【孤独・不安・ストレスと、一人で戦っている方々に寄り添い寄り添える場所を作りたい!】

 

はじめまして。コーチング・ナビの弘中里佳と申します。

私は元動物の調教師をしていました。
俗にいう猿回しとしての経験があり、動物を飼育、調教していく中で、
言葉を喋らない動物と心を通わせていく育成方法にとても大きなやりがいを感じ、
これは私の天職であると思っていました。

その後、動物だけでなく、人とも同じように心を通わせて良い方向に導いてあげることは
できないだろうか?と
カウンセラー・コーチングの道を志しました。


多くのビジネスパーソンは、奥底では孤独であり、一人で悩んでいます。その助けになることで、私にはそのやりがいを、クライアント様には事業や私生活の向上を。
さらに、ポジティブに前を向くビジネスパーソンが増えることで、日本全体の活性化にも繋がるという、
こんなにやりがいのあるビジネスがあっていいのかと、とてもワクワクしたのを覚えています。

今では、全国の悩める経営者様を中心に「コーチング」を通してそれぞれの道を共に伴走させていただいております。

 


そんな私には、実現したい事があります

近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、
被災した方々の心のケアの必要性が求められています。

また、少子高齢化・人口減少が進む現代では、高齢者の孤立や、青年・壮年の引きこもり、孤立した育児や介護など特有の課題があり、新型コロナウイルス感染症の発生は状況をさらに深刻化させています。
様々な困難に直面する人々の話を親身に聴き、心の奥からこぼれてくる思いを受け止める
「メンタルケア」というものを個人的にもとても重要視しております。




 

これには、私自身の経験が大きく関わります

「メンタルヘルスケア」の重要性を感じたのは、ある出来事がきっかけです。

動物の飼育員をしていた頃、私は当時の仕事がとても楽しく、とてもやりがいを感じながら
忙しくも充実した日々を過ごしていました。

ある日、自宅の電話に友人Aから連絡がありました。
たまたまタイミング悪くその電話に出られず、後でかけ直そう。
というのが2回ほど続き、毎日忙しく過ごしていた私は、かけ直すことも忘れていました。

それから1週間が経ち、別の友人からの電話で友人のAが自殺で亡くなったことを知りました。

皆様もこんな経験はないでしょうか?

「その一瞬に対応できていれさえすれば、もしかすると違う未来があったのではないか」

別に、当時その電話に出れていさえすれば、友人Aは亡くなっていなかったかもしれない。
そこまで自分に影響力があるとも思わないし、そんなことまでは思っていませんが、
少なくとも当時の状況で友人Aが私に何かを求めてきたのは事実です。

当時の私は、常に関わっている動物達と心を通わせ、毎日がどんどん充実していっている最中でした。
動物の指導や心を通わせることはできるのに、大切な友人の1人も寄り添ってあげられなかったのか。
と、私の中に大きくダメージを残しました。



「孤独」「不安」「悩み」「ストレス」など・・様々な問題を抱えている方は
日本国人の5人に1人はいると言われています。



”じゃぁ実際、何がしたいの?”


私がこのプロジェクトで取り組みたいことは、

【「孤独」に苦しむ方に寄り添い伴走できるメンタルヘルスケアサイト】の創造です。

ここでは、誰もが身近な人的資源の中で支えられる社会の絆づくりを目指し、5人に1人が持っていると言われている「孤独」をメンタルサポーターとして、しっかりと話を聞き、時には愚痴を受け入れ、
こころの拠り所」「居場所」をつくり、孤独になることを防ぎます。
現在のコロナ渦によって精神疾患のない方だとしても、いきなり訪れた新しい暮らしに対応できず、
相当な数の方が苦しんでおられます。
そんな方々の「泉」になるようなコミュニティサイトの開発に取り組んでいきます。


・寂しいから、嬉しいから、誰かに聞いて欲しい

・悩んでいるけど身近な人間には話づらい

・苦しい、誰かと共感したい

・大したことじゃないけど、誰かに聞いてほしい


など、なんでも結構です。
そんな時に電話やメール、オンラインなどでお話を伺います。


アウトプットすることであなたの心が少しでも穏やかになるのであれば、
それは私たちがしっかりと受け止めるべき理由になるのです。




人間にとって、孤独は恐ろしく辛いものです。


人が人と向かい合い、相手に好感を持ったときには、「共感」と「同調」という感情が芽生えます。
「共感」とは相手の立場に立ってものを考える事。
「同調」とは相手に合わせる事。
「同調」はさほど難しくありませんが、心からの「共感」は大変難しい事です。
また心のふれ合いは「理解」から生まれます。

自分は相手にどう思われているのだろうと、人目を必要以上に気にしすぎて生きていると自分自身を見失います。本来の自分を偽って生きていくと、孤独になり、なにごとにも億劫になってしまいます。
私は、色々な方のSOSの心に寄り添い、共感出来るように、孤独に悩む人たちのお役に立てるように、
努力して参ります。それが私の存在意義だと思っております。

日本には「和をもって尊しとなす」という思想が根本にあり、自分さえよければそれでいいという個人主義の国ではありません。
お客様と私が「共感」と「理解」でつながったとき、孤独は、ゆるやかに癒されていくと信じています。



思い描く今後の展望

まずは、私ができる範囲で最善のことを行っていくつもりです。
2021年度中にサイト運営に着手いたします。

その中で必要となってくるのが、ケアサポーターです。
これは、私の長年の経験を駆使してしっかりと講習を行いながら習得していただこうと思っています。

 できれば2021年度にはケアスタッフを常時配備し、様々な案件に対応できる仕組みづくりを行います。

その後、全国へ当コミュニティーを広げる販促活動、行政との連携などを積極的に図っていきたいと思います。


 

今回、支援をお願いする資金の使途については、以下の通りです。


content_a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd..jpeg


・ホームページの作成(約50万円)

現在、コーチング・ナビでは、主にFacebookグループで運営されていますが、今後、活動を拡大していくにあたって追加で備えるべき機能が多数あると考えています。
コミュニティメンバーの登録、オンラインコーチングの予約、仕事の受発注、イベント開催、協賛企業の紹介などなど、備えるべき機能を考えると、私一人では完全に力不足です。
こちらは実績があるプロの助力を得て、まずは500人規模のコミュニティを円滑に運営できるプラットフォームとして運営を開始できるようにします。

・多機能ビジネスフォンの設置・各種システム構築(約50万円)

全国からの電話に対応するために特別なシステムが必要です。
こちらも信頼のあるプロにお力をお借りします。

・クラウドファンディング手数料17%


※目標金額を超えて集まった資金については、コミュニティによる個人の経済的自立を支援する活動に全額を投入し、私個人及びコーチング・ナビの利潤とすることは絶対にありません。


スケジュール感


2021年9月下旬 クラウドファンディング終了
2021年10月  サイト作成に着手、必用設備の準備
2021年11月  宣伝広告の開始、リターン品順次お返し
2021年12月  サイトのオープン



最後に


"本当の豊かさとは、物があふれていることではなく、満たされた心の事ではないでしょうか”


病院にいくほどでもないし命が関わるほど悩んでいる訳じゃない。

解決して欲しい具体的な問題があるわけじゃないけど。

でも、なんだか落ち着かないのはなぜだろう?



ただ、そっと寄り添ってほしい。


少しだけ、話を聞いて欲しい
。

世の中にひとりぼっちみたいな気持ちになってしまう。





でも、それって私が弱い人間だからですよね?

でも、それって僕がもっと強くなればいいんですよね?

コロナ禍で、私に寄せられる一番多いご相談です。

こんな小さな我慢が、私たちの心をどんどん蝕んでいます。

病気でもない、問題でもない、そんな孤独感や不安感は見過ごされがちだけど。

今の世の中に必要なのは、不安な心にそっと寄り添う、ただ話を聞いてくれる人ではないでしょうか?

多くの人が、「聞いてくれる人がいない」
と彷徨っているから。

私はもっと気軽に、寄り添える場所を作りたいと思っています。


私にできることは大きなことではありません。

初めはほんの小さな活動になっていくとは思いますが、

皆様のご支援、心よりお待ちしております。





■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名:一般社団法人 Japan nature coaching association
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。




<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください