初めまして!多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻、有志団体「テキスタイルパフォーマンス2021 」です。

「テキスタイルパフォーマンス2021」とはテキスタイル専攻3年生が中心となり、映像、舞台、衣装、演出すべてを創り上げる、人とテキスタイルの魅力を伝える、ファッションショーでも演劇でもない新たなテキスタイルの可能性に挑戦するパフォーマンスです。
テキスタイルパフォーマンスは今年度で40周年を迎えます。

毎年11月に行われる芸術祭にて舞台公演を行ってきましたが、今年度は例年の舞台公演での発表はせず、2022年3月20日の動画配信にて実施します。400円の本編映像と無料のメイキング映像の2本の公開です。
本編映像(有料)はチケットを買った人のみが視聴できるVimeo配信プラットフォームでの限定配信で行います。ご支援者様並びに配信チケットをご購入いただいた方にVimeoの限定配信URLを送らせていただきます。
メイキング映像(無料)は、『Textile Performance 2021 YouTubeチャンネル』で公開いたします。
こちらのページトップの画像をクリックすると、Textile Performance第一弾トレーラーが視聴できます。
Textile Performance 2021 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCpE9ErbAS3igDWBF8VvCAfw

コロナ禍で人が集まることが出来ない今日の状況を新たな一歩と考え、映像作品にしか出来ないことを模索し、前例のない『どこでも見れるテキパ』を目指します。毎年、目の前でテキスタイルの良さを感じ取れる舞台の表現にチャレンジしてきましたが、今年は映像作品にしかできない新たなテキスタイルの魅せ方、表現を追求し、作品を制作します。

今回のテキスタイルパフォーマンスでは、環境問題に目を向け、布を作るプロセスにフォーカスします。いくつかの織物工場の方々から、残布や残糸を頂き、それらを使って衣装を制作しています。
映像を通して、環境に対しての意識を変えていきたいです。

今までは学生や美術に興味のある方に、代々私たちの活動を見ていただいておりましたが、今回はいつでも、どこにいても見ることができる動画配信ということで、毎年の舞台に来られない方、テキスタイルパフォーマンスを知らない方、テキスタイルという言葉を知らない方などといった、より多くの方に見て欲しいと思っています。

〜活動スケジュール〜
10月29~31日 多摩美術大学オンライン芸術祭にて第一弾トレーラー公開
11月21日 1回目外ロケ撮影
12月1日〜 衣装・舞台・パフォーマー最終調整
12月5日 2回目外ロケ撮影
12月中旬 クラウドファンディング開始
12月28,29日 スタジオ映像撮影
2022年2月 リターン発送
1~2月 映像編集作業・パンフレット制作
1月上旬 第2弾トレーラー公開
3月上旬 第3弾トレーラー公開
3月20日 本編映像・メイキング映像公開    


テキスタイルパフォーマンスは毎年、クラウドファンディングやご協賛による、皆様のご支援で活動を実現させてきました。

以下の写真は、2019年度「交交」の舞台公演での様子です。また、多摩美術大学の芸術祭の3日間で公演を行い、2000人以上の方に見て頂きました。こちらの公演でお寄せいただいたご感想を紹介します。

「衝撃を受けました。衣装とパフォーマンスの洪水に飲み込まれ、見終わった今、少し放心状態です。」

「本来の楽しさ、色、布の質感のおりなす洋服の可能性をより感じさせてくれるショーで、五感で服をもっと楽しもうと思いました。感動しました!!」

「今まで見たことがなく、『デザインのお披露目のファッションショーかな?』と興味を持ってみたのですが、見て驚きです。パフォーマンスってこういうことか!と改めて思った瞬間でした。タイプの違うデザインにそれぞれの雰囲気にあわせたダンスや音楽、照明づくりなど、芸術の入り混じった場にとてもわくわくしました。」

「全ての服がパフォーマンスすることによって、服の美しさやきらびやかさをより醸し出し、とても伝えたいことが伝わってきました。人を見るというより、服を優先して見る事ができ、本当に素晴らしかったです。」

2019年「交交」

2019年「交交」2019年「交交」衣装制作

テキスタイルパフォーマンスは毎年みなさまのお力添えのおかげで活動を実現することができています。資金は以下の費用に使用させて頂きます。
・衣装、物販制作費用
・撮影機材、ロケ費用
・撮影演出費用
・撮影美術費用
・メイク購入品費用
・パンフレット、ポスター制作費用
・CAMPFIRE手数料  など

リターンは5種類ございます。
金額に合わせて内容も変わりますので、よくご確認ください。

・リターンにある本編映像のチケットについて
公開は、チケットを買った人のみが視聴できるVimeo配信プラットフォームで行います。ご支援者様並びに配信チケットをご購入いただいた方にVimeoの限定配信URLをメールにて送らせていただきます。
また、備考欄に必ず映像エンドロールに記載する際のお名前をお書きください。

・ロゴTシャツ・ロゴトートバッグ
学生で制作したグラフィックロゴがプリントされています。製版からプリントまで自分たちで作業を行なっています。

・「coro coro」テトラポーチ
物販班によるハンドメイドのリターン品です。小さなサイズで、カバンの中にも入れやすい大きさです!
テトラポーチはシルクスクリーンで制作したもので、デザインを書き出し、自分たちでプリントを行いました。衣装にも使われている布なので、本編映像が出来上がった時にチェックしてみてくださいね。

シルクスクリーンプリント(奥田染工場にて)

・「bon bon」巾着カバン
こちらも物販班によるハンドメイドのリターン品です。
リボンは写真と異なり、※マークで書かれております写真のクラファン限定リボンでのお渡しです。
リターン欄にあります文章、写真をよくご確認ください。


生地は岡山にあるデニム織布製造業の篠原テキスタイルさんからいただいた残布を使って作っています。織りあがった布を検品する際にキズなどが見つかった布です。制作の際はキズなどを避けて生地をカットしています。本編映像で使われる衣装や舞台美術にも残布、残糸を使って制作しています。残布、残糸の情報はSNSでも紹介していきますので、よかったらチェックしてください!

テキスタイルパフォーマンス公式 Instagram

https://www.instagram.com/textile_performance2021/

テキスタイルパフォーマンス公式 Twitter

https://twitter.com/tekipa_2021



 この活動は学校の課題と並行して活動しており、テキスタイルパフォーマンスに関わる3年生は毎年課題とテキスタイルパフォーマンスの両立に大変な思いをしながらも、40年この活動を引き継いできました。毎年先輩が魅せる舞台に心動かされ、その年の3年生は自分たちのテキスタイルパフォーマンスを作り上げます。その感動はテキスタイルという言葉を知らない方にも届いていることは、一昨年のアンケートを見ると一目瞭然です。

 テキスタイルパフォーマンス2021はコロナの影響で舞台公演ができないという現状から諦めずに、テキスタイルパフォーマンスを絶えさせることなく続けたいという思いで、動画配信の選択をしました。舞台公演で収益を得て、活動を行なっていたため、今年の活動は金銭的にも苦しい部分が多くあります。前例のないこの選択肢は大変で戸惑うことも多い毎日ですが、映像チームに武蔵野美術大学、音響、照明チームに洗足学園音楽大学の学生に協力してもらい、専門性の高い仲間と一緒に制作しています。

新しく、前例のないテキスタイルパフォーマンス2021をみなさんも一緒に作り上げませんか。みなさまのお力を貸してください!よろしくお願い致します!


■特定商取引法について
 ・販売事業者名・代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名・事業者の住所/所在地、電話番号は請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ・送料:送料込み
 ・対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ・その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください