500万円のネクストゴールを突破することができました!
皆様からのあたたかいご支援、本当にありがとうございます。
私たちの牧場や今回のプロジェクトについて、これだけの方に応援していただいてるということにたくさんの勇気をいただきました。

お預かりした資金は、 植栽、雨水処理設備、多機能トイレの設営に充てさせていただきます。

残り期間も3日となりましたが 500万円以降お預かりした金額については
放牧場のオープングリーンをより開放的に楽しめるよう
・アウトドアチェア
・ピクニックシート
・屋外手洗い場の整備 など
牧場にお越し下さる皆様の一時が有意義になるように使わせていただき、計画の実行を通して恩返しさせていただければと思います。

最後までシェア・ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


磯沼ミルクファームの磯沼 杏です。この度、目標に設定していた300万円を達成することができました!皆様からのあたたかいご支援、本当にありがとうございます。


ご支援やシェアの通知が届くたび、背中を押されるような温かい気持ちになりました
支援者の方のコメントも全て目を通しております。
磯沼牧場への想い、八王子への想い、未来の子供達への想い。
未来に向け、磯沼牧場がここに残っていってもいいんだ、必要としてもらえてるんだと、
今回のクラウドファンディングを通して強く再認識することができました。

同時に、大義を担う緊張も感じておりますが
今回プロジェクトに関わっていただく頼もしいパートナーの方々と、オープンに向け準備を進めてまいります。

=============

皆様のおかげで開始11日目で第1の目標に到達することができましたので
本文中にて宣言しておりました、ネクストゴールに向けて残り26日間挑戦を続けます!

ネクストゴールは【 500万円 】になります!

資金の用途としては、
開発許可に必要な雨水枡の工事費用
多目的トイレの設営費用(車椅子やおむつ替えスペースを含む)    

ネクストゴールを達成することで、開発許可の指導事項をクリアするだけでなく、小さなお子さまを連れた方や車いすの方でも安心してお越しいただける環境づくりに充てていきます。

酪農や自然の豊かさをより多くの方と共有できますよう、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。


*************


【 内容 】
①ごあいさつ
②このプロジェクトで実現したいこと
③スケジュール
④リターンのご紹介
⑤応援メッセージ
⑥おわりに

皆さんはじめまして!磯沼ミルクファームの磯沼 杏(いそぬま あんず)と申します。
私たち磯沼ミルクファームは東京都八王子市、京王線山田駅から徒歩5分の場所で酪農業を営んでいます。
代々農業を生業とする家系でしたが、1952年に戦後の食料不足と農業施策の一環として乳牛を飼い始めました。当時は私の祖父と祖母が、搾った牛乳をミルク缶に入れて市場まで台車で運んでいたそうです。
代が替わり、父(磯沼 正徳)の時代は社会情勢の変化により廃業・農地の宅地化が加速しました。そのような逆風の中、地域に開かれた「オープンファーム」として独自の乳製品作りや食体験等を通じて酪農のめぐみや大切さを発信し地域の方々と共生していくことを目指してきました。現在では牧場に限らず、代々生産を続けている田畑を生かし体験農園や稲作を行い、土や自然とのふれあいの場も積極的に設けています。
私は「100年先も地域に根付き、愛される牧場」を目指して磯沼牧場のバトンを未来に引き継ぎたいと考えています。

ー 磯沼牧場の取り組み ー

このような取り組みが評価され、オリジナルブランド牛乳「みるくの黄金律」やヨーグルトは数々のコンテスト入賞している他、エコフィード の取り組みでは中央畜産会のエコフィード利用畜産物生産優良事例最優秀賞を受賞しています。
その他テレビでは2020年日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH‼︎」、テレビ朝日「食彩の王国」、2021年NHK「うまいッ!」、日本テレビ「SHOWチャンネル」など、雑誌では「dancyu」など多くのメディアにも取り上げていただいております。

正徳 :皆様のお力で、街の中の美味しい楽しい牧場を実現してゆきたいと願っています!
杏  :地域の方が自信を持って紹介できるフィールドにできるよう取り組みます!
周平 :「八王子に磯沼牧場あり」と言われるほど、お客様とこの空間を楽しみたいです。

このプロジェクトを立ち上げたきっかけは、磯沼牧場に隣接する1000坪の緑豊かな土地が売地になったことです。こちらは山田駅から徒歩5分、都道沿いにあり、信号待ちをしているとのんびりとくつろぐ牛が見える場所です。放っておけば、駅からのアクセスも良い為、きっと戸建て住宅が建ち並ぶことと思います。

元々の地主さんのご厚意で、これまで磯沼牧場はその土地を牛の放牧場として利用していたこともあり、売地になる際には「磯沼牧場で取得しないか」と真っ先にお声がけをいただきました。

郊外とはいえ都下の1000坪の土地を取得するかどうかということは、今後の牧場の経営に重大な影響を及ぼす可能性があるため、関係者の方にアドバイスをいただきながら、2年に及ぶ家族会議を経た結果、「牧場の未来、そしてこの地域の未来にはこの土地が必要だ」という結論に至りました。

【 プロジェクト内容 】

今後取得した土地に建物を建て、酪農の恵や豊かさをお客様と共有できる磯沼牧場のおもてなしの場とする計画をしております。

●ファームショップの建設
●ソフトクリームやドリンクなど、新鮮なミルクを使ったカフェメニューの提供
●磯沼牧場の乳製品や加工品の他、地域の農産物などの販売

そのほか、放牧地のフィールドを生かしたイベントの開催も計画しています。
●牧場で育った希少牛のお肉を使ったBBQの食材・機材の提供
●自然を楽しむイベント/ワークショップの開催
 農産物や加工品のマルシェ、青空ヨガ、スワッグやかご編みなどのワークショップなど

磯沼牧場はこのプロジェクトを通して
「心も身体も豊かになる、五感で愉しむオープンファーム」を皆様に提供します。



建築設計はスタジオピース一級建築士事務所 / Handi House project 加藤渓一さん、
デザイン監修及び内装デザインはイタル・マエダ・デザイン株式会社 前田格さんに依頼しています。
緑豊かな放牧場に、自然に溶け込んだ土壁と大屋根が印象的なヨーロッパの納屋風の建物と、放牧場を望む大きなテラスのある素敵な空間を造る予定です。

【このプロジェクトを一緒に作り上げていただけませんか?】

さて、ここからがクラウドファンディングに手を挙げた理由になります。
来年5月のOPENに向けて開発許可申請を行う中で、計画外の出費が必要になることが明らかになりました。

具体的には「緑化」と「雨水処理」の指摘が入り、
緑化には大小合わせて約160本の植樹
雨水処理には大掛かりな設備の導入を行うことが義務付けられました。

見積もりを取ると、植栽については200~250万ほど
雨水処理設備と合わせたら500万を超え、もともと潤沢でない予算を逼迫させる厳しい状況です。

植樹についてはピンキリで、
街路樹に多いツツジなどで予算を削減していくこともできます。
しかし、今回のプロジェクトで目指しているのはお客様が心からくつろぐことができる憩いの場を作ること。
四季の移ろいを感じる素敵な植栽にしたいと思ってます。

そこでご相談です。
牧場の未来、そしてこの地域の未来づくりに皆様のお力を貸していただけないでしょうか?

 【 資金の使い道 】

植栽費用(苗木・植樹・デザイン・監修):200万
返礼品       :70万
クラファン手数料  :30万

* もし無事に金額が満額に達した際は、セカンドゴールとして雨水処理設備の費用200万を含めた500万円を目指していきたいと考えております。

2021年12月 クラウドファンディング開始
2022年 1月 クラウドファンディング終了
       建物工事着工
    2月 返礼品の発送開始
    3月 植栽工事
     4月 内装工事開始
     5月 プレオープン
       グランドオープン(下旬予定)


今回応援してくださる皆さまに、ささやかながら磯沼ミルクファームの恵みを詰め込んだ返礼品をご用意しました。

返礼品には、看板商品のジャージーヨーグルトの他、新店舗OPEN時にお使いいただけるソフトクリームの回数券、普段は一般販売していないジャージー種のお肉などをご用意しました。

また、子牛の命名権や、植樹された木にネームタグをおつけするリターンなどもご用意しております。

【 リターン早見表 】
リターンの詳細は、各コースの説明欄をご確認ください
 (PCの場合は右、スマホの場合は下にあります)



BASEL代表 渡辺 純 さん
わずが0.1%の品種の乳牛を東京都下で放牧し、アニマルウェルフェアを大切に、ハイクオリティなミルクを搾りだす奇跡の牧場の恵み、畑の恵みを皆さんと分かち合いたく、このプロジェクトに関わり応援しています。

NPO法人 AKITEN代表 及川 賢一さん
みんな大好き、磯沼ミルクファームさんのオープンファームづくりのプロジェクト! 過ごせる。遊べる。触れあえる。買える。学べる。食べられる。作れる。動ける。お祝いできる。などなど。 さらに広がっていく牧場ならではの取組の可能性に、ワクワクが止まりません。 都会と田舎が共存する街、八王子ならではのライフスタイルを象徴する場所になってくれると期待しています!

八王子市議会議員 西室 真希さん
八王子のまちなかにある磯沼牧場さん🐮 存在自体が八王子の宝物。 八王子の新たな魅力になる大型プロジェクトがスタート致します🍀 みんなのお力を終結させて八王子から世界の磯沼牧場さんを育てていきましょう✨ 私も息子も一家で大好きな磯沼牧場さん全力で応援しております🍀

牛写真家 高田 千鶴さん
磯沼牧場はこの街の宝です。ここは東京なの?と目を疑うほどの素敵な放牧風景に、人懐っこい牛たちとの触れ合いに、いつも元気を貰っています。わが子たちも牛の出産に立ち合ったり、乳製品やお肉を食す中で、沢山のことを学ばせてもらいました。素敵なカフェのオープンをきっかけに、より多くの人が牧場へ足を運び、この感動に出会えたら良いなと願っています。

NPO法人 まんなの家つなぐ家 代表理事 八戸すず さん
ここにはいつも笑顔が集っています。顔馴染みの笑顔、初めて来た方の笑顔、そして動物達の笑顔。地域との繋がりの中で、環境を大切にし、社会を大切にしながら人と人を繋いできたこの場所がいつまでもここに在ることを願っています。


食品ロスを減らす活動「Fairy forest〜もったいないに架け橋を〜」山崎佐知子さん
私は中学2年生の頃からカウガールスクールに通い、貴重な体験や学びを沢山させていただきました。東京にある緑いっぱいの空間。そして、牛と人の温もり溢れる磯沼ミルクファームを皆んなで盛り上げることができたら嬉しいです


【磯沼牧場を未来に残し続けたい】


私は磯沼家の次女として生まれました。私にとって牛の存在というのは空気同様当たり前、新鮮な牛乳とヨーグルトも当たり前の存在でした。農学部に通う学生時代や、仕事として家業に向き合う中で「当たり前ではなく、有り難いことだった。この環境を未来により良い形で残していかなければならない」と感じるようになりました。

赤裸々な話をすれば、今回のプロジェクトはその規模や金額を見ると若輩の私にとっては、
私の人生、賭けたぞ」というレベルです。私だけならまだいいのですが、経営の舵取りを間違えれば、地域の貴重な資源を転ばせてしまうかもしれない、とも思うと正直肩の荷が重いです。

ですが、そんな私をサポートしてくださる頼もしいパートナーや協力者がいること
何より、誰よりもこの牧場をこの地に残し続けたいと思っている自分を信じ、実行に足を踏み入れた次第です。

これまでの祖父や父の功労、磯沼牧場を支えてくださったたくさんの関係者の方々あっての今の牧場。託されたバトンを、私はまた未来に繋ぎます
今回の一大決心、一大プロジェクトに皆様から応援を賜りたく、どうぞよろしくお願いいたします!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/01/13 16:31

    【感謝】500万円のネクストゴールを突破することができました!皆様からのあたたかいご支援、本当にありがとうございます。私たちの牧場や今回のプロジェクトについて、これだけの方に応援していただいてるということにたくさんの勇気をいただきました。お預かりした資金は、 植栽、雨水処理設備、多機能トイレの...

  • 2022/01/06 14:53

    \ クラウドファンディング残り10日間! /「 新しい返礼品も加わりました 」皆さまのあたたかいご支援、本当にありがとうございます!現在288名の方から4,244,000円の資金をお預かりしております。開始前は300万円に到達できるかも、にわか信じがたかったのですがたくさんのご支援やコメントに...

  • 2022/01/01 13:00

    HAPPY NEW YEAR!新年明けましておめでとうございます!丑年の一年がおわりました。撮影の依頼をいつもより多くいただいたり丑年にあやかり、にぎやかな一年でした!大晦日の仕事も終わりひと息つきながら12年後の丑年はどうなっていたいか、そんなこともわくわく想像してました。2022年は、本ク...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください