絵本の活動をしなければ決して出会えなかった方々や
土地への感謝を込めて、10年間の思いをお届けしたいのです。




■ これまでの活動

2011.3
友人5名と「絵本でつなぐプロジェクト」結成(現在協力者50名以上)
2011.4
宮城県岩沼の避難所にて絵本を届け読み聞かせイベント開催
2011.5~現在
全国から集めた絵本を届ける活動
岩沼、仙台、多賀城、石巻、浪江、荒浜地区、南相馬など各地を回って
絵本をツールとした絵本ワークを実施。
2013.11
「天使プロジェクト」実施
福島南相馬中央図書館内にて「天使がボクをみるとき」人形劇、
道しるべ絵本原画展、天使の写真展、道しるべワークショップ、ミニコンサート
2014.8
絵本「道しるべ」出版記念講演会
2014.10
関西の企業コラボ企画:南相馬仮設集会所にて交流会:社員の発表会&うどん200食炊き出し22014.12 石巻仮設集会所、南相馬仮設集会所にて、
絵本「道しるべ」を使ったワークショップ&ミニコンサート
2015.1~2
道しるべ原画展&「被災地の今」パネルディスカッション&道しるべワークショップ
大阪「ギャラリー いとへん」
2015.4
南三陸・石巻・南相馬を訪問。
仮設集会所にて絵本「道しるべ」原画展と道しるべワークショップ実施
2015.7
神戸大学大学院法学部学生に向けた講演会
2015.11
宮城県塩釜にて「絵本とアートで心をつなぐセラピー講座」
2015.11
「自分の命は自分で守る」講演会開催 @大阪OBP文化祭
2015.12
東京都豊島区子ども課 保育士向け「絵本の可能性」研修実施
2016.3~5
仙台絵本セラピーセミナー
「震災後5年の節目イベントとして3か月連続のセラピーセミナー開催
2016.6
宮城県塩釜市月見ヶ丘小学校5年生に向けて「絵本を使った命の授業」実施
2016.11
FM三田ラジオ生出演 被災地で絵本を使った活動について伝える。
2016.11
宮城県亘理町・山元町合同開催 保育に関わる職員120名対象にした講演実施
2016.11
石追分温泉・福島南相馬絵本ワーク
2018.9~2019.1
大阪北部地震で被災した高槻市にて毎月大人向けこころの絵本ワーク実施



■ 実施スケジュール

9月18日と9月20日の2公演行います。
入場無料で多くの人たちに、
安心・安全な場づくりの大切さを伝えたいと思っています。

1日目
2021年9月18日 10:00~16:00
せんだい3.11メモリアル交流館[ご来場無料]
2日目
2021年9月20日 9:30~16:00
山形市「文翔館」 議場ホール[ご来場無料]



■ 資金の使い道

資金の内訳は以下の通りです。
一緒に当日協力してくれるボランティアスタッフの経費が必要です。

支援金総額 1,543,555円

■交通費/478,419円
[内訳]
-飛行機代 426,240円
-電車代 14,010円
-バス代 9,000円
-新幹線代 11,749円
-高速など 12,420円
-駐車場代 5,000円
■ 宿泊費/224,400円
■ 食費/168,000円
■ 会場費/44,564円
■ チラシ費/25,000円
■ 人形・舞台等物品送料/60,000円
■ リターン製作費/300,000円
■ クラウドファンディングサイト会社への手数料/243,172円(税込)


リターンのご紹介

5000円ご支援のリターン/
絵本作家にきまゆさんの描いたポストカード3枚セット

10,000円ご支援のリターン/
絵本作家にきまゆさんが描くイラストのエコバック1枚

10,000円ご支援のリターン/
絵本作家にきまゆさんが描くイラストのマグカップ1個

50,000円ご支援のリターン/
絵本作家にきまゆさんが描く原画(額入り)1枚
※サイズはポストカード原寸小くらいです


■ 最後に

みなさまの東北支援のお気持ちをしっかりと、
東北の地に責任をもって届けていきます!
みなさまの支援が私たちの原動力をさらに
力強いものにしてくれると信じていますので、
どうがご支援よろしくお願いいたします!


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:更家直子
 ●事業者の住所/所在地:
  請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:
  請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください