「トリアスふれあい動物園」CAMPFIRE「“森の天才建築家”ビーバー家族の楽しみを増やして、ビーバーの聖地を目指す!!」にアクセスいただきありがとうございます。

「動物大好き!!」
この想いは誰にも負けない「トリアスふれあい動物園」スタッフ一同です。

トリアスふれあい動物園は、長崎県西海市にある動物園「長崎バイオパーク」が運営する、ふれあい参加型のミニ動物園です。
ミニ動物園といっても、ラマやカピバラといった、長崎バイオパークでおなじみの動物をはじめ、ミーアキャット、マーラ、インコ、フラミンゴ、シバヤギ、アカハナグマ、コモンリスザル など、たくさんの動物たちに会うことができます。

トリアスふれあい動物園 に来られて、「えっ!?こんなところで、こんな動物に会えるなんて!」と驚かれるお客様も大勢いらっしゃいます。



トリアスふれあい動物園では、アメリカビーバーを2頭飼育展示しております。

えいた(オス) 2008年5月5日 生まれ   キキ(メス) 2017年5月16日 生まれ


元々放し飼い状態で展示していたビーバーの獣舎は、さほど大きくなく、寝床は2頭入るとギチギチとなるサイズですが、2頭は仲良くこの寝床で寝ていました。

ご存知の方も多くいらっしゃるかもしれませんが、野生下のビーバーは、木をかじり倒し、枝を集め、水をせき止めダムを造り、その中に巣を設けて生活しています。

季節が巡り、冬から春にかけて営巣行動(巣材を運び入れる行動)が頻繁に見られ、園内の木柵や、獣舎の柱がその標的となり、「巣材が増える=園内がボロボロになる」という悲しき図式。

〈リスザル舎柱〉前歯が届く範囲はことごとくかじられる

そんな中、今年(2021年)の春に、ビーバーの子供が4頭産まれ、にぎやかな家族となりました。

生まれた当日の写真

そこでスタッフ一同が思ったことは

2021年7月末現在では、子供達の成長に伴い、全頭が獣舎内に入ることができない光景を目にします。
特に家族想いの父親は、母親と子供達を優先して、自らは獣舎の外で寝たり、体半分を外にだして場所を譲る事が増えてきました。
両親共に子育てをする姿は、人間の我々でも学ばせられることがとても多く、勉強になりますが、やはり獣舎が狭いのが気になるところ。

そこで今回は以下の2点に絞ってご支援を募りたいと考えます。

新・ビーバー展示場完成予想ジオラマ

新・ビーバー展示場完成予想ジオラマ

昨今の新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、2020年4月10日から5月17日まで、臨時休園を余儀なくされました。営業再開後も来園者数は以前のようには戻らず、現在も前年比約30%減、という厳しい状況が続いています。

たとえ売上が減っても、動物たちを健康に維持するためには、えさ代やスタッフの人件費など、多額の費用がかかります。

また、そんな世の中の情勢を気にせず、マイペースに過ごす動物たちですので、巣材調達のための獣舎破壊や繁殖は避けて通れない課題となります。しかし、この減収による厳しい時期に、園内の修繕や展示場拡張費用の確保が難しい状況が続いております。

園内は、かじられ対策を施してありますが、動物たちは協力しあい、想像を超えてきます。

ビーバーにとって、かじることは仕事なので、それを取り上げることはしたくありません。
また、一生伸び続ける前歯(門歯)のためにも、かじる行動はとても重要なことなのです。

では、展示場内にかじり木を入れてげるとよいのでは??と思われる方もおられると思います。
そのやり方は、何度も試しましたが、当園のビーバーは、巣材を求めさまよい、展示場から遠く離れた場所から巣材を入手し(破壊行為)持ち帰らないと気がすまない性質のようです。
困り顔のスタッフを横目に、持ち帰る道程を楽しむかのように・・・。

しかし、動物舎や手すりをこれ以上かじられても困る。

そこで今回は、かじらせつつ、獣舎や手すりを守る方法に仕様変更します。

やり方としては、いつもかじる場所にダミーのかじり木を設置し、それを日々追加補充しながらビーバーの欲求を満すというもの。

この方法は以前試しましたが、なかなかダミーの木をかじってくれませんでした。
既存の柱や木柵に魅力を感じる何か?が存在するのかもれません。
今回は、ダミーかじり木の固定方法や設置距離を熟考し設置します。

これはダミーかじり木と悟られないための、スタッフとビーバー家族との戦いでもあるのです。

  

本社(長崎)からスタッフを派遣し、工事期間中対応します。
20万円はその滞在費に使います。


トリアスふれあい動物園は、2012年8月末にリニューアル工事に着工しました。

そして、トリアスふれあい動物園は、2012年10月にリニューアルオープンしました。


さて、肝心のビーバーですが、園内全体を自由に動き回り、夜間はバックヤードの寝床に帰るといった日々を過ごしておりました。そんな中、スタッフより「ビーバー専用の展示場が欲しい!!」との声が上がり、2019年にビーバー展示場の作製を行ないました。

長崎から職人を呼び寄せ、約2週間で展示場が出来上がりました。

それまで、常時放し飼い展示を行なっておりましたので、初めて自分たち専用の獣舎を喜んで、気に入って使ってくれました。ただ、えいた(オス)、キキ(メス)ペアでの飼育でしたが、えいた(オス)が高齢で、前回の繁殖は10年前という事もあり、スタッフも繁殖はきびしいかもという思いで、2頭を見守っていました。

そして、先に述べたこのプロジェクト起案の経緯へと繋がります。


※福岡県における新型コロナウイルス発生状況により、工事の開始や工期がずれる可能性もございます。
現段階(2021年8月)での実施スケジュールとなります。


ビーバーと共に過ごし日々感じることは、とても賢く、愛嬌があり、家族想いだという事です。

今回、ビーバーの寝床を拡張し、更なる楽しみを増やすことで、このビーバー家族の行く末を大切に見守り、皆様にビーバーの魅力を届けていきたいと思います。
どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

いつの日か、皆様にビーバーの聖地と呼んでいただけますように・・・。

「トリアスふれあい動物園」スタッフ一同

----------

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>
※プロジェクトオーナーとして資金を集めるにあたり、特商法に基づき次の表記をお願いしております(法人、個人を問いません)。以下の雛形をご利用ください。

■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名:バイオパーク株式会社
 ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:大宅貴之
 ※法人としてプロジェクトを起案する場合にのみご記載ください。
 ※個人としてプロジェクトを起案する場合(販売事業者が個人)は不要となります。
 ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
●事業者の住所/所在地:〒851-3302長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
 ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
●事業者の電話番号:Tel:0959-27-1090
 ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください