初めまして、NPO法人沖縄県琉球創作人形協会の理事長座間味末子(ザマミスエコ)と申します。 

私たちのプロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます。私たちは、沖縄県内外、海外から有志を募り、賛同していただいたメンバーで活動を行っています。

 人形作りをして45年になります。
 様々な人形を作り続けているうちに外国の人形に接する機会が
 多くなり、それらの人形はその土地の風習・生活様式を表現し
 ている『物言わぬ語り部』だということに気づき、様々な歴史
 変遷を繰り広げながら、今日に至った沖縄の独特の文化や生活
 様式を人形で表し、多くの人にお伝えしたく琉球創作人形を制
 作し、写真にまとめ2016年10月に【琉球創作人形で伝える沖
 縄歴史夢物語】初版を発刊致しました。 


このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトで実現したいことそれは、本を通して、沖縄の歴史、文化や土地の風習・生活様式を次の世代に語り継がれることに祈りを込め、首里城が守り継いでいく活動につながることの一助になればと願っています。

2019年10月31日首里城で発生した火災により、正殿を含め9棟の建物が焼損しました。 多くの県民が燃え行く首里城を見ながら悲しみ打ちひしがれたと思います。 沖縄県民に限らず、日本国民及び世界中の県人会や、首里城を訪れた事がある人は無残な姿となった首里城焼失では、大切な人を亡くしたよう気持ちになったと思います。 また、観光産業をはじめとした各種産業に多大な被害を及ぼしたのではないでしょうか。
 
【琉球創作人形で伝える沖縄歴史夢物語】partⅡの出版は、世界に誇れる『沖縄の歴史文化や土地の風習・生活様式』を琉球創作人形で表現し、写真集としてまとめ出版したいと思い、首里城復興のために頑張っている人々を元気付けるために、また、一日も早い復興を祈願して❣という思いからスタートしました。 プロジェクトが完了したあかつきには、感謝の気持ちを添えて、2016年に発刊した本「琉球創作人形で伝える沖縄歴史夢物語」に引き続き、今回に於いてもご支援頂いた皆様や、沖縄県及び各市町村の教育施設・図書館・海外の県系団体に寄贈致します。


プロジェクトをやろうと思った理由

2019年10月31日首里城で発生した火災により、正殿を含め多くの文化遺産や建物が焼損しました。 沖縄戦で破壊され、沖縄の復興とともに復元の道を歩んだ首里城。沖縄の象徴であり、県民の誇り、国が誇る世界遺産、観光資源とさまざまな表情を見せてきた首里城。 2度とこのような事態を招いてはいけない。守り継ぐために私たちが出来ることがあるのでは? という思いから県内外や海外の県人会などに呼び掛け連携し、『琉球創作人形で伝える沖縄の歴史夢物語』partⅡを出版し、形に残すことで次の世代に語り継で欲しいという思いからプロジェクトを立ち上げました。
 心の寄りどこを求め、首里城を何度も訪れているうちに、何故拝所が人の目に触れにくい奥にあるのか疑問に思い、この拝所で復興祈願をしたいと強い使命感に燃え、拝所を中心に「物言わぬ語り部」に託し地域社会に貢献していくことが大きな意味を持っことに気づき、「武器なき平和の島」を広めた王朝文化を国内外に伝えるため、国難を乗り越えた歴代の王様、聖域空間首里城内で行われた「京の内御嶽」での祭祀と五穀豊穣を祈願し、民の安泰を神に祈った最高神女や首里城内の拝所を中心とした物語を100体余の人形で表現しています。                                                                

                                                                

最期に・・・・

最後まで読んでいただきありがとうございます。
これまでも国内外や海外を廻り、ラジオや新聞などで人形に対する想いは伝えてきましたが、
今回は、【琉球創作人形で伝える沖縄歴史夢物語】partⅡの出版は、形に残すことで次の世代に語り継で欲しいという思いから琉球創作人形で表現します

ご支援金がプロジェクトに掛かる費用に届かず
本の出版にあたって金銭的に厳しいという場合でも
【琉球創作人形で伝える沖縄歴史夢物語】part2は出版したいと考えています。

ご支援いただけますと幸いです。


資金の使い道

みなさまからご支援いただきました資金は、CAMPFIRE手数料を除き、書籍の自費出版費用として使わせていただきます。

出版時期 2022年5月
【書籍制作規模】 初版1000部
〇出版費(3,960,000万円)
〇CAMPFIRE 手数料(850,000万円)
〇リターンのための送料などの諸費用およびPR費用(25万円)

*リターンの商品と一緒にお礼のお手紙も同封させて頂きます
*目標額を超えた場合は、下記の費用の一部として大切に使わせていただきます。
〇発行部数の増刷などに使わせていただきたいと考えてます。

リターンについて
★ご支援いただいた皆さまにお礼状と下記のはがきもしくは書籍をお送りいたします★

3,000円コース
・はがき15枚入り (送料・保証料込) 併せてお礼のお手紙も添えさせていただきます。

5,000円コース
・書籍『琉球創作人形で伝える 沖縄歴史夢物語』partⅡ 1冊
(送料・保証料込) 併せてお礼のお手紙も添えさせていただきます。

10,000円以上コース
・書籍『琉球創作人形で伝える 沖縄歴史夢物語』partⅡ 1冊
 ★書籍の個人スポンサーになる権利(巻末に名前記載)
 ★書籍の企業スポンサーになる権利(巻末に企業名とQRコードの記載)
   (送料・保証料込) 併せてお礼のお手紙も添えさせていただきます。


30,000円コース
・書籍『琉球創作人形で伝える 沖縄歴史夢物語』partⅡ 1冊 と復興祈願人形高さ12センチ男女1組箱入り  (送料・保証料込) 併せてお礼のお手紙も添えさせていただきます。

300,000円以上コース
・書籍『琉球創作人形で伝える 沖縄歴史夢物語』partⅡ 1冊 と琉球の偉人4種、皮弁冠計5点から1点選べます。 (送料・保証料込) 併せてお礼のお手紙も添えさせていただきます。
★人形高さ約50センチ・皮弁冠(ひべんかん)王の帽子
 男人形2体 女人形2体女の琉装は紅型着物です。
 染織家永吉順子(ながよしよりこ)作品です。
 手作り人形のため紅型柄・容姿が若干変わりますので、ご容赦ください。  
  

★必須事項 ※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。

★皆様からのご支援によって制作される書籍を県内の博物館、美術館、那覇市立・沖縄市立図書館・他市町村立図書館・県立小中学校など合計100冊贈呈
★2022年に行われえる予定の、世界のうちーなんちゅ大会において海外の大会関係者に150冊寄贈。

実施スケジュール

2022年3月9日 クラウドファンディング終了

2022年6月上旬 リターンを開始

2022年6月上旬 寄贈版書籍配布予定  


最後に

2022年2月23日から3月3日まで、首里城敷地内【首里杜館(すいむいかん)】にて、琉球創作人形 100体を展示致します。
人形を通して、古き良き沖縄の歴史、文化を、世界に発信していきたいという思いで制作しました。
展示会は無料にて行われます。

多くの方々にご来場いただき、これをご縁として結ぶことができれば幸いです。

このプロジェクトを通して、できるだけ多くの人々に沖縄の歴史、文化伝えていきたいと思っております。ご支援、ご協力よろしくお願い申し上げます。 

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください