はじめに・ご挨拶


 はじめまして。
 私はこのCFプロジェクトの発起人である、舟崎一馬(フナザキカズマ)と申します。

 本業は北海道釧路市にあるフレンチレストラン「Restaurant & Community IOMANTE(イオマンテ)」の、オーナーシェフを務めております。



 今回のこのプロジェクト~線路は続くよどこまでも。『くしろ湿原ノロッコ号に来年は乗りたい!』と思わせます ~は、JR北海道の人気観光列車である「くしろ湿原ノロッコ号」の乗車体験を皆様にお届けするというものです。


 私どものお店では、長年にわたり「くしろ湿原ノロッコ号」の車内販売用のオリジナルプリンを製造販売してきたご縁があり、コロナ禍以前には、ほぼ毎日たくさんのお客様でにぎわう発車直前の車両にプリンをお届けするのが日課となっていました。

レストランスタッフ達も車窓からの景色に毎回感動します。

 私のレストランのスタッフ達も、毎年みんなで乗車をしていて、来店された観光客様と「ノロッコ号」の話題で盛り上がることが、夏の観光シーズンの楽しみでもありました。

車窓から釧路川を下るカヌーに手を振ることもできます。

 

このプロジェクトで皆様にお届けしたいこと


 昨年の春から始まったコロナ禍により、昨シーズンはノロッコ号、ほとんど運行ができませんでした。今シーズンも感染防止に努めながらの運行ではありますが、まだまだ以前のように大勢の笑顔と感動で溢れかえるには至っておりません。

くしろ湿原ノロッコ号が走る「釧網本線」は、
今年全線開通90周年を迎えました。


 全国の大勢の、北海道や鉄道ファンの皆様が、誰かを気遣いそして思いやり、北海道のこの地に今でも遊びに来られない状況にあることを、私は“例年よりすこし軽い納品数のプリン”を届けながら、なんとも言葉にできない気持ちで、感じておりました。


 コロナ禍であっても、釧路湿原には例年と変わらない四季が流れています。
どこまでも続く緑色の湿地。太平洋から流れ込む白い海霧。黄金色に差し込む夕日。


(注)画像は2014年に撮影されたものです。
2021年現在、くしろ湿原ノロッコ号は4両編成で運転しています。


これまで「くしろ湿原ノロッコ号」には、大勢のお客様が乗車され、たくさんの笑顔が溢れていました。


 大勢の皆様に楽しんでいただいた「くしろ湿原ノロッコ号」を、
今年は特別な"カタチ”で、皆様に体験していただきたい。

 

 大勢の方が、心配をしたり心を痛めたりしている現在、ここ釧路から「少しでも笑顔になれる体験」をお届けしたいという思いが日々強くなっていきました。

体験といっても、旅の楽しみには様々な要素があります。
「風景」や「音」、そこで食べられる「味覚」も楽しみの一つです。


車内販売で人気のノロッコプリン(タグは前年デザイン)
(注*記念スタンプは感染症対策のため未設置の場合がございます。)


 私は料理人です。「味覚」をお届けすることは得意分野です。ノロッコ号の車内限定販売で多い日には1日200個納品しても完売する人気のプリンを皆様に、返礼品としてお届けすることにしました。



私の思いに、ノロッコ号に携わる多くの方が賛同してくれました。


 とはいえ、プロジェクト発足のための課題は山積みでした。

・車内販売限定のプリンをCFの返礼品にすることが許可されるのか?
・「味覚」は届けられるが、「風景と音」はどうする?動画制作?車内の撮影は許可されるのか?
・このCFのwebサイト掲載用のための、ノロッコ号の写真とか持ってないけど?撮影している時間もない。
・そもそも返礼品が、「映像」と「プリン」だけでは物足りないのでは?


 不安ばかりで、本当に実現できるかどうか。まずはダメもとでJR北海道さんに相談しました。
すぐに対応をしていただき快諾をいただいたばかりか、今回の返礼品「マスキングテープ」や「チョロQ」などの車内限定品もJR北海道さんのご協力のもと実現しています。(←大きな会社なので、担当者さんは本当に大変だったと思います。感謝します。)

 このサイトで使用している車両画像も、地元のカメラマンの方から提供いただきました。

 ツアーガイドさん、車内販売のスタッフさんも、返礼品に協力してくれました。

 当店のスタッフ達も「楽しくやりましょう!」と言ってくれています。


 みんな、それぞれの立場でノロッコ号に関わり、そして『全国の皆様に今だからこそ、ノロッコ号を体験して笑顔になってもらいたい』と願っています。

そんな方々の協力を経て、今回このプロジェクトを皆様にお届けできることになりました。


今回のプロジェクトでは、

 私が愛する”世界最高の癒し空間”である釧路湿原を、まるで実際に『くしろ湿原ノロッコ号』に乗車したかのような【体験映像】を皆様にお届けし「風景」と「音」を感じてもらい、

リターン品という形で、車内限定販売である【ノロッコプリン】を楽しんでいただきながら、ご友人や家族と一緒に「味覚」までも楽しんでいただく内容にいたしました。

みなさんのご自宅が、そのまま釧路湿原という”癒し空間”になり、すこしでも安らぎと笑顔をお届けできればと思っています。

返礼品は「釧網本線全通90周年」デザインとなります。


 最後になりますが、


 私は飲食店経営者ですがこのコロナ過であっても、家族やお店のスタッフ達と笑顔で毎日を過ごすことができています。もちろん悩まない瞬間がないと言えば嘘になります。ですが笑顔を忘れた日は一日もありません。
 心のどこかにはいつも安らぎと余裕があり、そして日々を共に過ごしている家族やスタッフ達も笑顔で過ごしてくれています。

 これはきっと、私たちが住んでいる自然や気候風土(フランス語では「テロワール」とも言います)によって心身共に癒されている効果もあるのでは?と思うのです。

 観光客の皆さんは無意識に「癒し」を求め、この釧路湿原に足を運んでくれていたのかもしれません。
今回のプロジェクトで、一人でも多くの人に「癒し」が届き、「笑顔」になっていただければ幸いです。


 そして、願わくはコロナ過が落ち着いた来年、

『つぎは本当に、くしろ湿原ノロッコ号に乗車したい!!』

そのように思っていただきたいという、願いを込めています。


~風景・音・味覚 釧路湿原のすべてで皆様に、笑顔が届きますように。~


"笑顔”は 続くよ どこまでも




実施されるこのプロジェクトについて

【実施主体者】 レストランイオマンテ(㈱フードハーツ)

【協力】 
 JR北海道
 北海道ジェイ・アールサービスネット釧路営業所

*当プロジェクトは、JR北海道グループ関連各社協力のもと、レストランイオマンテが実施いたします。
プロジェクトの詳細やリターン品に関するお問い合わせは、レストランイオマンテまでお願いいたします。


皆様よりご支援いただいた資金の使い道

・リターン品(グッズ類)購入費
・リターン品(プリン)原材料費、包装資材費
・リターン品の送料
・乗車体験映像、撮影編集費
・支援額の一部は、レストランイオマンテ(㈱フードハーツ)とJR北海道の商品化権使用契約に基づき、ロイヤリティ使用料として支払われ、鉄道事業の運営費にも充てられます。
・来年度のノロッコ号車内販売に「クラファン感謝特別商品」を販売するための新商品開発経費。


リターン品について

【ノロッコ号乗車体験動画先行試聴権】
・今年度実際に運行しているノロッコ号にて撮影し、車窓から見渡す風景や、車両や風の音を皆様に体験していただく動画をお届けいたします。*お礼メッセージ(または返礼品郵送時)送付時に、動画視聴URLをご案内いたします。
*同様の動画は(一部分は一般向けに改変されます)、来年度ノロッコ号運行前に一般公開となりますのでご了承ください。

【ノロッコ号プリン】
・根釧地区で搾られた美味しい牛乳と生クリームで仕上げた濃厚なプリンです。「真っ白なプリンに、旅の彩を添えて楽しんでいただきたい。」という思いをこめて作りました。

プリンは冷蔵品です。ヤマトクール便でお届けの予定です。(賞味期限は発送日より1週間となります)〇名称:プリン
〇原材料名:牛乳(国産、国内製造)、生クリーム、砂糖、植物油脂、粉末水あめ、コーンスターチ、食塩 / 乳化剤、カゼインナトリウム、増粘剤(カラギーナン)、香料
(アレルギー物質:乳、大豆)
〇内容量:90g
〇保存方法:10℃以下で冷蔵保存
〇製造者:株式会社フードハーツ(レストランイオマンテ)


<リターン品の食品製造にかかる製造許可等>

菓子製造業:釧保生第-5‐225号

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社フードハーツ
 ●責任者:代表取締役 舟崎一馬
 ●事業者の住所/所在地:〒085-0014 北海道釧路市末広町2-23
 ●事業者の電話番号:0154-65-1802
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:特になし
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください