わたるんは昨年の3月から住民票を移してまでプノンペンで暮らしてきました。実際に感じたことは、衣類と靴が圧倒的に足りていないという現実でした。上半身裸、裸足の子がまだまだ居ます。42℃の日差しの中でお金や食料を求め、子供たちが過ごして居ます。カンボジアの命を繋げる服と靴を届ける旅に一緒に行きましょう!

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

笑顔クリエーターの【山本兄弟】×誰よりも人の喜びを考える【清水稜也】がタイアップしチャレンジする企画を立ち上げました。

今一度、豊かな日本での暮らしに感謝し、

カンボジアという国について少しの時間だけでも考えて頂きたいです。

僕たちと同じ命の物語。カンボジアの現状を感じて頂きたいです。

 

その中で僕たちが掲げる絶対的な想い。それは、、

このプロジェクトは達成しなければならない。

といった熱くて固い想いです。

今まで、人生の中で踏み出せず困ってる人の力になれなかった経験が幾度となくあります。

困っている人がいて、そこに力になれるのに、めんどくさいと知らんふり。
もう”そんな人生は嫌”なんです。

 

カンボジアで実際に暮らしてみて感じたことは、僕自身が旗を掲げ勇気を持って、笑顔を生む活動するのであればカンボジアの人々は救われる。

人の役に立って、
喜んでもらえて、
安全を提供できる。
そうすれば、たくさんの人が笑顔になれる。と肌で感じ確信し活動に踏み切りました。

 

僕たちと一緒にカンボジアの人々を救いましょう!
カンボジアに服と靴を持って行きましょう!
最高の笑顔を生み出すプロジェクトここに始動です!!!
 
▼このプロジェクトで実現したいこと

それは明確にあります。

【カンボジアにこども服~大人服&靴を持っていき笑顔と喜びを与えること】です。

本当の喜んだ笑顔をみれる。と確信しています。

要らなくなった服と靴を中心に、カンボジアの人々にリユースさせて頂きたいのです。

おもちゃや、こども本なども、まだまだ不足しています。そちらも大募集です。

カンボジアへ持って行き、【喜んでもらえそうなモノ】が判断基準です。

悩む必要はありません。モノがある方は愛を込めて送ってきてください。

段ボールいっぱいに愛を込めて送ってきて下さい。

一緒に行ける人はカンボジアまで届けに行きましょう。

渡航活動日は3月を予定しています。

 

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

実際に昨年の3月~山本兄弟の弟のわたるんは住民票から丸ごと移してカンボジアで暮らしていました。ホテル暮らしではなく住居に暮らしていました。

過ごしていた地域は、アンコール遺跡のあるシェムリアップではなく、首都のプノンペンでした。

プノンペンでの生活環境は最悪でした。水は濁り、茶色その水で歯を磨き口をゆすぎ、体を洗いました

これがカンボジアでは当たり前です。

 

カンボジアの暮らしは衝撃の連続で自分がどれだけ恵まれているのか体感するには十分な時間でした。

街を歩けば裸の子供が近寄ってきて、お金がもらえるまで離れません。。何度も子供にご飯を食べさせてあげました。

 

上半身の服は着ておらず、もちろん裸足で砂利道を歩いています。子供も、大人もです。

皮膚や足の裏を切り、細菌が入り、病になった時、子供たちに親たちは病院に行かせるでしょうか?

それ以前に、特に子供はどんな影響を受けるでしょうか。

なにより、子供は確実に悲しみます。痛いと泣きます。そして苦しみます。

 

もし、防げるケガや病気があるのなら防ぎたいのです。
安心して走り回って欲しいのです。

こんな当たり前な暮らしができないのがカンボジアなのです。

皆さん服と靴を分けてください!!要らない服と靴でいいのです。リメイクしてでもなんとか渡しに行きます。

大事なことなのでもう一度熱い熱い思いを言わせて下さい。

これは達成しなければならないクラウドファンディングなのです!

 

カンボジアの現状
カンボジアでは一年に約100万人の人口が増えています。

毎年100万人生まれる子供たち~大人のの服と靴を発展途上国に送り、生活を支える。力になる。喜んでもらう。

そんな素敵な笑顔が目に見えるお願いです。

これから更に服も靴も足りなくなります。

沢山の笑顔を生み出させてください。一緒に喜びを与えていきましょう。

そんなカンボジアの人々が喜ぶ姿をパトロンの皆様と一緒にみて感動したいです!

心温まる想いを噛みしめたいです。

 

カンボジアまで行くことができない人も安心してください。

動画と写真をあなたに送ります。

感謝のお手紙も贈らせて頂きます。

支援頂いたすべての方に贈らせて頂きます。

 

▼これまでの活動

他にもクラウドファンディングにチャレンジさせて頂いております。

確実に行える無理のないスケジューリングですべてのプロジェクトが完遂できるように計画通り進行しております。やることが増えるからパフォーマンスが落ちるのではなく、増えるからこそ見えてくるもの、プラスになるもの、協力があるのです。

それを信じてやると決めたクラウドファンディングを僕たちは責任を持って最後まで取り組みます。

こちらも面白い内容になっていますので、是非とも応援して頂けると幸いに思います。

①リターンにワクワク大興奮!【健康チューハイ専門店×イベントハウス】を実現したい!

②本気で1万人の笑顔を撮影!皆でWEB写真集を作成して笑顔を世界発信したいです!

▼資金の使い道

カンボジアに服と靴を送る際の輸送費用。リターンにかかる費用。カンボジアにて活動での交通費等諸経費。

カンボジアへ行き支援活動を行えて、これからも継続して支援できる算出額が30万円。ここを目標にしています。

※輸送費を考えると断然にお金が足りないという現状があり、今後活動できなくなります。

今回、本当に多くの方のご協力(宣伝※口コミや拡散)が必須になってきます。

どうか、どうか、お力添えの程、よろしくお願いいたします!

▼リターンについて

非常に興味深い内容のリターンを準備させて頂きました。

【服や靴があり支援と応援】をしてくださる方用のリターン。

【特に送るものがないけど応援】してくださる方用のリターン。

【カンボジアへ行き、一緒に数日間活動】して下さる方専用のリターン。

などなど工夫してご準備させて頂きました。

もっとこんなリターンがあれば面白い!助かる!等といったお声も頂ければ幸いに思います。

いっしょに創っていくクラウドファンディングの達成に向けてご支援のほどよろしくお願いいたします。

▼最後に

最後の最後までご閲覧頂きまして誠にありがとうございます。

最後にもう一度です。

このプロジェクトは絶対に達成しなければならないプロジェクトだと僕たちは思って取り組んでいます。

日本のこのページを観てくださった方々の愛の心を信じます。

逆に僕たちのプロジェクトも信じて下さい。

最後まで必死にやり遂げます。僕たちとカンボジアの人々が、心で繋がり、更に笑顔で喜べる愛ある未来を一緒に創りましょう!

以上クラウドファンダー/ユーチューバー/笑顔クリエイターの山本兄弟でした!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください