フード開発のきっかけは愛猫チェルシーの脱水気味でした

 愛猫チェルシーを健康診断に連れて行った時のことでした。
 チェルシーはポッチャリとしているから肥満ですって言われるかな…なんて心配しながら診断結果を待っていると、先生からまさかの言葉「脱水気味ですね」。え、そんなはずない。だっていつも家には三箇所も水飲み場を用意しているし、チェルシーもこまめに水分補給しているのを見ているよ。そのことを病院の先生に伝えると。「猫はもともと水分補給が苦手な動物」「喉が渇いたと思って水分補給をするようじゃ遅い」「ドライフードばかりだと水分不足になるケースもある」とのこと。水分補給が苦手だから、ウエットフードを与えてフードからの水分摂取が大事だったのです。
 猫を愛しすぎて猫の会社で働く私たちですら知らない情報だったので、驚いたことを覚えています。

 それからウエットフードを探し求めました。しかし販売されている商品に「無添加」「国産」のウエットフードが少なく、世の中の猫のためにもっとウエットフードの選択肢を増やしたいという思いがきっかけで、私たちも開発に取り組むことになったのです。

ホンモノが分かるあなたが本能的に食べたい「チェルシーズチョイス森のごちそう」誕生

私たちは考えました 「全ての猫が生まれてきて良かったと思える世界」実現のため 。猫が本能的に美味しいと思ってくれるご飯を作りたい 。猫がずっと健康でいられるご飯を提供したい 。そしてついに私たちが猫を羨ましく思ってしまうほど、とびっきり美味しいキャットフードできました。

食べ物の鮮度が分かる猫。そんな彼らが食べたいと思うご飯で心と体の健康を改善します。
■無添加のジャパンメイド

無香料、無着色料、無保存料 余分なものを入れず、シンプルに仕上げました。  安心、安全なだけでなく、高品質のフードです。

■人と同じ食材(ヒューマングレード)

チェルシーズチョイスで使用する原材料は、全て人用としても使われている食材たちです。またペットフードへの加工場も、保健所の検査が通っており、食品製造もできる場所で製造しています。

■猫にも環境にも良い鹿肉という選択

畜産に比べ栄養価が高いジビエは猫にとってスーパーフード。でも多くの鹿の命は駆除されて捨てられています。そんなヒューマングレードの新鮮な鹿肉を無添加で調理し、 野生のお肉の豊かさを一皿にしました。 猫にうれしいが、環境にもうれしいに繋がります。

< 鹿肉について >
チェルシーズチョイスで扱う鹿肉は、国産の鹿肉で、食肉加工施設で生肉にしています。人向けにも販売されているお肉を利用しています。 また、鹿肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、そして低アレルギーなので食物アレルギーがある場合にもおすすめです。また毛艶が良くなる、食欲増進なども期待できると言われています。 ※本商品は一般食です。総合栄養食と併用しバランスの良い食事をしましょう。

お客様からの感想

サンプルを約100名の猫ちゃんに試食していただきました。

捕獲された猪や鹿の9割が活用されていない現実

 社内でキャットフード開発プロジェクトを発足し、素材について調査をしていると「ジビエ 」というものに出会いました。はじめは、聞き慣れない言葉だな、フランス料理とかで出てくるやつか?と思っていました。しかし、調べていくと、悲しい現実が待っていました。

 ジビエとは野生鳥獣のお肉のことを差します。特に日本では猪、鹿が有害鳥獣として捕獲対象になっています。農産物などの被害を減少させるために、山から降りてきた猪や鹿を捕獲し処分することが法律的に認められており、各自治体も野生鳥獣を捕獲するための支援があります。
 たしかに、山間地に暮らす人の生活を守るためには仕方がないことなのかもしれません。ただ、悲しい現実はここからで、年間で合計120万頭もの鹿と猪が捕獲されていますが、捕獲された猪と鹿のうち”活用されているのはたった1割”で、ほとんどの命が”活用されずに破棄”されているのです。野生鳥獣を捕獲するルールはありますが、活用するルールが存在しなかったのです。

せめて命を循環させたい

 捕獲された猪や鹿が9割も無駄になっていることを知り、悲しい気持ちになりました。私たち人間の暮らしのために命をせめて活用することで、より意味のある捕獲にできないかと思ったのです。

 実は鹿肉は猫にとって最高の食材と言われています。一般に使われている鶏肉などに比べ、必要な栄養価もたかく、上質なタンパク質が得られます。その鹿肉を活用してウエットフードをつくることで、猫も嬉しく、命を活用できる仕組みができるのではないかと考えたのです。

生産者のみんなと想いはひとつ

害獣駆除に関わるほとんどの方がこの野生鳥獣の未活用について問題意識を持っていました。「命を無駄にしたくない」みんな想いはひとつです。新鮮な食材を提供できるよう、捕獲後2時間以内に処理を行い、食肉処理を行います。利用している鹿肉は全て人も食べれる食材たちです。

鹿の命を活用できる仕組みをつくるには、生産者さんたちの協力が重要です。持続的にいのちが活用される仕組みにするために、私たちも生産者さんにできるだけ良い条件で取引ができるように努めています。

私たちは、社名のとおり、猫のための会社です。

「全ての猫が生まれてきてよかったと思える世界の実現」を目指す株式会社nyansです。 これまで、ご近所の猫仲間と繋がれるwebサービス『nyatching』。猫にとって理想の家具を追求する『理想の猫家具プロジェクト』などを行い、猫ちゃんと飼い主さんの暮らしがもっと楽しく、豊かになると良いなと思い、微力ながら猫社会に貢献してきました。

広島県と協力してつくりました

 このウエットフードの開発を大きく前進させてくださったのが広島県庁さんです。私たちの思いに共感していただき、ニューノーマル時代に挑戦する企業が参加できるひろしまサンドボックスD-EGGSプロジェクトに採択していただきました。広島県と広島県内企業とワンチームとなり、猫のために研究開発を進めてきました。運営に携わるスタッフや県の職員の方々の熱意がすごくて、積極的にプロジェクトに参加していただきました。

日本の猫のために広島県庁と広島県内企業に動いてもらえたこと、これは猫社会にとっても大きな功績だと感じております。

実施スケジュール

1月にリターン発送。※日程がきまりましたらご案内いたします。

集まった金額は、キャンプファイヤー手数料と初期ロット製造のために使わせていただきます。

  • 2021/11/19 16:47

    「森のごちそう」クラウドファンディングも残り3日となりました。既にご支援いただいた方、ありがとうございます。猫が本能的に欲しがる食事を開発するために「腸内細菌」について調査しました。人の領域でも最近よく耳にする腸内細菌について100匹の猫ちゃんに試食をしてもらい、2つのことを調べました。わかっ...

  • 2021/11/07 17:52

    年間124万頭の鹿や猪が捕獲され、9割が破棄されている。ネットのニュースで見たことがある方もいると思います。ただ、猟師さんも農家さんも含め、誰一人として命を無駄にしていいだなんて思っていません。この9割の破棄処分は、ある意味、仕方がないことでもあるのです。私たちはこの事業をスタートする上で、有...

  • 2021/11/02 19:30

     『森のごちそう』を開発した理由は本文にあるように「鹿肉は猫にとって本当に良い食材」だから。ただ、私たちが鹿肉を扱う理由はもう一つあります。 今から2年ほど前のこと、旅行で沖縄県北部のヤンバルに訪れました。そこにはまだ手付かずの大自然が広がっており、鳥の声、虫の声、緑の音、風の音が聞こえてきま...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください