プロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます!

どーも、需要のあるニート本Dです!


「いつも家にいるから」という理由で、森ハウスの管理人になりました。

2年前に森さんと出会い、森ハウスには1年半くらい住んでいます。定まった仕事はしていません。
「呼ばれたらすぐ行く」をモットーに、ゆるい日常を楽しんでいます。

今回、

■森ハウス存続のため
■森ハウスへたくさんの人に足を運んでもらうため
■森さんに寄り道せず帰ってきてもらうため

クラウドファンディングに挑戦します!



森ハウスは福井県鯖江市にある森一貴がはじめたシェアハウスです。(森一貴についてはこちらの記事を参照

この家が本宅

ただし、彼はフィンランド留学へ旅立ってしまいました。もうこのシェアハウスにはいません。
それでも僕は、偶像と化した彼と今でも一緒に暮らしています。

KAZUKI インマイハート フォーエバー

さて、肝心の森ハウス。徒歩1分圏内に本宅、五兵衛邸、洋館の3棟があります。
なぜ3棟もあるのかというと、シンプルな話で人がどんどん増えていったからです。


五兵衛邸

僕は本宅、五兵衛邸どちらにも住んだことがあります。どちらもそのときどきの住民によって表情が変わり、とてもおもしろいです。

洋館


ちなみに、Googleマップにも「シェアハウス森邸」と登録されているし、僕自身もこんなに森ハウス森ハウスと言ってますが、実を言うと森ハウスは通称です

本当は名前なんてありません。(しかしわかりやすいので、以下、森ハウスとします)

森さん主催の芋煮会

同じ部屋にいるが、みんな別のことをしている図

ただ家賃を払って住んでる賃貸物件ではなく、みんなが自分ちと思いながら共同生活を送っている家です。

みんなが自分ちだと感じる家、それが森ハウスです。

お盆の集まりっぽい

森ハウスについてもっと知りたい人は、住民のなおちゃんが書いた記事や森ハウスのnoteをどうぞ。
特になおちゃんの記事はめちゃくちゃいいので、ぜひ読んでください!

年間来訪人数200人、山の麓にあるシェアハウス「森ハウス」を覗き見!

森ハウス|note



8月17日、「あとは頼んだ!」と僕に告げ、家主・森さんは2年間のフィンランド留学に出発しました。

成田空港にて

森さん同様、僕は管理人としてガツガツやる気はありません。
これまでのように、みんなでゆるーく暮らしたいです。

しかし今、森ハウスには問題が!
建物自体が古くてガタがきていたり、住民の数に対しての設備が足りなかったり。
このままだと住み続けることが難しく、住民が出ていってしまうかもしません…。

管理人として、僕には2つ目標があります。

まず第一に、森さんが「早く帰りたい」と思うシェアハウスであること。
単に設備が整ってきれいな居心地のいいシェアハウス、ということではありません。

サンドイッチほおばる

いろんな人が行き交う交差点のような、誰でも遊べる公園のような、常に偶然に満ちた場所。そんなシェアハウスなら、森さんも興味を持ってくれると思います。
そのためには建物がしっかりしていて、すごしやすい空間にしておかないと人が寄りつきません。

建物はボロボロ、住民はみんな出ていって僕ひとり。
そんな森ハウスになってしまったら、「フィンランド最高、フリーダァーーム」とか言って、森さんは帰ってこない気がします。(自由と寛容の人なので、マジであり得ます…)

そんなの、いやだあぁぁぁぁ。

なので、ガタがきているところを修繕し、足りない設備を補充し、森さんが「早く帰りたい」と思うシェハウスにしたいです。

その旨を森さんに相談し、クラウドファンディングで支援金を集めたいと伝えたところ、ふたつ返事で了承してくれました。
僕たちにいろんなことをやらせてくれる森さん、大好きです。



第二に、”魅力あふれる森ハウス”を多くの人に知ってもらいたいと考えています。

ベージュを着てただけで楽しめる子たち

森ハウスには森さんに会いにたくさんの人が来てくれます。
住民も一緒にお酒を飲み、一緒にたくさん話をして、とても楽しい時間をすごしました。

やたら弦高の高いギターを弾く森さん

一度来てくれた人たちの多くは、繰り返し来てくれます。中には、まるで実家のように「ただいま~」と勝手に玄関を開けて入ってくる人も。笑

「肩肘を張らなくていい」と思ってくれている、その遠慮のなさがうれしい。
だから僕たちも「みんな、好き勝手に楽しんでくれ〜!」と思っています。

誰だかわからない人が寝てる

「その時々でたまたま居合わせた人が作り出す空気感」を僕たちは心から楽しんできました。
それもこれも、今までは森さんがいたから。
森さんというシンボルのおかげで、そういう場が成立していたのです。

でも、森さんは留学してしまいました。
だからといって「森ハウスには魅力がなくなった」とは思われたくありません。

森ハウスには、森さん以外にも噛めば噛むほど癖になる、すてきな住民がいるのです。

現在住んでいるのは、鯖江大好きっ子、デザイナー、公務員、大工、ニートなど。さまざまな経緯でたどり着いた、バラエティ豊かで魅力的な面々です。

リターンにはそんな森ハウス住民とかかわれるものも多く用意しました。「森一貴」だけではない森ハウスを知ってもらえる、よい機会なのではないかと思っています。

森さんがいなくても、これまでに来てくれた人たちには変わらず遊びに来てもらいたいです!

五兵衛邸パーティー後 


《目標金額170万円の内訳 ※ CAMPFIRE手数料込み》優先順位に並べてあります。

①エアコン設置(4か所)と電気工事費・・・50万円

エアコンのほとんどが平成初期のもの。壊れて動かなかったり、水もれしていたりします。
このままだと住民が熱中症になる、家が傷むなどの被害の恐れがあります。

②トイレ工事・・・50万円

元々和式だったトイレを無理くり簡易設置型洋式トイレ(和式にプラスチックの便座をかぶせたもの)にしたため、窮屈で落ち着いて用を足せません。

③網戸(49枚)・・・40万円

森ハウスには網戸がありません。
窓を開けようにも裏に山があり、蚊やガ、謎虫などが容赦なく入ってくるため開けられません。
古民家のため窓のサイズが一般的ではなく、安く売ってるものが合いません。全室にエアコンを設置するお金もないので、夏場は地獄です。

④天井の修繕 DIY費用・・・10万円

屋根裏掃除

天井には穴が空いているところがあります。また、屋根裏の隙間からハクビシンが出入りし、夜な夜な屋根裏を走り回っています。一刻も早く追い出したいです。

⑤備品・・・5万円

乾燥機や冷蔵庫など、これまではもらい物やジモティーなどで買い足してきました。でも古いものが多く、設置してすぐ壊れてしまうことがよくあります。これを機に新しめのものに買い替えたいです。

余ったお金はDIY費用にします

DIYしがいのある倉庫
実は、森ハウスには未開拓の倉庫があります。ドアは外れ、畳は朽ち、虫の死骸で足の踏み場もありません。

しかし、まあまあ広いスペースなので、このままにしておくのはもったいないです。
住民だけでDIYしてもいいのですが、福井の若者たちが集まれる場にするのもいいなと思っています。
なので、福井の学生さんと一緒にDIYでフリースペースをつくりたいです。



 


森さんのお見送り

このクラウドファンディングは、「森さんに早く帰ってきてもらいたい」だけではありません。
森さん以外の森ハウス住民を知ってもらいたい。これまで同様、たくさんの人に森ハウスに来てもらいたい。そんな思いも込めています。

ニートで貧乏な僕にとって、1円も入ってこないこのプロジェクトに意味はあるのか、働いてお金を稼ぐべきじゃないのか。
ずっと住むわけじゃないこの森ハウスに貢献する必要があるのか。

そんな考えには1mmも至らず、ただ森さんが残していってくれた森ハウスを続けていきたい。

とにかくKAZUKI インマイハート フォーエバーなのです。


森ハウス存続のため、ぜひご支援のほどよろしくお願いします!

■ 特定商取引法に関する記載
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください