プロジェクト本文

- 概要:

EaThereminは、食べ物を食べる際にさまざまな音を奏でることで、静かな食卓を楽しくするフォーク&スプーンです。サプライズのプレゼントに、子供のいる食卓に。

- 動作原理

フォークの持ち手と先端が別の電極になっており、食べ物を「食べる」瞬間に,食材と人体 (口→持ち手)を介して微弱な電流が流れます。これにより、フォークに差した食べ物の種類や食べ方(抵抗値の変化)に応じてさまざまな音を奏でることができます。

eatheremin-concept-600

eatheremin-child-600

- スタンドアロン動作

 EaThereminには電子回路/バッテリー/スピーカーを内蔵し、乾電池を入れるだけで動きます。また、IPX5級程度の防水性能を予定しており、通常のフォークとほぼ同じように洗えます。(※1)
普段は食卓に立て掛けておいて、ここぞというときに利用されてはどうでしょう?
※1 写真は開発途上のもので、防水仕様ではありません。また、食器洗い機での洗浄はできません。

prototype-600

protyotype-all-600

- テルミン&サンプリングサウンド

 EaThereminは大きくサウンド生成の仕組みが異なる「デジタル版」「アナログ版」が存在します。デジタル版は、事前にメモリ内にサンプリングされた効果音を、食材の抵抗値を元に選択・再生します。食べる瞬間に歯切れ良い効果音が楽しめるのが特徴です。アナログ版は、単純なサイン波が食材の抵抗値や食べ方によってなめらかに変化する、テルミン風サウンドを生成します。連続的に音が変化するので、より楽器的な感覚が楽しめるのが特徴です。

eatheremin-analog-600

- バリエーション

 前述の「デジタル版」「アナログ版」それぞれに、「フォーク」「スプーン」を用意しています。
デバイスの形状は、現状のプロトタイプをベースに、より持ちやすい/使いやすいデザインに改良します。

variation-600

variation-design-600

- コミュニケーション

-EaThereminは、複数人で手をつないで『食べさせる』ことでも音を奏でることができます。 恋人と、親子で、パーティーで、楽しく食事を『奏でて』みませんか?

communciation-couple-600

communication-child-600

  • 活動報告

    イーテルミンの実録動画 家飲みシリーズ(1)

    2012/11/27

    イーテルミンの利用場面が分かりにくいという意見を踏まえて、実録動画を日々アップしてみることにしました。まずは家飲みシリーズ(1) 男性→女性編

  • 活動報告

    製品版イーテルミンのCGイメージ

    2012/11/26

    Twitter(@tsuka_pan)でもアップしていますが、Cerevoデザインの製品版イーテルミンのCGイメージが出来てきました。フォーク先端の形状などはまだ調整予定です。…

  • 活動報告

    メディア情報

    2012/11/26

    最近、イーテルミン含む取材をよく受けているので、この機に過去のメディア紹介事例をまとめてみました。URLから確認可能な物もありますので、よかったらご覧く…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください