はじめまして。東京・赤坂に店を構える「赤坂 ひさ野」の料理長、奥野慶造です。


「赤坂 ひさ野」は、ジャンルにとらわれず、和洋折衷スタイルの料理を楽しめるお店です。お客様が本当に食べたいものを、食べたい量で。とにかくお客様に喜んでもらうことを第一に、料理をつくり続けてきました。


今回、信頼できる生産者の方々とタッグを組み、お客様に喜ばれる新商品を開発するために、クラウドファンディングに挑戦することにしました。ぜひ最後までお読みください!


宮崎が生んだ黒毛和牛のブランド牛「宮崎牛」。軽井沢で栽培される「フルーツトマト」。この2つの食材を贅沢に使用し、「赤坂 ひさ野」の特製デミグラスソースと合わせます。生産者と飲食店が自信を持ってお勧めする、レトルト商品です。

◆坂元農場精肉店の宮崎牛

「坂元農場」は、牛の出産からと畜まで、一貫して管理する農場です。


皆さんは、有名ブランドの牛肉を食べて、「脂っこい」と感じたことはないでしょうか?
坂元農場の宮崎牛は、ただサシを入れるだけではなく、バランスのとれた味を追求しています。与えるエサにこだわり抜いているため、サシがありながらもくどくない牛肉に仕上がっているのです。

赤坂 ひさ野では、長年に渡り、坂元農場から質の高い牛肉を仕入れています。その味はお客様も絶賛するもの。

新商品には、こちらの宮崎牛をゴロッと大胆に使用する予定です。レトルト商品にありがちな「これだけしか入ってないの?」という残念感がないように、宮崎牛の味わいを存分に楽しめるビーフハヤシにしたいと考えています。


◆柳沢農園のフルーツトマト

「季節に左右されず、一年中美味しいフルーツトマトはないか…」

探し求めて出会ったのが、柳沢農園のフルーツトマトです。軽井沢のきれいな水とおいしい空気、そして寒暖差のある気候が、糖度が高く、いつ食べても美味しいトマトを生み出します。

甘味と酸味のバランスが程良いので、生で食べても、調理しても満足のいく味わいです。


ビーフハヤシにすることで、軽井沢産フルーツトマトの濃厚な味が、また違った味で楽しめると考えています。
このトマトの美味しさを、ぜひ味わっていただきたいです。


◆赤坂 ひさ野のデミグラスソース

本来デミグラスソースとは、2~3週間かけて鍋でじっくりと煮込み、完成させるもの。しかし、手軽な缶詰などが広まり、お店でもそこまでの手間をかけるところは少なくなりました。今では、本来のデミグラスソースの味に出会う機会が減ってしまっています。

赤坂 ひさ野では、そんな今こそ、料理人が一から丹精込めてつくった"本物のデミグラスソース"を、味わってほしいと思っています。特に50代以上の方には、昔ながらの洋食店を思い出す懐かしい味に、きっと感動していただけるはずです。


コロナ禍で大きく影響を受けたのは、飲食店だけではありません。飲食店への影響は、そのまま生産者への打撃にもなったのです。売上が落ちたという共通の悩みを抱えて、取引先の生産者の方々と話し合いました。

「この状況を何とか打破できないだろうか?」

打開策として行き着いたのが、飲食店と生産者が力を合わせて、一つの商品を開発することです。

これまでにも赤坂 ひさ野では、カレーやコーンポタージュといったレトルト商品を開発・販売してきました。実際に召し上がったお客様からは「こんなに美味しいんだ!」という驚きの声をいただいています。

究極の肉カレー

濃厚コーンポタージュ

それならば今回は、生産者の方と力を合わせ、より素材にこだわった新商品をつくりたい。
そして、出来上がった商品を各生産地でも販売し、生産者の方々を応援したい。

宮崎県では「宮崎牛を使ったビーフハヤシ」として、軽井沢では「軽井沢産フルーツトマトを使ったビーフハヤシ」として。土地の素材を、その土地の人に味わっていただくことができれば、地域を元気にすることにも繋がると思っています。

そして、商品を皆さまに気に入っていただけたら、いずれはご当地での店舗オープンも考えています。
誰もが気軽に足を運べるようなカジュアルな料理店で、地元の素材を使ったカレーやハヤシライスなどのお料理を楽しんでいただきたいです。


ご好評いただいている「究極の肉カレー」や「濃厚コーンポタージュ」、「宮崎牛すき焼きしゃぶしゃぶ用肩ロース800g 」など、多数のリターンをご用意しました。詳しくは、リターン一覧表をご覧ください。

もちろんリターンに「究極のビーフハヤシ」もございます。
こちらは開発中の製品のため食品表示の記載がありません。
アレルギー等の関係もありますので開封前に必ずパッケージを確認していただくようお願いいたします。

ご協力いただいた支援金は、「究極のビーフハヤシ」の開発費(材料費、試作費など)に使わせていただきます。

◆スケジュール

●10月現在:究極のビーフハヤシ開発中
●2021年11月末:クラウドファンディング終了
●2021年12月:開発中の究極のビーフハヤシ以外のリターンを順次発送
●2021年12月~2022年1月:究極のビーフハヤシ完成、商品化
●2022年2月:究極のビーフハヤシリターン商品発送、店舗・ネット・各生産地にて販売開始


私は、お客様に自信を持っておすすめできる商品をつくりたい、と考えています。
だからこそ、信頼できる生産者の方々に協力をお願いしました。
信頼関係なしには、このプロジェクトは成り立ちません。

厳選した素材を使った「究極のビーフハヤシ」は、きっと召し上がったお客様に喜んでもらえる商品になると、信じています。外食しづらい今だからこそ、美味しいレトルト商品をお家で楽しんでいただきたいです。

「究極のビーフハヤシ」を完成させ、生産者も、飲食店も、そしてお客様もハッピーにしたい。
皆が力を合わせ、この状況を乗り切りたいのです。

どうぞ、ご支援よろしくお願いいたします。


■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:(株)アウルデリカ
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:奥野慶造
 ●事業者の住所/所在地:〒531-0063 大阪市北区長柄東1-4-23-412
 ●事業者の電話番号:Tel: 06-7164-7392
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください