アメリカ生まれ広島育ちの37歳、アントです!よろしくお願いします! 

2014年三次に移住、2018年に農業法人なちゅbioを創立しケール青汁を中心に「すてない農業」の実践と有機にこだわった作物づくりでお客様の健康と笑顔に貢献しています。 

今後は自身を含めた農家全体が抱える供給問題やフードロス削減に貢献すべく、2022年クラフトビール醸造所「広島農家ビール」を開業予定。 

夢は地元広島の農家とともに、世界No.1クラフトビールを生み出すことです!


なちゅbio商品: 栽培時、無農薬栽培ケールを使った青汁

なちゅbio商品:ヤーコン葉のお茶
なちゅbio商品: (左)ホテルドレッシング、(中)柚子ドレッシング、(右)赤玉ねぎドレッシング

農家になって初めてわかったことがたくさんありました。


コロナ禍で農家も絶望的なダメージを負っています。

・外食産業の休業により作物が売れなくなる
・産直市場にお客様が全然来てくれないので野菜が売れない

売れないと捨てるしかありません。これは本当に「つらい!」。せっかく育てたわが子同然の野菜を捨てることしかできないなんて「つらすぎます!」どうにか農家さんの売上に貢献する仕組みを考えなくてはいけません。


野菜を育てているとどうしても店頭で売ることができない規格外の野菜(規格外品)が少なからずできてしまいます。

規格外品の中には

・大きすぎる
・形が変
・変色している

など、見た目は悪いかもしれませんが十分食べることができるものたくさんあります。

実際、規格外品も売り買いはされていますが、正規品と比べ買い取り価格は1/10というのが相場です。
そんな価格では売るコスト(ガソリン代や梱包代)のほうが高くなってしまいます。

規格外品は食べられるのに捨てられているという現状が「つらい!」そして「もったいない!」。どうにかこの問題も解決しなければなりません。


今、農業は後継者不足の問題に直面しています。

作り上げてきた立派な畑を継いでくれる人がいない。せっかくそろえた大きな農機具も使ってくれる人がいない。など、いままで積み上げてきたものを受け継いでくれる人がいないのが農業の現実です。

昔ながらの景観が失われ、荒れて放置された農地が増えていく姿が「つらい!」

仕事内容が大変そう。稼げそうにない。。など農業を取り巻くイメージはあまりよくありません。

しかしこんな状態が続くと将来大変なことが待ち受けています。

・管理する人がいなくなり、田畑が荒れるとと今よりももっと災害が起きる可能性が高まる
・作り手不足により作物が減り、値段が高騰してしまう

実は後継者不足は日本にとって最悪なシナリオに直結してしまう可能性を含んでいます。



以上これらの問題をどうにかしたいと思い、まずは身近な広島に注力して私たちができることを考え、クラフトビール事業にチャレンジします!


取り組むクラフトビールは農家の農家による農家のためのビールになります。

・農家が作る最高の国産原料をふんだんに使ったクラフトビール
・農家が仕事後に食事とともに楽しめる食事と合うクラフトビール
・自社の経験と技術を活かした個性的なクラフトビール

なちゅbioは農業法人です。
農家として一生懸命に事業に取り組んできました。

そんな農家だからこそ作り上げることができる最高最強の農家クラフトビールを作ってみせます!


ただクラフトビールを作るだけではなく、原材料で使われている素材を作った農家さんのこだわりや人となりを知ってほしい。ビール創りの過程を発信することで、農業への興味や農家さん売上向上に貢献したい。

そんな想いから、広島農家ブリュワリーに原材料を提供してくれるカッコイイ農家さんたちをインターネットを使って発信していきます。

ぜひそれぞれのビールのストーリーを知った上で農家ビールを味わってみてください。


広島県三次市の特産ピオーネを使ったクラフトビールも作ります!(生産者承諾済み)


広島農家ビールはよくばりな事業です。

地元の他業種とコラボしてクラフトビールに合うギフトセットも作ります。

もうすでに地元広島県三次市の「参彩堂 」さんと協働したお菓子作りも始まっています。

このように広島農家ビールに合うギフトセットもどんどん作っていき、ここだけにしかないものをたくさん作っていきます。

コラボ第1弾予定のお菓子試作(チーズ、こしょう)


クラフトビール醸造所ができるのはなちゅbioの加工所内になります。
築100年以上の納屋の中。

農家から農家へ。いにしえより受け継がれてきたものを大切にしつつ、現代の風もいれつつクラフトビールを創っていきます!


支援金内訳
・ブリュワリー設備費:50万円
・醸造免許取得費用:約50万円
・リターン原価:40万円
・CAMPFIRE手数料:10万円


・2022年1月:醸造所建屋着工
・2022年4月:酒造免許申請
・2022年8月:醸造所スタート
・2022年9月:初醸造広島農ビール完成


最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

私たちは、「農家が元気みなぎるクラフトビールを創る」を目標にこれまで夢を膨らませ、やっと形になっていくタイミングを迎えております。
ブリュワリーとクラフトビールを通じて広島の農家の魅力をどんどん発信し、多くのお客様と広島の農家がつながって欲しいと思います。


広島農家ブリュワリーを開業するにあたっては大きな資金が必要です。
農家がこれまで以上に元気になるビールブランドを一緒に作りましょう!


皆様、どうかご支援のほど宜しくお願いいたします。


※現在醸造所免許取得前なので、クラフトビールを直接リターンとして提示することができませんが、クーポンをリターンとして選んでいただくことで2021年8月以降クラフトビールを超お得に購入していただけます。


・クーポン3500円分(販売価格3000円)

・クーポン6000円分(販売価格5000円)

・クーポン12000円分(販売価格10000円)


クラフトビールご購入予定の方はぜひ上記のリターンをお選びください。2022年5月にクーポンをメールにて送信致します。


クラフトビール発売日(2022年9月予定)に再度ご連絡いたします。


会社情報
・名称:株式会社なちゅbio
・代表取締役:岡田真以
・住所:広島県三次市吉舎町海田原917
・営業時間:月~金(9:00~17:00


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社なちゅbio
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:岡田アントニールイス
 ●事業者の住所/所在地:〒729-4205 広島県三次市吉舎町海田原917
 ●事業者の電話番号:Tel: 050-5359-2459
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/01/22 12:48

    島根県の石見麦酒にて、研修中です。弊社のオリジナル商品ヤーコン茶を使ったセッションIPAを仕込ませてもらっています!まだ販売はできませんが、支援してくださった方で直売所に足を運んでいただける方に試供品としてプレゼントさせていただこうと思います。詳細は追ってご連絡致しますので楽しみにお待ちいただ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください