このたびは安倍商会が扱うジビエのクラウドファンディングページをご覧頂きありがとうございます。

安倍商会は兵庫県豊岡市の最南部に位置する小さな集落である奥山村で鹿肉、猪肉(ジビエ)の生産、販売を行っております。

奥山の豊かな自然で育った鹿や猪を狩猟から精肉まで一貫して行っている事が安倍商会の特徴で、安心してお召しいただける、最高級のお肉を追求しています。

奥山について少し、紹介します。

奥山は蛍の生息地として最も知られ、毎年行われる「ほたる祭り」には多くの来場者が訪れています。他にも美しい紅葉や渓流が見られる場所としても知られており、中でも悠久の時を超えて澄んだ水が流れる「まぼろしの滝」が見物です。

また、かつては金の採掘で栄えた事があった土地でして、その名残である金山跡地も新たな観光スポットとして訪れる人を楽しませています。

このような魅力あふれる奥山で、ジビエの美味しさ、食の素晴らしさをお届けするため、安倍商会は起こりました。

安倍商会では、現在

・奥山ジビエIKUTO MEAT

・TESNAFOOD

の2ブランドを展開しております。

奥山ジビエIKUTO MEATが食用

TESNAFOODが犬猫用のペットフード

となっています。


ジビエを扱う安倍商会が立ち上がったきっかけは、私、代表の安倍が大学生の頃までさかのぼります。

大学3回生の時に、北海道やワーキングホリデーで訪れた海外での田舎暮らしが安倍商会の起源です。


そこでは、綺麗な星空やのどかな自然を肌で感じ、新鮮で美味しい農作物を味わいました。

田舎の人々の何気ない優しさにも触れ、感謝した事も覚えています。


全てが都会では経験し得ない、心に残る貴重な思い出です。

その経験から、「都会であくせく暮らすよりも田舎での生活の方が自分には向いている」と強く思いました。

それ以来、「田舎で生活するために職を得る!」を意識して生活するようになり、色々と情報を調べていた所、兵庫県豊岡市で、有害鳥獣駆除を目的とした「地域おこし協力隊」を募集しているのを見つけました。


地域おこし協力隊とは過疎化や高齢化が進んでいる地方において、地域振興のため、地方の外に広く募集をかけ、希望者にサービス業やPR業などの様々な地域協力活動に従事してもらう制度です。採用者には最終的に地方に定住、定着してもらう事を目指します。


豊岡の地域おこし協力隊は起業型でした。起業型とは、その名の通り任期中に事業を立ち上げる種類の協力隊であり、起業のための支援を受けられる事が特徴です。


将来的に起業を考えていたので、あらかじめ起業までの期限が決まっている有期の働き方は正に理想でした。


「田舎で暮らせて、起業という理想の働き方が出来るかもしれない」応募しない理由は無いと思い、すぐさま選考に応募しました。

そのような経緯から、採用が決まった時はとても嬉しかったです。


協力隊の任期は3年間で、期間中は狩猟の技術を学び、害獣の駆除に励みました。ただ機械的に駆除するだけでなく、獣と人、その間に横たわる大きな問題について考えさせられました。

また、猟師という仕事柄、ジビエを食べる機会が多く、その味に深く感動しました。特に初めて食べた時の興奮が忘れられません。


今まで食べたどのお肉とも違う美味しさ、ジビエに対して良いイメージを持っていなかったので、価値観が一気に変わる体験となりました。

食べる機会がなかったのもありますが、食わず嫌いだったのだなと今までの人生を少し後悔しました。


狩猟に明け暮れた3年間の任務が2020年9月末に終了し、その後、安倍商会を設立しました。


始めた事業はもちろん、これまでの経験を活かして、私自身が感動した奥山のジビエを広めていく仕事です。

設立当初は奥山ジビエIKUTO MEATのブランドで食用肉のみを扱っていましたが、人だけでなくペットにも食べてもらいたいと思い、ペットフードの開発も着手し、試行錯誤の結果、完成したのがTESNA FOODです。おいしいジャーキーや骨に加え、犬や猫が大好きな生肉もラインナップに加えています。

ありきたりなペットフードとは一線を画す物に仕上がったと思います。
嬉しい事に「うちの犬が喜んで食べているよ!」とのお言葉をお客様より頂きました。

すべてはお客様のために。

奥山ジビエIKUTO MEAT、TESNA FOOD

共にお客様にお褒めいただけるよう、喜んでいただけるよう今後もより一層美味しいジビエになるよう努力していきます。


このように、商品開発、販売を進めているジビエですが、一般に広く普及しているとはまだまだ言いにくい状況です。


その理由としては、獣肉に対する独特の臭みや食中毒の危険性、または、感染症などのネガティブなイメージが先行している点があげられます。


特に食の安心安全に関しては昨今のコロナ禍においては、ますます高まっています。

確かに、牛、鶏、豚に比較すると、獣肉は安心安全なイメージが不足している事は事実です。

ですが、これらリスクは狩猟や精肉の過程を丁寧に行う事で、かなり低減させる事が出来ます。


ストレスをなるべくかけずに獲物を仕留めたり、仕留めた後、直ぐに食肉処理が行える体制を整えたり、熟成などの下処理に気を使ったりと良質なジビエを作るために様々な工夫が行われています。

昨今では、農林水産省が国産ジビエ認証制度を定めています。
この制度の下では、認証を受けた衛生的な食肉肉処理施設でジビエの生産が行われています。

ジビエに対するネガティブなイメージを払拭し、栄養価の高さ、美味しさ、そしてジビエを食べる社会的な意義を伝えていく事が供給側として大切な事だと思っています。

ジビエに供給される鹿や猪のほとんどが農作物や人に危害を与える可能性があるとして駆除された害獣です。

駆除された害獣は食肉を始め有効活用されていると思いきや、実際はそうでもありません。

なんと、駆除された個体の約9割が埋葬、焼却処分され、食用になるのはたった1割程度と極端に低い活用率です。(平成30年度 農林水産省調査)

こうした現状の背景には様々な理由が考えられますが、ジビエの需要がもっと増えれば、国や地方をあげて、安定供給するための設備や施設、法体制などの整備が活発となってくるでしょう。

そうなれば、自然が育んだ命が資源として、より有効活用され、結果、地方の特産品となり、地域振興にも繋がるかもしれません。


牛肉、豚肉、鶏肉のように鹿肉、猪肉も食卓にのぼるのが当たり前。スーパーでも普通に買える。そんな未来を実現させたいですね。




私の夢は「豊岡市から駆除した有害鳥獣を処分(埋設、焼却など)することなくジビエとして供給する」事です。

前述の通り、駆除された鹿や猪の大半はジビエになることなく処分されています。

その事実は私が住んでいる豊岡でも変わりありません。


奥山のジビエは本当にすごく美味しいです。

奥山の鹿や猪は野山を駆け巡り、ストレスなく育っています。また、ドングリやしいの実など自然のエサを豊富に食べているので、そのお肉は柔らかで脂ののりが非常に良いです。

さらに、安倍商会では狩猟後すぐに捌き、10日間熟成させています。これら一連の処理を行う事で、さらに旨味が増し、獣特有の臭みも無くなります。

一度味わって貰えば、また食べたいと思ってもらえる、そんな商品に仕上がっていると自負しています。

私がこのプロジェクトを推し進めたい理由は、鹿や猪は地域活性化のための資源として利用出来るという事ももちろんありますが、たとえ、人間に害を及ぼす動物として駆除されるとしても、「自然の命を粗末にしたくない!」そんな想いがあるからです。

食肉以外にも皮革や肥料、石鹸などに無駄なく使われ、今を生きる私達の糧となる。そのように最大限利活用される事で、その命は「自然の恵み」と言えるのではないでしょうか?


豊岡で食肉処理業の許可を取得した食肉センターはほぼありません。

ですので、安倍商会は豊岡のジビエを全国に届ける使命があると思っています。

クラウドファンディングをきっかけに先ずはジビエが美味しい物だという事を知ってほしいです。

そして、ジビエの市場が広がる事で、ただの「害獣」として処分されてしまう命を少しでも減らせる社会を実現したい。それが私の想いです。


安倍商会さんのプロジェクトを応援している産屋敷(うぶやしき)と申します。

サッカーと子供が大好きで、サッカースクールを経営しております。長年続けて来た甲斐もあってか、ありがたい事に、教え子は1000人以上になります。

サッカースクールでの出会いは大切なご縁です。

単に、サッカーの師弟という関係ではなく、より豊かな関係を築いていきたい。そう常々思い、行動して来ました。

成長して、スクールを離れた後も、慕ってくれる教え子達がいる。この事は私のかけがえのない財産であり、誇りでもあります。

安倍さんは私の大好きなサッカーで繋がった仲間、そして教え子です。

豊岡の山奥で猟師をし、そしてジビエの販売をしているのを聞き、残りの人生で何か私に出来る事はないかと思い、この様な形で協力させて頂きました。

一方、安倍商会が作るジビエが美味しくて、私自身、すっかりファンになってしまったと同時に、一人のビジネスマンとして、ジビエの将来性と社会的意義に魅力を感じました。

私に何か手伝えることはないかと色々と模索し、辿り着いたのがクラウドファンディングでした。


クラウドファンディングを起点に全国へPR活動を行う。安倍さんに提案し、快諾してもらえて、今、サイトを立ち上げる事が出来ました。

一人でも多くの方に安倍商会やジビエ、それを取り巻く環境を理解してもらい、ご支援頂けることを願っています。

最後までお読み頂き有り難うございました。






1、鹿肉ジャーキー


1日の給与量

成犬の体重         給与目安

1kg~5kg             4g~14g

6kg~10kg         16g~24g

11kg~20kg       26g~41g

21kg~30kg       42g~55g

31kg~40kg       57g~69g

成猫の体重         給与目安

1kg~5kg             4g~11g

6kg~10kg         13g~18g

11kg~20kg       19g~29g

21kg~30kg       30g~38g

31kg~40kg       39g~46g

成分:エネルギー(100gあたり505kcal)

粗たんぱく質        85.4%以上

粗脂肪          2.1%以上

粗繊維          0.0%以下

粗灰分          6.0%以下

水分           6.5%以下


2、鹿肉大骨

1日の給与量1本成分:エネルギー(100gあたり366kcal)

粗たんぱく質        22.8%以上

粗脂肪           24.3%以上

粗繊維          0.4%以下

粗灰分           40.2%以下

水分            12.3%以下


3、鹿肉ミンチ

1日の給与量

成犬の体重         給与目安

1kg~5kg           18g~62g

6kg~10kg          72g~105g

11kg~20kg      113g~177g

21kg~30kg      184g~241g

31kg~40kg      247g~299g

成猫の体重         給与目安

1kg~5kg           17g~50g

6kg~10kg         56g~80g

11kg~20kg        85g~127g

21kg~30kg      131g~166g

31kg~40kg      170g~202g

成分:エネルギー(100gあたり117kcal)

粗たんぱく質        18.8%以上

粗脂肪          1.0%以上

粗繊維          0.0%以下

粗灰分          0.8%以下

水分            79.3%以下



4、鹿肉角切り

1日の給与量

成犬の体重         給与目安

1kg~5kg           18g~62g

6kg~10kg          72g~105g

11kg~20kg      113g~177g

21kg~30kg      184g~241g

31kg~40kg      247g~299g

成猫の体重         給与目安

1kg~5kg           17g~50g

6kg~10kg         56g~80g

11kg~20kg        85g~127g

21kg~30kg      131g~166g

31kg~40kg      170g~202g

成分:エネルギー(100gあたり117kcal)

粗たんぱく質        18.8%以上

粗脂肪          1.0%以上

粗繊維          0.0%以下

粗灰分          0.8%以下

水分            79.3%以下


上記、参考までにご覧ください。


<特定商取引法に基づく表記>

●販売事業者名:株式会社ユーブ

●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:産屋敷富夫

●事業者の住所/所在地:兵庫県神戸市西区櫨谷町長谷西山畑539

●事業者の電話番号:078-219-4530

●対価以外に必要な費用:無し

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください