はじめに・ご挨拶

初めまして!新宿駅より徒歩5分ほどに「"あの"巨大なカキフライ」を看板メニューに掲げ、もうすぐ創業50年となる割烹料理「わぶ」と申します。

当店の本プロジェクトに興味を持って頂きありがとうございます。

今回は初めてのクラウドファンディングに挑戦致します。
昨今のコロナ禍による飲食店へのダメージはとても大きく、当店も大きな痛手を負っている状況が続いています。
ただ、下を向いて我慢しているだけでは何も前に進まない!そう思い本プロジェクトの発足を決めました。

今回のアパレルブランド名は「わぶらんど」と申します。
わぶのブランドという意味と、わぶの”らんど”=土地・陸・国土・(農地としての)土といった意味から、わぶコミュニティの地盤としてその名前が広がり、わぶに関わる全ての人が幸せになってほしいとの願いから代表が命名いたしました。

この「わぶらんど」を中心とした持続可能な循環型コミュニティを目指します!

このプロジェクトで実現したいこと

飲食店はお客様が直接来店し、お店の雰囲気を味わいながらお料理やお飲み物を楽しむ。それが本来の在り方だと思います。コロナ禍になり、デリバリーやテイクアウトの普及し急速に外食産業は変わりつつありますが、やはり本来目指すべき飲食店の在り方は直接来店頂くことにあると考えています。

なぜ今回飲食店である当店がアパレル事業を発足したかというと、お客様との新しいコミュニケーションの形を作り上げたいと思ったからです。今の状況では直接の来店は難しい、それが長く続いている状態ではお客様との繋がりが無くなってしまうという危惧感もあり、何か新しいアプローチの仕方はないだろうか、と。
そこで常連のお客様達から兼ねてから要望のあった「オリジナルTシャツ」を作ってみてはどうか、と考えました。当店らしさを表現しつつ、地球環境にも配慮したオリジナルのTシャツを制作することで喜んで頂けるお客様がいらっしゃるのではないか。

完成Tシャツイメージ(実際の商品とは異なります)


ただTシャツを制作して販売するだけでは面白くなく、あまり社会的意義も薄いように感じ、当店で制作するアパレル商品は付加価値を深めていこうと考えました。そこで思いついたのが下記になります。

・当店で利用できる500円〜1000円分のお食事券を付与

・フェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」によるフェアトレード&オーガニックコットン100%の素材を使用し、環境的にも社会的にも配慮された商品である


・売上の1割がイラストを手掛けて頂いたクリエイターへと渡り、コロナの影響により困窮しているクリエイターへの支援となる

・不要となったTシャツ等は当店で回収し、お客様にはエコポイント代わりに当店で使用できるお食事券(500円分)を付与(本プロジェクトでのリターンの返礼品は対象外となります。

これらが上手く回ることができればサステナビリティな活動が生まれ、当店を軸に地球環境の負荷をなるべく抑えた無理のない経済を回すことができると思います。
ただ環境や社会に良いという耳障りの良さだけで商品を生み出すのではなく、これらの商品を通して企業としてのリスポンシブル(責任・責務)を追求し、新たな飲食店の形を目指していきます。

このような活動を通し、Tシャツを初めとした当店のアパレル商品とお料理を中心に「わぶ」のコミュニティ「わぶらんど」が広がっていくことが最大の目標です。

トートバッグ完成イメージ(実際の商品とは異なります)


プロジェクトをやろうと思った理由

先にお伝えしたように、1年半以上続くコロナ禍により飲食業界は大きなダメージを受けつつも、生き残るために変革を進めています。直接の来店が難しい状況で、どうすればお客様に喜んで頂けるだろうか、どうしたらお客様との繋がりを作り上げることができるのか。様々な企業が試行錯誤しつつ果敢にチャレンジをし続けています。

私たち「わぶ」も既存の切り口だけではなく、全く異なるアプローチで飲食店の在り方を探究していきたい。そのような思いでいます。
当店はアパレルに関しては全くの素人で、今回のプロジェクトにはイラストを手掛けて頂いたクリエイター様を始め、Tシャツの素材を提供して頂いた企業様、イラストを印刷してくださる企業様といった様々なプロフェッショナルな方々と一緒に作り上げていく中で、飲食店はこういうこともできるんだ、と世の中に証明していきたいと思います。
この活動を通して少しでも多くの方に「わぶ」のことを知って頂き、小さなコミュニティの中心になれたら幸いです。

イラストレーター・藤田美沙希によるイラスト


これまでの活動

当店は新宿にお店を開いてからまもなく50年の節目を迎えます。
開業当初はフレンチレストランとして開始し、カレー屋、和風レストランと時代に合わせて業態を変化させながら、今は二代目である川島秀和が店を切り盛りしています。
創業当初からお店を支えている拳大ほどの巨大なカキフライを看板メニューに掲げ、ランチを中心に新宿の働くサラリーマンの胃袋を満たし続けています。

今年夏から続く緊急事態宣言中はお店を休業し、店内の設備を整えたり、本プロジェクトの準備をしてきました。
まだ準備中のものも多くありますが、少しづつ更新していければと思います。


資金の使い道

支援頂いた資金は以下の目的で使用致します。

・Tシャツを初めとしたグッズの原材料購入及び印刷費

・ECサイト制作費

・店内での販促物(ポスターやPOP)等の広告費

・その他発生しうる雑費、経費等


リターンについて

Tシャツを初めとしたグッズは現在準備中ですが、イメージをここに掲載しておきます。


11月下旬〜12月上旬にはお届けいたします。(Tシャツシーズン過ぎてしまい申し訳ありません。。)

Tシャツの他にトートバッグ、ピンバッジ、わぶで利用できるお食事券、イラストレーター藤田美沙希による一点もののオリジナルイラストなどご用意しております。是非一度リターン品の詳細をご覧くださいませ。


最後に

本プロジェクトは、来年創業50年という節目を迎える当店の新たな一歩となるプロジェクトです。
また、飲食店×アパレル×クリエイター×SDGsという今まで前例のない試みでもあります。
このプロジェクトが成功することは、飲食業界にとっても貴重なものとなるかもしれません。コロナによる影響で強制的に変化を求められたことは、見方を変えると良かった点もあると思います。
このプロジェクトを通して、一つの小さな企業として企業のリスポンシブルとサステナブルを追求し、より良い社会を提案・実現して行きたいと思います。

皆様の支援をスタッフ一同心よりお願い申し上げます。


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:有限会社わぶ

 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:・・・川島秀和

 ●事業者の住所/所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-19-12唐沢第二ビル1F


  ◆営業時間:ランチタイム11時〜14時、ディナータイム18時〜23時
   ※現在時短営業中、詳細はSNSにてご確認ください。

 ●事業者の電話番号:Tel: 03-3379-2486

 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/10/01 09:38

    プロジェクトとは直接関係ないのですが、本日より「わぶ」の営業を再開いたします!そしてお待たせ致しました!当店名物「”あの”カキフライ」も提供開始です!!緊急事態宣言も解除され、夜の営業時間も少しは緩和されました。まだまだ予断の許さない状況が続いておりますが、空調設備の新設も行い感染症対策万全で...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください