初めまして!

このプロジェクトを立ち上げたゆうき販売株式会社と申します。

日本の素晴らしい伝統文化である稲作、美しい田園風景を後世に残すために、「生きもの田んぼ」の拡大を目指して活動しています

「生きもの田んぼ」とは、農薬・化学肥料・除草剤を使わない農法で、動物性の肥料を使わず、田んぼで穫れたものを田んぼに還す意味も込めて、米ぬか、もみ殻などを微生物で発酵した肥料を使用した田んぼです。
創業当時から「生きもの田んぼ」の農法で作ったお米を販売し続けてきた弊社が、市川ライスセンターの皆さんと出会い、その農法に共感してくださり、一緒に「生きもの田んぼ」での稲作を始めて4年目になります。

「生きもの田んぼ」には、その名の通り、田んぼに棲む生きものに溢れ、雑味のない、美味しくて力強い稲が育ちます。この素晴らしい田んぼ、お米のことをもっと知ってもらいたい。

そして、彼らとの交流を通じて、お米作りに真摯に向き合い、日々奮闘している彼ら自身のことも知ってもらいたいという想いで、このプロジェクトを立ち上げました。

私たちは、「生きもの田んぼ」拡大を目指して、「生きもの田んぼのお米」(食用米コシヒカリ)を100%使用した日本酒造りに取り組んでいます。

今回のプロジェクトで皆様に是非お届けしたい日本酒がこちらです。
本年は、削りを55%から50%に変更し、純米大吟醸として仕上げました。この取り組みに共感してくださった、佐久市の伴野酒造が造り手です。


「生きもの田んぼ」のお米を100%原料として使用し、そのお米の良さを、そのままお酒に変換するというコンセプトのもと醸造した自信作です。
精米歩合も違い、飲み比べも楽しめます。


※純米大吟醸の詳しいテイスティングコメントも別途ございます。

市川ライスセンターは、長野県の佐久市にあり、そこで働く従業員の5人(1名休職中)は、日々お米作りに精を出しています。
彼らが米作りをしている地域は、北アルプスの麓で水質が良く、昼夜の寒暖差があり、災害も少ないため、大変良質なお米を作ることができます。

「生きもの田んぼ」での稲作を始めて4年目ですが、言い方を変えれば、まだ4回目。
毎年試行錯誤を重ね、収量・品質の向上に努めています。

農薬を使用する田んぼとは違い、手間も時間も格段に多くかかりますが、収穫した際の喜びや、その味は格別です。
「生きもの田んぼ」の面積を拡大していくことで、彼らが幼少期に当たり前のように見ていた、蛍が飛び交う美しい故郷の景色を取り戻すことが、ライスセンターで皆を率いる市川さんの目標の一つです。

市川ライスセンターに勤務するのは、市川さん(33歳)をはじめ、この土地で生まれ育った20代後半から30代の若者です。

米農家として、多くの人に自分たちのお米を食べてもらうこと、そして、米農家がもっと夢のある職業として認知されるためにも、新たな挑戦を続けて夢を叶えたいと全員が真剣に考えています。

◆繁忙期が偏っているため、年間を通しての仕事として成立しない場合が多く、兼業農家が主流となっている。一つの専門職として生業とするには、米農家自身で販路を作ったり、従業員に年間を通した作業や賃金を供給する必要がある。

◆食生活の欧米化や少子化傾向により、米の消費量が減少している。農業従事者の高齢化が進み、次世代の担い手が引き継いでいく必要があるが、農家は大変だというイメージが根付いていて、若年層の人員が増えない。

◆出荷ルートや出荷量を見誤ると、多くのロスが生じてしまう。確実に収益をあげるために、補助金受給の目的を含む飼料米や加工米の栽培などが必要となる。出口が決まっていない状態で、自分たちが食べてもらいたいお米の田んぼの面積をただ増やすことは、大きなリスクがある。

上記の課題や背景は、市川ライスセンターで実際に聞いたもので、市川ライスセンターをはじめ、多くの米農家が直面しているものです。
市川さんは、「生きもの田んぼ」での稲作に挑戦し、自分たちのお米が日本酒という形で完成された時に、より多くの人に自慢のお米や想いが届けられるという可能性を感じたと言います。米作りだけをしていた時にはなかった、今までにない手応えがあると伝えてくれました。


《生きもの田んぼのお酒 市川 純米吟醸》

日本酒 内容量720ml
原材料名:米(長野県産)、米麹(長野県産米)
原料米:こしひかり
精米歩合:55%
アルコール分:16度

製造年月:2020年4月

《生きもの田んぼのお酒 市川 純米大吟醸》

日本酒 内容量720ml
原材料名:米(長野県産)、米麹(長野県産米)
原料米:こしひかり
精米歩合:50%
アルコール分:16度

製造年月:2021年5月


・4,000円 「生きもの田んぼのお酒 市川 純米大吟醸」 1本   お礼の手紙

・7,000円 「生きもの田んぼのお酒 市川 純米大吟醸」 2本   お礼の手紙

・10,000円  「生きもの田んぼのお酒 市川 純米大吟醸」  3本   お礼の手紙

・35,000円  「生きもの田んぼのお酒 市川 純米大吟醸」 12本 お礼の手紙

・6,500円 「生きもの田んぼのお酒 市川 純米吟醸・純米大吟醸」  各1本 お礼の手紙

・15,000円  「生きもの田んぼのお酒 市川 純米吟醸・純米大吟醸」  各3本 お礼の手紙

・30,000円  「生きもの田んぼのお酒 市川 純米吟醸・純米大吟醸」  各6本 お礼の手紙

※上記価格は、全て送料込みの価格となっております。
※リターンに酒類が含まれるため、20歳未満の方はこのリターンを選択できません。

今回のキャンプファイヤーでは、より多くの方々に「市川」を知っていただき、この日本酒をお楽しみ頂きたいと思っております。

つきましては、本プロジェクトに限り、本年度の日本酒「生きもの田んぼのお酒 市川 純米大吟醸」を定価3300円(税込)のところ、3000円(税込)にて販売致します。
「生きもの田んぼのお酒 市川 純米吟醸」は定価3000円(税込)のところ、2500円(税込)以下での設定となり、複数本のご希望になるとさらにお求めやすくなっております。

是非、多くのご賛同お待ちしております。

ここまで読んでいただき、誠にありがとうございます。どの年のお酒も会心の出来で、より多くの人にこのお酒を飲んでもらいたいと、心より願っております。
こちらで集まった支援金は、来年以降の日本酒造りと、「生きもの田んぼ」拡大のための施策実行、
CAMPFIRE手数料に充てさせていただきます。

「生きもの田んぼ」の良さを多くの人に知ってもらい、安定した出荷を見込むことができたら、現在手作業で行っている雑草との闘いの機械化や、肥料生成に伴う作業など、多くの効率化が望めます。

そうなった時にはじめて、「生きもの田んぼ」の米作りが事業として成立します。これまで要してきた時間や想いを、このプロジェクトをきっかけに実らせたいと思っています。

今では見られなくなってしまった蛍が飛び交う美しい田園風景を取り戻すために…

多くの人の「美味しい!」を聞くために…

米農家が米農家として豊かになるために…

この仲間で最高の米を作り続けるために…

今後も生産者である市川氏をはじめとした仲間たち5名のお米作りに対する熱い思いを、より多くの皆様に伝えていきたいと思います。


昨年クラウドファンディングに参加し、沢山の方々からご支援いただきました。

皆様からの応援があり、本年も〝純米大吟醸〟という形で、新たな日本酒を醸造することができました。是非、昨年もご支援賜りました皆様、初めて「生きもの田んぼのお酒 」を知ってくださった皆様にも是非、ご賞味頂けますと幸いです。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、10月以降、順次リターンをお届けします。

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

 ■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:ゆうき販売株式会社
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:小田耕二
 ●事業者の住所/所在地:〒340-0206 埼玉県久喜市西大輪3-2-6
 ●事業者の電話番号:Tel: 0480-57-3288
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。
 ●酒販免許認可番号:春 法 1 ー 4

  • 2021/09/25 10:00

    新たなご支援をしてくださった皆様、拡散してくださっている皆様、本当にありがとうございます!ちょうど残り半分となりました!ゆうき販売株式会社のホームページには載せていますが、キャンプファイヤーのプロジェクトページではボリュームの問題で全て載せることができなかった、小林 俊介さんのインタビューです...

  • 2021/09/24 10:00

    新たなご支援をしてくださった皆様、拡散してくださっている皆様、本当にありがとうございます!ゆうき販売株式会社のホームページには載せていますが、キャンプファイヤーのプロジェクトページではボリュームの問題で泣く泣く割愛した、金井郁さんのインタビューです。普段はクールですが(お酒を飲むととても楽しい...

  • 2021/09/23 20:46

    あと17日となりました。新たにご支援くださった皆様、広めてくださっている皆様、本当にありがとうございます!ゆうき販売株式会社のホームページには載せていますが、キャンプファイヤーのプロジェクトページではボリュームの問題で割愛した、竹内龍司さんのインタビュー詳細です。瞳がとても綺麗な方で、話してい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください