こんにちは!こんばんは!初めまして!
この度は数多くあるページの中からご覧いただきありがとうございます。
看護師資格を持っている、大阪大学大学院 修士課程2年の REIKO と申します!
コロナ禍以前に国内で撮影した写真です!趣味でカメラをしています!

❖何をしているの?

大学院にて看護の中でも、高齢者・特に認知症の方やその家族へのケアや関わりを専門とした研究室に所属し、研究活動を行っています。将来、自分自身が高齢者になった際に、ほんの少しでも心地よく過ごしやすい社会になればと思い、その一歩として大学院へ進学しました。
 現在研究テーマとして中心にしているのは、ビッグデータ分析による研究です。ビッグデータという言葉自体耳慣れないかもしれませんが、インターネットが普及し情報化社会がより一層進む中で、大量にあるデータから情報を得、知見を得るというのはとても大切なことだと考えています。
 また最近では、コロナワクチンの接種会場でワクチン接種の看護師としてアルバイトをしていました。


❖将来どんなことに取り組みたいと思っているのか
皆さんは将来自分がお亡くなりになる瞬間が来たら、どこでその瞬間を迎えたいですか?

 病院でしょうか?ご自宅でしょうか?それとも海の綺麗なところ?
実は、多くの人が「自宅」を選ばれます。しかしその希望叶わず、ご自宅でお亡くなりになる方は多くありません。家族に迷惑をかけたくない、身体能力が落ちてしまったなど様々な理由が考えられていますが、どのようなサポートやケアがあれば多くの方が望んだ地で・家で可能な限り長く過ごせるのであろうか? この課題こそが私がこれから先の未来、取り組んでいきたい大きなテーマです。 
 また、そのために看護師の活躍の場を広げていくことや、さらに進学し学び、そして正しい知識を伝えていくためにも、SNSなどでの発信も今後していきたいと思っています。

このプロジェクトで実現したいことは、題名にもある通り
ズバリ! 「国際学会の実際の会場にて学術発表をすること」   です!

❖コロナ禍での学会のリアル

 コロナ禍でも多くの学会がオンラインで開催されており、学会発表の機会はコロナ禍でも変わらず存在すると考えられます。しかし、多くの学会がオンラインのため、オーディエンスの反応が見えにくかったり、事前のビデオ収録での発表形式をとっていたりと様々な状況です。

❖対面とオンライン;学会でも…

 このコロナ禍で、私生活においてもビジネスシーンにおいても人との交流が減り、人との繋がりが希薄になっていっていることは言うまでもないかと思います。新大学生がキャンパスにも行けず、オンライン授業ばかりで友人ができない…孤独な状況に…そんなニュースをこの1年半強の間に何度見たことでしょうか?
 それは、学会も同じです。登壇者とオーディエンス、オーディエンス同士など今までは、様々な新しい出会い・気づきが生まれていたはずです。しかしオンライン学会が増え、対面時よりも同じ学問を目指している仲間に新しく出会うこと、新しく人とのつながりを得ることがとても難しくなっています。

❖そんな中、対面での学会発表のチャンスが!

 私も院生の間は対面で学会発表するチャンスなんて来ないんだろうな、、、と思っていました。
しかし、採択率(学会に論文や論文概要を提出し受理される確率)があまり高くない、アメリカ老年学会へ自身の研究成果を提出したところ、まさかの採択されたのです!!!(今年の学会テーマは「ニューノーマルでの老齢化」、アメリカ・アリゾナ州で開催予定です)
 これは千載一遇のチャンス!!! そう思い、アメリカへ発つことを決意しました!✈️

❖しかし、、、

 アメリカ、アリゾナ州フェニックスへの渡航。
調べてみると航空券は15万円から20万円、あまり治安のいい街ではないなので安全面を考慮すると宿泊費も15万円から20万円ほどになる見込みであることが分かりました。
 学会とはいえ、渡航費は出ません。大学院生ゆえにアルバイトも多くはできず、ワクチンで従事していたとはいえ資金は潤沢になく、できれば親の力も借りずに学会へ出席したい。そのため、私のように国際学会へ出席する大学院生向けの助成金を探しましたが、コロナ禍のため中止します」の文言ばかり…
 渡航をするかどうかもかなり悩みましたが、そこで今回の発起へ至りました。

❖研究内容について

 今回学会に提出した研究テーマは、「ビッグデータから見る認知症高齢者の在宅療養継続の期間と特徴:後ろ向きコホート(日本語題)」です。聞き慣れない言葉ばかりで、びっくりされた方も多いと思います。すみません!
 内容としては「はじめに」でも記載した通りビッグデータ(保険内容など)に関連する研究を行っています。看護ではありますが、自らプログラミングを行なったりしています。そして、認知症高齢者のかたがご自宅でどれくらいの期間過ごすことが可能なのだろうといった内容で研究しております。またこちらの題目で修士論文執筆中でもあります。
 より詳細にお知りになりたい方は、是非お気軽にご連絡ください!
 

 現地からのポストカードによるお手紙や、アリゾナ州で実際に購入してきたお土産を返礼としてご用意しております。心を込めたお礼をさせていただきますので、是非ともご支援いただきたく思います。
 詳しくはリターンをご覧ください!

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。また、資金は航空券や宿泊を含めた渡航費、PCR検査費、日本での隔離期間の療養経費などの必要経費に当てさせていただきます。また、CAMPFIRE手数料にも使用させていただきます。


9月上旬  クラウドファンディング開始
11月    クラウドファンディング終了
11月初旬  アメリカ渡航・渡航中の手紙リターンをお申し込み頂いた方へのリターン実施
      (関西よりアメリカアリゾナ州へ渡航)
12月〜   渡航後、お土産のリターンをお申し込み頂いた方へ送付開始


このコロナ禍での海外渡航になるので、心配の声、ご批判も承知しております。
しかし、コロナの落ち着いた次なる世界で、再び国際学会に研究が認められ発表の機会が得られるかどうかは全く分かりません。この掴んだチャンス、逃したくありません!ぜひご支援お願いいたします!


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:
  請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください