Hi guys! How are you brewing? 

 

 FREAK COFFEE ROASTERSです。 

名古屋のコーヒー業界を盛り上げられるようなコーヒー屋を作りたいと言う建前のもと 

自分達がやりたいコーヒー、発信したい事を好きに出来る店を始めます。 

現在内装工事中で10月初旬のOPENを目指しています。 


『FREAK』は『きまぐれ、熱狂的、奇形、異常、珍しい』などの意味があり

店を始める目的であったり人となりであったり、自分達を表すのに最適な言葉です。 

何故かと言うと、ここで自己紹介です。 

 

 下川修平 

義足です。 

3年前に事故で片足を失いましたが今では強い武器だと思っています。 

パティシエ・ブーランジェリーを経験し、2012年からバリスタとして名古屋や大阪、

日本中を往復する日々。 

コーヒーそのものよりもそこにある人との繋がりが僕を作り上げました。 

フットワークがめちゃくちゃ軽いです。 

下川 at Pharmacy Coffee Lab


 鈴木優也 

ロンドンに行きたいと言って大学院を中退しました。 

結果ワーホリでロンドンで2年、メルボルンで1年、バリスタとして勤務。 

毒を吐きすぎて「お前本当に日本人か?」と言われる始末。

接客は良い物出したいの精神でちゃんとやってます。
鈴木 at Maker Coffee Melbourne


 Mr.N 

黒幕です。焙煎士です。 

とある事情(犯罪ではないです)で名前を伏せています。 

否定はしますがバットマンのジョーカーと同じような考え方をしているらしいです。 

朝から晩まで豆だけ焼いて1日終えるのが夢です。 

Mr.N in somewhere


こんな感じの3人がコーヒー屋を始めます。 


ここまでだけでも「クラファン向きの人達じゃないな」とお考えの方が しゃると思います。
自分達でもそう思います。

それでも最後まで読んで頂いて興味を持ってもらえるのであれば応援よろしくお願いします。


 店の始まり 

きっかけは下川がこの身体で従業員として現場に立ち続けるのが厳しいと考えていたところに 

そのハンディキャップを知りながらも共同で店を経営しようという提案をくれた 

世間からズレた2人の友人です。 

3人ともがそれぞれに何か限界を感じていました。 

このまま続けているだけでいいのか、やりたいことが出来る環境なのか、 

飲食の地位がこの国は低すぎるんじゃないか、ズレているのは周りじゃないのか? 

面白い事を考えた時にはすぐに形に出来る店がいい! 

だったらいつかじゃなくて今始めればいい! 

たぶんこの3人ならやれるという気持ちがずっとあったんだと思います。 

実際のやりとりも「店やろーぜー」「ええよー」くらいでした。 

異なる経験を持つクセのある3人だからこそ互いに補い合い、作り上げられる空間があります。 

皆さんにとってこれまでに無い、良くも悪くも新しい価値観を与えられる店にしていきます。


 Instagramはこちら→ https://www.instagram.com/freak_coffee_roasters/ 


 スペシャリティコーヒー 

僕達の伝えたいコーヒーはスペシャリティと呼ばれ、苦い、酸っぱいだけのものと違い 

フルーツの種子であるコーヒー本来のさくらんぼやブドウ、桃やオレンジなど 

様々なフルーツに近い甘味・酸味を特徴としています。 

フローラルなものもあるしナッツやチョコレートのような面もあって飽きません。 

焙煎は基本的にそれらを引き出すように浅煎り(というかただ美味しいところ)にします。 

僕達は深煎りも好きですがそれはもう他の美味しい店に任せます。 

シロップとか写真用の商品だったりも別のお店に任せます。

ここではただコーヒーそのものを楽しんでもらいたいです。 

こんな僕等ですがスペシャリティの意義は味だけではなく接客にもあると考えています。 

接客や環境によって気分の変化があれば味の変化もあります。

それを良い方向へと導くのもスペシャリティを掲げる側の役割だと思います。 

ここで更にコーヒーを好きになって出勤前や休憩に、家庭でも楽しんでもらえる。 

そんな日常を作れるようにと。


 ゲストロースター 

やりたいことの大きなものにゲストビーンズがあります。 

定期的に世界中のロースターの豆を使いたいと思ってます! 

イギリスやドイツ、北欧のロースターの豆は乾いた気候からなのか 

フレーバーやアロマが圧倒的でクラクラします。 

オーストラリアはコーヒー屋が非常に多く家庭用に1kgの袋を買うお客さんも普通にいます。 

そのためか豆の種類の移り変わりが非常に早く様々な豆を楽しめます。 

それとロックダウンもあり鈴木は1年間でコーヒー豆に相当注ぎ込みました。 

学ぶことがたくさんあり日本では中々手に入らない豆も数多くありました。 

これだけ面白いものをシェアしたいという気持ちが、自分達がロースターでありながら 

ゲストロースターも使いたい、となった理由です。 

コーヒーの可能性や世界のコーヒー事情などを伝える為のツールの1つですが 

純粋に美味しいから飲んでみてほしい、これが一番大きいです。


 出店エリア  

店の場所は名古屋市名東区藤が丘のASKビルの2Fです。 

駅から歩いて3分くらいで、目の前のパーキングも1時間200円とかです。 

2F、難しいと言われますし自分達でもどうかと思うこともありました。 

ただ、無機質なコンクリートの塊のような建物がとにかくカッコ良くて更に中を歩くと 

「あー、2Fとか関係無いな」と。 

1年後には近くにジブリパークがオープン予定で、

駅の利用者も増えまだまだ盛り上がるエリアだと思います。

盛り上がるというか盛り上げます。チェーン店ばかりのつまらない街にはしたくありません。 

とりあえず最初の1年は朝から夜まで開けている予定です。 

テナントの外観(ASKビル)

 コーヒーとお酒、フードとか 

浅煎りのコーヒーは酸っぱいから苦手、という方が多くいますが、 

よくあるのが未抽出、コーヒーの成分が出し切れてなくて酸っぱいので僕等も飲めません。 

浅煎りでもバランスよく抽出されたコーヒーは甘味をより多く感じます。 

そんなコーヒーを楽しんでいただきたいと思います。

僕達はクラフトビールやナチュラルワインも好きで、チョコレートなんかもそうなんですけど 

味に産地の特徴があったり生産者や精製方法の違いだったり、 

そういうコーヒーとの共通点があるものも置いていきます。 

フードは海外で口にした美味しいと思ったものをベースに作りたいと思っています。 

SourdoughのオープンサンドだったりPastel de nata(エッグタルト)だったり、 

マフィンやクッキーなんかも質感が違うので楽しんでもらえるかと。 

奇抜さや流行というよりは純粋に美味しいと思っているものを提供します。


 ハンディキャップもあるよ(^o^) 

下川の義足は個性です。 

切断を決意した時はもしかしたらもうバリスタとしては働けなくなるかもしれない... 

なんて思ったこともありましたが、環境に助けられました。 

今では言わないと気付かれないくらいです。 

もちろん悩みました。自分だけのことではない。悲しませる人達がいる。 

それでもこの小さな可能性にすがって時間を捨てていいのか、完治と診断されるまで怯えて過ごすのか。 

それを僕の中のポジティブが許しませんでした。 

結果は正解でした。 

今の悩みといえば鈴木が温泉に行きたいと防水義足を薦めてくる事くらいです。 

ですが僕のようなケースばかりではないと思います。 

世間の認識を変えたいなんて強い想いはありませんが伝えることで変わる何かがあると思います。 

少しだけポジティブに、少しづつ知っていく。 

まずは第一歩としてリターンに義足Tシャツ作ってみました。 

(*リターンの義足Tコースをご参照ください。)

下川 at ランチャレ in 大阪

 リターンについて

発送は来春を予定していますが時期を変更する場合があります。ご了承下さい。 

支援金は主に内装費や機材の購入に使用させていただきます。  

リターンの内容は、スマートフォンの方は、下記を。PCの方は、右側をご覧ください。


 このプロジェクトへの応援メッセージ
 (あいうえお順)

Okaffe kyoto ホームページ

  -オーナーバリスタ 岡田 章宏様-

「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2008-2009」優勝など数々の実績と、カウンターでのホスピタリティあふれる接客に人気が高く、“バリスタ界のエンターテイナー”として、国内外から注目を集められていてメディアや、セミナーを通して珈琲文化を発信し続けるBaristaの星、Baristar⭐️。


人々を笑顔にするBaristar⭐️

 

下川修平くんとの出会いはOKaffe kyotoオープンしてすぐのバレンタイン💖

キラキラした瞳と人懐っこい笑顔の修平くんと記念撮影した事を鮮明に覚えています。

事故をして足を怪我した事、義足にした事を報告しに来てくれた時も、初めてあった時と同じ笑顔でした。
私にその強さがあるかな?と修平くんを尊敬した瞬間です。

どんな時でも笑顔で迎えてくれる強いハートの修平くんのカフェ「FREAK COFFEE ROASTERS」は間違いなく地域の癒しになってくれる事でしょう。

Baristar⭐️岡田はそんな笑顔あふれるカフェを応援しています。



ETHICUS COFFEE ROASTERS ホームページ

  -山﨑 嘉也様-

パンクロックをこよなく愛するロースター。周りや流行に合わせるのではなく、自分が美しいと思うもの、美味しいと感じる味なのかを最優先する。自らが信じるものを追求し、日々進化し続ける尊敬してやまない友人であり、目指すべき大きな背中のパンキッシュロースターです。


at ETHICUS theleema

 

現代社会は不平等であり不公平です。

しかし、そう言って周りのせいにして、卑屈になっていては人生はつまらないまま終わってしまうと考えています。

人間には知恵があり、技術を覚えることができます。

その根底には激る情熱があります。


代表の修平くんとは3年に満たない関係性で、数える程しか時間を過ごしたことがないのですが、十年来の友人のように親しくなりました。これは私だけに限ったことではなく、彼自身のなんとも言えない愛くるしさが多くの人を惹きつけていると感じています。


彼はご自身で公表しているように、義足です。

これは不平等でしょうか。不公平でしょうか。


議論が分かれるところではあるかと思いますが、何かに挑戦する機会は平等です。しかし、公平ではありません。なぜなら、持っている資源はそれぞれ違うからです。


彼らがこれから始めることには不公平と感じることも多いでしょう。しかし、それを補うのは周りからの応援の数だと思います。


私は、一人のファンとして彼らを応援します。



 さいごに 

僕達のあり方というか、スタンスですが、 

「Hi, how’s it going? How was your weekend? (元気?週末はどうだった?)」 

が海外のスタンダードで、コーヒー屋としてはすごくしっくりきます。 

僕達もこれぐらいの気軽さでやっていきます。 

また、このお店で出すコーヒーはイギリスでの科学的なトレーニングをベースに味作りをして、 

自分達が納得した味でしか提供しません。 

美味しくなければそのまま伝えてください、なんとかします。 

お近くでない方も立ち寄ることがあればこんな感じですので。 

また、こんな時代なのでオンライン販売もなるべく早く始めます。 


短いですがこれで紹介を終わらせていただきます。 

お付き合いいただきありがとうございます。 

これからよろしくお願いします。 


 FREAK COFFEE ROASTERS一同


■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:FREAK COFFEE ROASTERS(フリークコーヒーロースターズ)
 ●事業者の住所/所在地:
  〒465-0032 愛知県名古屋市名東区藤が丘116 ASKビル 2F shop J
●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:下川 修平
 ●事業者の電話番号:
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄
https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください