美濃いび茶の里 耕作放棄寸前の茶畑を借り、和紅茶の自家製造を始めて三年目の5月に、 築110年の古民家を買う事になりました。 
はじめに

2年前耕作放棄の茶畑を借り、和紅茶の製造を始めました今村ですよろしくお願いします。

今回は二度目のクラウドファンドになります。

今年は四月から色々な事がおこりました。

三月に温かい日差しがありました。桜も早く咲き、茶葉もきれいな芽を出してきました。

しかし4月に入ってからは少し小寒い日がありました。15日位に霜が降りたのです。

霜で冷やされた若芽が、朝日に照らされて一瞬で焼けてしまったのです。

畑の3分のⅠ位が被害を受けました。

そんな時、前から探していた古民家があるとのことで連絡をいただき見に行きました。

築110年の建物ですごくしっかりしていて、とても手入れがされてすぐ気に入りました。

前の持ち主の方は、地元の有志の方々で、社団法人を立ち上げ、交流の場としてここにカフェを作り

地域貢献活動を始めようとされていたのですが、コロナの為これを断念され、譲って頂きました。

早速リノベーションを始めたのですが、茶葉の取り入れ、紅茶の製造と、大変忙しくなってきました。

そこで今回から工程のに見直しをはかり、あたらしいシステムを作りました。

今までは採ってきた茶葉を一括で処理をしていたのですが,Ⅰキロずつはかり一つの箱に入れ、乾燥、発酵

を精密に計量して水分量を管理するようにしました。

揉みこんで発酵を待つ状態

発酵が終わった状態

乾燥終了の状態

同じ箱で移して行くので管理がやりやすい。

夏摘み和紅茶 今年の夏は8月に長雨があり温度も低くなかなか芽が出てこない。

ようやく9月中頃に一斉に芽が出てきた。かなり香りがよく味の深い紅茶が出来た。


今年は霜による被害から始まり、古民家のリノベーションと大変な日々を過ごしています。

あくまでも手摘みにこだわり、製造はⅠキロ単位で管理し丁寧に仕上げます。よろしくお願いします。

今回はリターンにお米を入れています。これは、ハツシモと命名された主に岐阜県で作られ岐阜県で流通

されていて、粒が大きく冷めても美味しく頂けるブランド米です。キャンプでの炊飯等で使いやすく 

家での保管も簡単なよう、一合単位での販売を目指しています。合わせてよろしくお願いします。

特定商取引法に関する記載

請求があり次第提供いたしますので、メッセージ機能にてご連絡下さい。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください