更新

・リターンを多数追加いたしましたので、リターン一覧が見づらくなってしまいました。
お手数ですがお申し込み前に、リターンの内容がお客様のご希望のものであるかをよくご確認ください。

・よくある質問をまとめたQ&Aを追加いたしました。

・マグネットホルダー専用フレーム「Extra MAG」と上位版「Extra Museum MAG」をリターンに追加いたしました。

・フルプロテクトスリーブ(レギュラーサイズ)専用フレーム「Extra FPS」と上位版「Extra Museum FPS」をリターンに追加いたしました。

・BGS鑑定品専用フレーム「Extra BGS」と上位版「Extra Museum BGS」をリターンに追加いたしました。

・リターン詳細には記載がありませんが、 すべてのリターンに無地のマットを1枚追加いたしました。

・Q&Aに「Extra」の耐久年数についてのご質問と回答を追加いたしました。

・リターンに厚さ10mmのPSA鑑定品に対応した「Extra PSA 10」「Extra Museum PSA 10」を追加いたしました。


PSA鑑定品専用フレーム「Extra」と上位版「Extra Museum」

最高にシンプルなPSA鑑定品専用フレーム「Extra」と上位版「Extra Museum」
主役である鑑定済みトレーディングカードを邪魔しないモダンな薄縁デザインのフレームとUVカットアクリルが「鑑賞」と「保存」の両立を実現します。


対応サイズ

「高さ135mm×幅80mm×厚み6mm」のホルダー
※(通常より厚みがあるカード・大判カードは対象外ですのでお手持ちのホルダーのサイズをご確認ください)

 

基本仕様


「Extra」と上位版「Extra Museum」は作品の保存と展示を両立させるため以下の機能を実装しています。


UVカットアクリルパネルを使用

美術品を展示するうえで紫外線を遮断することは特別なことではなく、常識とさえ言えます。
トレーディングカードにもその常識を。「Extra」はUVカットアクリルを標準装備しています。


「Extra」と「Extra Museum」の違い

「Extra」は前面パネルに国産のUVカットアクリルパネルを使用。室内紫外線の約97%を遮断します。


上位版「Extra Museum」は美術館で使用されているTRU VUE社製「Optium Museum Acrylic®」を使用。




反射防止・帯電防止・耐摩耗性・最大99%の紫外線をカットする性能をもつアクリルパネルです。

映り込みが少ないことがメインに推されがちなパネルですが、帯電防止は非常に助かる機能です。
通常のアクリルパネルは清掃時に静電気が発生してしまい、どうしてもホコリが張り付きやすいのですが、Optium Museum Acrylic®にはその心配も不要。

日々のお手入れが楽になる点は私のお気に入りポイントでありオススメポイントでもあります。
詳しくはメーカー資料をご覧ください。(メーカーページ)(メーカー資料PDF

国内流通価格が3~5万円のハイグレードパネルですが、クラウドファンディング限定特価でご提供します。

※Optium Museum Acrylic®はTRU VUE, INC.の商標です。


「アーカイバル」であること

トレーディングカードは美術品です。数万円から数千万円もするグレーディング済みのカードを、安価なケースで保管することは鑑賞性・保存性の観点からあまりオススメできません。

美術品保管には「アーカイバル」という概念が存在します。長期の展示・保存により作品を劣化させないための額装上の工夫です。


アーカイバルボード


「Extra」、「Extra Museum」で使用されている「アーカイバルボード」には微量の炭酸カルシウムが添加されており、額縁内の有機酸や無機酸を中和する働きがあります。


PLボード

また裏板には有害ガスを発生させるMDF板ではなく遮光性・断熱性・薬品耐性が高い次世代の高機能プラスチックボードを使用。あなたの大切なカードを守ります。


ラベル印刷サービス

突然ですが「昆虫標本」を見たことはありますか?

昆虫標本は元は単なる虫の死体ですが、ラベルを添えることで美術品のように見えてくるものです。
PSA鑑定品にもラベルが付属していますが、文字が小さく可読性に欠けるところがあります。

それを補完する意味も込めて、今回はご支援者様が額装する予定のカード情報をマット部分へ印刷させていただきます。
印刷したい情報を備考欄へご記入ください

また、今後ラベル印刷単体のサービスも別途行うことを検討しておりますので、今回はラベル印刷なしを選択し、後から情報が印刷されたマットだけを購入することも可能になるよう準備中です。

※印刷可能な行数は3行、文字数は各行30文字以内です。
※デザイン上の観点から、印字する文字は英語を推奨しておりますが、日本語の印字も可能です。


例:
2018 Topps Chrome
Shohei Ohtani
Pitching

無地マット(2021/09/22追加)

皆様にラベルの印字を体験していただくために、全てのリターンへ印字していない無地マットの追加を決定いたしました。

印字不要でも無地マットも1枚付属いたしますので、試しに記載してみたい内容を備考欄でお伝えください。

※印刷不要の場合は備考欄へ「不要」とご入力ください。また、「不要」の場合でも価格は変わりません。「不要」の場合は無地のマットを計2枚お届けすることになります。
※印刷前の段階であれば内容の変更が可能です。プロジェクトページのメッセージ機能からからご連絡ください。印刷後の変更は対応できないことをご理解願います。


追加リターン

マグネットホルダー専用フレーム「Extra MAG」と上位版「Extra Museum MAG」

縦110mm×横72mm×厚さ7mmのマグネットホルダーを額装可能な「Extra MAG」とOptium Museum Acrylic®を使用した上位版「Extra Museum MAG」をリターンに追加いたしました。

基本仕様は、それぞれPSA鑑定品専用フレーム「Extra」と上位版「Extra Museum」と同様です。


②フルプロテクトスリーブ(レギュラーサイズ)専用フレーム 「Extra FPS」と上位版「Extra Museum FPS」縦96mm×横71mm×厚さ3mmのフルプロテクトスリーブ(レギュラーサイズ) を額装可能な「Extra MAG」とOptium Museum Acrylic®を使用した上位版「Extra Museum MAG」をリターンに追加いたしました。

こちらも基本仕様は、それぞれPSA鑑定品専用フレーム「Extra」と上位版「Extra Museum」と同様です。

③BGS鑑定品専用フレーム 「Extra FPS」と上位版「Extra Museum FPS」縦130mm×横83mm×厚さ8.5mmのBGS鑑定品を額装可能な「Extra BGS」とOptium Museum Acrylic®を使用した上位版「Extra Museum BGS」をリターンに追加いたしました。

こちらも基本仕様は、それぞれPSA鑑定品専用フレーム「Extra」と上位版「Extra Museum」と同様です。

④厚さ10mmのPSA鑑定品に対応したフレーム 「Extra PSA 10」と上位版「Extra Museum PSA 10」縦135mm×横80mm×厚さ10mmのPSA鑑定品を額装可能な「Extra BGS」とOptium Museum Acrylic®を使用した上位版「Extra Museum BGS」をリターンに追加いたしました。

こちらも基本仕様は、それぞれPSA鑑定品専用フレーム「Extra」と上位版「Extra Museum」と同様です。



よくある質問 Q&A

Q:「ラベル印刷サービス」でどのような文字を印刷すればいいのかわかりません。
A:例えばPSA鑑定品のラベルをそのまま転記したり、「Pokémon TCG」のようにカードジャンルのみを記載するのも良いと思います。私も可能な限りご相談に乗りますので、メッセージ機能やTwitterなどでお問い合わせください。

Q:「Extra」と「Extra Museum」の違いがよくわかりません。
A:2つの違いは通常のUVカットアクリルパネルを使っているのか、Optium Museum Acrylic®を使用しているのかの違いです。Optium Museum Acrylic®についてより詳しく知りたい方のために、動画資料を頂けないかメーカーのTRU VUE様へ現在問い合わせております。
ほかにも「オプティアム・ミュージアム・アクリル」というキーワードで検索していただけますと、他社様のページではありますが詳しい説明が行われているページを見ることができますので、ひとまずご検索いただければと思います。

Q:このフレームは何年間、性能(UVカット等)を維持したまま飾れる仕様になっているのでしょうか?
【フレーム本体】
フレーム本体はアルミ製ですが、切断面以外は被膜に守られているため簡単なお手入れで長くご使用いただけます。切断面に錆が生じた場合は、歯磨き粉や重曹などでメンテナンスが可能です。 一般的なアルミサッシは20年以上使用できると言われておりますので、使用場所が室内に限られることを考えると同等かそれ以上の使用が可能かと思われます。

【アクリルパネル】
 「Extra」シリーズに使用されているUVカットアクリル板は一般的なものですので、効果は数年で切れてしまいます(正確な期間につきましては現在メーカーへ問い合わせを行っております)。 歯ブラシのように、思っているより早く効果が切れてしまうものでもありますので、日差しが直接当たるような過酷な環境でご使用の際は注意する必要があります。 「Extra Museum」シリーズに使用されているOptium Museum Acrylicは通常のフィルムコーティングパネルとは異なり、原子レベルでコーティングをアクリル基板に結合させる特殊なスパッタリングコーティングプロセスが採用されているため、UVプロテクション、反射防止、帯電防止などの特性が半永久的なものだとメーカーの方はおっしゃっています。 Optium Museum Acrylicは20年前から製造されておりますが、当時の製品は現在も機能を保っているとのことですので、こちらも約20年は効果が期待できると考えております。

【中敷き】
トレーディングカードを収めるための中敷きにはスウェード張りのポリエチレンフォームが使用されております。 ポリエチレンフォームは住宅用の断熱材として使用されており、建築環境・省エネルギー機構の発表によると25年使用したときの断熱効率が99%維持される比較的耐久性の高い材質だとされています。 「Extra」での用途は断熱ではありませんので断熱効率は関係がありませんが、耐久性は比較的高い材質であると考えております。 経年で型崩れなどが生じた場合には交換用の中敷きをお買い求めください。こちらはGradedCardFramer.comにて販売を行う予定です。  


プロジェクトスケジュール

プロジェクト開始:2021/09/11

プロジェクト終了:2021/10/24


製品情報・仕様

この商品はGraded Card Framerの自社商品です。

外形寸法:H258mm×W206mm×D34mm
対応サイズ:高さ135mm×幅80mm×厚み6mmのPSA鑑定済みトレーディングカード


注意点

PSA鑑定品のホルダーは封入されるカードのサイズによって異なります。
ポケモンカード、遊戯王カードなど一般的なカードは基本的に高さ135mm×幅80mm×厚み6mmのホルダーに封入されていますが、念のためお手元のホルダーのサイズを測りサイズを確認してください。


保証

・初期不良保証

商品到着後7日間、商品違いや初期不良があった場合、使用前の状態に限り、交換または全額返金にて対応させていただきます。

・修理

修理の必要が生じた場合は、修理が可能であれば、有償にてご案内致しますのでご連絡ください。

・キャンセル

ご注文後のキャンセルは承ることができません。
情報印刷サービスの記載内容につきましては、印刷前の段階であれば対応可能な場合がありますので、メッセージ機能などにてご連絡ください。
タイミングによっては対応できない場合もございますのでご容赦ください。

・返品

未使用品に限り返品を承ります。商品到着後7日以内にご連絡下さい。

※以下の場合、不良品交換をお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
商品到着後7日以内にご連絡をいただいていない場合。
お客様都合による返品・交換希望の場合。
お客様による破損・汚れがある場合。
返品連絡がなく商品返送があった場合。

・返送先住所
111-0024
東京都台東区今戸1-9-6エントワイン浅草309
Graded Card Framer
070-8348-3640(※お問い合わせはメッセージ機能またはメールにてお願いいたします)
メールアドレス:gradedcardframer@gmail.com


Graded Card Framerについて

~美術品額装の常識をトレーディングカードにも~ 

Graded Card Framerは額装事業を通じ、
トレーディングカード収集をより楽しめる環境づくりを行ってまいります。
PSA鑑定品以外のカードに対応した製品を計画しています。
今後とも末永くお取引ができればと思います。


■ 特定商取引法に関する記載
●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
● 事業者の住所/所在地:〒111-0024 東京都台東区今戸1-9-6 エントワイン浅草309
● 事業者の電話番号:Tel: 07083483640(問い合わせはメールにてお受けしております)
●メールアドレス:gradedcardframer@gmail.com
●送料:送料込み
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください