FADEN TOKYOは「機能へ、ふつうのカタチを」をテーマにスタートしたファッション多機能バッグブランドです。

クラウドファンディングにてプロトタイプのバックパック「020」「020_Kurt」のプロジェクトを実施し 合計600万円以上の応援購入をいただきブランドをスタートいたしました。現在は「020」のアップデート版等をリリースしております。

【実績】

HighSpec BackPack「020」

実施期間90日

総額:3,062,070円

HighSpec BackPack「020_Kurt」

実施期間45日

総額:2,217,204円




オフィシャルサイト

https://faden.tokyo/

オフィシャルインスタグラム

https://www.instagram.com/faden_tokyo/

FADEN TOKYOイメージムービー


【ヒストリー】

2019年 5月

クラウドファンディングにて300万の支援額を超える。

2019年 8月

一般発売開始。オフィシャルオンラインサイトで、プロトタイプのバックパック「 020 」が 一ヶ月半で 800個完売

2020年 2月

2型の新しいプロダクトのバックパックを発売開始。セレクトショップ「エストネーション」でスポットで取り扱いをスタート。

2020年 3月

セレクトショップ「アダムエロペ」の全店で取り扱い開始。

2020年 9月

バックパックの他に、メッセンジャーバッグやトートバッグなどラインナップを追加。

2021年6月

伊勢丹新宿店にて単独ポップアップを開催

- - - - -

随時、取扱店舗を地道に増やし、ブランド規模を拡大中







世の中の多機能バッグは個性的なシェイプしかない。

個性的はかっこいい。
だけど、他のアイテムと合わせると邪魔になってしまう。
バッグはファッションの主役ではない。
その日に必要なものを入れて持ち運ぶものと言う大前提がある。

「ふつう」でいい、
「ふつう」で。

そこで、わたしたちは考えた。







-スペック-

MODEL : 021_Shields(ゼロニーイチシールズ)

予定一般販売価格 :¥23,980(税込)

→今回15%オフからCAMPFIRE特別価格にて応援購入ができます(数に限りがございます)

サイズ :縦:43cm 横:35cm 奥行き:18cm (外部ポケット部分除外の場合)

重さ:おおよそ1300g(個体差がございます)

素材 :1680Dナイロン

カラー :ブラック




-プラン-

完成した商品1つ(送料無料)

¥20,383(税込)

(¥23,980の15%オフ)

× 限定150個









ボディ:

1680Dナイロンと呼ばれる強靭かつタフな素材を使用。


パーツ:

スライドでの着脱ができ、まっすぐに引っ張っても外れない仕様です。





1. USBポート


外部ポケット内部にUSBポートが設置されているので、内部ポケットにモバイルバッテリーにつなげ手軽に外部部分でスマートホン等の充電が可能。


2. 外部大型ポケット


90度開く大型のフロントポケットを装備。本や財布などをはじめとしたミドルサイズの荷物を多く収納が可能。


3. ワンタッチアタッチメント


3箇所に磁石入りのワンタッチアタッチメントを装備。スライドでの解除となり、真っ直ぐには抜けない仕様。


4. PCスリーブ

両側をクッションで保護されたPCスリープ(エリア)を装備。PCを安全に持ち歩くことができる。


5. 内部用途別ポケット

ファスナーポケット×1、メッシュポケット×2、ストッパー付きポケット×2が内部に装備されている。イヤフォン、ハンカチなどの小物を整理して入れることができる。


6. シューズ格納エリア

下部には別エリアとしてシューズ格納エリアを設けている。メインの部分とスペースは共有しているので使わない時は下までしっかりとフルサイズで使用ができる。


7. 45度開閉ポケット


ポケットは地味に奥のものが取りにくい。だったら剥がせるようにしておけば取りやすい。そんな気持ちで設置。


8. スーツケース固定ベルト

スーツケースに乗せて運びたい時にしっかりと固定ができ、そのまま持ち運べる。



9. サイド隠しファスナーポケット

左右にファスナー式のポケットを装備。左右は繋がっているのでロングウォレットなどの貴重品を安全に運べる。


10. 背面ファスナーポケット

背面にファスナー付きの大型ポケットを搭載。バックパックを背負ったまま取り出すことが可能。また、背中についている部分なので財布を入れておくのに安心。スマートフォンをバイブレータモードにしておくと、背中で感知ができる。


11. 底面ストラップ


底面に2つのストラップを装着。長さを調節できるワンタッチアタッチメントで固定すれば、持ち歩きが面倒なカメラ用三脚やスケートボード(小型)も楽に持ち運べる。

※未使用時には、マジックテープでとめて収納可能。


12. チェストストラップ


ショルダーハーネスを胸で固定するチェストストラップを装着。 歩行中でもデイバッグがブレたりズリ落ちることなく、快適に移動できる。※取り外し可能パーツ。


13. 防水、撥水生地

中のものを濡らしにくい防水素材と撥水性にすぐれた1680Dナイロンを使用。


14. サイドポケット


サイドにはペットポトルがちょうど1本入るポケットを装備。


15. 180度開くメインエリア

メインエリアには、最下部までファスナーを設置。スーツケースのように180度開閉できるため荷物にもアクセスしやすい。往来のバックパックとは異なり、手探りしなくても目的のモノを簡単に見つけられる。


16. ペットボトル、折り畳み傘入れ



メインコンパートメント内には、折り畳み傘やボトル用のケースを装備。撥水性のある素材を使用しているため、大切な荷物が濡れるのを防ぐ。取り外し可能なので、ケースのみ持ち運ぶこともできる。


17. レインガード

メインコンパートメント部分には突起したレインガードを装備。メインコンパートメント内のものが濡れるのを防ぐ。


18. クイックキーアクセス機能

サイドポケットの中にリールを取り付けるDカンを搭載。わざわざカバンの中からICカードや鍵を取り出す必要がなくなる。離せばポケットに自動で収納可能。※リールは付属しておりません。


19. 肩甲骨に優しいクッション


背面には肩甲骨に配慮したクッションを搭載。厚手のクッションを入れることでフィット感を実現している。


20. 止水ファスナー


雨風を防ぐ止水ファスナーを装備。レインガードを装備したメインコンパートメント部分以外の全てのファスナーに採用している。


21. 肩に負担を感じにくいショルダーハーネス


クッション性が抜群なので肩に負担をかけづらく、快適に持ち運ぶことができる。






"プロダクトで万人ウケするものは一つもこの世にはない"

人それぞれがそれぞれの「正義」をもってプロダクトをセレクトしていると思っています。そんな中でプロダクトは選ばれる側なので、その「正義」にマッチするよう形を合わせていくべきだと思っています。

センスのいい人に選ばれるものはいつも、普遍的なものです。

結局、デザインはシンプル・イズ・ベストなんだと思っています。

そんな人に選ばれるようなプロダクトを届けたいなと思っています。

”いろいろ”な方に”いろいろ”なライフスタイル、”いろいろ”な場面で、”いろいろ”な人と使ってもらえることを望んでいます。

FADEN TOKYO / JUNICHI FUJII

パーソナルインスタグラムアカウント:https://www.instagram.com/j_f_faden_t/


【特定商取引法に基づく記載】

※初期不良以外に関する返品・返金はお受けいたしかねます。

※開発中の製品のため、デザイン・カラー・素材などの仕様が一部変更になる可能性がございます。

※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。

※想定を上回る皆様からご支援を頂き、量産体制を更に充実させることができた場合、一般販売価格が予定価格を下回る可能性がございます。

※一部国内に類似商品が出回っている場合がございます。弊社では他社の類似品に関してのお問い合わせには対応出来ませんのでご了承ください。

※本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。応援購入の性質上、配送遅延のおそれがございます。

※原則として、配送遅延に伴う応援購入のキャンセルはできませんが、リターン配送予定月から3ヵ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:FADEN TOKYO(株式会社リブゲート)
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:藤井淳一
 ● 事業者の住所/所在地:〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目14−18 キャナルスクエア芝浦 7階
 ● 事業者の電話番号:Tel: 03-5730-2440
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください