栃木県那須町湯本のホテル「ブランヴェール那須」の室内プールの中および外には恐竜が8体います。 これらの恐竜は、本来 電気で動くものですが、現状は電気工事をしていないため動きません。 プロジェクトで集まった資金によって電気工事を行い、恐竜を動かしたいと思っています。

プロジェクト本文

【ホテル概要・現在までの歩み】

ブランヴェール那須は、もともと東京都職員共済組合の福利厚生施設として建てられました。震災後に閉鎖され休眠施設となっていましたが、昨年の3月に民間ホテルとしてリニューアルオープンしました。

那須町湯本の森林の中にあり、静けさの中で那須高原の自然を楽しむことが出来ます。

温泉は、近隣にある那須御用邸と同じ泉質であり、室内プールも備えています。

他にも大宴会場、会議室がある等 施設は充実していますが、ホテルの稼働状況は、今ひとつです・・・

長期間休眠していたこと、リニューアルオープンから日が浅く、知名度が低いことが主な原因だと思われます。

ホテルの稼働状況および知名度を向上させるべく、色々な取組をしていますが、その一つとして、今年の6月に恐竜を設置しました。

 

【プロジェクトで実現したいこと】

プールサイドにある恐竜を動かしたいです‼️

プールサイドにいる恐竜は、本来 電気で動くものですが、接続工事を行っていないため、今は動きません。

恐竜を動かすための工事資金を集めたいと考えています。

 

【プロジェクト募集に至った経緯】

プールサイドの恐竜は まだ動きませんが、ロビーにいる恐竜(トリケラトプス)は電気工事を行い、すでに動くようになっています。(声も出します)

お子様には大人気で、大半のお客様は恐竜と一緒に写真を撮られています。

恐竜ファンのお客様からは、「早くプールサイドの恐竜も動かして欲しい。」という お声をよく頂いています。

 

一方で、恐竜に対してネガティブなお客様もいらっしゃいます。

「静かに過ごしたかったのに ロビーの恐竜がうるさかった。」

「プールサイドの恐竜が怖くて、子供が泳げなかった。」

といったコメントを頂くこともあります。

 

もともと動かすつもりで搬入しましたが、恐竜に対してネガティブなお客様もいらっしゃることが分かり、我々は、プールサイドの恐竜を動くようにするべきかどうか迷っています。

もちろん資金面の問題もありますが、まずは

『プールサイドの恐竜を動かすことをお客様が望まれているか?』

ということを見極めたい。

その為には、クラウドファンディングの手法を使うのが最適であるという結論に達しました。

 

【必要額】

864,000円

プールサイドという特殊な場所での電気工事となり、上記資金が必要です。

 

 【最後に】

本件プロジェクトの達成により、恐らく日本で初めてとなる、「動く恐竜がいるプール」を実現したいです。

恐竜達は動くだけでなく、声も出しますし、一部の恐竜は口から水を吐きます。

もし資金が多く集まった場合は、

室内プール全体をジャングル化する資金および恐竜プールの広告費として使わせて頂きます。

是非 私共と一緒に異次元空間を創り出しましょう‼️

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください