朗読や詩を聴いたり、体験したりできるような書店イベントを作りたい!そして、本の楽しさを広め、役者の表現の場所を広げ、朗読をもっと活性化したい。

プロジェクト本文

はじめにご挨拶

はじめまして、木ノ本と申します。

今回のテーマは「朗読」。

読書とはまた違う、大変心を豊かにするものです!

▼このプロジェクトで実現したいこと

読書の活性化。本そのものの活性化。役者の活動の場を広げる。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

技術の進歩が目まぐるしいこの現代。

本を手に取って読むこと、最近では少なくなりました。。。

漫画や教科書ですら、ネットで読もうと進んでいます。

このままでは本に触れたことのない世代が生まれてしまいます。。。

技術の進歩は素晴らしいことですが、実際そこにあるものに触れる機会が少なくなるのは悲しいです。

 

その感覚を忘れないために!

改めて、「本」のすばらしさを伝えたい!本を最大限に表現できるのは一体なんだろう?

 

朗読だ、と思いました。

 

それを表現してくれるのは、役者です。

 

役者も不遇でございます。

活躍するためには時間を使い鍛錬しなくてはならない。生活していればお金がかかる。

お金を稼ぐために働けば時間が無くなる。時間がなければ鍛錬できない。鍛錬できなければ活躍できない。

 

朗読をすることは、聴く人には本との触れ合いに、読む役者には活躍する場に、なるのではないかと私は考えました!

 

▼主催

株式会社キポット

http://ki-pot.com/

 

▼資金の使い道

本の購入や、会場費、お客様にご提供するドリンク、役者へのギャラなどに使わせていただきます!

 

▼イベントについて

会場は東京都内、品川区の五反田を予定しております。

朗読する本のジャンルは、古典を予定しております。

 

 

▼最後に

この活動を発端に芸術を大きく広めたいと思っております!情熱をもって活動していきます!

皆さんのお力で叶えさせてください!よろしくお願いいたします!!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください