はじめに・ご挨拶

2020年、全国の皆さんのご支援により、雪合戦マガジン14号の刊行ができました。次の大会がある事を信じて進めましたが、ご周知のとおり全国の雪合戦大会も2年連続の中止となってしまいました。さすがに次の冬もとなると雪合戦界も雪合戦マガジンも厳しい現状の中で大変、心苦しいのですが継続のためにはクラウドファンディングよるご支援に頼らざる得ない状況です。ただ、この先にコロナ終息後を考えると、雪合戦界の危機感とともに再活動するためのツール制作の必要性を考えました。雪合戦マガジンと同様にコロナ禍の中で出来ることとして、立ち上げたのが今回のプロジェクトです。



プロジェクトをやろうと思った理由

新型コロナ禍で2年間の停滞を余儀なくされた雪合戦界の今に大きな危機感を持ちます。今のうちに出来ることとして、コロナを一区切りとした、これまでの集大成となる内容を取りまとめる事と、再び雪合戦が、原状回復したときに普及に役立つツールを作ることが、今、雪合戦マガジン編集部に唯一出来ることだと思っています。


このプロジェクトで実現したい3つの制作物

まず、この停止した二年を含め一度、雪合戦を総括する機会と捉えて次の雪合戦マガジンを制作します。もう1点は新しい『雪合戦のススメ』改定版です。そして新型コロナ禍後に「雪合戦界」の現状回復に活用できる普及ツールとして小冊子の制作を目指します。前者は専門的に、後者は普及、体験者用に原点にもどり、競技性だけに捉われずに幅広く「雪合戦」の普及拡大やメンバー勧誘に使えるマニュアルにしたいとと考えています。小冊子は「選手会」の監修により制作中であり、日本スポーツ雪合戦選手会の普及活動支援として加盟チームへの配布と、支援者様への配布による普及拡大のツールとして考えています。


これまでの活動

●雪合戦マガジンの制作 昨年、雪合戦インターナショナルより、制作に加え販売も委託されました。

●マニュアル本「別冊 雪合戦のススメ」の制作 
雪合戦普及のための解説本として、2012年『別冊雪合戦のススメ』を自主制作したことから始まります。雪合戦を始めた地域や新規参入のチームへは普及のために無償提供を現在も実施してきました。

●大会記録・写真集「YMPA」制作 (YUKIGASSEN MAGAZINE PHOTO & ARCHIVE)
同じく2014年から、これまでなかった全国の冬の雪合戦大会記録の集計と、編集部撮影の写真を掲載した大会記録・写真集として毎年、自主制作してきました。


●「雪マガ・チャリT」企画 雪合戦マガジンの制作費補填のために制作している「雪合戦応援Tシャツ」の売り上げから地域の雪合戦普及に取り組むチームを対象に室内練習球購入や、マニュアル本の提供、カラーゼッケンビブスの進呈を実施してきました。


その他、全国の取材を通じてできた選手や関係者をつなげる企画を定期的に企画し試みています。
●2016年「全国審判サミット東京」主催開催
●2017年「日本スポーツ雪合戦選手会」 設立
●2019年 選手会による「埼玉プレイヤー・ミーティング」を企画開催
●審判員不足の大会支援として2018年から東海大会での審判応援を支援。

2017年には全国の雪合戦人へ呼びかけて、所属組織の枠を超えた「日本スポーツ雪合戦選手会」を立ち上げ事務局の運営とその活動を支援しています。



資金の使い道

①『雪合戦マガジン15号』の発刊
②『雪合戦のススメ』改定版の制作/最新のルール・審判判定、チーム戦略を解説
③『雪合戦のススメ・普及指導版』/スポーツ雪合戦選手会監修による、初心者向けの小冊子版を制作し               選手会の普及活動を支援の形で加盟チームへの配布と、支援者への配布を実施します。


リターンについて

■リターンについて
●雪合戦マガジン15号 ●雪合戦のススメ 改定版
●雪合戦Tシャツほか応援グッズ各種

★その他、支援いただいた、すべての皆さんへ
●コンセプトステッカー
●動画限定配信 ※大会実施の場合に限り冬シーズン終了後実施
●お礼状 

実施スケジュール

■実施スケジュール
●9月 プロジェクト立ち上げと同時に制作スタート
●10月 プロジェクト締め切り 
●11月「雪合戦マガジン」/「雪合戦のススメ・改定版」制作
    普及用小冊子の配布開始

●2022年1月中旬 リターン品の発送開始 


最後に

 平成元年に昭和新山国際雪合戦がスタートし、創成期から雪合戦の魅力にのめりこんできました。それは雪合戦経験者の皆さんも同じだと思います。

「大の大人が雪合戦」と物珍しさでマスコミでは都度取り上げられますが、雪合戦は地域の活性化のイベント的な視点から普及して30年、この間にスポーツ競技として確立されてきました。反面、いまは残念ながら過渡期をすでに折り返し、チーム数は減少傾向であり、さらに、そこに2年連続の新型コロナ禍もあり、今は辛抱の時期とみています。
 しかし、この状況とは逆に全国の雪合戦人の繋がりが一層、強くなっている事も肌で感じています。これからはその「雪合戦人」の繋がりで運営側も競技経験者、選手も一緒に熱い想いで普及拡大を後押ししていかなければ雪合戦はやがて衰退してしまうのではと危惧しています。
 出来ることは、あらためて原点として、楽しい雪合戦の普及拡大です。また、競技性との両面を共有していくためにクラス別大会の導入など検討が必要と考えます。制作したいのはその両方のツールです。
 残念ながら今の雪合戦界には二つの組織と、異なるルールが存在します。これらの課題は全国の雪合戦を愛してやまない皆さんがつながる事で、いつか克服して行けると信じてます。
 今後も可能な限りですが 、一雪合戦人として「雪合戦マガジン」を通じて全国の皆さんとの交流を拡大していくことと、情報を共有し普及活動につなげることが編集部に出来る役割であると考えます。

 極めてマイナーな競技ですが、老若男女を問わず雪合戦を通じて皆さんと想いも共有してきました。そんな「雪合戦マガジン」を継続していけるのであれば、この上なく幸せなことであります。   
 「雪合戦マガジン」は雪合戦人の皆さんとの交流の成果として、引き続きクラウドファンディングによる継続の方法をご理解いただきたくお願い致します。


<プロジェクトオーナーについて>
■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名:株式会社ブランチ 雪合戦マガジン編集部
●代表者または通信販売に関する業務の責任者 山田雅志
●事業者の住所/札幌市東区北14条東4丁目1-35-503 
 事務所/札幌市中央区南2条東1丁目1-12-606(株)ブランチ内
●事業者の電話番号:Tel: 011-839-5739
 ※請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、
 共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合でも、「雪合戦のススメ」と「雪合戦マガジン15号」、「普及版小冊子」の発行を実行し、リターン品としてお届けします。



Tシャツのサイズ表などリターン品詳細(PDF)は、こちらのホームページよりダウンロードできます。


※掲載の画像は大会の参加の際の使用承諾書に基づき、雪合戦マガジン編集部が撮影したものです。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください