ご挨拶

前回、10年販売してきた首枕を「首枕FIVE-9」に改良しキャンプファイヤー様にお世話になりました。
当社の首枕の愛用者は60~70歳代の婦人層でしたので、低くした方が使い勝手が良いと判断しました。しかし、40~50歳代の女性層、広く男性層の人々の支持を得られませんでした。
そこで、昨年改良に着手しました。
「低さを充実」するとともに「高さも充実」した首枕CPモデルが完成しました。




私は、初期の首枕を4個使用しました。その10年の間に好む高さが変化してきました。12~13cmで使用していたものを、徐々に8cmにして使用しています。首の後ろの頸椎にすっぽりと入ります。
首、肩周りは今朝もスッキリです。(枕カバーを付けないで撮影)



このプロジェクトで実現したいこと


この枕を開発する時に相談しました、足利工業大学睡眠科学センター(当時) 准教授 荒川一成先生の推薦文を掲載させて頂きます。


「首枕が生む快眠姿勢」      足利大学睡眠科学センター 准教授 荒川一成 

「 この首枕は、頸椎高の個人差に対応し、首を支え、尚かつ睡眠を阻害しない枕を完成させたいという小池社長の熱い信念から産学共同研究開発として着手しました。

安楽とする枕の高さには多少なりとも個人差があることから、折り方や丸め方の組み合わせによって、頸部を乗せる高さを自由に変えることができるのが最大の特徴です。
これにより睡眠姿勢の理想の姿である「立位の姿勢」で眠ることを可能にしました
その結果、首の第2,3頸椎への圧迫を軽減して気道を確保しやすく呼吸をスムーズにしました。

また、天然素材にこだわり、充填素材は羊毛に特殊加工を施した「ウールノップス」を使用しました。
吸放湿性に優れ、繊維と繊維の間に空気を多く含むので熱伝導率が低い。そのために、夏は蒸れにくく、冬は暖かく、一年を通して快適に使用できます。
この首枕を使いこなせれば、睡眠姿勢が立位に近づき最適な頸椎角度で寝られると思います。

なお、本製品が完成するまでの経緯と使用に当たっての効果については、小池社長が日本睡眠環境学会において技術報告として発表されました。 

 非常に誠意を込めて、使用者のためを思って完成された首枕を推薦させていただきます。」 


地元の足利大学睡眠科学センターに通いました。たくさんの出会いがあり、そこで出会った先輩たちからヒントや素材を提供して頂き完成しました。



特に重要な素材は粒状ウール です。これが無かったら、この枕は完成していません。
粒状ウールをベース層に通常ウールをトップ層に使いました。


 首を支えるので「柔らかくて芯のある素材」が欲しいと 柏リセット整体院の永井先生が仰っていました。永井先生は、この素材に 驚いてました。

「首枕を推奨します」             柏リセット整体院   院長 永井 美香子  

  「頸椎は自然にS字にカーブしている時に、首の筋肉の緊張が一番少なくなり、筋肉の中の毛細血管を 圧迫しないために血液の循環が良くなります。 それにより首の神経細胞は血液からの栄養取り入れて筋肉線維の働きを改善します。
この首枕で首の生理的なS字をサポートすると、寝ている間の首の筋肉の緊張が防げます。首コリ、頭痛肩こりや首の神経の圧迫からくる肩こりなどの不快症状が防げます。

首枕体操を正しく行うと血流が数分で改善し頭痛肩こりや首コリの不快症状を緩和します。
長時間臥床されている要介護の方々の、首の緊張から顎関節が硬くなり嚥下の問題や構音の問題が防げるために、老人ホームでもお勧めしています。」


15年前の開発時の話です。
この図のような姿勢になる のが良い枕の条件だと云われていた時代に、「首を支える首枕」として販売を開始しました。当時、スマホはありませんでしたが、これではスマホ首になってしまいます。
睡眠中に立位の姿にするためには頭を支える従来の枕ではだめだと判断して、首を支える事にしました。


最近の枕は、頭と同時に頸椎を支えるタイプが多くなりました。しかし、頭を支えると、上図の10~15度が、たとえ5度になったとしても、その角度分、前傾姿勢になる訳ですから首に圧力が加わります。この圧力を取り除くために、角度をゼロにするために首枕を作りました。


「なんとなく首が重い・・・」の「なんとなく」が枕の高さに原因があるのなら、首枕を使用することで「なんとなく」を取り除けます。   


一日7~8時間は寝ている訳ですから良眠、快眠は必要なことです。「枕が変わると眠れない」といわれてきました。この15年で枕は変わってきています。そんな中で15年変わらぬスタイルで首枕を提供してきました。自信をもって首枕を改良しました。


プロジェクトをやろうと思った理由

首枕の開発後、約13年経ちます。
13年前では気が付かなかった身体の変化があります。プロトタイプから15年の間、首枕と付き合ってきましたが「なんとなく」が生まれてきました。
この「なんとなく」を解決するために、首枕を改良しました。

令和2年8月に改良を終えて、試験使用を始めました。10月までは「なんとなく」があり、それが判りませんでした。
秋になり寝苦しい夜も少なくなったとき、横向き寝で入眠することをやめました。私は右向き寝で入眠していました。それをやめて上向き寝にしたのです。畳に蒲団で寝ていますので 、クッション性あまりよくありません。だから、右肩の痛くなる時がありました。上向き寝で寝ると「なんとなく」が少なくなりました。

睡眠は脳を冷やして休めることにあります。それと同時に,体を休めることも重要です。この体をもっと休めることに気が付いたのです。S字の姿で寝ている時間が増えたので「背骨が休まる」ことに気が付きました。
長い間の癖で直らないと思っていましたが、そんなことはありませんでした。スッキリしました。

 一番重要だと云われている最初の睡眠で背骨の休まる感覚を覚えます(個人の感想)

私の首枕で恐縮です。入眠時は良いのですが、明け方に乱れる時がございます。
順調に寝返りが出来ているのだと考えて、気にしてはいません。


人は二足歩行をはじめて手を手に入れました。
その手でいろいろなモノを作りました。枕もその一つです。
人は二足歩行することで、首痛、肩痛、腰痛も得てしまいました。
動物の中で枕を使うのは人間だけです。


【枕の支える位置で体圧に変化が生じる】


首を支える事で体に加わる圧力に変化が生じます。
1)首枕(上図)だと胸部と臀部への圧力が平均に加わります。体圧分散がおこなわれたことになります。
2)普通枕(下図)だと臀部の圧力が強くなっています。



この首枕は折ったり、重ねたり、巻いたりして、ご自分の体=頸部深度に合わせて使うことが出来ます。

URAWAZAー1
もう少し、低さが欲しい時はベース層の粒状ウールを揉みますと微妙に低くなります。
URAWAZAー2
もう少し、高さが欲しい時はハンドタオルやフェイスタオルを入れて巻きますと微妙に高くなります。



開発当時は「洗える枕」で機能性商品となりましたが、現在は「洗えない枕」をほとんど見ません。
当社の中わたはウール100%ですから、洗って頂いた方がキレイにお使いになれます。
一番の問題は、寝汗です。石油由来の原料では汗を吸いませんので、髪の毛や襟首に汗が溜まります。これが起きた時の不快感の原因になるのです。原料のウールの吸水性は繊維の中で一番です。
(洗濯機可、中性洗剤をご使用ください。洗濯ネットを使用するとていねいです)

 

以上のことから
① 後頭部の支えが無い状態で 、頭を冷やす効果。                                                                         ②支える部分が頸部中心となり、首・肩に保温効果。
襟首の汗をまくらが吸収して、不快感減少効果。
④寝返りが楽にできるために、起床時の爽快感アップ効果。
⑤上向き寝が楽になるために、背骨を休める効果。


首枕の組成

枕本体 =綿72%、ポリエステル28%
なか綿=ウール100%(英国産)
サイズ=タテ約58cm×ヨコ約68cm
重 量=約470g
カバー=綿100%

  高い首枕を作る場合には上図ベース層の3か所の青ボタンで留めます。     

                    

 プロジェクト実施の計画

11月15日 事業終了
11月17日 材料手配
11月29日 加工依頼
12月20日 完成品検品
令和4年1月10日~発送開始


最後に

首枕の開発以来15年が経過します。お使いになられた人々からたくさんの賛否の声が寄せられます。
その中で「なんとなく頭が重い」という方が多いことに気が付きました。
ひどくない人は、動かしていると良くなるそうですが、起きた時の爽快感は感じたことがないそうです。
爽快な朝を迎えるために、夜、眠る訳ですから「なんとなく・・・」の原因がなくなれば爽快な朝を迎えられるでしょう。

爽快な朝を朝を迎えるためには、良く眠ることが重要です。



配送のご案内

全て国内生産になります。年末年始の時期と重なりますので、発送開始日を正月10日と設定させていただきました。配送はヤマト便です。


リスク&チャレンジ

※使用感などに関しては、感じ方に個人差が予想されます。予めご了承のほどお願い申し上げます。 

※ ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
 その場合はご支援を戴いた順に発送させて頂きます。
 


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:有限会社小池経編染工所
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
  事業責任者:小池 隆
 ●事業者の住所/所在地:〒326-0817 栃木県足利市西宮町2833
 ●事業者の電話番号:Tel: 0284-21-7341
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

                                     

                             

                                    

                                    

                                    

                                    





                                    


                                  

                                    


        

                                

                           

                                

                                 

                                

                                

                                

                                

                               

                                

                               

                         

                        

                             

                                

                          

                         




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください