皆様、初めまして。

小説「僕たちの大和」の原作者『仙咲 泰勇(せんざき たいゆう)』です。「僕たちの大和」の小説書籍化プロジェクトに興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。

当プロジェクトは、私にとって初めてのクラウドファンディングへの挑戦ということもあり、この上なく緊張しております。

小説「僕たちの大和」をより多くの人に読んでもらい、更に次なるプロジェクトへと発展させていきたいと考えております。より良い作品にするために、皆様の暖かいご支援ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


そもそもは、実物大の「戦艦大和 "型" 豪華客船」を建造するという目標を掲げて約3年前から活動しておりました。

実物大の戦艦大和を造ると言っても、第二次世界大戦時の戦艦を復活させるわけではありません。見た目だけを極力同じにして、船内には日本の最新技術を盛り込み、最新のテクノロジーを導入した豪華客船「大和」を誕生させる予定でいます。

大和建造の目的は大きくふたつ。

①「平和」の象徴として、日本各地の港や沿岸を訪れ都道府県や地方自治体と共に地域振興をすること。

②日本にも戦争という悲しい出来事があったことを風化させないために、戦時中の資料を展示したり、映像を流すブースを設け観覧できるようにすること。

ですが、このプロジェクトは大きすぎて実行するのはもう少し先になりそうです。


小説「僕たちの大和」は、「戦艦大和型豪華客船の建造」とは全く別プロジェクトです。

私は常々、大和型客船の建造に至るまでの、ある意味シナリオというか、設計図ともなるような構想を練っておりました。

その構想自体が小説「僕たちの大和」の原案であり、ストーリー仕立ての物語りにして原作として仕上げました。

ここに、より物語が面白くなるよう脚色を加え、細かい部分が誰にでも見て分かる挿絵を加えて、老若男女が読んで面白い!と感じてもらえるような小説に完成させるべく、専門家たちを募り、チームで書籍化に向けて具体的に進めてまいります。

小説完成の暁には、多くの方に読んでもらいたいので、このプロジェクトではクラウドファンディングに参加していただいた方々向けに初版「1,000部」の発行を目指します。


先ず、これだけは言っておきます。

内容についてですが「僕たちの大和」は戦争の話ではありません。

主人公は平成生まれの中学生のヤマト。舞台はスカイツリーが夕陽に映える町。ヤマトは学校で人間関係につまずき、学校に行く理由に疑問を感じて登校拒否になってしまいます。

しかしそこから、親友関係にある二人の仲間と共に、自立的に成長を遂げていきます。ヤマトの特別な家庭環境や、学生でありながらこの三人組が世の中の仕組みや知識を身につけ行動を起こし、大人になっていく過程を描きました。

「僕たちの大和」の原作は、400字詰め原稿用紙約250枚、37章から成り立ちます。

前半は、わたくし原作者の仙咲 泰勇や、その関係者の実話を織り交ぜて書き起こしましたので、いわば自伝的なノンフィクションと、フィクションが入り混じったヒューマンドラマとなっています。イメージにあるイラストが戦艦大和である理由、それは小説を読み進めるうちに解明されていくことになるでしょう。 

後半はこれから行っていく「戦艦大和型豪華客船の建造」へと繋がる希望や予定を込めたストーリーです。

◆◆◆◆◆

ヤマト達三人組は、社会や経済を学んでいく中、日本が現在抱えている問題・・・国や政治では変えられなかった社会の問題や未来のシステムについて理解し考察します。

次第に様々なひらめきを生み出し、それをカタチにしていくヤマト達。

遂には、斬新で突拍子もないアイデアを打ち出します。そして自分達で会社を立ち上げ、日本の未来を変えるためチャレンジしていきます。やがて日本が抱えていた大きな問題の解決を図り、日本の制度や経済の仕組みを大きく変えていくきっかけになっていきます。

この小説に描かれたストーリー自体が、この混沌とした現在の日本に対して、一石を投じるようなアイデアとなり、ここに登場する少年達が日本を変えていく模様を描いた物語です。

「僕たちの大和」はフィクションですが、原作者の思いや「この国はどうあるべきか、これからどうするべきか」という、発想とそれを具現化させる方法が緻密に込められた、半分フィクション半分ノンフィクションの渾身の作品となっております。 

しかしこの原作のままでは正直、読み物としては落第点です。細かい部分を文章だけでは説明しきれず、原作者の手描きの絵で解説していたりする所も多々あります。

今回のクラウドファンディングでは、私がイメージしているストーリーや登場人物のキャラ設定を読み取って、小説としてもっと面白い展開に脚色したり、読み手の誰もが理解や納得できる文章で完成させてくれる脚本家や、手書きの図をもっと分かりやすくイラストにしてくれるイラストレーターを選び出し、共に推敲しながら再構築するところからスタートします。

 


■ 小説製作に関する費用(500万円)
 ● 脚本家への謝礼
 ● 編集、校閲費
 ● 書籍デザイン費
※原作の文字数、専門性、クオリティの高い作品にするため複数名で担当してもらいたいのでこの金額になりました。

■ 書籍印刷費用(150万円)
 ● 自費出版します。

■ イラストレーターへの謝礼(50万円)
 ● 小説の挿絵・リターン・ホームページなどに使用

■ ホームページ作成費用(30万円)
 ● Team making a YAMATO 活動内容・今後の予定
 ● 小説「僕たちの大和」紹介
 ● スタッフ募集、など

■ リターンに関わる費用(250万円)
 ● リターン制作費・配送料

■ その他活動費(100万円)
 ● 広報活動(動画サイトやSNSでの動画広告)
 ● 広報活動のための動画制作
 ● 梱包スタッフへの謝礼、など

■ CAMPFIRE手数料(120万円)
※CAMPFIRE手数料は、キャンペーン中10%の場合

<目標金額に満たない場合>
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
上記金額は、目標額1,200万円に到達し、1,000冊発行する場合の比率で算出したものであり、目標額に到達しなかった場合でも、各諸経費を調整し、集まった金額に応じて諸経費をやりくりして小説を完成させ、確実にリターンをお届けできるようにいたします。

<目標金額より多くの資金が集まった場合>
より多くの資金が集まった場合は、ゆくゆくは漫画化、そしてアニメ化を計画しておりますので、そちらの費用に充てさせていただきます。


さまざまな返礼品(リターン)をご用意いたしました。

●小説「僕たちの大和」

●イラスト付きお礼のメール(オリジナルイラスト入り)
※PNG形式の画像を添付してお送りいたします。

●ポストカード、クリアファイル(オリジナルイラスト入り/当プロジェクト限定品)
※画像はイメージであり、実際のイラストはCGで作成したものを使用します。


●ミニタオル(当プロジェクト限定品)


●Team making a YAMATO Tシャツ(サイズは XS/S/M/L/XL/XXL/XXXL からお選びいただけます/当プロジェクト限定品)

●限定動画配信(原作者対談/非公開動画)
※リターン発送時にお送りするお礼メール内に動画URLを記載します。

●動画で支援者様のお名前を紹介(小説完成後初配信のYouTube/一般公開)
※支援時にご希望のお名前を備考欄にご記入ください。
※リターン発送時にお送りするお礼メール内に動画URLを記載します。

●小説に支援者様のお名前掲載
※支援時にご希望のお名前を備考欄にご記入ください。

●ホームページに支援者様のお名前とコメント掲載
※ホームページ開設後2022年1~2月頃にメールで詳細をご連絡させていただきます。

●Team making a YAMATO企画会議に参加できる(1回)
【場所】東京都23区内(会場までの交通費・宿泊費等は支援者様がご負担ください)
【日時】小説完成後2022年月7~9月頃を予定しております。詳細な日時や内容は2022年4月までに決定し、メールでご案内させていただきます。
【その他】
①遠方で出席できない場合はオンライン参加も可能です。
②開催日に都合がつかない場合は、別日程をご案内させていただきます。
③新型コロナウイルス拡大状況によっては開催を延期、又はオンライン会議に変更する場合がございます。

<リターンの発送時期について>
リターンの発送は書籍完成後となり、完成までは概ね6ヶ月〜12ヶ月を予定しております。リターンの発送は郵送を予定しておりますので、ご登録の住所にお間違えの無いようご確認ください。


【2021年11月】
● 製作に関する求人を開始します。こちらで用意した一定のテーマに対しコンペ方式で応募していただき、候補を絞る予定です。
※すでにSNS上で制作希望者からご連絡をいただいております。その他にもお仕事依頼サイトなども活用予定です。

【2021年11月30日】
● クラウドファンディング終了

 【2021年12月】
● 脚色執筆を正式に依頼(複数名予定)
● イラスト制作を正式に依頼(複数名予定)
● ホームページ制作を依頼
● 広告用動画制作依頼

【2022年1月】
● ホームページ開設

【2022年3月】
● 広告配信開始

【2022年4~5月】
● 校閲・編集を依頼(複数名予定)
● リターンの発注開始

【2022年6月】
● 小説完成
● 印刷開始

【2022年7~8月】
● リターン発送予定


私が戦艦大和に出会ったのは幼稚園の頃にTVで見ていた「宇宙戦艦ヤマト」がきっかけでした。

最後に、戦艦大和に掛ける想いが長くなりすぎましたのでこちらからお読みください↓↓


大人になり、仕事をし始めるようになると、自分を取り巻く世の中はなんだか平和すぎて、戦争が風化していくことを素肌感覚で感じられます。それでも毎年やってくる終戦記念日の頃になると、新しい戦争映画やアニメが放送されたりして、日本でも戦争があったことを思い返したり、平和であることの意味を考えさせられたりして、完全に戦争が消えゆくことはありませんでした。そして必ずというくらい、その筆頭には「戦艦大和」が取り上げられていたのです。

戦争体験者はどんどんいなくなってしまい、今となっては写真や古い映像でしか見たことのない人達ばかりなのですが、その中でも悲しい運命を辿った戦艦大和は、なぜこんなにも人々を魅了し続けるのか不思議ですよね。

終戦から76年。長い年月が経ち、実際に戦争を経験した人からその悲惨さを聞く機会も減ってしまいました。この当たり前の毎日に感謝する気持ちを忘れないように生きていきたいと改めて思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


<著作権について>
当プロジェクトで使用している画像の著作権は Team making a YAMATO が所有しております。
●イラストは、こよみなな さんに描いていただきました。
●戦艦大和の模型の画像は、仙咲 泰勇 の私物を撮影したものです。


<プロジェクトオーナーについて>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●お問い合わせ:お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
 ●送料:送料込み(国内のみ)
 ●対価以外に必要な費用:交通費は支援者様のご負担となります。
 ● キャンセル・返金・交換:サービスの性質上、お客様のご都合によるキャンセル・返金はお断りいたします。返礼品(リターン)に万が一不良品があった場合は、交換いたしますので、商品到着後14日以内にお問い合わせフォーム よりご連絡ください。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/10/24 09:30

    おはようございます!仙咲泰勇ことヤマトです。いつもチーム大和にご声援いただきありがとうございます!昨日は、スタンドFM「ヤマトチャンネル」にYouTubeの音声動画を全てアップロードしました。なぜ戦艦大和の客船なの?という方々や、所見の方など、様々な方に動画を視聴していただき、戦艦大和の形でな...

  • 2021/10/22 20:30

    こんばんは!仙咲泰勇ことヤマトです。いつも Team making a YAMATO にご声援いただきありがとうございます!昨日から今日にかけて●インスタライブ●ツイッタースペース●クラブハウス●スタンドFMの4局同時生放送を15時間行いました。沢山の方に、ヤマトとチーム大和の活動を知っていた...

  • 2021/10/20 17:00

    こんにちは!仙咲泰勇ことヤマトです。いつも Team making a YAMATO にご声援いただきありがとうございます!9月17日のクラウドファンディングスタートと同時にクラブハウスを開始して、10月17日までにフォロワーが【1000人を突破】!それと同時に、ツイッターとインスタグラムのフ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください