【ご挨拶】

皆さん、こんにちは!ご覧いただき誠にありがとうございます。
私たちは「ANFANG LABEL」として、クラシック音楽を中心とした演奏会の開催やCD制作などを行なっています。

昨年から続く新型コロナウィルス感染拡大のため、音楽業界も多大な影響を受け、演奏の場がかなり限られてきました。現在ではオーケストラなどの大編成を伴う公演も増えてきていますが、まだ十分に演奏ができる状態ではありません。

そこで今回、ウィズコロナ時代における新しい芸術活動の取り組みとして、シェーンベルク作曲の『グレの歌』を3人のソリストのために編曲して上演及びDVD販売を行います。この曲はもともとオーケストラに加え5人の声楽ソリストが必要とされますが、今回は感染症対策も含め、出演者3人で演奏を行う運びとなりました。

この企画を皆様と盛り上げていければと思いますので、ご支援の程よろしくお願いします。


【演奏者プロフィール】

東山桃子(ソプラノ)

1997年生まれ。岩手県立不来方高等学校芸術学系音楽コース声楽専攻を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科を首席で卒業。学部在学中に安宅賞、卒業時に松田トシ賞・アカンサス音楽賞・同声会賞受賞。

2019年度公益財団法人青山音楽財団奨学生。2021年度武藤舞奨学金を受け、来春海外研修予定。

第15・16回 高校生のための歌曲コンクール全国本選奨励賞。第69回全日本学生音楽コンクール声楽部門高校の部東京大会第3位。同全国大会入選。

これまでに、カルロ・ボスキ、エリザベス・ノルベルグ=シュルツ各氏のマスタークラスを受講。声楽を杉浦真理、村松玲子、大村博美、菅英三子の各氏に師事。現在、同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻(独唱)に在学中。


中村 仁(テノール)

1997年生まれ。大分県立芸術緑丘高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。現在、同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻に在籍。声楽を上田雅美、中村弘人、佐々木典子、三林輝夫、櫻田亮、クルト・エクヴィルツの各氏に師事。マスタークラスにおいてフランツ・ルカソフスキー、エリー・アメリングのレッスンを受講。

第63・64回大分県高等学校音楽コンクール声楽部門金賞及び最優秀賞。第68回瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール第2位・瀧廉太郎賞としてウィーン国際ゼミナール奨学金授与。大分県高等学校文化連盟音楽部門表彰状授与。第2回スペイン国際音楽コンクール第2位・スペイン大使賞受賞。

コンサートでは、’16年初リサイタル「イタリア古典歌曲集の魅力」、’17年「美しき水車小屋の娘」独唱会(大分・東京)。オペラでは、「ポッペアの戴冠」(兵士Ⅱ、オットーネ)、「ヴォツェック」(大尉)、「ルル」(アルヴァ)等に出演。藝祭2018においてオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」の演出及び字幕制作を行った。著書に「コジ・ファン・トゥッテ-リブレットと音楽の読解方法-」(現在Amazon販売中)がある。現在、よみうりカルチャー講師、青山学院大学系属浦和ルーテル学院小中学校・高等学校非常勤講師。


植野萌雅(ピアノ)

1997年生まれ。5歳よりピアノを、パーカッションを10歳、作曲を13歳、伴奏法を19歳より始める。都立総合芸術高校音楽科卒業後、渡仏。
これまでに江口玲、赤松林太郎、安野直子、小池節子、高山美佳、Billy Eidi、Claude Colletに師事。現在Géraldine Dutroncy, Nathalie Dangに師事。

2014年 スガナミピアノコンクール高校以上一般 初見部門金賞。2014年 江戸川区少年少女オーケストラ定期演奏会にてサン=サーンス動物の謝肉祭のピアニストとして共演。2015年 梅ヶ丘ジュニアオーケストラ定期演奏会にてハイドンピアノコンチェルトのソリストとして出演。2016年・2018年・2019年春、ハンガリー・ブダペストのリスト音楽院国際マスタークラスにて、ケメネシュ・アンドラーシュ、レーティ・バラージュに師事。2017年夏、スペインのマラガ夏季国際マスタークラスに参加、現地音楽祭にて演奏。2018年ローマにてダヌビア・タレンツ主催リスト国際コンクールD部門第2位受賞。2019年フランス・ブロワにてMusicals du centreコンクール・グランド・アーティスト部門にて第3位受賞。

パリ地方音楽院にてピアノ科、伴奏科スペリシャリゼ課程のDEM(音楽研究資格)取得後、パリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科第一課程に満場一致で合格し、飛び級の2年で卒業。2021年同校修士課程歌曲伴奏科ならびにオペラ伴奏科に合格し、今秋より進学予定。

パリ国立高等音楽院卒業生によって結成された現代音楽アンサンブルグループ「Ensemble Écoute」ピアニスト。パリ15区立音楽院指揮科公式伴奏員。歌曲伴奏・コレペティトールを中心に、器楽伴奏家、現代音楽ピアニストとしても精力的に活動している。


【このプロジェクトで実現したいこと】

東京とフランスの音大で学ぶ現役音大生による演奏会を、東京都・代々木上原にある「Musicasa」(ムジカーザ)にて行います。

曲目は、難解な曲で知られているシェーンベルク作曲『グレの歌』です。大規模な演奏編成であることから、日本では演奏される機会の少ない本作品を、皆様に楽しんでいただけるような形での編曲版にてお届けできればと思っております。

しかし、4度目の緊急事態宣言発令に伴い、客席を満席にして開催することが難しく、チケット収入だけでは採算が見込めない状態となりました。そのため本公演では、公演ライブ映像をDVD化し、当日ご来場いただけない方にも楽しめるよう販売を行いたいと思っております。


【これまでの活動】

これまで「シューマン歌曲の夕べ」や「シューベルト歌曲の夕べ」など、ドイツ・リートを中心とした演奏会を行ってきました。またANFANG LABEL初のCDとして、テノール歌手・中村仁とピアニスト・丸山晟民によるシューベルト作曲『美しき水車小屋の娘』(2020年4月リリース)を作成いたしました。


【資金の使い道】

会場利用料、練習会場費、チラシ・プログラム印刷費、DVD制作費、CAMPFIRE手数料等

合計約60万円

※出演料など未記載の支出はチケット販売から支出予定。


【リターンについて】

今回は以下のものを用意しました。※送料込み


【1,000円】
・Aコース

【3,000円】
・公演CD

【5,000円】
・公演DVD

【7,000円】
・Bコース

【10,000円】
・Bコース+公演CD

【12,000円】
・Bコース+公演DVD

【50,000円】
・Bコース+公演DVD+中村による個人レッスン(5回)


《各種リターン詳細》

[Aコース]

・お礼メッセージ(出演者3人のメッセージ動画)
・お名前記載(当日配布プログラム)

[Bコース]

・お礼メッセージ(出演者3人のメッセージ動画)
・お名前記載(当日配布プログラム)
・出演者サイン入り当日配布プログラム
・公演写真(データ送付)

[公演CD及びDVD]

公演当日の様子を収録したCD及びDVDです(著作権はANFANG LABELに帰属します)。

[中村による個人レッスン]

中村仁による声楽個人レッスン(ボイストレーニングも可)を5回行います(※公共の場所で面会します)。レッスン日程調整は直接メールにて行います。


【実施スケジュール】


2021年
 6月16日  企画・公演会議
 7月 5日  チケット発売
 8月 7日  クラウドファンディング開始
 8月19日  公演日
 9月15日  クラウドファンディング終了 
 10月1日頃   リターン発送開始


最後に

日本ではなかなか演奏されない《グレの歌》を、小編成ではありますが開催できるということに、大変嬉しく思います。

このような厳しい状況下だからこそ、新たなことに挑戦し、皆様に音楽をお届けできればと思っております。

皆様からの暖かいご支援を、心よりお願い申し上げます。


--------------------

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: ANFANG LABEL
 ●代表者:中村 仁
 ● 事業者の住所:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください