はじめまして。海外ビジネス大学校長、KANTAN株式会社代表の横川敏幸と申します。

私とパートナーの日比健人の2人で運営している「海外ビジネス大学」は、海外進出(輸出)したい事業者のために、そのポイントとノウハウを噛み砕いてお伝えする、完全無料のオンラインスクールです。


まずは、私と日比がなぜ「海外ビジネス大学」をはじめ、地方の中小企業の東南アジア進出支援を行っているかを含めて、自己紹介をさせてください。

◆ 横川敏幸・自己紹介

私、横川敏幸は、商社にて約25年間海外ビジネスに携わってきました。1年の3分の1以上を海外で過ごし、東南アジア、中東、欧米、ロシア、アメリカなど30カ国以上で販路開拓や交渉、さらには現地法人のマネジメントなどを担当してきました。こうした経験を生かして、2年前に独立して「KANTAN株式会社」を設立しました。

KANTAN株式会では、地方から海外に直接繋がる「Local To Local」の実現を支援しています。具体的には、地方企業が東南アジアへ販路拡大していくための「現地代理店」を獲得するために、実際の交渉や契約などを支援しています。

◆ 日比健人・自己紹介

こんにちは! 海外ビジネス大学MC、株式会社Go Bound代表の日比健人と申します。僕が昨年立ち上げた「Go Bound」は、英会話を習得しながら、海外進出・外国人集客を加速化することができるサービスです。英会話にとどまらず、事業者のためだけの“海外ブランディング戦略”を支援しています。

僕がこのサービスを始めたきっかけは、学生時代に留学したカナダでの経験にあります。留学当初、僕のTOEICは300点台でしたが、カナダで始めた寿司のケータリングサービスをどうしても軌道に載せたくて、ケータリングに使う英会話にのみ注力して学びと実践を繰り返しました。すると、わずか2ヶ月で劇的に英語が上達し、ビジネスとして売上を生める英語レベルまでになりました。

この重要な気づきと、帰国後の外国人専門の人材紹介会社での勤務経験から、「しっかりとしたビジネスコンテンツがある人(例えば経営者)は、事業内容やビジョンだけに集中して英会話学習を行い、さらにその姿を映像に落とし込むことで、東南アジアで勝負していける」ということを実感し、「Go Bound」のサービスを立ち上げましました。

また、昨年から動画やセミナーでの情報発信活動を積み重ねてきたおかげで、オンラインビジネススクール UR UNIVERSITYへの出演もさせていただきました。1万人の登録会員に対し、我々の持つノウハウである、営業戦略や映像製作、売上を生む英会話学習方法について話しております。


私横川と日比は、知人の紹介で出会いましたが、活動領域が重なり、目指すビジョンも同じだったことから、すぐに意気投合しました。そして、お互いのサービスを組み合わせて、企業の東南アジア進出をサポートする活動を行うことにしました。

これまでは、海外ビジネス大学でのオンライン配信に加えて、東南アジアに進出したい企業向けのセミナーを、東京や大阪などの都市部を中心に開催してきました。

しかし、世界に通用する製品は、実は地方にこそたくさんあるんです!
 今回、地方に実際に足を運んで、現地で海外ビジネスセミナーを開催し、輸出を検討する地方企業の方と生でお話ししたい! そして、せっかくなら北は北海道から南は九州・沖縄まで、全国10箇所で開催したい! と考え、資金と仲間を募るためのクラウドファンディングに挑戦しました。

まずは、私たちが普段支援している「海外進出」がなぜ今必要なのか、どんなメリットがあるのかといった、「前提」についてご説明します。

日本は人口減少社会真っ只中で、市場は縮小傾向です。国内でどんなに頑張って販売促進活動をしても、その効果は限定的。一方で、海外、特に東南アジアの成長は、世界の中でも飛び抜けています。

今後も人口増加が続き、内需拡大によりさらなる経済成長が見込まれているのです。また、富裕層の増加コロナからの経済回復の速さなども特徴として挙げられます。

東南アジアの商習慣がそれほど厳しくなく、輸出が初めての企業でも比較的チャレンジしやすい地域です。さらに、東南アジアは親日感情が大きく、日本製品は「Made In Japan」として信頼があります。

東南アジアは、正確な情報と事業性を検討できる環境さえあれば、日本の企業にとって事業拡大のきっかけを掴むことができる、将来有望なマーケットです。
世界的にもコロナが落ち着いてきた今こそ、販路拡大には「ちょうどいい時期」だと言うことができます。

「輸出」や「海外進出」というと、どうしても多くの企業が集まる東京をイメージしてしまいますが、実は地方にこそ、世界に通用する製品がたくさんあります。同時に、自社の製品をもっと広めていきたいという、気概のある経営者さんがたくさんいらっしゃると、常々感じてきました。

8月にはこんな企画も実施しました!

これまで、東南アジアへの販路拡大を支援させていただいたクライアントのなかにも、こうした「製品力も挑戦する姿勢も」兼ね備えた、素晴らしい地方企業がありました。変化する世界のなかで、いかに新しいことに挑戦しながら自社を発展させていくのか、しっかりと未来を見据えて考えている経営者の方が、地方にこそたくさんいらっしゃると実感しています。

例えば現在は、地方の名物を海外に届けるために、ご当地缶詰のプロモーションを開始しました。

インターネットの発展により、海外へのアクセスはとても容易になりました。海外マーケットへの進出は、会社の場所や規模に関係なく、どんな企業にとっても十分にチャンスがあります!

さらに、コロナ禍になったこの1年半ほどで、在宅ワークテレワーが進み、どこにいても仕事ができるように。地方企業の可能性は、さらに高まっているのです。

私たちは、下記の4つのステップで東南アジアへの輸出をサポートしています。

海外輸出にはいくつかの形態がありますが、私たちが推進しているのは、「現地代理店」を獲得するスタイルです。現地代理店と契約することで、タイムリーな市場情報把握が可能になり、市場のニーズに合わせた対応ができます。さらに現地法規制や顧客管理、クレーム処理の対応なども任せることができる、リスク管理にも優れています。

そして、代理店獲得型の輸出でポイントになるのは、下記の3つです。

1)「現地とのアクセス」

その国の“生の情報”を得ることが非常に大切です。そのため、現地にネットワークを持っていることが必須条件となります。机上の調査だけでは読みきれないニーズなどを、現地ネットワークを通して確認していきます。経験豊富な横川がこの部分を担い、輸出の可能性について検討していきます。

2)「信用・信頼関係の構築」

代理店候補の現地の会社に明確なビジョンを伝えることは、想像以上に重要です。特に、コロナ禍で海外渡航が難しい現在、対面が出来ないからこそ、オンラインでも十分に貴社の信頼性、「思い」を伝えることがポイントになります。ここに必要なスキルやノウハウ伝授は日比が担当し、しっかりとサポートします。

3)「ローカライゼーション」

現地の商習慣・文化に根差した売り方を行うことも大切です。ここを理解していないと、海外での販売は成功しません。横川がこれまでの経験と実績をフル動員して様々な切り口から捉えることにより、新しい可能性を開拓していきます。

4)映像

分厚い資料や口頭説明では、現地代理店にも伝わりにくいです。彼らにとって「営業しやすい環境」を整えてあげることで、コロナ禍に合った海外営業を進めることができます。

上記のような、「成功の法則」を押さえて東南アジア輸出を達成した企業を紹介します。

◆化粧品原料

化粧品の原料を扱う会社の、タイ・インドネシアへの輸出を支援しました。

化粧品は特に、「Made In Japan」のブランド力が高い分野です。最初の面談からわずか5ヶ月後には輸出がスタートするという、とてもスムーズに交渉・契約締結が進んだ事例です。

◆ペット用フードオイル

犬の健康を維持するペット用フードオイルに現在力を入れています。

商品の強み、使いやすさが立体的に伝わるよう、営業資料ではなく映像を作りました。すると、タイの代理店が1週間でみつかり、約1ヶ月で輸出が開始された成功事例を作ることができました。


今回のクラウドファンディングは、海外輸出(販路拡大)の可能性をお伝えするセミナーを日本各地で開催するために、みなさまから応援を募りたいと考えて、実施に踏み切りました。でも、「なぜわざわざ現地に行かないといけないの? 」と思われる方もいらっしゃると思います。

オンラインツールが発達した今、私たちがあえて「リアルセミナー」を開催するには、理由があります。

◉ 理由1:「リアル」でお話しすることの意味

日常の情報は、いくらでもインターネットで調べて取得できますし、様々なオンラインツールを活用して、実際にお話しすることも可能です。

だからこそ、「大切な情報」は、正しいかどうかを自分自身で判断して、「選び取る」ことが非常に大切だと考えています。海外への販路拡大は、企業にとって非常に大きな選択です。本当に今やるべきなのか、私たちが信頼できるのかをしっかりと見極めていただきたいのです。

そのために、私たちが実際に現地に出向き、しっかりと顔を見てお話しさせていただくことが不可欠だと考えます。「リアル」でお会いすることでしか築けない信頼関係があると、強く感じています。

◉  理由2: 資金だけはなく「仲間」も集めたい!

今回クラウドファンディングは、全国でセミナーを開催するための「資金集め」という側面もありますが、それだけではありません。もうひとつの大きな目的は、ズバリ「仲間を増やすこと」です。

私横川は、海外での販売代理店探しや交渉の「プロ」。日比は、PR動画作成やコミュニケーションのスキルを提供させていただき、海外への販路開拓を支援しています。しかしその他にも、海外進出に役立つスキルはたくさんあります。例えば、翻訳や法規制の知識、物流の専門知識など……。こうしたスキルをお持ちの方に、是非私たちと一緒に活動してほしいと考えています! 

東南アジアだけでなく、東アジアや中央アジア、ロシアなどが得意! ECサイト、海外のデジタルマーケティングが得意! という方でも構いません。日本の優れたものを世界へ広めることで、地域経済の活性化につなげていくのが私たちの目標です。地方を、そして日本を元気にしていくための私たちの活動に加わってください!

以前、地方で頑張っている中小企業の輸出支援をした際に、経営者の方はこんなことをおっしゃっていました。

「東京に行かないと輸出のための情報を得られないし、相手にもしてもらえない」
「地方には、もっと小規模で商社の目に留まらないけれど、頑張っている会社はたくさんある」

「良いものを作る企業」は、実は東京ではなく地方にこそたくさんあります。東京はあくまで、「売るための場所」。しかし、東京に行かないと事業を拡大するチャンスを得られない、という大きな矛盾を感じた言葉でした。

コロナ禍でオンライン化が進み、テレワークやワーケーションが広がるなど、働く場所はとても自由になってきました。これはとても喜ばしいことですが、情報やビジネスチャンスは、相変わらずまだまだ東京に偏っています。現状では、地方で働いていたとしても、オンラインで「東京の仕事(事業)をしている」ことが多いのではないでしょうか。

私たちは、「頑張っている地方企業の海外輸出を支援することで、その利益を東京ではなく地域に還元したい」と強く思っています。地域で事業を拡大していくことこそが「地域活性化」につながり、そうした地域が増えていくことで、日本全体が元気になっていくと確信しています。

ご協力いただいた支援金は、キャンプファイヤー手数料(17万円)をのぞき、全国でのセミナー開催費用に充てさせていただきます。

セミナー開催費用(概算) 
1地域 12万円 × 10地域 =120万円
※不足分は、自費で補填します。

【1地域あたりのセミナー開催比内訳】
・セミナー会場費用 2万円
・旅費  5万円×2名 =10万円

◆スケジュールは、以下を予定しています。
・12月〜 クラウドファンディング開始
・12月〜 リターンの準備
・1月末 クラウドファンディング終了
・2月末〜 順次リターンのお届け
・2月〜7月 全国にてセミナー開催

下記のリターンをご用意しています。それぞれリターンの内容を紹介する動画も作成しましたので、是非ご覧ください!

・海外進出サポート:
 海外輸出トータル支援、映像作成、90分相談


・地方セミナースポンサー(A〜Cプラン)


・動画出演
 スポンサー(オープニング/エンドロール)、インタビュー番組作成


・商品紹介(商品展示販売権)


・カジュアル支援
 お礼のメール、オンライン個別面談、お茶会


詳しくは、リターン一覧をご覧ください。

私たちが地方企業を応援するのは、「地方にある“豊かな暮らし”をもっと多くの人が味わい、幸せに生きる人を増やしたい」という想いもあります。

私横川は兵庫県西宮市、日比は北海道札幌の出身です。また、私の母方の実家は奄美大島で、幼い頃から何度も訪れ、「地方の暮らしの豊かさ」を体験してきました。

日本の魅力ひとつは、南北に長い地形で自然の恵みが豊かなこと。外国人は、そうした日本の地域に魅力を感じて旅行にやってきますが、私たち日本人は、その価値に気がついていない部分も多いと感じます。

私たちがもっと「地域特有の自然や文化」を楽しみながら仕事をし、地域で暮らしていくことができれば、より幸福な人生待っている!と感じています。

地域の企業を応援することで、日本人の暮らしを、人生を、もっともっと豊かに楽しくしていきたいです。

ご支援、どうぞよろしくお願いいたします。


  • 2022/01/21 10:05

    ブルネイ・ダルサラーム大使館シャブディン ハジ ムサ 特命全権大使と面談する機会をいただきました。カリマンタン島の北部に位置する人口40万人強の小さな国ですがひとり当たりGDPは世界35位、(ちなみに日本は24位)、そしてなんといっても世界一豊かな国と言われています。今日は光栄にも大使と2時間...

  • 2022/01/20 17:56

    海外ビジネス大学のKENTOです!今日もまた、心強い仲間が海外ビジネスセミナーの主催に名乗りを上げてくれました。海外ビジネス大学では何度もお伝えしている「海外進出における映像の重要性」。それには企画もさることながら、映像美、そして演出が命になります。 そんな映像演出において、圧倒的な技術と実績...

  • 2022/01/18 21:32

    海外ビジネス大学のKENTOです!いよいよこのクラウドファンディングも残り約10日と、終盤に迫ってまいりました。すでに多くの方にご支援いただいており、みなさまの優しさ、そして海外へのビジョン・情熱を受け止めることができ、ドキドキ・ワクワクしております。そんな中、今回ある1つの会社がスポンサーに...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください