みなさんはじめまして!
ページをご覧いただきありがとうございます。
プロジェクトリーダーの
進藤洋子(しんどうようこ)と申します。

私は小学校4年生の時に手話に出会いました。
そこで聴こえない世界に衝撃を受け、
魅了され、独学を続けてきました。
立教大学を卒業後、現在手話通訳士を目指し
学校へ通っております。

聴覚障害を持つ友人と出会いコミュニケーション
をとっている際、聴こえない人は
「聴くことのできない人」である一方で、
「聴くこと以外の能力に突出した人」でもある
ということに気付かされました。


そこで、万人に共通する「食」を切り口に、
互いの「違い」を優劣ではなく個性
と認め合えるきっかけの場を提供していきたい
と考えました。
それが私の実施したい、音のない料理教室です。



参加者同士が「声」を出さずに意思疎通を図りながら互いに一つの料理を作り上げる料理教室です。

私たちはレシピにある工夫をしています。
一般の料理教室であれば、全ての情報が書かれたレシピが最初から配られます。
しかし、「音のない料理教室」で参加者の皆さんにお渡しするレシピは、
参加者それぞれで埋められているところが違う、未完成のレシピです。
そのため、当日は自分自身の持っている情報と足りない情報を「声を出さずに」
交換し合いながら料理を完成させます。



今回の料理教室では、レシピや野菜など基本的に全てこちらでご用意してお送りします。

参加者の方に準備いただくのはパソコン(タブレット端末など)と
一般的な調理器具、調味料のみです。



過去の開催の様子

「言葉がなくても
は互いに心を通わせることができる。」
ということに気がつくきっかけを作りたいです。


「音のない」空間を体験し、
日常でのコミュニケーションの困難さに
気がつく一方で、「障害」というものは
何かを妨げるものではなく、
その人を際立せるための
一つの個性にすぎないという認識の
最初の原体験を作れればと考えています。


この料理教室への参加をきっかけに生まれた
「小さな気付き」が、
新しい社会を創り出す
大きな一歩」となればと考えています。

最後に

音のない料理教室に参加していただいた際には、
きっとでは話さなかったのに、心が通じ合った
という新しい体験ができるはずです。
オンラインならではの楽しみをご用意していますので皆さんのご参加をお待ちしています!

最後に、このプロジェクトの立ち上げに
力を貸してくださった全ての方々、
そして応援メッセージをくれた多くの友人達に
心から感謝をしたいです。
私一人では間違いなく、
ここまで辿り着くことはできませんでした。

プロジェクトの実行に向けて、
ここからさらに全力で駆け抜けて
いきたいと思いますので、
応援よろしくお願いいたします。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名事業者の住所/所在地/電話番号:
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み 
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal  )をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください